おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

山梨名物ほうとう選びに迷ったら?ここ行けばOKの名店8選

広告

山梨県の郷土料理のといえば「ほうとう」。 観光地や県内至るところで「ほうとう」の看板や昇りが目に付き、2007年には農林水産省によりご当地ふるさとの味として「農山漁村の郷土料理百選」の中の一つに選ばれています。「ほうとう」とは小麦粉を練ってうどんの平麺よりも太くざっくりと切った麺を野菜と一緒に味噌仕立てで煮込んだ料理です。名前の由来は 漢字で「宝刀」と書き、甲斐の戦国武将、武田信玄が刀で具材を刻んだという逸話から名づけられたとも言われています。やはりご当地グルメは現地で食べるのが一番。山梨県民のソウルフードともいえる「ほうとう」がおいしく食べられる人気店を紹介します。

山梨の観光・郷土料理・お土産情報を紹介

山梨のおさえておきたい主要観光地

山梨の観光といえば、日本が誇る富士山が人気のスポットです。富士五湖をはじめ、四季ごとにさまざまな景色を見せてくれるので、何度訪れても新たな発見が楽しめます。山梨の名勝・武田信玄ゆかりの名所も多く、甲斐善光寺などの史跡散策もはずせません。甲州勝沼周辺では、ワイナリーめぐりも人気があります。ワインの試飲や工場見学などが無料で体験できる施設も多いので、時間をかけてゆっくりと観光したいエリアです。

山梨の郷土料理・ご当地グルメ

山梨県の郷土料理といえば、太くて長い平打ち麺を煮込んだ「ほうとう」が有名です。かぼちゃやしいたけなど、季節の野菜と一緒に煮込んだ、みそ仕立てのスープがベースになっています。濃厚な甘辛ダレの味が特徴の「甲府鳥もつ煮」もはずせないご当地グルメです。県内のそば屋の定番として、古くから親しまれています。お店ごとに味付けやアレンジが異なるので、食べ歩くのもおすすめですよ。

山梨のお土産・伝統工芸

山梨は、桃やさくらんぼ、ぶどうといった果物の産地としても知られています。ワインをはじめ、ジュースやスイーツ、ジャムなどの加工品も豊富にそろっています。きなこと黒みつをからめていただく「信玄餅」は、山梨を代表する銘菓です。風呂敷のような独特のパッケージがおなじみの定番土産です。水晶やヒスイといった、天然石を使ったクリスタル細工も数多く作られており、パワーストーンのアクセサリーなども、山梨の伝統工芸品として人気があります。

山梨の名物ほうとうに関する豆知識

ほうとう・うどん・きしめんの違いとは

山梨の郷土料理・ほうとうは、うどんやきしめんと違って、小麦粉を練る時に、食塩をまったく加えずに作ります。食塩が入らないことによって、コシがなく、モチモチとした食べごたえがある麺になります。また、下湯でせずに、打ち粉をしたまま、生の状態から煮込むので、麺からでんぷん質が溶けでて、とろみがあるスープに仕上がります。そのため、麺がスープによくからむので、野菜のうま味がたっぷりつまった汁の味わいが堪能できます。

かぼちゃだけじゃない!ほうとうの種類とは

旬の野菜と煮込むほうとうは、バリエーション豊富な料理です。甘い小豆で煮込んだスイーツのようなあずきほうとうや、イノシシやクマなどの肉を具材にしたジビエ肉ほうとう、スッポン・カキ・シャケ・いくらなどの魚介類を具材にした海鮮ほうとうなど、さまざまな種類のほうとうが味わえます。冷たいほうとうのおざらや、すしほうとうなど、暑い夏でも食べたくなる変わりダネのほうとうもあるので、食べ比べるのもおすすめです。

広告

■ほうとう 赤富士

A post shared by Hideyuki Onizuka (@hide_1173) on

最初に紹介する山梨でおすすめのほうとうのお店は「ほうとう 赤富士」。店名をイメージさせる赤い屋根が目を引く赤富士。古民家風の建物で、店内は田舎に帰ってきたかのような内装。鰹節、煮干し、干し椎茸、野菜を3時間かけて煮込んでとったダシと、薄めのふりふりした麺がしっかり汁を吸い上げ絶品。具材の野菜もゴロゴロ入っているのにも関わらず、ペロリと食べられます。「かぼちゃほうとう」や「きのこほうとう」などバリエーション豊富なほうとう以外にも、ロースカツ膳や馬刺しなどもあります。

ほうとう 赤富士(旧:郷土料理 山作)

山梨県笛吹市石和町川中島110
055-263-0339
11:00~22:00
年中無休
http://akafuji0339.com/

■ほうとう不動 河口湖北本店

広告

次に紹介する山梨でおすすめのほうとうのお店は「ほうとう不動 河口湖北本店」。瓦屋根で昔懐かしい木の温もりが感じられる民芸調の店内が落ち着く空間を生み出している「ほうとう不動」の河口湖北本店。コシがある自家製の麺を使用し、味噌仕立ての汁で煮込み、南瓜や山菜など富士山麓の素材をたっぷりと加えた素朴ながらも旨味・コクのしっかりとしたほうとうが味わえます。選びぬかれた数種類の薬味と伝統あるやげんの一味を調合した不動ならでは秘伝の薬味が、ほうとうの味を一層引き立ててくれます。器が鉄の鍋というのも、田舎の郷土料理ならではのいい雰囲気を醸し出しています。

ほうとう不動 河口湖北本店

山梨県南都留郡富士河口湖町河口707
0555-76-7011
11:00~19:00
無休
河口湖駅よりタクシー10分
http://www.houtou-fudou.jp/location.html

■甲州ほうとう小作 河口湖店

A post shared by sasaki man (@marpen1970) on

3番目に紹介する山梨でおすすめのほうとうのお店は「甲州ほうとう小作 河口湖店」。山梨県内に10店舗展開している「甲州ほうとう小作」は地元人にも愛されている郷土料理レストランで、ほうとう発祥の地としても有名です。
大人気メニューの「かぼちゃほうとう」は、南瓜の甘い風味がおいしさを際立たせるキモになっており、甲州ほうとうの基本とされています。ほかにも「豚肉ほうとう」「ちゃんこほうとう」など、ほうとうのレパートリーが豊富でなかなか決められないかもしれません。

甲州ほうとう小作 河口湖店

南都留郡富士河口湖町船津1638-1
0555-72-1181
11:00~21:30(冬季:〜21:00)
無休
河口湖駅より1183m
http://www.kosaku.co.jp/

■御食事処 歩成(ふなり) 本店

A post shared by Go Shiozaki (@g.shiozaki) on

4番目に紹介する山梨でおすすめのほうとうのお店は「御食事処 歩成(ふなり) 本店」。自家製「黄金ほうとう」は、「昇仙峡ほうとう味比べ真剣勝負」で2011〜2013年の3年連続1位のタイトルを取ったことで、殿堂入りを果たし、知名度が上昇した大人気の一品です。自ら育てた野菜や地元で採れた野菜、キノコなど厳選した素材をたっぷりと使用し、コシの強い太麺をこだわりの味噌で煮込んだ極上のほうとうは絶品です。豚肉か鶏肉かを選ぶことができ、どちらも山梨ブランドである「山梨ワイン豚」か「信玄どり」が使われています。

御食事処 歩成 本店

山梨県山梨市上神内川1234
0553-23-0253
昼11:30~14:00/夜17:00~24:00
月曜(祝日の場合翌日)
JR山梨市駅前
http://www.funari.jp/

広告

広告

のおすすめホテル

トラベルブックの今週のおすすめ

広告

運営会社