おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

【ローマ】世界遺産コロッセオ(ローマ歴史地区)の観光徹底ガイド

永遠の都、ローマ。ローマはそのふたつ名に恥じない長い歴史を持った立派な都市で、多くの歴史的遺産が残っています。世界的にも有名な観光地としても注目されていて、世界各国からやってくる観光客で連日賑わっています。ローマには後ろ向きでコインを投げ入れることでおなじみのトレビの泉や、映画『ローマの休日』のワンシーンで有名な真実の口、紀元前に作られたパンテオン神殿など、多くの観光スポットが点在しています。今回は、そのなかでも特に有名な円形闘技場コロッセオを紹介します。 コロッセオは2000年近く前に作られた歴史ある闘技場で、娯楽として多くの剣士たちの戦い・殺し合いが行われていました。古代ローマの生活や文化の一部を知ることができるコロッセオは、観光地ローマのなかでも特に人気のスポットです。

続きを読む

更新日: 2023年11月21日

広告

本ページではプロモーションが含まれます
当サイトでは施設やサービス(以下、サービス等)の掲載にあたり、ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任においてサービス等を選定しおすすめアイテムとして紹介しています。

なお当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、オンライン旅行代理店やレストラン予約サイトが提供するアフィリエイト・プログラムに参加し、サービス等の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。掲載の順番はサービス等の提供会社により支払われる報酬も考慮されている場合があります。

魅力たっぷりのローマ歴史地区

ローマの象徴・コロッセオ

コロッセオは、「ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フォーリ・レ・ムーラ大聖堂」として、1980年にユネスコ世界遺産に登録されました。この世界遺産にはコロッセオのほかに、フォロ・ロマーノやカラカラ浴場、コンスタンティヌス凱旋門などの多くの古代ローマ時代の建造物が含まれています。

古代遺跡が好きな方にはたまらない歴史地区で、2000年前の建造物が街中に悠然とたたずんでいる光景は、圧巻の一言です。「ローマは一日にしてならず」「すべての道はローマに通ず」と言われた大帝国の栄光を感じられる、特別な場所です。

コロッセオで行われた戦いの歴史

コロッセオでは連日多くの戦いが行われた

コロッセオに行く前に、その歴史を少し予習しておきましょう。そうすれば、コロッセオ観光がもっと楽しくなること間違いなしです。

紀元直後のローマは、火事や内戦で大きな被害を受けていました。さらにネロ帝が散財を繰り返したため、市民の不満もたまっていました。その不満をそらすために、大規模な円形闘技場の建設が決定しました。当時は娯楽が少ない時代なので、「闘技」は多くの人が夢中になる注目の「遊び」でした。闘技場工事の着工は、紀元後70年ウェスパシアヌス帝のもと開始されました。そしてコロッセオは10年の歳月をかけ、となりに建設されたティトゥス浴場とともに完成しました。「コロッセオが崩れるときはローマも滅びる」と言われるほど、ローマの象徴として人々の注目を集めていたようです。

※画像はイメージです

コロッセオは闘技場と言うだけあって、主に剣闘士たちの戦いが行われました。剣闘士たちは腕に自信がある自由民もいましたが、多くの場合は屈強な奴隷や戦争で捕虜になった人もいて、強制的に殺し合いを演じさせられることも少なくありませんでした。どちらかが命を落とすまで続けられたり、恩赦や市民の判定により剣闘士が助命されたり、公開処刑のように犯罪者が引き出されたり、野獣たちが闘技を行ったりと、コロッセオではさまざまな「娯楽」が提供されていました。

現代の感覚ではなかなか理解しがたいことですが、娯楽が少なかった当時、命を賭けた戦いは血湧き肉躍る大イベントだったのでしょうね。

模擬海戦も行われた!コロッセオの構造

コロッセオは4階建て。身分によって階層が分けられていた

コロッセオは楕円形のかたちをしていて、長径188メートル、短径156メートル、周囲は527メートルの規模を誇ります。観客席の最大の高さは50メートルほどになり、収容人数は約5万人だったとみられています。ちなみに、東京ドームも5万5000人ほどの収容人数で、日本武道館は約1万5000人です。競技場に入るアーチ型のゲートは80ヵ所もあり、入場の際混乱しないようにそのうち76のゲートには番号がつけられたそうです。ライブハウスのようなシステムですね。

コロッセオは地下1階地上4階建ての建物で、1階がドーリア式、2階はイオニア式、3階はコリント式の様式がちがうアーチで飾られています。1階は皇帝、2階が市民、3階が立ち見席として利用されていました。通常の入場で観光できるのは、1階と2階のみとなっています。

コロッセオは床の大部分が失われているので、地下の構造も見られます。地下は6メートルほどの高さの壁が張り巡らされた迷路のようになっていて、ライオンやヒョウなど闘技場で使われた猛獣の檻や、機材が置かれていました。もともとコロッセオはネロ帝の黄金宮殿の庭園にあった池の跡地に作られたもので、池を作る際にすでに地表が掘り下げられていたようです。そのため、その地下のスペースを有効に利用したのでしょう。

地下の舞台装置が複雑になる前は、競技場に水を張り大規模な模擬海戦が行われていました。陸の上の競技場で模擬海戦とはなかなかイメージしづらいですが、きっと壮観な光景だったことでしょう。

広告

コロッセオのチケット予約・入手方法

共通券を購入できるフェロ・ロマーノ

古代ローマを代表する遺跡であり、観光地としても人気のコロッセオ。ハイシーズンは特に多くの観光客でにぎわうので、あらかじめチケットを購入しておくといいでしょう。チケットを事前に購入していると、チケットを持っている人側の列に並んで入場できるので、待ち時間を節約できます。

コロッセオで時間をとられることなく入場する方法として、フェロ・ロマーノ、またはパラティーノの丘で共通券購入しておくことをおすすめします。フェロ・ロマーノとパラティーノの丘も人気の観光地ですが、コロッセオよりは空いていることが多いです。そのため、そちらですでに共通券を買っておけば、コロッセオもスムーズに入場することができるのです。

ほかにも、さまざまな観光地で割引や特典を受けることができる ローマパス というチケットを利用することも、選択肢のひとつです。コロッセオをはじめとして多くの観光スポットをお得に巡りたい方にはぴったりです。交通費を節約することも可能なので、2日もしくは3日間ローマに留まる方は要チェックです。

ご自分で手配するのが大変、確実にチケットを確保したいということでしたら、現地ツアーを利用するのもいいでしょう。 オプショナルツアーのベルトラ では日本語での予約・購入ができます。
また英語にはなりますが、コロッセオのオフィシャルページである こちらのページ から、オンラインで予約することも可能ですので、お好みの方法を選択すると良いでしょう。

ローマ歴史探訪の旅☆ コロッセオとフォロ・ロマーノ入場 半日観光ツアー<午前/日本語>

EUR 65.00

コロッセオに行く前に見ておきたい映画

広告

申し訳ありませんが、該当のツイートが見つかりませんでした。

ローマの象徴とも言えるコロッセオは、いくつかの映画でも登場しています。

ブルース・リーが主演の 『ドラゴンへの道』 という香港映画では、ブルース・リーとチャック・ノリスが戦う舞台としてコロッセオが使われました。

1960年に公開された 『スパルタカス』 という映画では、剣闘士養成所で学ぶことになり過酷な運命に身を投じたスパルタカスという元奴隷の男の人生が描かれています。

そしてコロッセオが舞台の映画としておそらく最も有名な作品が、2000年に公開された 『グラディエーター』 。第73回アカデミー賞作品賞、さらに第58回ゴールデングローブ賞ドラマ部門作品賞した名作映画です。

ローマ軍の将軍であるマキシマスは、勇猛果敢な上に聡明、帝からも信頼されている人物ですが、帝の息子であるコモドゥスによって失脚させられ、奴隷の身分にまで落ちます。家や家族を失い絶望するマキシマスは、とある商人に目をつけられ剣闘士として生きていくことになります。マキシマスは一躍人気剣闘士として多くの民衆の支持を受けますが、その人気が仇となり、コモドゥスに見つかってしまいます。そしてマキシマスは、自分からすべてを奪ったコモドゥスと対面することになって……というあらすじです。

『グラディエーター』はあくまでフィクション映画なので、史実とはちがったり独自解釈している部分はありますが、それでも当時の生活やコロッセオの雰囲気を味わうにはぴったりの作品です。

コロッセオの場所と行き方

ローマ市内は、多くのバスや地下鉄が走っている上、コロッセオは人気観光地なのでアクセスはとても良いといえます。

地下鉄を利用する場合、ローマの中心部にあるTermini駅からB線で2駅のColosseo駅で下車し、歩いてすぐです。バスは51、75、85、117、118番など多くの路線がColosseoに停まります。路面電車(トラム)は3番に乗りましょう。いずれの方法を使っても、ローマの中心部からかんたんに行ける場所にあります。コロッセオは巨大な建造物なので、駅から少し歩けばすぐに目に入ります。また、人通りの多いほうに流れていけばほぼまちがいないと言えるでしょう。

ローマは公共交通機関が発達していて使いやすい

有名観光地なだけあって、コロッセオ周辺には、観光バスや1日券のチケットを売っている人がたくさん立っています。コロッセオをはじめ多くの観光スポットを巡りたい場合は検討してもいいかもしれません。また、周辺には飲食店はありますがコンビニのようなものはないので、飲み物や軽食が必要な場合はあらかじめ買っておくことをおすすめします。

徒歩で行ける周辺の観光スポット

コロッセオに隣接するコンスタンティヌスの凱旋門

コロッセオの周辺には、見ごたえたっぷりの観光地がいくつか隣接しています。まずはコロッセオのすぐとなりにある「コンスタンティヌスの凱旋門」は必見。ローマ建築の代表的な建築物で、コンスタンティヌス帝の在位10周年を記念して312年に造られました。高さが25メートルもある巨大な門です。

そして、コロッセオから凱旋門を挟んだ後ろ側にある「パラティーノの丘」もまた人気観光スポットのひとつです。ローマ七丘のうちもっとも歴史が古いといわれていて、紀元前1000年にはすでに人が住んでいたようです。広大な敷地のなかにいくつもの遺跡があり、散策にぴったりです。

パラティーノのローマ遺跡

コロッセオから徒歩15分ほどで、「フォロ・ロマーノ」へも行くことができます。巨大な古代ローマ遺跡郡が立ち並んでおり、さまざまな神殿や凱旋門などがあります。こちらも散策向けです。

コロッセオ→コンスタンティヌスの凱旋門→パラティーノの丘→フォロ・ロマーノは定番コースですが、すべて見ようと思えば、たっぷり1日かかるでしょう。このエリアは徒歩がメインになりますので、動きやすい靴と服装で行くことをおすすめします。

ローマへ行ったらコロッセオへ

ライトアップされた夜のコロッセオ

コロッセオの周辺では、剣闘士のコスプレをした方がいることがあります。有料ではありますが、一緒に写真を撮ればタイムスリップ気分を味わえます。多くの観光客でにぎわうコロッセオは、ローマに行ったら絶対に立ち寄りたい人気スポットです。アクセスもいい上、周辺にも見所が多いので、ぜひ予定に組み込んでみてください。その迫力や巨大さに、感動すること間違いなしです。

観光のおすすめ記事

詳しく

【イタリア】フォロ・ロマーノで「永遠の都」古代ローマを感じる旅

コロッセオ / フォロ・ロマーノ周辺 - 史跡・遺跡

「永遠の都」と呼ばれるローマには数々の世界遺産があります。ローマ旧市街の中心に位置するヴェネチア広場には、ヴィットリオ・エマヌエーレ2世記念堂という白亜の大きな建築物がありますが、その裏手に広がるのが古代ローマ帝国の遺跡「フォロ・ロマーノ」です。ラテン語の古名では「フォルム・ロマーヌム」と呼び、現在も使われる「フォーラム」という言葉の語源が指すように広場を意味します。古代ローマの歴史を知る上で外せないのがフォロ・ロマーノ。どのような軌跡を辿ってきたのか早速みていきましょう。

詳しく

【ローマ】チルコマッシモ駅周辺の観光スポットおすすめ18選!ロマンティックな国へ

コロッセオ / フォロ・ロマーノ周辺 - 史跡・遺跡,市場・夜市,広場・公園,モニュメント・記念碑,城・宮殿

チルコマッシモ駅はイタリアのローマ内にある駅の1つです。ローマ地下鉄のB線が乗り入れ、ボローニャやテルミニ、マルコーニなどへ向かう電車が発着しています。チルコマッシモ駅周辺には多くの観光スポットがあるため地元の人だけでなく観光客の姿もよく目にします。 主な観光スポットとしては、真実の口があることで有名なサンタ・マリア・イン・コスメディン教会やサンタ・サビーナ聖堂をはじめとする教会や聖堂がありますよ。そのほかにもカペーナ門、アヴェンティーノ、カラカッラ浴場などの観光スポットへアクセス可能です。今回は、そんなチルコマッシモ駅周辺の見どころについて紹介します。

詳しく

【イタリア】コロッセオ駅周辺でおすすめの観光スポット12選!編集部厳選

コロッセオ / フォロ・ロマーノ周辺 - 寺院・教会,史跡・遺跡,旧市街・古い町並み

コロッセオ駅はイタリアの首都ローマの中心地にある地下鉄の駅の一つです。ローマ観光の名所である巨大な競技場跡、コロッセオが目の前にあります。 駅構内にはアルテメトロ・ローマを受賞したモザイクで飾られています。また駅のメインである出口を出ると、右手にはコンスタンティヌスの凱旋門が見えます。 その他にもカピトリーニ美術館やヴィットリオ・エマヌエーレ2世の記念堂、パラティーノの丘、フォロ・ロマーノなど見どころがつまった地域にある駅で、観光の拠点となっています。今回は、そんなコロッセオ駅周辺の見どころについて紹介します。

詳しく

ローマを無駄なく制覇したい! お得に行列を避けられる「ローマ観光」初心者&中級者編

ローマ - 歴史スポット,美術館,観光名所 ,散歩・街歩き ,雑学

『ローマの休日』や『テルマエ・ロマエ』など、映画でも取り上げられることの多い「ローマ」は、歴史と芸術に溢れる憧れの地です。紀元前に造られたという遺跡の数々は、当時の人々の学の高さと現代のように発展していた生活様式を魅せつけるもので、何度見てもただただ感心させられます。ローマはおいしいものを求めるだけに旅行しても損はないといっていいほど多くの美食に溢れていて、そちらも絶対に見逃せません。 今回は、老若男女問わず人気があり、何度も行きたくなってしまうローマの賢い回り方をまとめてみました。ローマは一年中旅行客が訪れる場所ですが、上手に人混みを回避すれば時間のロスを避けられます。またローマ観光が2度目以降の中級者さんにも使える穴場情報も紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

詳しく

ローマでおすすめの観光スポット完全網羅:イタリアの首都・ローマ帝国の歴史が残る人気観光地

ローマ - 観光名所

みなさんはローマと聞いて何を思い浮かべますか?映画『ローマの休日』?コロッセオ?イタリアの首都?サッカー?ファッションブランド?イタリアにあることは知っていても、実際にどんな街でどんな観光スポットがあるのかあまり知られていないのではないでしょうか。 ローマはイタリアの首都であり、古代ローマ時代の遺跡や建築物が多く残るイタリアの歴史を知るうえで絶対に訪れてほしい観光地です。今回はそんなローマの王道観光スポットを紹介していきます。おすすめのスポットを集めましたので、イタリア旅行の際にはぜひチェックしてみてくださいね。

詳しく

【ローマ】世界遺産「トレビの泉」の見どころを紹介|魅力的な歴史と逸話が満載!

トレヴィの泉周辺 - 文化遺産

「トレビの泉」は、イタリアの首都ローマに来たら、必ず訪れたい観光名所のひとつです。世界遺産であるローマ歴史地区に立地し、「ポーリ宮殿」の壁の一部としてトレビの泉があります。 元々古代ローマ時代に皇帝アウグストゥスの命により造られ、現在の華やかなバロック様式の彫刻を施した噴水になったのは18世紀の頃です。ニコラ・サルヴィが設計し、彼亡き後友人で彫刻家のピエトロ・ブラッチが1762年に完成させました。 噴水の中央には、貝殻の形をした馬車に乗る海神ネプチューン(ポセイドン)、馬車を引く2頭の暴れ馬と従順な馬、馬を従えるトリトンが設置され、ポセイドンの左側には豊饒の女神ケレース、右側には健康の女神サルースの荘厳な彫刻が立っています。 トレビの泉の右側の壁には左側にはない壺の彫刻「カップのエース(Asso di Coppe)」があります。かつて設計者のサルヴィが建設中に通っていた床屋が向かって右側にあったのですが、店主が工事に関して口やかましかったため、トレビの泉から床屋が視界に入らないようにと壺を置いたそう。映画「ローマの休日」でも、アン王女が王宮を抜け出して、長い髪をショートカットにするシーンでこの床屋とトレビの泉が登場します。現在床屋は残念ながらほかの店になっています。

詳しく

【イタリア】フィウミチーノ空港周辺でおすすめの観光スポット8選!イタリアを満喫!

フィウミチーノ空港 (FCO) 周辺 - ビーチ・砂浜,海岸・海,寺院・教会,史跡・遺跡,広場・公園,旧市街・古い町並み

フィウミチーノ 空港はイタリア・ローマから約35kmのところにある空港です。レオナルド・ダ・ヴィンチ空港とも呼ばれる大きな空港。ローマにはもう一つチャンピーノ空港があり、2つとも国内・国際便が発着する空の玄関口として利用されています。ローマ市内へは、列車やシャトルバスが運行しており、交通の便が良いのも魅力です。空港内は4つのターミナルに分かれており、レストランやカフェ、免税店、両替所、ホテルなどもあります。ヒルトン・ローマ・エアポートホテルはターミナルにつながっており、飛行機の乗り継ぎやフライトの前後泊の利用におすすめです。この記事ではフィウミチーノ空港周辺でオススメの観光スポットを紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

詳しく

【イタリア】ローマ・テルミニ駅周辺でおすすめの観光スポット15選!イタリアを満喫!

ローマ - モニュメント・記念碑,寺院・教会,史跡・遺跡,広場・公園,文化遺産

ローマ・テルミニ駅はローマ中心部に位置する主要駅です。フィウミチーノ空港から直通電車で約40分、イタリアの主要都市とも繋がっているためイタリア観光の拠点となるスポットです。さらにパリやジュネーブなどへのアクセスも可能で、ヨーロッパ旅行の際に便利です。 そんなローマテルミニ駅の地下には地元スーパーもあり、食品はもちろん雑貨などを販売しており、ローマならではのお土産を購入できます。駅周辺にはホテルやカルボナーラ発祥の老舗レストランなどもあり、さらに駅から主要な観光スポットへはアクセスもしやすいのでローマ観光の際に必ず立ち寄る駅です。 今回はそんなローマテルミニ駅周辺の見どころについてご紹介します。

広告

広告

のおすすめホテル

イタリアへの旅行も
航空券とホテルをセットでお安く予約!

イタリアの 航空券+ホテルを探す

トラベルブックの今週のおすすめ

広告

運営会社