おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

日数は?費用は?ヨーロッパ旅行を上手に楽しむコツを現地から発信!

広告

日数は?費用は?ヨーロッパ旅行を上手に楽しむコツを現地から発信!

https://www.flickr.com

日本人にとって憧れの観光地であるヨーロッパは、多くの国があり、一度はじっくりと旅行してみたい大陸です。しかし旅行に行くとなっても現実的に休みは限られているし、費用を加味しながら計画を立てていなかければなりません。そんな時、一体何日間でまわれるのか、物価はどれくらいなのか、考えただけで行き詰まってしまう人も多いと思います。でも安心してください。ヨーロッパは陸続きなので、ポイントさえ押さえればあなたの思うように旅行できます。

今回はヨーロッパ旅行に関する基本的な情報から、現地にいるからこそ分かる生の情報をまとめてご紹介していきます。意外な注意ポイントもあるので、旅行前にぜひ一読してください。

■ヨーロッパを回るならどれくらいの日数が現実的?

一つの国をじっくりまわりたい派

日数は?費用は?ヨーロッパ旅行を上手に楽しむコツを現地から発信!

ヨーロッパ旅行を計画する際、一番困るのが場所と日程の決定だと思います。そんな時は、まずはお目当ての国があるのかどうかを考えみると決めやすいです。ヨーロッパ各国へは日本から多くの直行便が出ていて、乗り換えがあってもそこまで時間をとりませんが、時差が8時間(サマータイムは7時間)あることを考えると、着いた日と帰る日はほぼ観光はできないと思ってください。そうすると一つの国をじっくりとまわるのであれば最短で3泊5日、余裕を持つなら5泊7日あれば十分です。

美術館に行きたかったり歴史的スポットを一つでも多く見学したいということであれば、5泊7日くらいは欲しいですが、逆にまずは観光ポイントだけを抑えたいという人であれば3泊5日でも回り切れます。

複数の国をいくつも見たい派

日数は?費用は?ヨーロッパ旅行を上手に楽しむコツを現地から発信!

ヨーロッパは陸続きなので旅行がしやすく、しかもわざわざ日本から行くとなれば多くの国を見てまわりたいと思います。数をこなすということにフォーカスをするなら、電車や飛行機の本数も多いので、1日1ヶ国で回ることも不可能ではありません。

ただ、移動時間も無駄にしたくないのであれば、5泊~6泊で2~3ヶ国が現実的だと思います。たとえば日本から直行便も出ているドイツのミュンヘンからイタリアのヴェネツィアまでは電車で6時間ほどで、朝早く出れば11時にはヴェネツィアに到着します。また、ドイツのケルンとフランスのパリ、オランダのアムステルダムとイギリスのロンドン、スペインのマドリードもしくはバルセロナからポルトガルも合わせて旅行しやいすいです。しかもこの組み合わせは、それぞれの国の雰囲気も異なるのでおすすめです。

飛行機も安くありますが、ヨーロッパに旅行に来たという気分を味わうなら断然電車がいいでしょう。まさにリアル世界の車窓からを体感できます。

■旅行費用はどれくらいを想定すべき? お金に関するあれこれ

交通費はネット予約が断然お得!

日数は?費用は?ヨーロッパ旅行を上手に楽しむコツを現地から発信!

まずヨーロッパの国内を旅行する際、日本からヨーロッパへの航空券に加え、飛行機で移動するにせよ電車で移動するにせよヨーロッパ国内の交通費がかかってきます。しかし、飛行機も安いときで往復6000円くらいから国境を越えることは可能で、電車も時間を選ばなければ同じくらいの料金で出ています。日本で言う東京―京都間が往復で5000円ということも珍しくありません。

電車で移動する場合は、ネット予約が断然お得です。早朝や遅い時間などは空席が多いので、直前で安くなったりします。事前に買うほうがお得なイメージがありますが、必ずしもそうではないので、急がなくても大丈夫です。各国の鉄道会社のアプリをダウンロードしておけばそこにチケット替わりのQRコードが送られてくるので、チケットの印刷も不要です。

また、ヨーロッパ旅行に役立つユーレイルパスですが、3ヶ国は少なくとも回らなければ元がとれないと思ってください。

ホテルの相場は?

日数は?費用は?ヨーロッパ旅行を上手に楽しむコツを現地から発信!

ヨーロッパのホテルの料金は日本とそこまで変わらないと思って下さい。平日ならビジネスホテルで5000円くらいから、土日や7~8月の繁忙期で10000円くらいからです。ただ、スペインやイタリアはマンションの1フロアをホテルとして使用しているところも多く、そうしたホテルは3割ほど安いです。また、ギリシャやポルトガルもユーロ通貨でありながら比較的物価は安めなので、もし訪問都市で迷っているなら参考にしてください。

さらにヨーロッパでありながらポーランドやハンガリー、チェコは独自の通貨を採用している地域なので、比較的物価は安めです。イギリスやパリ、イタリアの観光都市に比べると4割ほど安い感覚です。

レストランの食事が高い国は?

日数は?費用は?ヨーロッパ旅行を上手に楽しむコツを現地から発信!

旅行の醍醐味の一つが“食”であるかと思いますが、レストランの費用もばかになりません。ヨーロッパのレストランでは基本的に飲み物にもお金がかかるので、1食あたり20ユーロはかかると思ってください。特に高いのはフランスで、前菜や食後のコーヒーも入れると一人40ユーロ近くになることもあります。スペインはバルスタイルが定番なので、1品数百円のものを数人でシェアすれば費用は抑えられます。ギリシャやポーランドはお水が無料で提供されることも多いです。

ちなみにヨーロッパのスーパーは、日本では高価な食材が安く売られていることも多いのでバゲットと生ハムやチーズをササっと買って食事にしても十分です。スーパーだとポーランド、ハンガリー、チェコ、そして意外なところでドイツも物価はお安めです。パンは50セントから、生ハムやチーズは2ユーロからおいしいものが揃います。

■時間短縮! 上手なお土産の買い方

2017 Italy Elba Capolivery 2 (27)

旅行の最大の難題とも言えるお土産ですが、ばらまき土産は一気にスーパーで買うのが楽ちんです。お土産屋さんに売られているのとまったく同じものが3割安で売られていて、数も豊富なのでまとめ買いもできます。ヨーロッパのお菓子は基本個包装はされていないのですが、会社などで個包装を求めるのであれば事前にインターネット等でリサーチをしておけば時間がはぶけます。

それぞれの国の名産はあると思いますが、一番間違いないのはチョコレートです。どの国でも1箱300円~1000円くらいでそれなりのものが揃います。スーツケースの重さを考えるとハーブティーも日本にはないフレーバーが多いので、喜ばれます。女性なら日本では高価なハンドクリームが旅行サイズで安く売られているので、おすすめです。

広告

■旅行中の服装で注意すべきことは?

日数は?費用は?ヨーロッパ旅行を上手に楽しむコツを現地から発信!

ヨーロッパ旅行と言うとおしゃれをしたくなってしまいますが、やはり動きやすい恰好が便利です。駅の中を迷いながらぐるぐると回ること多く、思わぬところで疲れるので慣れた服装を心掛けましょう。特に女性はヒールは避けてください。ヨーロッパの地面は基本石畳みなので、ヒールの先端が隙間にはまります。

なお、夏場で注意したいのは1枚簡単に羽織れるものを持っていくことです。ヨーロッパは乾燥しているので日が暮れると肌寒さを感じ、体調を崩してしまうことも珍しくありません。ちなみに日焼け対策の日傘はヨーロッパに文化がないので、不思議な目で見られることもあるかもしれません。不安なら日焼け対策は日焼け止めに頼りましょう。

■え? 夏なのにレストランが閉まってる!?

日数は?費用は?ヨーロッパ旅行を上手に楽しむコツを現地から発信!

ヨーロッパの冬はとても寒いので、多くの観光ガイドにヨーロッパ観光のベストシーズンは7~8月にかけてと書かれています。しかし実はヨーロッパ人もこの時期にバケーションをとっていることが多く、特にレストランは7~8月は完全に閉めているお店もあります。お店に関してだけなので、観光地には影響はありませんが、イタリアやフランスは食を目当てに行く人も多いと思うので、事前にチェックしておくほうが無難です。

また7~8月は多くのヨーロッパ人もバケーションで旅行をしているので非常に込み合います。もし待つのが苦手なら2月~3月が穴場シーズンで、有名美術館に待ち時間なしで入れることもあります。

■チェックしたい旅行の持ち物リスト

広告

日数は?費用は?ヨーロッパ旅行を上手に楽しむコツを現地から発信!

日本でお金を換金する際、100ユーロ札で受け取る場合も多いですが、できれば20ユーロ札と10ユーロ札を多く持つようにしてください。と言うもの、小さなお店では100ユーロ札を受け付けてくれないことも多く、お釣りがないからと断られてしまう場合もあります。またどこの国でもだいたい10%のチップを渡すことが普通ですが、100ユーロ札だとお釣りがないことを理由に多めにチップをとられてしまうこともあります。

また、意外と多くの人が困るのですが、ヨーロッパのホテルは日本のように歯ブラシやシャンプーが備えられていません。特にシャンプーは海外のものが合わないこともあるので、持参するようにしてください。

■知って得する旅行のポイント1:気まぐれな予定変更もあり!

travel

先述したようにヨーロッパ間は移動がしやすいので、〇日ここにいる予定だけど飽きてしまった……なんて時は思い切って予定を変更してみましょう。日帰りで観光できる他の都市や国も多いので、ぜひぶらり旅を楽しんでみてください。
ヨーロッパにはかなりの数の大型バスが出ていて、ドイツ―イギリス間が5ユーロからなんて日もあります。バスなら乗り換えもほぼなく、しかもだいだいのバスがWi-Fiを完備しているので快適に旅行ができるでしょう。座席もヨーロッパ人に合わせてあるので、日本人なら楽々と座れますし、充電コンセントも各席にあります。

■知って得する旅行のポイント2:1カ国につき1回はB級グルメを楽しむべし

Nom Nom Nom

せっかくの旅行ならおしゃれなレストランに行きたくなる気持ちもありますが、1回は地元のB級グルメを楽しんでみてください。特に観光客向けのレストランだと誰もが受け入れられる味付けになりがちですが、地元グルメは地元民に合わせられているので、その地域の本当に味覚に出会えます。
人気観光地とは違って、そこに居合わせる地元民のファッションや雰囲気も堪能でき、外国に来たなという実感が沸きやすいです。

それぞれの国にそれぞれのB級グルメがありますが、フランスならクロックムッシュ、ドイツならカリーブルストが有名です。

■最後に

Washing Day

まずは楽しむことが一番ですが、ヨーロッパの治安は安全な日本とは異なります。電車ではアジア人と分かればスリのターゲットにされて、財布や携帯を盗まれやすくなります。もちろん気にしすぎも厳禁ですが、本当にスリたちはプロなので、ファスナー付のカバンを前に抱えて持っていても、彼らは集団で人混みを作るようにして上手にスリをはたらきます。

レストランやお店でも食べたものより多くの金額を請求されることも珍しくありません。できるだけレシートをもらって、食べた品数とレシートに描かれている品数が合っているかだけでもチェックしましょう。

とは言え、ヨーロッパの人は基本的には優しい人が多いです。気を張りすぎず、楽しい旅行にしてくださいね。

ヨーロッパの観光名所や雑学でおすすめの記事

詳しく

【ドイツ】ミュンヘンの観光旅行でおすすめの観光地・名所まとめ

ミュンヘン - 観光名所

ミュンヘンは、ドイツ南部のバイエルン州にある都市です。ドイツで3番目に大きな都市ですが、都会にありがちな冷たさが感じられず「人口130万人の村」とも呼ばれています。排他的な風潮もあまりなく、観光客やワーキングホリデーで訪れる人も温かく迎え入れてくれます。サッカーが盛んなドイツですが、特にミュンヘンは欧州最強クラブ「FCバイエルン・ミュンヘン」の本拠地なだけあり、その熱はすさまじいです。またミュンヘンには、ドイツ最大のビール醸造所や世界最大級のビアホールもあり、観光のみどころはたくさん。 今回は、そんな魅力的な都市ミュンヘンで押さえておくべきおすすめの定番観光スポットを紹介します。

詳しく

【フランス】パリ観光のおすすめスポットまとめ:名所ランキング上位の観光地一覧

パリ - 観光名所

大人の女性が憧れる観光地といえば、何といってもフランスのパリ!お洒落なオープンカフェで朝食を食べたり、アンティーク雑貨を扱うパッサージュでショッピング、パリジャン気分が味わえるマルシェで市場をお散歩…など、パリらしい空気を楽しめる観光スポットが街中にたくさん散らばっています。また、フランスの歴史の変遷を知ることができるヴェルサイユ宮殿や、恋人たちの散歩道であるセーヌ川河岸、美しくそびえ立つエッフェル塔など、写真に撮りたくなる歴史的名所も見逃せません。五感をフルに使って、素敵な時間を過ごしてくださいね。魅力あふれるパリの街をめぐりたい人におすすめの定番観光スポットを紹介します。

詳しく

【ベルリン】おすすめ60スポット!1度は訪れたい定番観光名所まとめ

ベルリン - 観光名所

今回はベルリンでもおすすめの1度は訪れたい定番観光名所を紹介します。 ベルリンはドイツ北東部に位置し、同国の首都でもあり最大の人口を誇ります。ベルリンの都市としての形成は12世紀末ごろといわれています。その歴史は長くヴィッテルスバッハ家やホーエンツォレルン家、プロイセン王国やドイツ帝国、ナチス・ドイツの有力な都市として発展していきました。第二次世界大戦後は東西ドイツに分裂し独立したことにより、ベルリンも分割され街中にベルリンの壁があったことでも有名です。 そのベルリンは歴史ある建築物と、現在の首都としての近代的なビルなどが融合した魅力的な都市でもあります。

詳しく

初めてのリスボン旅行でやっておくべき10のこと

リスボン - 歴史スポット,散歩・街歩き ,観光名所

リスボンに旅行に行った際、必ず訪れたい観光スポット・やっておきたいことを紹介したいと思います。ポルトガルの首都であるリスボンは、イベリア半島最長の川・テージョ川の河口に位置しています。丘に囲まれていることから、別名"7つの丘の街"とも呼ばれ、石畳の道路や行き交う路面電車など、素朴で趣ある街並みが素敵なところです。 迷路のような街並みや、絵タイル・アズレージョに彩られた建物などに、イスラムの影響を垣間見ることができ、リスボンを一望できる古城、若者や観光客で賑わうパブストリート、アートギャラリーなど、必見スポットがたくさんあります。旅行準備を進める中で役立つ情報満載なので、ぜひ記事を読んでみてくださいね。

詳しく

【ケルン】初めてでも安心!ケルンの魅力を100%感じられる観光名所8選

ケルン - 観光名所

みなさんはケルンと聞いて、何を思い浮かべますか?やはり、大聖堂でしょうか。それ以外には何かありますか。あまり思いつかないのではないでしょうか...大聖堂のイメージが強すぎて、他の観光名所があまり思い浮かばないケルンですが、実はこんなに見どころがあるんです!今回はそんな意外と知られていないケルンの見どころをみなさんにご紹介します♪ぜひ、これを参考にしてケルン観光の計画を立ててみてください。新しいケルンが見えてくるかもしれません。

詳しく

【ベルギー】見所満載のアントワープでここだけは外せない!定番観光スポット10選

アントワープ - 観光名所

ヨーロッパ第2の港を持ち、賑やかで活気溢れる大都市アントワープ。「フランダースの犬」の舞台、画家ルーベンスの故郷、ダイヤモンドの街、クリエイターの街など、この街を表す言葉はさまざまで、世界中からアントワープを訪れる人々の目的も多種多様ですが、この街はどこを歩いても、中世の時代から続く長い歴史と、格調ある伝統を感じさせる美しい街並みが旅人を迎えてくれます。そこで、今回は、そんな見どころいっぱいのアントワープで行くべき定番の観光スポットをご紹介していきます。

詳しく

【ポルトガル】心ときめく港町「ポルト」のおすすめ観光地5選

ポルト - 世界遺産 ,観光名所

リスボンに次ぐポルトガル第二の都市ポルト。ポートワインの積出港として知られています。ローマ時代にはポルトゥス・カレ(カレの港)と呼ばれ貿易で栄え、ポルトガルの国名の由来にもなりました。旧市街地は、1996年、「ポルト歴史地区」としてユネスコの世界遺産に登録されています。歴史地区の建築群は、エンリケ航海王子が道を開き、大航海の成功がもたらした莫大な富のあかしです。ドウロ川の両岸に建つ、白壁にオレンジ屋根の家々の風景は、ポルトガルの風景として有名です。一本路地を入れば洗濯物を干した家や通りで遊ぶ子供たち等、穏やかな生のポルトを感じる事も出来ます。そんな魅力たっぷりの港町ポルトの、ここだけは外せないおすすめ観光地をご紹介いたします。

詳しく

【ツェルマット】名所9選とともに紹介! 夏のマッターホルン完全観光ガイド

ツェルマット - 山・渓谷

スイスとイタリアの国境を成し、その特徴的な三角錐の形からスイスのシンボルとしても愛される標高4,478mのマッターホルン。この美しい山の観光や登山をする人々の拠点になる場所が、谷間の小さな村ツェルマットです。 マッターホルンの懐に抱かれたツェルマットの村からは、天気や時間帯によってその表情を変えるマッターホルンの姿を望むことができ、周辺には角度や標高を変えて美しい山の姿を見ることができる様々な展望台やハイキングコースが充実しています。そこで今回は、ツェルマットを訪れたらおすすめしたい、とっておきの観光スポットやマッターホルンの楽しみ方を紹介します。

広告

日数は?費用は?ヨーロッパ旅行を上手に楽しむコツを現地から発信!に関連するタグ

広告

トラベルブックの今週のおすすめ

広告

トラベルブックで人気のまとめ

  1. 横浜中華街でおすすめの食べ放題21軒:人気ランキング上位のお店一覧

    横浜 - バイキング・食べ放題・ビュッフェ,中華・中華料理

主要トラベルサイトから最安値のホテルプランを取得

ホテルの料金プランを検索する