おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

【東京】10月が見頃の秋の花と、花の名所まとめ:コスモス、バラ、ススキほか

広告

【東京】10月が見頃の秋の花と、花の名所まとめ:コスモス、バラ、ススキほか

日に日に涼しくなり、秋の訪れを感じます。そろそろ秋の行楽の計画を立てる方も多いのではないでしょうか。気候が良い10月は、特に外での行楽に最適な季節。こちらでは、10月に見頃を迎える秋の花とその名所を紹介します。

コスモスやバラ、ススキなど秋を代表する華やかなもの、フユザクラのようなちょっと珍しいもの、昔ながらの野草を含むさまざまな花を楽しめる名所が東京都内にはたくさんあります。花が咲く時期に合わせてイベントも行われ、子どもからお年寄りまでみんなで楽しむことができます。紅葉の季節を迎える前に、秋の花を眺めながらリフレッシュしてみてはいかがでしょうか?

コスモス:見頃 9〜10月

【東京】10月が見頃の秋の花と、花の名所まとめ:コスモス、バラ、ススキほか

葛西臨海公園(江戸川区)

最初に紹介する10月が見頃になる東京のコスモスの名所は「葛西臨海公園」。葛西海浜公園にも隣接し、緑と水と人のふれあいをテーマに五つのゾーンがある、行楽にぴったりの公園です。

四季折々の美しい景色を楽しむことができる公園で、秋になると、観覧車付近の芝生広場のコスモスが咲き誇り、素晴らしい景観を臨むことができます。10月にはコスモスの花摘みのイベントも行われ、県内外からたくさんの人が訪れています。

浜離宮恩賜庭園(中央区)

次に紹介する10月が見頃になる東京のコスモスの名所は「浜離宮恩賜庭園」。潮入の池と二つの鴨場が有名な、江戸時代の代表的な大名庭園です。国の特別名勝及び特別史跡に指定されており、人気の観光スポットでもあります。

コスモスの名所としても知られ、9月に約30万株のキバナコスモスが花畑一帯をオレンジ色に染め、その後10月にピンクの花のコスモスが見頃を迎えます。美しい景色を眺めることができる、秋のおすすめ観光スポットです。

小金井公園(小金井市)

10月が見頃になる東京のコスモスの名所で次に紹介するのは「小金井公園」。面積約80ヘクタールを誇る、玉川上水沿いに位置した都市公園です。

園内にある「つつじ山広場」と「子どもの広場」の2か所の広場には、併せて約3600平方メートルにもなるコスモス畑があり、秋になると5種類のコスモスが一斉に咲き誇ります。10月には、コスモスの花摘み体験などのイベントも開催され、地元の人から観光客まで多くの人でにぎわいます。

バラ:見頃 9〜10月

【東京】10月が見頃の秋の花と、花の名所まとめ:コスモス、バラ、ススキほか

新宿御苑(新宿区)

10月が見頃になる東京のバラの名所でおすすめは「新宿御苑」。明治39年に完成した皇室庭園で、日本庭園、フランス式整形庭園、イギリス風景式庭園が巧みにデザインされています。

花の名所としても有名で、秋になると、フランス式整形庭園にある110種約500株のバラが見頃を迎え、多くの人の目を楽しませています。毎年10月には、バラの歴史や品種、香りの楽しみ方、育て方などを紹介するイベントも開催予定です。

砧公園(世田谷区)

次に紹介する10月が見頃になる東京のバラの名所は「砧公園」。家族ぐるみで楽しめる公園をテーマに自然の地形を活かし、芝生の広場と樹林で構成されるファミリーパーク区域と運動施設区域から成る公園です。

園内にはさまざまな花が植えられ、年間を通して様々なイベントが開催されています。秋のイベントとして、10月頃に色とりどりに咲き誇るバラを楽しむ「バラを観る会」も好評です。

日比谷公園(千代田区)

次に紹介する10月が見頃になる東京のバラの名所でおすすめは「日比谷公園」。日本初の「洋風近代式公園」と言われる歴史ある公園です。花壇には一年中、色鮮やかな四季の花が咲き、憩いの場となっています。

さまざまな花のなかでも第一花壇と第二花壇の両方にある、併せて86品種700本のバラは有名です。年中楽しめますが、特に美しいのは、春と秋で、秋は10月頃に一番の見頃を迎え、地元の人や多くの観光客が訪れています。

旧古河庭園(北区)

10月が見頃になる東京のバラの名所で次に紹介するのは「旧古河庭園」。国の名勝指定を受けている旧古河庭園。斜面には洋風庭園、低地には日本庭園があり、和洋の見事な調和を実現する庭園として人気の観光スポットになっています。

バラ公園としても有名で、約100種199株のバラの花が春と秋に見頃を迎えます。秋は10月頃が盛りとなっており、バラ祭りも開催され、多くの人が訪れにぎわいを見せています。

代々木公園(渋谷区)

次に紹介する10月が見頃になる東京のバラの名所は「代々木公園」。隣接する明治神宮の木々とともに緑濃い森を作っている都内で5番目に広い公園です。園内にある「バラの園」や「フラワーランド」では、秋になると約700株40種の大小のバラの花が一面に咲き誇ります。

入場は無料。10月中旬頃からが1番の見頃で、美しいバラをゆっくりと眺めながら散歩を楽しむことができるので、地元の人にも観光客にも人気です。

フラワーガーデン(江戸川区)

次に紹介する10月が見頃になる東京のバラの名所は「フラワーガーデン」。種類豊富な花が咲き誇る洋風庭園が特長の公園です。111種600株のバラが、21307平方メートルに植えられており、春と秋に見頃を迎えます。

秋は10月頃が1番美しく、園内は無料で見学可能です。地元のボランティア団体によるバラの撮影会や販売会、花の販売会などいろいろな楽しいイベントが行われるので、たくさんの人でにぎわいを見せています。

神代植物公園(調布市)

10月が見頃になる東京のバラの名所で次に紹介するの「神代植物公園」。都内唯一の植物公園として人気の公園です。植物の種類ごとに30ブロックに分けられており、景色を眺めながら植物の知識を学ぶことができます。

四季を通じて花を楽しめ、秋には約409種類5200株のバラが咲き誇ります。開園当初から育てている大株や原種バラのコレクションも見どころで、10月にはばら園コンサート、バラのカフェテラス、ロゼマルシェなどのイベントも開催されます。

秋留台公園(あきる野市)

10月が見頃になる東京のバラの名所でおすすめは「秋留台公園」。秋川と平井川の間にひろがる秋留台地のほぼ中央に位置している自然あふれる公園です。

季節の花を楽しむことができ、レンガと大理石を用いた東欧風のバラ園では、秋と春に約110種類450株のバラが咲き誇り、美しい景色を楽しめます。秋の見頃は10月頃です。展望台からは、園内を一望することができるので、特におすすめです。

広告

冬桜(フユザクラ):見頃 10〜4月

【東京】10月が見頃の秋の花と、花の名所まとめ:コスモス、バラ、ススキほか

小石川後楽園(文京区)

東京の冬桜の名所でおすすめは、10月が見頃の「小石川後楽園」。特別史跡及び特別名勝に指定されている、池を中心にした「回遊式築山泉水庭園」です。園内にはさまざまな植物が植えられ、四季折々の美しい景観を楽しむことができる人気の観光スポットになっています。

秋には冬桜(フユザクラ)の花が咲きファンを喜ばせています。10月頃からは、冬支度の雪吊りの傍に紅葉とかわいらしいフユザクラの花の美しい共演が見ものです。

神代植物公園(調布市)

次に紹介する10月が見頃になる東京の冬桜の名所は「神代植物公園」。都内唯一の植物公園として開園した四季を通じて草木の姿や、美しい花を楽しむことができる公園です。30ブロックに分かれた一角には約4800種類、10万本・株の樹木が植えられています。

秋のフユザクラも人気の高い木のひとつで、10月には同時期に咲くバラと合わせて楽しむことができ、おすすめです。

十月桜(ジュウガツザクラ):見頃 10〜12月

【東京】10月が見頃の秋の花と、花の名所まとめ:コスモス、バラ、ススキほか

広告

旧芝離宮恩賜庭園(港区)

東京の十月桜の名所でおすすめは「旧芝離宮恩賜庭園」。典型的な回遊式泉水庭園で池を中心にした造りの小石川後楽園と共に、今に残る江戸初期の大名庭園です。

10月から1月にかけて全体の1/3が咲き、残りの2/3が春に咲く十月桜(ジュウガツザクラ)も有名で、美しい八重桜が庭園にさらなる彩りを添えています。秋に咲くフユザクラが一重なのに比べ華やかさがあり、また違った魅力で人気があります。

パンパスグラス(シロガネヨシ):見頃 9〜10月

【東京】10月が見頃の秋の花と、花の名所まとめ:コスモス、バラ、ススキほか

神代植物公園(調布市)

東京のパンパスグラスの名所でおすすめは、10月が見頃になる「神代植物公園」。武蔵野の面影が残る、都内唯一の植物公園で、四季折々の美しい花を楽しめます。秋の花もさまざまなものがあり、その中の一つに、イネ科の多年生植物であるパンパスグラスがあります。

8月から10月には、垂直に立ち上がった茎に長さ50~70cmの羽毛のような花穂をつけ、ススキとはまた違う独特な美しさが話題を呼んでいます。

ススキ:見頃 9〜10月

【東京】10月が見頃の秋の花と、花の名所まとめ:コスモス、バラ、ススキほか

向島百花園(墨田区)

10月が見頃、おすすめする東京のススキの名所は「向島百花園」。「四季百花の乱れ咲く園」という意味で名づけられた庭園で、江戸の町人文化が花開いた文化・文政期に造られたものになっています。

ミヤギノハギ、筑波のススキと、詩経や万葉集などの中国、日本の古典に詠まれている有名な植物を集め、四季を通じて花が咲くように造られており、秋にはたくさんのススキを見られます。10月のお月見頃に最盛期を迎えます。

光が丘公園(練馬区)

次に紹介する10月が見頃になる東京のススキの名所は「光が丘公園」。戦前の「成増飛行場」だった跡地にある練馬区最大の公園です。6ヘクタールにおよぶ広大な芝生地や、キャンプ場でのアウトドアを楽しむことができ、自然を満喫できます。

秋には一面ススキ畑になることでも有名で、10月の気候のよい日などには、ススキを眺めながらのピクニックを楽しむ人の姿をよく見かけます。

秋の七草:見頃 6〜11月

【東京】10月が見頃の秋の花と、花の名所まとめ:コスモス、バラ、ススキほか

キキョウ

殿ヶ谷戸庭園(国分寺市)

東京の秋の七草の名所でおすすめは「殿ヶ谷戸庭園」。段丘の崖にできた谷を巧みに利用した「回遊式林泉庭園」として有名で、国指定の文化財にもなっています。

秋には「秋の七草を楽しむ会」が開催され、萩・尾花・葛・女郎花・藤袴・桔梗・撫子の七種の花を楽しめます。紅葉が始まる前の10月頃は、気候も良く、地元の人から観光客までたくさんの人が訪れ、賑わいを見せています。

東京の自然・景勝地でおすすめの記事

詳しく

東京花見スポット完全ガイド2018! 都内で満開の桜を楽しもう

東京 - 自然・景勝地

毎年、花見シーズンが近づくとどこに行こうか迷ってしまうものです。東京都内には数え切れないほどの花見スポットがあり、開花時期や見頃はぞれぞれ。あれこれ悩んでいるうちにベストシーズンを逃してしまった……なんてこともあるのではないでしょうか。 今回は桜の名所、人気の30スポット紹介しつつ「予想開花時期」や「桜の種類」までも完全網羅! これさえ見れば今年の花見を楽しめること間違いなしです。かなりスポット数も多いのでエリアごとに並べました。自宅の近くや検討している場所を見比べてみてください。名所ごとに見られる桜の種類も異なりますので、違いを楽しむのもおすすめですよ。

詳しく

春の気配を感じにいこう。梅がきれいな東京東京都内でおすすめの名所10選

東京 - 自然・景勝地

年が明け、まだまだ肌寒い日が続いていますが暦の上ではもう春です。なかなか実感しづらいものの、自然の中では着々と春の準備が進んでいます。そんな様子を垣間見ることができるのが、毎年この時期になると咲き始める“梅”。早いものは年末から咲き始め、2月や3月には見ごろを迎えます。 梅は、桜のように大々的に取り上げられる機会は少ないものの、“松竹梅”といった言葉からもわかるように、古くから春の訪れの象徴として親しまれてきました。 今回は東京東京都内の梅の名所から、特におすすめの10か所をご紹介します。週末のお出かけや街歩きの参考にどうぞ。

詳しく

のんびり休日散歩♪東急沿線おすすめ散歩スポット5選

恵比寿・自由が丘・二子玉川 - 自然・景勝地 ,散歩・街歩き

「東急田園都市線」や「東急東横線」を中心に、渋谷駅から横浜エリアまで伸びている東急沿線エリア。仕事や買い物、観光にデートにと、都心にアクセスするのにとても利便性が高く、一度は住みたくなります。また、沿線は住宅街であるにもかかわらず、緑豊かな気軽に立ち寄れる公園も存在するなど、教育環境や住環境の良さが子育て中のファミリー層に人気。 思いっきりおしゃれして街へお出かけしたくなる日もありますが、たまにはのんびり過ごす休日も素敵ですね。ということで、今回は東急沿線(目黒区周辺)で休日をのんびりと過ごすことができるおすすめのスポットをご紹介します。

詳しく

中野ブロードウェイならまずここへ!マニアックな空気を堪能できる厳選8店

中野・杉並・世田谷 - 自然・景勝地

JR中央線中野駅周辺に堂々とそびえている『中野ブロードウェイ』。低階層にはショッピングセンター、中・高階層はマンションとなっており、漫画やアニメ関連の店舗が密集しており「サブカルチャーの聖地」として人気を集めています。 天井が低く各フロアには間口が狭いテナントが密集し混沌とした独特の雰囲気があります。まさに「迷宮」に入り込んでしまった感じ。この辺りはもともと木造家屋が密集する地域で、中野駅前から続く商店街が行き止まりになってしまったため、、地元商店街などの有志により土地をまとめて買収し、広い通路を貫通させてブロードウェイという名を付けたそうです。そんな地元の有志の発案によって建てられ、いまやマニアの聖地化とした中野ブロードウェイの魅力をご紹介いたします。

詳しく

【関東】花の絨毯が歩ける、春・夏のフラワースポット15選

東京 - 自然・景勝地

今回は関東エリアにある、花をメインに楽しめる公園や史跡15か所を紹介します。 春になってだんだん外が暖かくなってくると、せっかくの休日を家で過ごすのはもったいないという気分になりませんか? 春物のショッピング、スポーツや食べ歩きも楽しいけれど、「花を眺めに行く」というのもこの時期ならではの楽しみです。桜をはじめ、チューリップやツツジなど、色とりどりの花が咲き乱れる春の季節。まるで絵本の世界のような花の絨毯は大人も子供も幸せな気分にしてくれますよ♪うららかな一日、めいっぱい春を満喫してみませんか?

詳しく

【東京】まだ公園デート?最近は屋上庭園デートが流行りです!

東京 - 自然・景勝地

デートの定番と言えば公園ですが、それで満足ですか?公園も行きたい、でもショッピングもお食事も、そんなデートを満足させてくれるのが屋上庭園デートなのです。しかも、最近では個性的な作りの屋上庭園が数多く点在しています。都会の風景を一望できる庭園や、高速のジャンクションを利用した高低差の激しい庭園、また目の前に東京駅が見える素晴らしいガーデンなど、素敵な庭園ばかりとなっています。こちらではそんな空中庭園をご紹介しています。デートに家族連れや友達、また一人で来ても心安らげるスポットとなっていますので、ぜひ足を運んでみてください。きっと満足できるスポットとなりますよ。

詳しく

【東京近辺】話題沸騰?京浜工業地域の“工場夜景“はツアーで眺める!

東京 - 自然・景勝地

近年、話題になってきているのが“工場夜景”。夜になると工場に明かりが灯り、昼間とは違った光景を見ることができると、その美しさが話題になってきています。東京都大田区から、神奈川県川崎市、横浜市に掛けて広がっている京浜工業地帯でも、その幻想的な“工場夜景”を見ることができます。定期的にバスツアーや屋形船でのクルージングツアーが開催されていて、ガイド付きで楽しむことができます。SEKAI NO OWARIのボーカルFukaseさんも歌詞を考える際に眺めたと言う夜景を、眺めてみてはいかがでしょうか?

詳しく

【関東】夏の風物詩・蛍が見られる関東の穴場スポット5選

東京 - 自然・景勝地

最近は「蛍」を生で見たことがない方が多いのではないでしょうか? まして関東では企業や商業施設が多く、蛍が見られるなんて想像できないはず。しかし、関東でも蛍が見られる場所があります! 一般的に日本にいる蛍は「ゲンジボタル」。2〜3cmほどの大きさで、発生期間は1ヶ月ほどです。5月から6月ごろに孵化し、湿度の高い梅雨から初夏の晴れた風のない日には光を帯びながら空を飛び交います。 今回は養殖された蛍から天然の蛍までを観察できるスポットを5ヶ所ご紹介します。蛍観察イベントなどもあるので、ぜひ足を運んでみて下さい。

広告

【東京】10月が見頃の秋の花と、花の名所まとめ:コスモス、バラ、ススキほかに関連するタグ

東京 観光 東京 自然・景勝地 日本 観光 日本 自然・景勝地

広告

のおすすめホテル

トラベルブックの今週のおすすめ

広告

トラベルブックで人気のまとめ

  1. 横浜中華街でおすすめの食べ放題21軒:人気ランキング上位のお店一覧

    横浜 - バイキング・食べ放題・ビュッフェ,中華・中華料理

じゃらんからのおすすめホテル

主要トラベルサイトから最安値のホテルプランを取得

ホテルの料金プランを検索する