子育てに役立つ・子どもとおでかけ情報サイト

【ペット】トカゲの飼い方:種類・寿命・値段まとめ

広告

【ペット】トカゲの飼い方:種類・寿命・値段まとめ

近年のペットブームに合わせて人気上昇中の爬虫類・トカゲ。公園などで見かけるトカゲはもちろん、さまざまな種類のトカゲがおり、その種類は日本だけでも数えきれないほどといわれています。毒をもっていたり、危険なものはほとんどおらず、温厚で人にも良くなつくものがほとんどで、名前を覚えたり、手にのったり、餌をねだったりとかわいらしい行動をたくさんしてくれるのも魅力的です。

今回は、そんなトカゲをペットとして飼いたいと考えている人に参考にしてほしい、トカゲの種類や性格、寿命、販売価格をはじめ、知っておきたい知識などを合わせて紹介します。

この記事を監修するのは?

TravelBookママ部

TravelBookファミリー編集部所属のママ達による「ママ部」。幼児から中学生までのママ達で構成。世の中のトレンドに常に敏感で日々パワフルに活動中。

トカゲってどんな動物?生態を紹介!

【ペット】トカゲの飼い方:種類・寿命・値段まとめ

恐竜のような独特の見た目と愛らしい表情などで最近ペットとして飼う人が増えているトカゲ。道端でも見かけることがあるトカゲですが、有鱗目トカゲ亜目に分類される爬虫類の総称で、大きく「アガマ」「スキンク」「オオトカゲ」「ヤモリ」「カメレオン」の5種類にわけることができます。種類によって大きさや食性、触れられるかどうかも異なっています。トカゲの性格や飼育に必要な手間やコストもさまざまなので、自分と相性の良いトカゲを選ぶことができるのも魅力です。飼いやすさは種類により異なるので、気軽にトカゲを育ててみたいという人から、ちょっとマニアックなトカゲ好きまで、いろいろな人が飼うことのできる爬虫類として人気になっています。

トカゲの寿命はどのくらい?

最初に紹介するトカゲの情報は「寿命」。トカゲを飼おうと考えるのなら知っておきたいのが寿命です。トカゲの寿命は、種類によってもかなりの違いがあるといわれており、5年ほどのものから40年以上生きるものまでいるようです。自然界でのニホントカゲの平均寿命は、生息地域や環境で変わってはきますが、5年〜7年程度といわれています。外国産のトカゲではさらに寿命の長いものが多く、ペットとして人気の種類のものでは、10年~20年くらいにもなるとのことです。野生の中で生きるよりも、環境を整えてあげることで長生きできる可能性が高く、犬や猫と比べても引けを取らないくらい長く付き合うことができるようです。

トカゲをペットショップで買うときの値段は?

次に紹介するトカゲの情報は「値段」。いざ、ペットショップにトカゲを買いに行くとなると気になるのが値段です。トカゲは種類によって値段も異なってきますが、手軽に購入できるもので、5000円ぐらい、高いもので20000円くらいとなっています。いろいろなペットの中ではお手軽な部類と言えるでしょう。

広告

トカゲの鳴き声は?うるさい?動画で紹介

3番目に紹介するトカゲの情報は「鳴き声」。ペットを飼うにあたって、気になることの一つが鳴き声かと思います。トカゲは基本的には鳴かないのでうるさいなどということがなく買いやすい動物です。威嚇したり、求愛するときにおいても、空気を吐き出して「ハアー」という程度なので全く問題にならないかと思います。

トカゲの種類は?

4番目に紹介するトカゲの情報は「種類」。一口にトカゲと言ってもその種類は様々で、日本国内で飼えるトカゲだけでも数えきれないほどいるといわれています。トカゲ愛好家であれば、その中から自分好みのものなどを選りすぐってペットショップに探しに行く人も多いかと思います。ここでは、ペットショップなどでよくお目にかかることができるメジャーなものを紹介します。

ヒョウモントカゲモドキ

【ペット】トカゲの飼い方:種類・寿命・値段まとめ

5番目に紹介するトカゲの種類は「ヒョウモントカゲモドキ」。色鮮やかさとかわいさから、トカゲの中でもペットとして人気の品種です。基本的に咬んだり、突発的な動きをしないので安心して飼うことができ、トイレも覚えてくれるので、昔からペットとして親しまれています。国産爬虫類では考えられない「ハンドリング」が可能なのも魅力の一つになっています。数か月に1回脱皮をするので、うまく皮が脱げなかった場合は、ぬるま湯に付けて優しくとってやる必要があります。基本的に体が丈夫で、飼育がしやすく、値段も安価なので初心者にもおすすめと言えるでしょう。

フトアゴヒゲトカゲ

【ペット】トカゲの飼い方:種類・寿命・値段まとめ

6番目に紹介するトカゲの種類は「フトアゴヒゲトカゲ」。40cm前後とトカゲとしてはやや大きめのクリーム色のフトアゴヒゲトカゲは、オーストラリアの砂漠に生息しています。アゴにある沢山の太いトゲのような突起が特徴で、一見固そうに見えますが、実はゴムのように柔らかい体になっています。爬虫類専門店で、1~3万円ほどで購入することができ、生まれて間もないほど安く購入できます。子どもの頃は野菜と昆虫が中心ですが、大人になると野菜や果物を食べるベジタリアンなトカゲです。性格は温厚で抱っこやお散歩もできるところが魅力的で、最近人気のペットになっています。

グリーンイグアナ

【ペット】トカゲの飼い方:種類・寿命・値段まとめ

7番目に紹介するトカゲの種類は「グリーンイグアナ」。平均寿命は10~15年で、おとなしい性格と飼い主を見分けることができる賢い性質を持っています。買いやすいトカゲの一種といわれているイグアナの中でも、鮮やかなグリーンが特徴になっています。ただし、爪と歯は鋭く、アゴが力強いため、噛まれると怪我につながるので、ストレスを与えないようにすることが大切です。大きいペットショップであれば取り扱いも増えてきており、小さなものでは3000円ぐらい、大きいもので10000円ぐらいで購入できます。基本的に販売されているイグアナは、おとなしい性格のものが多いので、育てやすいことが多いようです。

オニプレートトカゲ

【ペット】トカゲの飼い方:種類・寿命・値段まとめ

8番目に紹介するトカゲの種類は「オニプレートトカゲ」。アフリカ南西部に広く分布するヨロイトカゲ科の中型のトカゲで、30~40cmの丈夫なトカゲです。他の種類のトカゲに比べて環境などにもストイックにならずに育てられるのが魅力です。性格は穏和で、あまりバタバタせず、噛みついたりすることもほぼないことや、ハンドリングもできることなどから人気を集めています。ペットショップなどで5000~10000円で購入することができるのも魅力です。まるで恐竜のようなゴツゴツした感じや、ボリュームのある手足と真っ黒な愛らしい瞳が特徴で、ペットとして人気のトカゲになっています。

オウカンミカドヤモリ

【ペット】トカゲの飼い方:種類・寿命・値段まとめ

9番目に紹介するトカゲの種類は「オウカンミカドヤモリ」。ニューカレドニア原産のヤモリで、人工飼料で育てることができ、花の蜜や果物などを好むヤモリです。おとなしく、手触りの良さや、外見も愛らしいことから女性の愛好者が多いようです。育てやすく、ハンドリングができることも魅力の一つになっています。ペットショップなどでは、3~5万円くらいで販売されているちょっと高級な品種ですが、15cm前後の小さな体で、場所も取らないうえ、飼育がしやすく、20年くらい生きるので長く付き合えることなどもあり、ペットとしてのトカゲの中でも非常に人気が高くなっています。

トカゲの餌(エサ)は?

【ペット】トカゲの飼い方:種類・寿命・値段まとめ

広告

10番目に紹介するトカゲの種類は「餌(エサ)」。トカゲは種類によって餌も変わってきますが、昆虫や、ミルワームなどを好むものが多いようです。ただし、ペットとして人気となっているトカゲ・イグアナは草食タイプが多く、果物や野菜などを好むようです。飼っているトカゲ・イグアナに合わせてエサを考え、肉食・草食にかかわらず栄養の管理をしてあげることが必要になってきます。最近は、ペットショップで子供用・大人用のトカゲの餌が売られていることも多く、通販などネットでも購入が可能になっているので、食事の管理も楽になってきています。

トカゲのおすすめエサ一覧

参考価格:108円〜

トカゲの性格。ペットとしてなつくの?

【ペット】トカゲの飼い方:種類・寿命・値段まとめ

11番目に紹介するトカゲの種類は「性格」。初めて爬虫類を飼うという人にも安心の、おとなしくて温厚な性格が多いトカゲ。ゆったりとしており、怒ったり、せかせかと動くものは少ないようです。飼い主にもよくなつき、飼い主を見分けることができたりもするので、一緒に過ごせば過ごすほど愛情がわきやすいペットです。人懐っこいものも多く、餌を手でやるとパクっと喜んで食べてくれたり、手のひらに乗せることもできます。また、種類によっては、名前を覚えさせることなどもでき、名前を呼ぶと寄ってきたり、膝に乗ってきたりします。一般的に人に良くなつくペットである犬と比べても負けないくらい、飼い主に良くなつく性格をもっています。いつも愛情をもって接してやったりよく遊んでやることで、強い信頼関係が生まれてくるでしょう。

トカゲは臭い?

【ペット】トカゲの飼い方:種類・寿命・値段まとめ

12番目に紹介するトカゲの種類は「臭い」。ペットを飼うとなると気になってくるものの一つが臭いです。トカゲの場合、臭腺をもっていないのでほとんど臭いはありません。糞の臭いもそこまできつくないタイプが多いのですが、肉食であったり、体が大きいものなどは少し匂う場合もあります。糞尿の取り換えや残した餌の始末をすれば気になることはないでしょう。

トカゲをペットとして飼うために必要なもの

【ペット】トカゲの飼い方:種類・寿命・値段まとめ

13番目に紹介するトカゲの種類は「飼うために必要なもの」。いざ、トカゲをペットとして迎え入れるとなると、準備をしなくてはならないものが出てきます。まずは、トカゲの家となる水槽です。トカゲ・イグアナは爪が鋭いため、ガラスの水槽を用意するほうが無難です。個体に合わせてできるだけ大きい水槽を用意してあげるとよいでしょう。水槽には床材が必要ですが、トカゲの種類によって砂が良い場合や、ウッドチップが良い場合、芝が良い場合などがあります。そのほかには、カルシウム吸収に必要なビタミンDを生成したり赤外線によって体をあたためるための紫外線ライトや身体を温めるためのヒーターなども必要です。また、隠れたり冷えた体を温めるためのシェルターも準備してあげることが大切です。その他、エサ入れなども用意し、過ごしやすい環境を整えてあげましょう。

トカゲのまとめ

いかがでしたか。見た目の恐竜のような姿からは想像できない温厚で人懐っこい性格と、買いやすい性質や手軽な値段から人気のペットになっているトカゲ。気の合う種類のトカゲを家族に迎え入れて、トカゲと一緒に楽しい毎日を送ってみませんか。

日本のペットでおすすめの記事

詳しく

【ペット】チンチラの飼い方:種類・寿命・値段まとめ

日本 - ペット

チンチラは環境に気を使えば割と手軽に飼うことのできる動物として人気があります。ネズミ系のペットのなかでは比較的大柄で、活発に動く様子は見ていて楽しめます。主人に慣れてくると肩に乗るなどとても愛らしい姿を見せてくれます。小さな動物ですが、しっかりと様子を見てあげれば15年近くも生きられるので、長く付き合えるペットとしてもおすすめです。 今回は、そのようなチンチラの種類・寿命・値段などを含め、チンチラの飼い方についてまとめてみました。チンチラに興味を持っていて飼育したいと考えている人はぜひ参考にしてください。

詳しく

【ペット】ハムスターの飼い方:種類・寿命・値段まとめ

日本 - ペット

ハムスターは、犬や猫に続くメジャーなペットとして多くの人に飼われています。一度飼うとその可愛さのとりこになり長年飼い続ける人が多いと言われるハムスター。飼育スペースを取らず散歩なども不要、購入費も維持費もリーズナブルで、ペットを飼う手始めとしてハムスターを選ぶ人、一人暮らしのさみしさを紛らわせるために飼う人などにも人気です。 何よりも小さな可愛らしい存在が、心を癒す存在になることは間違いありません。毛に包まれた小さな体、短い手足を一生懸命動かしてえさを食べる姿、回し車を熱心に走る姿、つぶらな瞳でじっと見つめる表情など、いつまでも眺めていたくなる愛おしい存在です。 そんなメジャーなペットのハムスターですが、実際に飼うとなると生態や飼い方など分からないことが多いのではないでしょうか。そこでハムスターについて特徴や飼い方を詳しくまとめました。これさえ読めばすぐにハムスターを飼うことができますよ。

詳しく

【ペット】ハリネズミの飼い方:種類・寿命・値段まとめ

日本 - ペット

背中に針がいっぱいで痛いイメージのハリネズミ。でも実は、ハムスターやネズミのようなあどけない表情やちょこまかしたコミカルな動きが可愛いと、今熱い注目を集めている動物です。TwitterやYouTubeなどのSNS上では、ハリネズミの動画や画像が数多くアップされ、ハリネズミファンが急増しています。 そんなキュートなハリネズミ、ペットとして飼いたい人も増えていますが、犬や猫などのメジャーなペットと比べて情報が少ないですよね。針ばかりだけど触れるの? なつくの? エサは何を食べるの? 何年くらい生きるの? などなど、分からないことばかりで躊躇している人もいるのではないでしょうか。そこでハリネズミの飼い方について、種類や寿命、値段など詳しくまとめてみました。

詳しく

【ペット】キツネの飼い方:種類・寿命・値段まとめ

日本 - ペット

昔話にもよく出てきたり、いろいろなマスコットにもなっているキツネ。ペットとしての馴染みはあまりありませんが、昔から私たちの生活の身近なところに存在している動物のひとつでもあります。北海道などでは、道路などでもよく見かけることがあるキツネですが、実は日本のいたるところに生息しており、ペットとして飼うことが認められている動物でもあります。 ペットショップでよく見かけると言うわけではありませんが、日本でもペットとしてキツネを販売しているペットショップなどもあるようで、実際にペットとして飼うことに関心がある人も増えてきているようです。とはいえ、実際キツネを飼うとなるといろいろとわからないことが多いのではないかと思います。そこで、今回は、キツネをペットとして飼うなら参考にしてほしい、種類や値段、寿命などをまとめて紹介します。

詳しく

【ペット】ウサギの飼い方:種類・寿命・値段まとめ

日本 - ペット

ペットとしてはイヌやネコに比べるとマイナーな印象のウサギですが、近年では注目を集めるようになっています。かわいらしさ、愛くるしさから癒しをもらう人も増えているようです。ウサギは声帯をもっていないので、基本的に鳴き声はなく、鼻を鳴らすような音になるため、イヌやネコに比べると比較的静かです。また1日に短い睡眠を何度もとるため、遅く帰ってきても起きていたり、遊べたりするので一人暮らしの男性・女性に人気です。もともと草食動物で捕食される側であるため、警戒心がとても強い動物ですが、飼い主に慣れるととてもなついてくれ、愛情を寄せてくれるようになります。そんなかわいいウサギの種類・寿命・値段などについて紹介します。

詳しく

【ペット】カワウソの飼い方:種類・寿命・値段まとめ

日本 - ペット

水族館の人気者、カワウソは水族館で見るだけのものだと思っていたら大間違い。実はペットとして自宅で飼うことができる動物だということはご存知でしょうか。ペットのカワウソの様子をこっそり撮影した動画がTwitterにアップされて以来、そのくるくる変わる表情や動きの愛らしさに熱い注目が集まっています。哺乳動物で水中だけでなく陸地でも活動でき、高い社会性をもつ賢い動物なのでペットにもぴったり。つぶらな瞳や愛らしい動き、ツヤツヤの毛並みを独り占めできますよ。 それでも犬や猫など一般的なペットと比べて分からないことも多くハードルが高そう、と思う方も多いでしょう。そこで、見ているだけで癒される可愛いカワウソについて特徴や飼い方を詳しくまとめました。

詳しく

【ペット】モモンガの飼い方:種類・寿命・値段まとめ

日本 - ペット

小さい体格に大きい目と飛膜が特徴的なリス科のモモンガは、ペットとしての人気が上がっている小型哺乳類です。小動物を取り扱うペットショップでも販売されていることが多く、値段も一昔前に比べて手頃になってきています。飛膜を広げて滑空する姿が愛らしく、飼い主の元に着地することもあります。なつけば手乗りや餌をねだり、甘えてくることもあるので、思わず愛情を注ぎたくなります。ペットとしての認知度が高まっているモモンガですが、飼育する場合に何を食べ、何に気を付けなければならないのか、飼育方法には不安があるのではないでしょうか。モモンガの習性や特徴から、飼育する上での注意点などの情報をまとめます。愛らしいモモンガの飼育に挑戦してみましょう。

詳しく

【ペット】猿の飼い方:種類・寿命・値段まとめ

日本 - ペット

テレビなどで、人間顔負けの芸を披露したり、ゆっくりと温泉に浸かったりする姿が印象的な猿。人間に最も近い動物と言われており、その行動は見ていて微笑ましいことが多く、さまざまなマスコットなどにもなる人気の動物です。動物園や山などでの印象が大きい猿ですが、最近はペットとして飼う人も増えてきています。 賢くて寿命も長く、家族の一員として存在感を発揮してくれそうな猿ですが、いざ飼うとなるとどんなものが必要でどのようにして育てるとよいのかなど、あまり知られていないようです。また、ペットとして飼われる猿はどんな種類なのかなども興味深いところです。 そこで今回は、猿をペットとして飼うことに興味のある人に参考にしてもらいたい、猿の飼い方や種類、寿命から値段まで幅広くお伝えします。

広告

【ペット】トカゲの飼い方:種類・寿命・値段まとめに関連するタグ

日本 ライフスタイル 日本 ペット

広告

のおすすめホテル

トラベルブックの今週のおすすめ

広告

トラベルブックで人気のまとめ

運営会社