おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

階段が障子みたいな理由とは?金沢の“忍者寺”のカラクリに大人もワクワク!

テーマパークの忍者屋敷では味わえない、本物の忍者屋敷が体験できる「忍者寺」。金沢の観光ガイドブックにも良く掲載されているお寺ですが、「忍者寺」と呼ばれるのは、実際に忍者が居たからではありません。さまざまな仕掛けが施されている事から「忍者寺」と呼ばれているのです。 そこで今回は、大人がワクワク楽しめる「忍者寺」とはいったいどんなところなのか、360年前に建てられた、奇抜なカラクリとはいったいどんなものなのかを紹介します。

続きを読む

https://www.flickr.com

更新日: 2024年6月15日

広告

本ページではプロモーションが含まれます
当サイトでは施設やサービス(以下、サービス等)の掲載にあたり、ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任においてサービス等を選定しおすすめアイテムとして紹介しています。

なお当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、オンライン旅行代理店やレストラン予約サイトが提供するアフィリエイト・プログラムに参加し、サービス等の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。掲載の順番はサービス等の提供会社により支払われる報酬も考慮されている場合があります。

忍者寺とは

https://commons.wikimedia.org

忍者寺と呼ばれる、金沢市にあるの妙立寺は、日蓮宗、正久山・妙立寺が正式名称であり加賀三代藩主の前田利常公が西暦1643年金沢城近くから移築したものです。

利常は徳川幕府により改易されるのを避けるため、徳川家から嫁を迎えるとともに母親を人質に出し、馬鹿殿様を演じることで幕府を欺き安心させる一方で、現在の位置に多くの武士が起居できる寺院群を作り、その中心に監視所の役割として建てられました。

監視所と逃げ道

正久山 妙立寺 (忍者寺) / Myoryuji Temple (Ninjadera/Ninja Temple)

当時、幕命で3階建て以上の建物は禁止されていたことにより、外観は2階建てですが、内部は4階建て7層になっています。中2階、中々2階があって、部屋数は23、階段数は29もあります。

本堂の屋根の先端部分には、「物見台・望楼」があり、ギヤマン(現在はガラス)張りの見張り台です。加賀平野を遠望でき、敵の動きをいち早く察知できる仕掛けです。井戸は深さ約25mで茶水に利用され、水面上には横穴があり金沢城へ続く逃げ道になったとも言われます。

広告

明かり取り階段

正久山 妙立寺 (忍者寺) / Myoryuji Temple (Ninjadera/Ninja Temple)

正面の突き当たりにある階段で、蹴込(けこみ)の部分に障子を張って明かりを取り、外敵の足の影を見て槍などで倒すことができる仕掛けになっています。

階段をのぼって足を刺されてしまってはひとたまりもありません。シンプルながらよく考えられた仕掛けで、明かり取り階段の裏側から見ると、かなり明るいことがわかり、これなら敵の影もしっかりと見られます。

広告

仕掛け賽銭箱と落とし穴階段

本堂正面入り口に埋め込まれている仕掛け賽銭箱は、敵が侵入してきたときは落とし穴として利用されていました。

本堂の階段群は、全階段数が29か所あるうち、6か所がここに集中しています。特に、左端の階段は奥まったところにあって、手前の床板を外すと落とし穴にもなる、落とし穴階段となっています。この落とし穴は下男部屋に通じていて、落ちると階下で待ち伏せている下男によって攻撃される仕組みになっています。

本堂裏隠し階段

物置の戸を開けて床板をめくると、階段があり外へ逃げることができるようになっています。外から堂内に逃げ込む際には、床板に溝が刻まれているため、引き戸を閉めることで「自動ロック」がかかり、開かない仕組みになっています。

実際に見てみると本当にただの床にしか見えないのですが、床板をはがしてみれば奥に石造りの階段が続いている様子が分かります。

考え抜かれた仕掛けの部屋

引き戸を閉める事で「自動ロック」が掛かり、開かない仕組みになっている戸のある部屋は、敵が攻め入ってきたときに、最後に自害するために逃げ込むための部屋と言われています。

刀や槍が使えないように、天井を低くしてある茶室のほか、掛け軸の後ろに入り口がある部屋、どんでん返しになっている部屋、入ったら内側からは開かない部屋など、考え抜かれた仕掛けの部屋ばかりです。

いかがでしたか?今にも忍者があらわれそうなすごいカラクリ満載の「忍者寺」、おもしろいところですね!
拝観は要予約なので、電話にて予約をしましょう。幼児、未就学児は保護者同伴でも拝観不可なので注意してください。時間厳守ですので遅れないように行きましょう。

妙立寺

石川県金沢市野町1-2-12
076-241-0888(電話受付8:00~17:00)
9:00~16:30(冬期は16:00まで)、30分毎に説明案内(入場は予約時間の10分前開始)
1月1日及び法要日
拝観料大人(中学生以上)800円、小学生600円  アクセス:石川県金沢駅からバスで17分、駐車場無し(近隣に有料パーキング有り)
http://www.myouryuji.or.jp/

金沢・松任の歴史スポットや観光名所でおすすめの記事

詳しく

【金沢】三文豪を訪ねて文学ロマンに浸れるスポット4選

金沢・松任 - 歴史スポット,散歩・街歩き ,観光名所 ,雑学

石川県は、実は有名な作家を数多く輩出した県であることをご存知でしょうか? 泉鏡花・徳田秋聲・室生犀星の三文豪は、石川出身の知っている方も多いはずです。 金沢で育った文豪の生い立ちや歴史、人となりを知ることができる記念館では、作家としての苦悩や故郷への思いなど、知らなかった一面に触れることができます。当時の街並みや生家を再現するなど、文豪を通して金沢の歴史を知ることもできます。古き良き時代のロマンをたっぷり感じられるスポットへ行ってみませんか?

詳しく

【金沢】兼六園の見どころを徹底解説:庭園の美しさを堪能できる大名庭園

金沢・松任 - 広場・公園

「兼六園」は、石川県金沢市にある、国の特別名勝にも指定されている、廻遊式の庭園です。広さは約11.7ヘクタールあり、岡山市の後楽園、水戸市の偕楽園と並ぶ日本の三大庭園のひとつに数えられます。ミシュラン観光ガイドでも3つ星の最高評価を得た、うつくしい庭園です。庭園は心を休めたいとき、頭を整理したいときに訪れたりもしますが、そんな時、眺めを楽しむ「座観式」ではなく「廻遊式」で、体を動かしながら、うつくしい庭園巡りを楽しめる兼六園のつくりは、心身を健やかに保ってくれます。 今回はそんな日本のうつしい庭園「兼六園」にスポットを当てました。兼六園をより楽しめるための予備知識として「歴史的・作庭の成り立ち」や「兼六園巡りの見どころ」を、分かりやすく紹介します。また、周辺グルメやアクセス情報も合わせて紹介していきます。

詳しく

金沢城観光ガイド:北陸にそびえる白亜の城。加賀百万石に育まれた優美な歴史建築

金沢・松任 - モニュメント・記念碑,城・宮殿,寺院・教会,史跡・遺跡,市場・夜市,広場・公園,旧市街・古い町並み

石川県の県庁所在地である金沢市は、かつて江戸時代最大の大名であった加賀藩のおひざ元として発展を遂げてきました。京都や江戸からも多くの風流人が訪れたことで小京都とも呼ばれる京風文化に江戸から流入した新しい文化がこの地で融合し、加賀百万石の威容に相応しい独特の文化が育まれています。その中心地である金沢城は天守閣こそないものの、日本有数の麗しい庭園や建築物を持つ日本きっての名城の一つです。今回は、そんな北陸の都・金沢を象徴する名城・金沢城の魅力をじっくりとお届けしていきます。

詳しく

【石川】金沢でおすすめの観光コースやグルメの楽しみ方まとめ|季節ごとに多様に楽しめます!

金沢・松任 - 城・宮殿,寺院・教会,史跡・遺跡,市場・夜市,旧市街・古い町並み

江戸時代、加賀藩主前田氏の城下町として栄えてきた金沢は、独自の風土と優美な文化を開花させ、今でも往時の面影を色濃く遺している魅力的な街です。北陸新幹線が開通して以来、都心からも気軽に訪れる事ができるようになり、より注目を集めています。 そこで今回は金沢を観光する際に知っておくと便利な情報を集めてみました。金沢には、桜、紅葉、雪景色と四季折々に異なる表情を見せる兼六園をはじめ、石畳がレトロな茶屋街や日本庭園など風情ある観光スポットが満載。さらに新鮮な魚介、個性的な野菜、話題のB級グルメと美味しいものもたくさんそろっています。市内には温泉もあるので、歩き回って疲れた後にゆったりと寛ぎのひと時を過ごすことも。ぜひあなた好みの観光プランを考えて、金沢の魅力にふれてみてください。

詳しく

金沢でおすすめ観光地25選:石川・名所スポットを徹底紹介

金沢・松任 - 観光名所

東京から北陸新幹線で約2時間半と気軽に行ける観光都市となった金沢。江戸時代に加賀百万石の城下町として栄え、現在もその情緒豊かな風情で人気の観光都市です。自然豊かな街でもあり、日本三名園の兼六園や昔ながらの風情を体感できるひがし茶屋街、など必見の観光地が目白押しです。グルメファンには必見の近江町市場も外せない観光スポットです。 今回は、金沢で行きたいおすすめ観光地をご紹介したいと思います。金沢城や尾山神社などの必見スポットから浅野川沿いにある暗がり坂やあかり坂などおすすめの観光地を色々厳選しています。ぜひ、参考にしてくださいね。

詳しく

金沢「西茶屋街」を優雅に散策しよう:おすすめスポットやスイーツを紹介!

金沢・松任 - 旧市街・古い町並み

金沢は、2015 年に北陸新幹線が開通したことで東京からもアクセスがしやすくなったことにより、近年さらに人気となっている観光地です。金沢の観光スポットといえば、兼六園や金沢21世紀美術館、ひがし茶屋街などがありますが、西茶屋街をご存知でしょうか。ひがし茶屋街と主計町茶屋街と並んで金沢三大茶屋街の1つとされていますが、その2つの茶屋街より規模が小さく知名度は低いです。しかし、和洋様々なスイーツや金沢らしい繊細でお土産にピッタリのお菓子などが売られているお店が多く、魅力的です。 こちらでは、西茶屋街の概要やおすすめのお店を紹介します。

詳しく

【金沢】職人芸ってすごい!気軽に伝統工芸を体験できる場所4選

金沢・松任 - 観光名所

江戸時代、百万石の石高を誇った加賀藩は学者や名工らを招き、学問や美術、茶道などの振興に力を入れたそうです。結果、あらゆる文化を取り入れた加賀文化が確立し、金沢は伝統工芸品が点在する芸術の街へとなったのでしょう。城下町の風情ある街並みや兼六園などの四季折々の風景も美しく、日本のみならず世界中で人気の観光地でもあります。 北陸新幹線金沢開業に伴い、足も運びやすくなり多くの方が訪れることでしょう。ぜひ見るだけではなく体験を通して日本文化の良さを再発見していただきたいと思い、体験可能なスポットを取り上げてみました。

詳しく

金沢市の中心街である香林坊(こうりんぼう)!観光ポイントをショッピング・観光地・グルメに分けて紹介☆

金沢・松任 - 観光名所

中部地方に位置し、日本海に面している石川県。県庁所在地は金沢市であり、かつては加賀藩の城下町として発展を遂げていました。現在でも江戸時代の城下町の街並みを残しているエリアがあり、観光地としても人気です。そんな金沢市の中心に広がっているエリアは香林坊であり、多くの商業施設や観光スポット、飲食店などが集まっていて繁華街が形成されています。今回は、香林坊エリアについて基本的な情報とともにオススメの観光スポットをピックアップしましたので金沢を訪れる際はチェックしてみてください。

広告

広告

のおすすめホテル

トラベルブックの今週のおすすめ

広告

運営会社