おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

【東京】相撲博物館:大相撲のことが好きになれる資料館

「相撲博物館」は東京都墨田区にある博物館です。相撲資料を一カ所にまとめるためにつくられた博物館で、化粧廻しから錦絵まで多くの資料を収集、保管、展示しています。「相撲博物館」の展示室は一室で、年6回に分けて企画展として資料を展示しています。毎回テーマを決めたユニークな展示が売りで、たとえば「明治時代の大相撲」や「しこ名考」などがあります。 頻繁に展示内容が変わるため、いつ訪れても飽きることがありません。積極的な広報活動も行っており、英語版・日本語版の大相撲パンフレットを販売しています。おみやげは国技館の売店で購入することができ、オリジナルグッズを手に入れることができます。力士弁当やちゃんこを購入することも可能です。 力士と撮影できるプリクラや顔はめパネルなど、大相撲を好きになれる工夫が随所に施されています。ここでは、「相撲博物館」の魅力についてお伝えします。

続きを読む

広告

「相撲博物館」の概要&魅力

A post shared by お気楽絵草紙 (@okrkzs) on

「相撲博物館」は東京都墨田区にある博物館です。1954年に相撲資料を一カ所にまとめるためつくられた博物館で、蔵前国技館とともに開館しました。1985年に現在の両国国技館が開館し、それに伴い移転しました。

古くから相撲と共に歩んで来た博物館と言えるでしょう。10:00〜16:30まで開館しており、最終入館は16:00です。土日祝・年末年始は休館で、企画展の入れ替え時期も休みになることがあります。
具体的な休館スケジュールについてはホームページをご覧ください。入館料は無料・最寄り駅から徒歩2分ですので、本場所観戦のついでや観光の隙間時間におとずれることができます。

A post shared by kawachiyan (@chuanchiyan5613) on

「相撲博物館」では、化粧廻しから錦絵まで多くの資料を収集、保管、展示しています。展示室は一室で、年6回に分けて企画展として資料を展示しています。企画展ではユニークなテーマで展示を行っており、たとえば「明治時代の大相撲」や「しこ名考」などがあります。展示内容はそのときどきで変わるため、何度訪れても飽きることがありません。

おみやげは「相撲博物館」がある国技館の売店で購入することができ、大相撲オリジナルグッズを手に入れることができます。また、焼き鳥やちゃんこ鍋の素などグルメ系のおみやげも充実しています。

食事をとることも可能で、お弁当やちゃんこ、江戸前寿司を食すことができます。また、国技館内には力士と一緒に撮影した風になるプリクラや顔はめパネルも用意されています。ここでは、「相撲博物館」の魅力についてさらに詳しく紹介して行きます。

【東京】相撲博物館:大相撲のことが好きになれる資料館

https://www.jalan.net

「相撲博物館」の見どころ:年6回の企画展

「相撲博物館」には展示室が一室しかありません。そのため膨大な資料を一度に展示することは叶わず、常設展示はありません。代わりに、年6回企画展としてテーマごとに資料を展示しています。
どの企画展も大相撲の歴史について詳細に解説してくれているので、相撲ファンはもとよりあまり詳しくない方でも相撲の魅力に引き込まれます。

各企画展の展示作品は過去のものも含めて公式ホームページに掲載されていますので、そちらをご覧ください。ここでは、以前に展示されていたテーマについて紹介します。

A post shared by けっぴー (@jisaburounomago) on

大相撲ポスター展

これまで本場所や巡業を知らせるためにつくられたポスターを展示した企画展です。駅や電車のつり革広告などとして使用されていました。いかにして大相撲の雄大さ、迫力を伝えていたかなどの説明も加えられており、見応えのある展示内容でした。

新収資料展

新たに追加された資料を集めて行われる展示です。これまで何度か開催されています。毎年多くの資料を寄贈されている関係で、何度も新収資料展を開くことができています。化粧廻しや錦絵などをメインに展示していました。

しこ名考

力士が名乗る「四股名」はその力士のことを表す大切なものです。これまで、伝統的な四股名や珍しい四股名まで多くのしこが誕生してきました。しこ名考では、古今東西のしこを考察しました。

「相撲博物館」の見どころ: 大相撲グッズが買える売店

「相撲博物館」がある「国技館」内に売店があります。今までは本場所を観戦しにきた人のみ購入が可能でしたが、近年一般の人にも開放されるようになりました。オリジナルグッズや食事を購入できます。

お土産つきチケット

本場所観戦のチケットにおみやげがついたお得なセットです。基本的なおみやげとされる商品がいくつかついています。焼き鳥や相撲あんみつなど食べ物系がメインです。

力士応援タオル

力士の四股名が入った白地のタオルが販売されています。応援している力士のタオルを持って本場所を観戦しに行くというのも楽しみ方の一つです。1つ540円で購入できます。

焼き鳥

国技館の名物である「国技館焼き鳥」をおみやげとして購入できます(冷凍)。国産の鶏のみを使用しており、冷めておいしくつくられています。秘伝のタレもおいしさの秘訣です。1パック1300円で、3パック3750円のお得パックもあります。

相撲フィギュア

現役・OBの相撲フィギュアが販売されています。横綱の「白鵬」、人気力士の「遠藤」など多くの力士がフィギュア化されています。立ち姿だけでなく不知火型などポーズを決めているフィギュアもあります。10,000円〜で購入でき、セールをしていることもあります。

ちゃんこ鍋グッズ

おすもうさんの食事として有名な「ちゃんこ鍋」を家庭で再現できるグッズがたくさん販売されています。出羽海部屋が監修した「ちゃんこラーメン」の他に、ちゃんこ鍋スープやちゃんこうどんなどがあります。部屋によってちゃんこの味・種類も異なるので、お好きな部屋が監修している商品を買うのも楽しいかもしれません。

広告

「相撲博物館」での食事情報

「相撲博物館」内で食事をすることはできません。しかし、「相撲博物館」が入っている「国技館」では食事を販売しています。食事処でご飯を食べることもできます。

売店

国技館内の売店で力士弁当やちゃんこを購入できます。本場所を観戦しながら食べる人が多いようです。フライドポテト、ジェラートなど若者の舌にも合う商品も登場しています。

力士弁当

横綱や大関の名前を関したお弁当です。大変人気の商品となっており、売りきりが続出する日もあるので注意が必要です。

ちゃんこ

広告

部屋ごとで味が変わるちゃんこも人気商品の一つです。ひとつの場所中にも味が変わるため、いつ食べても飽きることがありません。

A post shared by Mayu Sugimoto (@mayu1125) on

食事処「雷電」

国技館2階に位置する食事処です。そば・うどんのセットメニューや江戸前の寿司などを食べられます。年配の方に人気です。

「相撲博物館」へのアクセス

「相撲博物館」へ行くには電車(JR)の利用が便利です。「相撲博物館」の最寄り駅はJR総武線「両国」駅です。西口から出て、徒歩2分で到着します。都営地下鉄でも訪れることができ、大江戸線「両国」駅から徒歩5分です。

「両国」駅は、スカイツリーの最寄り駅である「押上」駅からも近いので、一緒に観光することができ、ついでに見て回ることをおすすめします。

「相撲博物館」のまとめ

「相撲博物館」は東京都墨田区にある博物館です。相撲資料をまとめるためにつくられた博物館で、多くの資料を収集、保管、展示しています。展示室は一室で、年6回に分けて企画展として資料を展示しています。たとえば「明治時代の大相撲」や「しこ名考」などがあり、頻繁に展示内容が変わるため、いつ訪れても飽きることがありません。

積極的な広報活動も魅力のひとつです。おみやげやグッズは国技館の売店で購入できます。食事は江戸前寿司や力士弁当、ちゃんこなど大相撲ならではのラインナップがそろっています。国技館内には力士と撮影できるプリクラや顔はめパネルなど、大相撲をもっと好きになれる工夫が施されています。もっと「相撲博物館」について知りたい方は、下記のホームページをご覧ください。

相撲博物館

観光のおすすめ記事

詳しく

初めての東京スカイツリー観光で見ておきたいおすすめポイントまとめ

スカイツリー・両国・亀戸 - 博物館,観光名所 ,夜景

今やすっかり東京を代表する観光名所になったのが、浅草にある東京スカイツリーです。下町風情あふれる浅草エリアにそびえ立つ世界一高い電波塔で、高さは634メートル。2012年の開業以来、大勢の観光客でにぎわっています。スカイツリーを中心に、周辺には東京スカイツリータウンが広がり、水族館やプラネタリウム、東京ソラマチなどさまざまな施設が入っています。予約なしで遊べるスポットが多いので、デートにも家族旅行にも友達同士のお出かけにもうってつけ。東京メトロ・押上駅に直結しており、お年寄りや子連れでも簡単にアクセスできます。初めてスカイツリーを訪れるなら、あらかじめ押さえておくべきおすすめの観光スポットを紹介します。

詳しく

浅草周辺で雨の日でも楽しめる観光やデートにおすすめの見どころ5選

スカイツリー・両国・亀戸 - 博物館,散歩・街歩き ,観光名所

観光やデートで雨が降ると、気が滅入りますよね。常に傘を持ち歩くことになり、靴は濡れ、荷物も持ちづらくなります。雨を避けようとすると移動ルートも限られ、観光名所をなかなか回れません。 そこで、天気の悪い日のお出かけでおすすめしたいのが、東京・浅草です。浅草周辺には、傘なしで楽しめる屋内施設がたくさん。浅草演芸ホールに行けば、漫才やコントで雨の日のうんざりした気分もすっきりしますし、炎のオブジェが特徴的なアサヒビールタワー・スーパードライホールでは、工場直送のビールを楽しめます。人気の観光名所・東京スカイツリーは、東京メトロ・押上駅から一度も屋外に出ることなく訪れることができ、東京ソラマチには、水族館や夜景の見えるレストランなど、1日ゆっくりデートできる見どころがたくさんあります。 東京観光で雨が降ってしまったら、浅草がおすすめです。天気が悪くても堪能できる、おすすめの観光地を紹介します。

詳しく

【東京】4月25日リニューアルオープン! 「たばこと塩の博物館」に行こう

スカイツリー・両国・亀戸 - 博物館

1978年11月3日、渋谷区神南の公園通りで開館し、35年間、数々の人が訪れてきた「たばこと塩の博物館」は2013年9月1日をもって活動休止。2015年4月25日に墨田区横川でリニューアルオープンします。社会科見学スポットとしても有名で、今までは渋谷を訪れたついでに立ち寄るという人も多い博物館でした。普段はあまり知ることのない、身近な「塩」と、古くから嗜好品としてたしなまれてきた「たばこ」について、深く学べる展示がたくさんあります。リニューアルオープンでより一層、力を入れた展示となる「たばこと塩の博物館」に行ってみましょう。

詳しく

江戸東京博物館:東京(江戸)の歴史や文化を学ぼう!

スカイツリー・両国・亀戸 - 博物館

都市圏として世界最大の人口数を保ち、日本の経済や政治の中心地でもある東京。江戸城に徳川家康が入り、江戸の街が構築されていき徐々に活気ある街となった後に、東京という名称に変更されました。明治維新や文明開化などの歴史的に大きな発展があった東京ですが、また同時に関東大震災などの災害にみまわれたり、東京大空襲を受けるなどの痛ましい被害を受けています。 東京(江戸)の文化や歴史は非常に深い!と感じさせてくれる「江戸東京博物館」。この博物館は、東京(江戸)の文化や歴史の伝承を目的に建設されました。江戸にまつわる資料を読むだけの博物館ではなく、昔使用された文化財や迫力のある原寸大の模型、壮大なジオラマなども展示されており、視覚で楽しめるので、子供から大人、そして外国人までも十分に満足できる内容になっています。ここでは、そんな「江戸東京博物館」の魅力についてをもう少し詳しく説明していきます。

詳しく

【東京】歴史スポット満載!両国の観光スポットまとめ

スカイツリー・両国・亀戸 - 観光名所

両国と言えばまず思い浮かぶのが相撲でしょう。両国は、その相撲をはじめとする、江戸時代の大衆文化とともに栄えてきた町です。また、江戸時代に起きた「明暦の大火」の犠牲者供養のために建立された回向院には、庶民の生活を見守ってきたお寺ならではの数多くの供養塔や、時代劇でも人気の「鼠小僧次郎吉」の墓などがあります。 他にも、両国出身の葛飾北斎や勝海舟など、文化的・歴史的に重要な人物の偉業を知ることの出来る名所もあります。お相撲さんがたくさんいるという土地柄、ちゃんこをはじめとするグルメも魅力です。 そんな両国の、歴史と文化とグルメを満喫できる、おすすめ観光スポットをご紹介します!

詳しく

すみだ北斎美術館の基本情報まとめ:北斎の世界と江戸の空気を堪能できる

スカイツリー・両国・亀戸 - 美術館

2016年にオープンしたすみだ北斎美術館は、モダンな建物の中で江戸時代の錦絵や絵画が楽しめる、新感覚の観光スポットです。建物の最上階からはスカイツリーを眺めることもでき、東京下町の新たな名所として話題を呼んでいます。 コンパクトで展示物の数はそれほど多くありませんが、近隣には江戸東京博物館や両国国技館などもあり、観光コースに組み入れるのにぴったりです。展示内容は、タッチパネル式のスクリーンで鑑賞できたり、図書館で北斎の資料を閲覧できたりと、一般の観光客から北斎ファンまで満足のいくものが揃っています。 今回の記事では、このすみだ北斎美術館を徹底的に楽しむために、アクセス方法や展示物の紹介、それに周辺情報までまとめました。北斎についてのミニ解説もありますので、来館前の予備知識集めにもご活用ください。

詳しく

東京夏の一大イベント「隅田川花火大会」!デートにもおすすめな穴場スポット13選を紹介!

スカイツリー・両国・亀戸 - 夜景,祭り・イベント ,インスタ映え

東京の夏の夜空を彩る隅田川花火大会は東京二大花火大会の1つです。当日はたくさんの人が花火を見るために隅田川の河川敷にたくさんの人が訪れます。デートや家族で訪れる人も多いと思うのですが大切なのが場所取りです。せっかく花火大会に来たのに人ごみのせいで花火が見れないと残念ですよね。そこで今回は隅田川花火大会当日、花火が見えるおすすめの穴場スポットを13か所ピックアップしてみました!落ち着いて花火が見える場所から活気あふれるスポット、花火と食事を一緒に楽しむことができるスポットまで様々な穴場スポットを紹介しています。おすすめポイントも記載しているので是非チェックしてみてください。

詳しく

東京スカイツリーが混雑するのはいつ?事前予約で混雑を回避する方法もご紹介!

スカイツリー・両国・亀戸 - 観光名所

多くの外国人も訪れる、今や日本で1番人気のある観光スポットと言っても過言ではない「東京スカイツリー」。2012年に開業してからというもの、未だに人気が衰えない、団体客や個人客で連日いっぱいになる魅力的なタワーです。地上450mの天望回廊からは、夜景を眺めたり、東京湾や浅草などの東京の名所やディズニーランド、天気の良い日は富士山を眺めることができます。この記事では、東京スカイツリーの基礎知識にプラスして、混雑を回避する方法や、チケットの種類などを紹介していますので、これから行く予定がある人も、まだ予定がない人もぜひ読んで参考にしてみてください。

広告

【東京】相撲博物館:大相撲のことが好きになれる資料館に関連するタグ

東京 観光 東京 博物館 スカイツリー・両国・亀戸 観光 スカイツリー・両国・亀戸 博物館 日本 観光 日本 博物館

広告

のおすすめホテル

トラベルブックの今週のおすすめ

広告

トラベルブックで人気のまとめ

  1. 横浜中華街でおすすめの食べ放題21軒:人気ランキング上位のお店一覧

    横浜 - バイキング・食べ放題・ビュッフェ,中華・中華料理

運営会社