子育てに役立つ・子どもとおでかけ情報サイト

【ペット】亀の飼い方:種類・寿命・値段まとめ

広告

【ペット】亀の飼い方:種類・寿命・値段まとめ

亀はユニークな甲羅とその一生懸命に歩く姿は微笑ましく、ペットとしても人気です。寿命がおよそ30年とペットとしては非常に長く、日本のみならず海外産の亀も人気で多く輸入されています。

ただミドリガメ類に関しては2020年に特定外来生物に指定される予定で、今後の飼育は難しくなる見通しです。しかし亀をペットにする動きはこれからも変わりません。

今回は亀の種類・寿命・値段などを含め、亀の飼い方についてまとめてみました。亀に興味がある方、または亀をペットにしたいと考えている方は参考にしてください。

亀ってどんな動物?生態を紹介!

【ペット】亀の飼い方:種類・寿命・値段まとめ

亀は爬虫綱カメ目に分類される動物です。中生代三畳紀後期(およそ2億1000万年前)に出現しました。すべての種の胴体に甲羅がついているのが特徴です。亀は主に熱帯・温帯の地域に生息していて世界で300種類ほどが知られています。日本には13種類が確認されています。

オサガメが現生では最大種で甲長はおよそ200cm・重さはおよそ900kgです。陸生(リクガメ)・水生(ミズガメ)・陸水生のパターンがあります。多くは水からあまり離れずに生活しています。
リクガメは大型の鱗(うろこ)を持ち乾燥から身を守っています。ミズガメは鱗を持つものは少なく、代わりに皮膚呼吸を行っています。

魚・昆虫・果実などを食料としていて、繁殖形態は卵生です。室町時代に成立した「浦島太郎の物語」や「鶴は千年 亀は万年」などのことわざが示すように、亀は昔から人びとに縁起物として愛されてきました。

ペットとしてもゼニガメやミドリガメなどが多く流通しています。しかし実際の飼育はそれほど簡単ではありません。ただ亀は意外と人懐っこいところがあって、そこが飼い主には魅力的なところです。

広告

亀の寿命はどのくらい?

亀は平均して30年は生きる動物です。短くても15年、長い場合は100年ほど生きた例もあります。亀は細胞代謝のサイクルが遅く、長寿の代表格であると言えます。一般に野生よりもペットとして飼育した方が寿命も伸びます。亀と長くつきあうには、亀に必要な環境を整えて大切な日光浴などもできるようにしてあげ、大事に付き合っていきましょう。

イソップ寓話「ウサギとカメ」のモデルとされている体長およそ19cmのニシヘルマンリクガメの寿命は30年~50年です。
水生で体長およそ10cmのミシシッピニオイガメの寿命はおよそ25年です。
体長20cm~30cmでミドリガメの亜種であるキバラガメ(イエローベリータートル)の寿命はおよそ25年~40年です。
体長15cm~25cmの人懐っこいクサガメ(幼名ゼニガメ)の寿命はおよそ15年~30年です。

亀をペットショップで買うときの値段は?

【ペット】亀の飼い方:種類・寿命・値段まとめ

亀はペットショップでは子ガメの状態で取り引きされています。
アカミミガメは幼名がミドリガメで、人気の高い品種です。ミシシッピアカミミガメの値段は500円~1000円、ミドリガメの亜種であるキバラガメの値段は1500円~5000円、高価なミドリガメであるコロンビアアカジャクガメの値段は5000円~20000円となっています。
ちなみにゼニガメは1000円~2000円で購入できます。

亀を飼うのに必要な装置はその他に2000円ほどの水槽・4000円ほどの紫外線ライト・3000円ほどの水中ヒーターなどで、それだけでも合わせて16000円ほどになります。亀を飼育することは決して楽なことではありません。しかし根気をもって長く続けることが肝心です。

広告

広告

【ペット】亀の飼い方:種類・寿命・値段まとめに関連するタグ

日本 ライフスタイル 日本 ペット

広告

のおすすめホテル

トラベルブックの今週のおすすめ

広告

トラベルブックで人気のまとめ

じゃらんからのおすすめホテル

主要トラベルサイトから最安値のホテルプランを取得

ホテルの料金プランを検索する