広告

【ペット】チンチラの飼い方:種類・寿命・値段まとめ

広告

【ペット】チンチラの飼い方:種類・寿命・値段まとめ

チンチラは環境に気を使えば割と手軽に飼うことのできる動物として人気があります。ネズミ系のペットのなかでは比較的大柄で、活発に動く様子は見ていて楽しめます。主人に慣れてくると肩に乗るなどとても愛らしい姿を見せてくれます。小さな動物ですが、しっかりと様子を見てあげれば15年近くも生きられるので、長く付き合えるペットとしてもおすすめです。

今回は、そのようなチンチラの種類・寿命・値段などを含め、チンチラの飼い方についてまとめてみました。チンチラに興味を持っていて飼育したいと考えている人はぜひ参考にしてください。

この記事を監修するのは?

TravelBookママ部

TravelBookファミリー編集部所属のママ達による「ママ部」。幼児から中学生までのママ達で構成。世の中のトレンドに常に敏感で日々パワフルに活動中。

チンチラってどんな動物?生態を紹介!

チンチラはネズミ目チンチラ科チンチラ属の動物です。体長はおよそ25cm・体重はおよそ420~600g・尾の長さはおよそ17cmで、体表は銀灰色の毛で包まれています。

チリの固有種で、野生のチンタラはチリ中部の標高400~1650mの場所に生息しています。山地の岩場で集団生活をしていて、主な食料は草本・木本の根・コケなどを好んで食べる草食動物です。

チンチラをペットとして飼う場合には、ペットショップで生後3ヶ月ほどのチンチラを迎えるのがおすすめです。その時点までに親の乳を与えられているかどうかが長生きのポイントで、病気に対する免疫力が違います。ペットショップできちんと確認して買うと良いでしょう。

野生では集団行動するチンチラですが、家庭で飼う場合は同じ空間で複数飼育すると、チンチラ同士で命懸けの喧嘩をすることがあるので注意が必要です。一匹にひとつのケージを用意して、普段は一匹ずつ分けて飼育することが望ましいとされています。

チンチラの寿命はどのくらい?

チンチラは野生だとおよそ6年、ペットとして飼育すればおよそ15年は生きられると言われています。中には20年以上生きたペットも確認されています。

チンチラは温度変化と湿気に弱いことが知られています。そして毒となる野草に対してもあまり警戒心を見せません。野生ではそのような危険が常に伴うので、屋内飼育という人工的な環境でていねいに育てる場合の方が野生の場合よりも安全で、寿命も長くなることが分かっています。

チンチラは運動能力が高く、素早く歩いたり1m以上もジャンプしたりできます。そのために、狭いケージではチンチラは動きづらくなりストレスがたまってしまいますので、大きめのケージを用意したり、時には飼い主の生活空間に放してあげたりすることも必要です。

チンチラをペットショップで買うときの値段は?

チンチラの値段は、一般的なスタンダードグレー(灰色)だと20,000~35,000円、品種改良されたホワイト・まだら模様のパイド・希少なバイオレット(青紫色)といった高価なものだと60,000~80,000円が目安です。

毛色によって値段が大きく異なるので、自分がどの毛色のチンチラを購入したいのか事前にはっきりさせておく必要があります。その他の色のチンチラもありますが、60,000円ほどあればだいたいのチンチラは購入できます。

広告

チンチラの鳴き声は?うるさい?動画で紹介

チンチラはいくつかの鳴き声で感情を伝えてくれます。飼いはじめてすぐのうちは今のはどんな気持ちの鳴き声なんだろうと気になるかもしれません。飼い主にとっては気になる鳴き声ですが、大きく鳴いたときでもそれほど大きな声ではないので、ご近所に迷惑をかけるような心配はありません。ただ、夜鳴きについては気になる人もいますので、静かな環境でないと寝られないという人は自分の寝室とは別室にケージを置くようにしましょう。

チンチラの種類は?

チンチラには最もポピュラーな毛色のスタンダードグレーの他にもブラックエボニー、ホワイト、パイドなどおよそ15種類ほどの品種があります。値段が手頃なスタンダードグレーが一番の人気です。
パイドホワイトやブラックエボニーなどもよく飼育されています。値段は高価ですが希少価値のあるヴァイオレットもおすすめです。

ホワイト

全身が白毛で覆われている、黒目の品種で、耳は灰色がかっています。希少価値があり、ペットショップではかなりの高値が付けられています。ウィルソンホワイト・ピュアホワイトなどと言われることもあります。

ホワイト系の品種としてはその他に、全身が白毛で覆われていて赤目の品種であるアルビノ・全身が白毛ですが毛先だけベージュ色で赤目の品種であるピンクホワイト・全身が白毛のほかにシルバーの毛がところどころ混ざっているパールなどが知られています。アルビノ・ピンクホワイトの耳はピンク色で、パールの耳は灰色がかっています。特にアルビノは一番にホワイトに近い品種です。
そしてこれらのどの品種もペットショップでは高値で取引されています。

ヴァイオレット

ヴァイオレットは毛色が青紫色で高級感のある品種です。耳は薄いピンク色ですが、黒っぽくなることもあります。ひげは白色です。お腹は白毛で覆われています。
毛色の綺麗さはチンチラの中でもトップクラスで、とても人気のある品種です。ペットショップではかなりの高値が付いています。

ヴァイオレットはブルー系のチンチラに分類でき、ブルー系の品種としてはその他にも、薄いグレーの体毛にうっすらと青色が混ざるサファイアがあります。ひげは灰色で、お腹は白毛で覆われています。お腹まで暗い青色に見えるものは、チャコールサファイアと呼んで区別しています。サファイアやチャコールサファイアも、ペットショップではかなりの高値で取引されています。

ブラック

ブラック系のチンチラとしては、まずブラックエボニーが挙げられます。ブラックエボニーは全身が黒色で覆われている品種です。ひげや目も黒色です。耳や胸元は明るめの黒色になる場合もあります。チャコールとも呼ばれています。黒ければ黒いほど価値が上がり、ペットショップでの値も高くなります。

ブラック系のチンチラはその他にブラックベルベットが挙げられます。ブラックベルベットは顔・背中は黒色ですが、胸元からお腹にかけては白色の毛で覆われています。ブラックエボニーほど黒色は強調されません。ひげは白色・目は黒色です。スタンダードグレーに黒色がプラスされた感じで親しみやすさがあります。

ペットショップでも一般にブラックエボニーよりも若干安い値段で取引されています。

パイド

パイドとは英語で「まだらの」という意味で、からだに斑が入っていることをこう表現します。
パイド系のチンチラとして、まずはシルバーパイドが挙げられます。全身は白毛で覆われているのですが、頭や背中にシルバーの毛が混ざったものを言います。個体によってシルバーの毛の混ざり方は異なっていて、その混ざり方によってペットショップでの値段も大きく変わります。

また白色が多いほど価値が上がる傾向にあります。耳・ひげは灰色、目は黒色です。パイド系のチンチラとしてはその他に、パールパイド・パイドホワイトなどの品種があります。交配によってさまざまなバリエーションが可能となっています。どのパイド系のチンチラもペットショップでは比較的高値で取引されています。

チンチラの餌(エサ)は?

広告

チンチラの餌(エサ)として、主食にはチモシーなどのイネ科の牧草を与え、副食にはチンチラ用のペレットなどを与えます。高カロリーなものや高栄養素のものは、成長期や妊娠中以外必要ありません。

チンチラ専用フードはペレット(ドライ化工した総合飼料)の形で袋入りのものが市販されていて、ネットでの購入も可能です。ペットショップなどの小動物用フードのコーナーにはチモシーなどの牧草も置いてあり、ネットでも購入できます。

野菜・果物などの新鮮な商品はスーパーやコンビニで手に入り、地域によってはネットでも購入できます。牧草はよく歯を使って食べなければならない餌で、不正咬合(ふせいこうごう・悪い歯並び)を防ぐためにも是非取り入れたい主食です。

チンチラのおすすめエサ一覧

チンチラの性格。ペットとしてなつくの?

チンチラは運動神経がよく発達していてとても活発な動物です。狭いケージだとストレスがたまってしまうことから、なるべく大きめのケージ、そしてたまには室内で放しておく時間が必要です。

集団を作るとよく生死にかかわるほどの激しいケンカを仲間内でしてしまいます。複数のチンチラを飼育する時には一匹ずつ別のケージに分けておく必要があります。
一方でチンチラはとても頭のいい動物だと言われています。チンチラの気持ちをよく考えて飼育していれば、チンチラの方も飼い主の気持ちが分かり、お互いのコミュニケーションもとても上手くいくことが考えられます。

実際に飼い主にとてもよくなつくチンチラもたくさんいます。呼ぶと応じてくれたり、肩に乗ったりするチンチラは、飼い主にとっての最高のパートナーとして生活のあらゆるところでそのかわいい姿を見せてくれるでしょう。

チンチラは臭い?

チンチラには特別な体臭はありません。糞尿の臭いもあまり気になりません。ただ軟便・下痢の時には少し気になる臭いを発生させることがあります。
軟便・下痢を防ぐには、エサを変えない・ストレスを与えない環境におく(温度17~21℃、湿度40%以下)・砂浴びをさせる(体臭対策や健康対策)などの工夫が必要です。またペットの臭いを消す液体消臭剤もあります。

チンチラをペットとして飼うために必要なもの

1.ケージ

チンチラは小柄でもとても活発に行動する動物で、入れておくケージもなるべく大きなものが必要です。チンチラ専用の飼育ケージが市販されています。
ベビー用には水槽型のケージがおすすめで、あまり高さのあるケージは必要ありません。高い所から落ちて脳震とうを起こして危険なのです。

2.チンチラダスト(砂)

ケージの中に専用の砂浴び箱を備えて、その中にチンチラダストを入れておけば、砂浴びが大好きなチンチラはとても喜びます。
砂浴びによってチンチラの体にできる分泌物(ラノリン)を取り除く効果があり、消臭や健康にも有意義なものとなります。砂は箱におよそ1cmの厚さにしておくとよいです。

3.かじり木

ケージの中にかじり木を入れておくことも大切です。ケージに吊すか引っかける形でかじり木をセットします。かじり木はなるべく堅いものがよく、なかでも桑の木が一番いいとされています。
かじり木をかむことによって歯の伸びすぎを防ぐと同時にストレス発散効果も期待されています。ブロック(噛み石)で代用することもできます。

チンチラおすすめグッズ一覧

チンチラのまとめ

チンチラは快適な環境で飼育してあげることによって、野生よりもかなり長生きします。特別な設備を整えなくてもペットショップで一般的に売られているもので揃えられ、比較的飼いやすいペットです。ぜひ大切にかわいがってあげて、チンチラとの楽しい時間をすごしましょう。

関連する記事

詳しく

おすすめの半生タイプドッグフード*人気ランキング15選

おすすめの半生タイプドッグフードを人気ランキングで紹介していきます。犬を飼っている人はたくさんいますが、ドッグフード選びはとても大変ですよね。犬種や年齢によってもドッグフードの種類は違いますし、当然、犬の好みもあります。最近はドッグフードの種類もたくさん増え、美味しさだけでなく健康のことを考えて作られたドッグフードも人気です。中でも「食いつきがいい」「歯が弱った犬でも食べやすい」といった理由から、人気となっているのが半生タイプのドッグフード。そこで今回は、本当に安心して犬に食べさせることができる半生タイプのドッグフードを人気ランキングで紹介していきます。

詳しく

キャットフードで肝臓ケアにおすすめ|人気猫の餌ランキング15選

猫を飼っている人は、猫が病気にならないように気を使っていると思いますが、それでも完全に防ぐことは難しいといえます。なかでも内臓のトラブルは、ペットの場合はなかなか気づかない場合もあるので注意したいところ。猫にも内臓トラブルはさまざまなものがありますが、肝臓病もそのひとつ。人と同様に、猫も肝臓は解毒や代謝という重要な役割を担っています。そして肝臓病は一度かかると、完全に治すのが困難。それだけに日頃のケアが大事になってきます。そこで今回は、肝臓ケアにおすすめのキャットフードをピックアップして、ランキング形式で紹介していきます。

詳しく

お腹の弱い猫におすすめ!キャットフード人気ランキング15選を紹介

猫好きで家で猫を飼っている人は、猫と一緒にいるだけで癒やされたり、楽しくなるのではないでしょうか。それだけに猫の体調管理には気を使っていることでしょう。胃腸が弱い人がいるように、猫にもお腹が弱いタイプがいるので、そうした猫を飼っている場合はなおさらです。そんな猫のキャットフードには、特に気をつけたいところ。最近ではお腹の弱い猫向けのキャットフードも出ているので、そうしたものを利用するのもひとつの方法です。そこで今回は、お腹の弱い猫におすすめのキャットフードをピックアップ。ランキング形式で紹介していきます。

詳しく

ペット火葬の費用相場|ペット葬儀の料金はどのくらいかかる?

愛するペットが亡くなった方は、毎日一緒に過ごしていた日々を思い出して、とても悲しく辛い日々を過ごしていることでしょう。亡くなったときに自分でできることは、いつも過ごしていた場所に安置して、体をきれいにしてあげたり、傷みを遅らせるため保冷剤などで冷やしたりすることです。そのままにしてはおけないので、心の整理がついてお別れができたら葬儀・火葬をしてあげます。ペットの葬儀では、人間と同じように僧侶がお経を読んでくださる場合もあります。葬儀費用は火葬費用がベースとなっており、それぞれの火葬方法によってペット火葬費用も異なります。家族にとって一番納得のいく火葬方法で見送ってあげるといいですよ。ペット火葬業者を選ぶときは、さまざまな会社とペット火葬費用や説明の丁寧さを比較して、トラブルを避けるため信頼がおけるかをよく確認することをおすすめします。

詳しく

猫の口内炎とは?おすすめなキャットフード人気餌ランキング15選

愛猫がいつも元気でいてくれるのは、飼い主にとってはうれしいこと。それだけに健康には気を使っていると思いますが、それでも病気を完全に防ぐことは難しいといえます。猫の病気にはさまざまなものがありますが、口内炎もそのひとつ。人もかかる口内炎ですが、猫の場合も口のなかに痛みを感じ、その影響で食欲もなくなり十分な栄養がとれなくなる恐れも。もちろん動物病院で診てもうことも大切ですが、治療している時の食事も気を使いたいところ。そこで今回は、口内炎の猫におすすめのキャットフードをランキング形式で紹介していきます。

詳しく

高カロリーキャットフードのおすすめ15選!人気猫の餌を比較

愛する猫の健康を気遣う飼い主は多いと思いますが、運動とともに大事なのがやはり食事。キャットフードを与えるにしても、猫の体調に合わせて、どんなタイプのものを与えるかを決めたいところです。肥満気味の猫には低カロリーなダイエット用がおすすめですが、逆に痩せ気味や成長過程にある子猫には、高カロリータイプが適しています。そしてそのほかにも、原料や成分などにも気を使って選んでやれば、より猫も喜んでくれることでしょう。しかし現在はさまざまなキャットフードが出ているので、どれが良いのか迷うことも。そこで今回は、おすすめの高カロリーキャットフードをランキング形式で紹介していきます。

詳しく

低脂肪キャットフード人気ランキング15選|おすすめな猫用低カロリーダイエットの餌

人でも肥満はさまざまな弊害をもたらしますが、それは猫も同じ。体重が増えてきたと感じたら、ダイエットをすることも考えたほうがいいでしょう。まずは運動をさせるのがおすすめ。猫は室内で飼われていることが多く、ただでさえ運動不足になりがち。おもちゃを使って一緒に遊んであげるなどして、運動をするように仕向けるのもひとつの方法。そしてやはり重要なのは食事。これまでのキャットフードを見直してみてはいかがでしょうか。そこで今回は、低脂肪・低カロリーを中心におすすめのダイエット向けキャットフードをランキング形式で紹介していきます。

詳しく

人気通販キャットフードランキング15選|おすすめな猫ちゃんの餌

猫好きの人にとって、愛猫と過ごすのは至福の時間といえるでしょう。仕事疲れやストレスも一緒にいるだけで癒やしてくれる、家族の一員のような存在といえます。そんな可愛い猫には、良いキャットフードを食べさせてあげたいと思っている飼い主は多いと思いますが、数あるキャットフードの中から、自分の猫に合ったキャットフードを見つけ出すのは簡単ではありません。国産か外国産か、肉や魚など材料は何が使われているか、添加物は入っているかなど、選ぶポイントはいくつもあります。そこで今回は、通販で手に入る人気キャットフードをセレクト。ランキング形式で紹介していきます。

詳しく

安全な国産キャットフードおすすめランキング15選!人気の猫の餌はこちら

猫は日本国内でもポピュラーなペットです。家族の大切な一員である猫にとってもご飯は大切な栄養源なのでバランスの取れた安全なキャットフードを選んであげましょう。キャットフードはいろいろな種類が登場しているのでどれを選んだらいいかわからないという飼い主さんも少なくありません。そこで今回は大切な猫の健康をサポートしてくれる安全で安心な国産キャットフードを紹介する記事を作成してみました。外国のキャットフードも栄養価が高く、高品質なキャットフードがあるのですが今回は購入のしやすさを考慮し、国産のキャットフードをピックアップしています。参考にしてみてください。

詳しく

子猫用ドライキャットフードの人気ランキング11選!おすすめの餌はこちら

小さくて可愛い子猫は日々の生活を癒してくれる大切な家族です。毎日少しずつ成長して大きくなっていく子猫にはたくさんの栄養が必要になるので、キャットフードも栄養満点でバランスの取れたフードを選んであげるようにしてください。とは言っても、初めて猫を飼う人はどんなキャットフードが猫に良いかわからないこともあります。今回はそんな飼い主さんの為におすすめの子猫用ドライフードをピックアップしてまとめてみました。おすすめポイントやキャットフードの特徴と一緒にランキング形式で紹介しています。キャットフードの選び方やキャットフードの違いも紹介しているので参考にしてみてください。

詳しく

無添加キャットフードおすすめランキング8選を紹介

大切な家族の一員である猫のご飯には安全で品質の良いものを選びたいと思っている飼い主さんも多いのではないでしょうか。キャットフードは猫の健康を支える大事なご飯なので栄養バランスのとれた良いものを選びたいと思うのは当然のことです。キャットフードに含まれる成分を気にしている飼い主さんも少なくありません。そこで今回は猫のご飯にもこだわりたい飼い主さんの為におすすめの無添加フードをまとめてみました。キャットフードの特徴やおすすめポイントを記載しながら無添加キャットフードをランキング形式で紹介しています。キャットフードの種類や選び方も紹介しているので参考にしてみてください。

詳しく

高齢猫におすすめのウェットフードランキング15選! 総合栄養食を紹介!

人間が歳を取るように、猫も歳を取っていきます。愛する猫にいつまでも健康に長生きしてほしい場合は高齢猫用のご飯に切り替えて食事面でもサポートしてあげることが大切です。高齢猫は食欲が低下していたり、消化器官が弱っていたりもします。猫の健康状態を把握して猫に合ったキャットフードを選んであげましょう。今回は高齢猫にもおすすめのキャットフードを紹介する記事を作成してみました。キャットフードの中から比較的高齢猫でも食べやすいウェットフードをピックアップしています。キャットフードの選び方などと一緒にランキング形式で紹介しているので高齢猫用のウェットフードを探している人は参考にしてみてください。

詳しく

おすすめの高級キャットフード17選!猫の餌でおすすめの商品は?

人間のご飯と同じように愛猫のご飯もこだわりたいという飼い主さんは多くいます。中には愛猫の誕生日やイベントの日などにいつもと違う特別なキャットフードをあげたいと考える人もいるのではないでしょうか。上質な素材を使用してつくるキャットフードは高級で、猫の健康もサポートしてくれます。食物アレルギーが気になる場合にも、素材にこだわる高級キャットフードなら飼い主さんの悩みを解決してくれるかもしれません。今回はおすすめの高級キャットフードを紹介する記事を作成してみました。おすすめポイントやキャットフードの特徴と一緒に紹介しているので参考にしてみてください。

詳しく

猫用ウェットフードおすすめランキング15選!人気の猫の餌を紹介

愛する猫の為にキャットフードにこだわる飼い主さんは少なくありません。栄養バランスが取れていて、猫の食いつきが良いキャットフードは飼い主さんにとっても猫にとっても理想です。しかし現実は猫の好みや価格などさまざまな要因から理想のキャットフードに出会うのが難しくなっています。今回は飼い主さんにとっても猫にとってもおすすめのウェットタイプのキャットフードを紹介する記事を作成してみました。キャットフードの選び方なども記載しているのでウェットフードを探している飼い主さんはもちろん、理想のキャットフードを探している人も参考にしてみてください。

詳しく

安くておすすめのキャットフードランキング8選!安全な餌の選び方も紹介!

人間にとって食事が大切な習慣であることと同じように猫にとっても食事は欠かすことが出来ない大切な習慣です。キャットフードから必要な栄養を補給することで元気で健やかな状態をキープすることができます。とは言え、毎日の食事にあまりお金をかけることが出来ないという飼い主さんがいるのも事実です。今回は安くても猫の体調をキープしてくれるキャットフードを紹介します。安くても安全で猫の健康にも良いキャットフードをピックアップしているので、参考にしてみてください。キャットフードの選び方やキャットフードに関するトピックスもまとめています。

詳しく

ウェットドッグフードのおすすめ!人気ランキング15選

大切な家族の一員であるわんちゃん。そんなわんちゃんの食事は、飼い主さんにすべてが任せられており、栄養管理もわんちゃんが美味しく食べられるかどうかも飼い主さんのドッグフード選び次第になっています。一般的にドッグフードには、ドライタイプとウェットタイプがあり、ドライタイプが一般的によく購入されています。でも食欲がなかったり、いつものドライフードに飽きてしまった時には、ちょっと高級感のあるウェットタイプを購入してみるのがおすすめ。ウェットタイプだけをあげるのも良いですし、いつものドライフードと混ぜて上げるとドライフードも食べやすくなるのでおすすめです。今回は、ウェットドッグフードのおすすめを紹介しますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

詳しく

キャットフードの選び方とは?よいフードを見分けるポイントを解説

キャットフードの種類は総合栄養食、間食、療法食、その他の目的食(一般食・副食など)に分けられます。総合栄養食は猫に必要な成分がバランス良く配合されているので、フードと水だけで十分な栄養がとれます。ドライフードは長期保存が可能で、簡単に与えられることが特徴。ウェットフードは嗜好性が良く、水分も同時に補給できます。キャットフードの選び方は、原材料の肉類が具体的に表示されているかをチェック。また愛猫の年齢に合ったフードを選びましょう。高品質にこだわるならプレミアムフードがおすすめ。療法食を与える場合は必ず獣医師に相談してください。手作りフードは栄養バランスをとるのが難しいので、普段の食餌はキャットフードをメインにし、手作りフードはたまに与えるようにしましょう。

詳しく

猫が尿路結石になったら?餌や治療法・再発予防の方法を詳しく解説

猫がおしっこをしない、おしっこに血が混ざっているなどの気になる症状があるときは尿路結石を疑い、餌を替えるなどの対策をしましょう。尿路結石とは膀胱や尿道に石のような結石が溜まってしまうことで、結石が膀胱を刺激して痛みが出る、尿道を塞いでおしっこが出にくくなるなどの症状が出ます。結石が大きいときは外科手術を、そうでない場合は療法食を与えて結石を溶かし、おしっことともに排出させます。治療後再発を予防するには、水をいつでも飲めるように工夫し、おしっこを我慢させないようにしましょう。加えて、尿路結石向けの餌を継続することも大切です。

詳しく

このこのごはんドッグフード*口コミや評判を紹介!

わんちゃんを飼っているという人ならば、わんちゃんの健康をつくる大切な食事・ドッグフードは気になるところですね。さまざまなドッグフードが販売されていますが、どのドッグフードが良いのか迷ってしまう人も多いかと思います。数あるドッグフードの中でも特に人気が高く、SNSなどでも話題となっているものの一つに、このこのごはんドッグフードがあります。主に小型犬を飼っている人向けのドッグフードになっており、獣医師も進めるという信頼性のある商品。 今回は、そんなこのこのごはんドッグフードについて、どんなドッグフードなのかや口コミや評判をまとめて紹介しますので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

詳しく

モグワンドッグフード*口コミや評判などを紹介!

大切な家族の一員であるわんちゃん。そんなわんちゃんの健康は、飼い主の人にすべてかかっています。健康管理の第一歩は、食事。人間もわんちゃんも、毎日の食べているもので体が作られています。健康的な食事は、何よりも大切ですね。わんちゃんの場合は、食事はドッグフードというのが一般的。ただし、ドッグフードと一口に言っても、その材料や配合はさまざま。なるべくならば安心・安全な材料を使用し、栄養バランスに優れたドッグフードを選んであげたいものですね。そんな飼い主の人に注目を集めているのがモグワンドッグフード! 今回は、モグワンドッグフードとはどんなドッグフードなのかや口コミや評判などをまとめて紹介しますので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

詳しく

モグワンは子犬にもおすすめ!その理由を紹介☆

皆さんは、モグワンドッグフードはご存知ですか?ペットの健康を気にする多くの飼い主の人たちから絶賛されているSNSなどでも話題のドッグフードです。安心・安全で栄養面にも優れており、わんちゃんの食いつきも良いという口コミも多数あるこのドッグフード、全種類・全ライフステージのわんちゃんに与えることができるものになっています。体のさまざまな機能が未熟で、成長段階にある子犬は、特に食事の内容がとても大切。そんな子犬に与えるドッグフードとしても大変おすすめの商品です。 今回は、モグワンドッグフードが、子犬になぜおすすめなのかの理由や子犬に与える場合の注意点などをまとめて紹介しますので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

詳しく

柔らかいドッグフードのおすすめ15選*人気ランキング上位を紹介

ドッグフードといえば、コロコロとしたドライフードが一般的ですが、犬によっては柔らかいドッグフードが適している場合も多くあります。例えば消化機能が低下してきてしまったシニア犬や、もともと消化器官が弱い犬などです。他には水分をあまりとらない犬や歯が少ない、歯周病など口腔内トラブルがある犬にはドライフードよりも柔らかいドッグフードのほうが身体のためには適しています。今までドライフードではあまり食が進まなかった子でも、柔らかいドッグフードならば食欲が回復することもあります。 そこで今回は柔らかいドッグフードについてまとめてみました。柔らかいドッグフードのメリットやおすすめ15選までご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

詳しく

老犬におすすめの柔らかいドッグフード人気ランキング17選*シニア犬の食事に!

若い頃は硬いドライフードを食べていた犬も、年をとるにつれてだんだんと食べなくなってきたということはよくあることです。犬も人間と同様に消化機能や代謝、口腔環境が加齢と共に低下してしまいます。そんな時は食べにくいドライフードを無理してあげずに、柔らかいドッグフードに切り替えてあげましょう。食事の負担も減り、栄養も摂れるようになります。では、老犬にあげるドッグフードは柔らかければなんでもいいのでしょうか?柔らかいドッグフードってどんな種類があるのでしょうか?いろいろな疑問がわきますよね。 そこで今回は老犬におすすめの柔らかいドッグフードについてまとめてみました。そろそろドッグフードを変えてみようかなと考えている愛犬家の皆様、ぜひ参考にしてみてくださいね。

詳しく

本当に良いキャットフード|おすすめ人気ランキング20選

猫を飼っている飼い主さんにとっての悩みになりがちなのが、キャットフード。フードを変えると急に食欲がなくなったり、好き嫌いをするようになったりとなかなか合ったフードが見つけられないということもあります。 そこで今回は口コミ評価の高い本当に良いキャットフードのランキングをお届けします。子猫からシニア猫まで幅広い年齢をカバーしているので、ご自宅に猫ちゃんに合ったものがきっと見つかるはずです。人気の高いおすすめ商品ばかりなので、これから猫を家に迎える方はもちろん、キャットフードの見直しや切り替えをされる方は、ぜひ参考にしてください。

詳しく

おすすめ海外キャットフード*人気ランキング20選を紹介!

日本では近年の猫ブームにより、キャットフードの種類も非常に多くなりたくさんのメーカーから色々な種類が買えるようになりました。しかし、欧米諸国はペットフードが非常に進んでおり、日本よりもより多くの種類や高品質なキャットフードがあったりします。そこで今回は海外のおすすめキャットフードのランキングをお届けします。国産も良いですが、海外のフードも原材料がシンプルであったり安全性にこだわっていたりと、猫ちゃんの健康を維持するサポートに役立ちます。フードの切り替えや味替えにも使えるので、ぜひ今回のランキングを参考に愛猫好みのフードを探してみてください。

詳しく

おすすめグレインフリーキャットフード*人気ランキング15選を紹介!

大切な愛猫の健康を考えるに当たって、まず気になるのは毎日の食事です。なるべく体に優しく、美味しく食べられるものをあげたいと思うのは当然ですよね。そんな時におすすめできるのが、グレインフリーという穀物を使用していないタイプのキャットフード。猫本来の食事を再現しているので、効率よく必要な栄養素を摂取させることができるため、健康管理だけでなく猫ちゃんの食いつきもばっちりです。 今回は人気のグレインフリーキャットフードをランキング形式で紹介。これから猫を飼うという方はもちろん、キャットフードの切り替えや味替えなどに良いフードをお探しの飼い主さんも参考にしてください。

詳しく

【市販】おすすめ猫餌ランキング!人気のキャットフードを紹介

警戒心が強く、選り好みしやすいと言われる猫。飼い主にとってたくさんおいしく食べてくれるキャットフードを選びたいものですが、栄養についても気になる人も多いでしょう。猫の餌は年齢や体格により適したタイプを選ぶのがポイントです。とはいえ、毎日あげなくてはならないため、コスパの良い餌を選ぶのも1つの方法。 今回は、市販もされているおすすめのキャットフードを人気ランキングで紹介します。安全性が高いのはもちろん、口コミも参考に厳選しました。安全なキャットフードの選び方や餌の与え方などにも触れていますので、ぜひ参考にしてみてください。

詳しく

おすすめ猫用ドライフード*人気ランキング15選

猫を家に迎え入れるうえで欠かせない餌選び。そしてキャットフードの代表と言えばドライフードです。別名のカリカリという呼び方をする飼い主さんもいますね。比較的安価で、常温で保存ができるので使いやすいものではありますが、猫ちゃんの好みや体調によっては今までのドライフードを食べてくれなくなったということもあり、飼い主さんにとっては悩みの種にもなります。 そこで今回は人気の猫用ドライフードのランキングを紹介します。大切な猫ちゃんの好みや年齢、健康状態のためにいつもと違ったドライフードを検討している方はぜひ参考にしてみてください。

詳しく

猫用ウェットフードのおすすめ15選*人気ランキングを紹介!

昨今の猫カフェや猫ブームで、猫を飼い始めるお宅も増えています。しかし猫によっては好き嫌いがあったり、年齢や健康上の問題でキャットフードに色々工夫をして食べさせなければならないという問題も。そんな時に役に立つのが猫用ウェットフード。スープ状のものや、パテ状、柔らか仕立てのものなど様々な形状があるので、好みや目的、健康状態などによって使い分けやすいのも魅力。そして香りがよく食いつきも良いので、食の細い猫ちゃんにもおすすめです。 今回は人気の猫用ウェットフードのランキングを紹介。ぜひ愛猫の毎日のご飯のヒントにお役立てください。

詳しく

ペット用消臭剤のおすすめ15選*口コミ人気ランキング上位を紹介

猫や犬などペットを飼っていると、ペットは家族同然になりますよね。しかし、どうしても気になるのがペットのニオイ。ペットのニオイは自宅内だけでなく、衣類などにもついてしまい、出かけるときにも気になるものです。いくらキレイに掃除をしていても、ペットのニオイは消えないのが現実。そんなとき、とっても役に立つのがペット用消臭剤です。しかし、ペット用消臭剤はたくさんの商品があり、実際にどの商品が効果的なのか迷う方も多いでしょう。 そこで今回は、おすすめのペット用消臭剤を口コミ人気ランキングで紹介していきます。ペットを飼っている方に必見の情報ですので、ぜひ参考にしてみてください。

広告

広告

ピックアップ記事

広告

チンチラは環境に気を使えば割と手軽に飼うことのできる動物として人気があります。ネズミ系のペットのなかでは比較的大柄で、活発に動く様子は見ていて楽しめます。主人に慣れてくると肩に乗るなどとても愛らしい姿を見せてくれます。小さな動物ですが、しっかりと様子を見てあげれば15年近くも生きられるので、長く付き合えるペットとしてもおすすめです。

今回は、そのようなチンチラの種類・寿命・値段などを含め、チンチラの飼い方についてまとめてみました。チンチラに興味を持っていて飼育したいと考えている人はぜひ参考にしてください。

広告

この記事を監修するのは?

TravelBookママ部

TravelBookファミリー編集部所属のママ達による「ママ部」。幼児から中学生までのママ達で構成。世の中のトレンドに常に敏感で日々パワフルに活動中。

チンチラってどんな動物?生態を紹介!

チンチラはネズミ目チンチラ科チンチラ属の動物です。体長はおよそ25cm・体重はおよそ420~600g・尾の長さはおよそ17cmで、体表は銀灰色の毛で包まれています。

チリの固有種で、野生のチンタラはチリ中部の標高400~1650mの場所に生息しています。山地の岩場で集団生活をしていて、主な食料は草本・木本の根・コケなどを好んで食べる草食動物です。

チンチラをペットとして飼う場合には、ペットショップで生後3ヶ月ほどのチンチラを迎えるのがおすすめです。その時点までに親の乳を与えられているかどうかが長生きのポイントで、病気に対する免疫力が違います。ペットショップできちんと確認して買うと良いでしょう。

野生では集団行動するチンチラですが、家庭で飼う場合は同じ空間で複数飼育すると、チンチラ同士で命懸けの喧嘩をすることがあるので注意が必要です。一匹にひとつのケージを用意して、普段は一匹ずつ分けて飼育することが望ましいとされています。

チンチラの寿命はどのくらい?

チンチラは野生だとおよそ6年、ペットとして飼育すればおよそ15年は生きられると言われています。中には20年以上生きたペットも確認されています。

チンチラは温度変化と湿気に弱いことが知られています。そして毒となる野草に対してもあまり警戒心を見せません。野生ではそのような危険が常に伴うので、屋内飼育という人工的な環境でていねいに育てる場合の方が野生の場合よりも安全で、寿命も長くなることが分かっています。

チンチラは運動能力が高く、素早く歩いたり1m以上もジャンプしたりできます。そのために、狭いケージではチンチラは動きづらくなりストレスがたまってしまいますので、大きめのケージを用意したり、時には飼い主の生活空間に放してあげたりすることも必要です。

チンチラをペットショップで買うときの値段は?

チンチラの値段は、一般的なスタンダードグレー(灰色)だと20,000~35,000円、品種改良されたホワイト・まだら模様のパイド・希少なバイオレット(青紫色)といった高価なものだと60,000~80,000円が目安です。

毛色によって値段が大きく異なるので、自分がどの毛色のチンチラを購入したいのか事前にはっきりさせておく必要があります。その他の色のチンチラもありますが、60,000円ほどあればだいたいのチンチラは購入できます。

チンチラの鳴き声は?うるさい?動画で紹介

広告

チンチラはいくつかの鳴き声で感情を伝えてくれます。飼いはじめてすぐのうちは今のはどんな気持ちの鳴き声なんだろうと気になるかもしれません。飼い主にとっては気になる鳴き声ですが、大きく鳴いたときでもそれほど大きな声ではないので、ご近所に迷惑をかけるような心配はありません。ただ、夜鳴きについては気になる人もいますので、静かな環境でないと寝られないという人は自分の寝室とは別室にケージを置くようにしましょう。

チンチラの種類は?

チンチラには最もポピュラーな毛色のスタンダードグレーの他にもブラックエボニー、ホワイト、パイドなどおよそ15種類ほどの品種があります。値段が手頃なスタンダードグレーが一番の人気です。
パイドホワイトやブラックエボニーなどもよく飼育されています。値段は高価ですが希少価値のあるヴァイオレットもおすすめです。

ホワイト

全身が白毛で覆われている、黒目の品種で、耳は灰色がかっています。希少価値があり、ペットショップではかなりの高値が付けられています。ウィルソンホワイト・ピュアホワイトなどと言われることもあります。

ホワイト系の品種としてはその他に、全身が白毛で覆われていて赤目の品種であるアルビノ・全身が白毛ですが毛先だけベージュ色で赤目の品種であるピンクホワイト・全身が白毛のほかにシルバーの毛がところどころ混ざっているパールなどが知られています。アルビノ・ピンクホワイトの耳はピンク色で、パールの耳は灰色がかっています。特にアルビノは一番にホワイトに近い品種です。
そしてこれらのどの品種もペットショップでは高値で取引されています。

ヴァイオレット

ヴァイオレットは毛色が青紫色で高級感のある品種です。耳は薄いピンク色ですが、黒っぽくなることもあります。ひげは白色です。お腹は白毛で覆われています。
毛色の綺麗さはチンチラの中でもトップクラスで、とても人気のある品種です。ペットショップではかなりの高値が付いています。

ヴァイオレットはブルー系のチンチラに分類でき、ブルー系の品種としてはその他にも、薄いグレーの体毛にうっすらと青色が混ざるサファイアがあります。ひげは灰色で、お腹は白毛で覆われています。お腹まで暗い青色に見えるものは、チャコールサファイアと呼んで区別しています。サファイアやチャコールサファイアも、ペットショップではかなりの高値で取引されています。

ブラック

ブラック系のチンチラとしては、まずブラックエボニーが挙げられます。ブラックエボニーは全身が黒色で覆われている品種です。ひげや目も黒色です。耳や胸元は明るめの黒色になる場合もあります。チャコールとも呼ばれています。黒ければ黒いほど価値が上がり、ペットショップでの値も高くなります。

ブラック系のチンチラはその他にブラックベルベットが挙げられます。ブラックベルベットは顔・背中は黒色ですが、胸元からお腹にかけては白色の毛で覆われています。ブラックエボニーほど黒色は強調されません。ひげは白色・目は黒色です。スタンダードグレーに黒色がプラスされた感じで親しみやすさがあります。

ペットショップでも一般にブラックエボニーよりも若干安い値段で取引されています。

パイド

パイドとは英語で「まだらの」という意味で、からだに斑が入っていることをこう表現します。
パイド系のチンチラとして、まずはシルバーパイドが挙げられます。全身は白毛で覆われているのですが、頭や背中にシルバーの毛が混ざったものを言います。個体によってシルバーの毛の混ざり方は異なっていて、その混ざり方によってペットショップでの値段も大きく変わります。

また白色が多いほど価値が上がる傾向にあります。耳・ひげは灰色、目は黒色です。パイド系のチンチラとしてはその他に、パールパイド・パイドホワイトなどの品種があります。交配によってさまざまなバリエーションが可能となっています。どのパイド系のチンチラもペットショップでは比較的高値で取引されています。

チンチラの餌(エサ)は?

チンチラの餌(エサ)として、主食にはチモシーなどのイネ科の牧草を与え、副食にはチンチラ用のペレットなどを与えます。高カロリーなものや高栄養素のものは、成長期や妊娠中以外必要ありません。

チンチラ専用フードはペレット(ドライ化工した総合飼料)の形で袋入りのものが市販されていて、ネットでの購入も可能です。ペットショップなどの小動物用フードのコーナーにはチモシーなどの牧草も置いてあり、ネットでも購入できます。

野菜・果物などの新鮮な商品はスーパーやコンビニで手に入り、地域によってはネットでも購入できます。牧草はよく歯を使って食べなければならない餌で、不正咬合(ふせいこうごう・悪い歯並び)を防ぐためにも是非取り入れたい主食です。

チンチラのおすすめエサ一覧

チンチラの性格。ペットとしてなつくの?

チンチラは運動神経がよく発達していてとても活発な動物です。狭いケージだとストレスがたまってしまうことから、なるべく大きめのケージ、そしてたまには室内で放しておく時間が必要です。

集団を作るとよく生死にかかわるほどの激しいケンカを仲間内でしてしまいます。複数のチンチラを飼育する時には一匹ずつ別のケージに分けておく必要があります。
一方でチンチラはとても頭のいい動物だと言われています。チンチラの気持ちをよく考えて飼育していれば、チンチラの方も飼い主の気持ちが分かり、お互いのコミュニケーションもとても上手くいくことが考えられます。

実際に飼い主にとてもよくなつくチンチラもたくさんいます。呼ぶと応じてくれたり、肩に乗ったりするチンチラは、飼い主にとっての最高のパートナーとして生活のあらゆるところでそのかわいい姿を見せてくれるでしょう。

チンチラは臭い?

チンチラには特別な体臭はありません。糞尿の臭いもあまり気になりません。ただ軟便・下痢の時には少し気になる臭いを発生させることがあります。
軟便・下痢を防ぐには、エサを変えない・ストレスを与えない環境におく(温度17~21℃、湿度40%以下)・砂浴びをさせる(体臭対策や健康対策)などの工夫が必要です。またペットの臭いを消す液体消臭剤もあります。

チンチラをペットとして飼うために必要なもの

1.ケージ

チンチラは小柄でもとても活発に行動する動物で、入れておくケージもなるべく大きなものが必要です。チンチラ専用の飼育ケージが市販されています。
ベビー用には水槽型のケージがおすすめで、あまり高さのあるケージは必要ありません。高い所から落ちて脳震とうを起こして危険なのです。

2.チンチラダスト(砂)

ケージの中に専用の砂浴び箱を備えて、その中にチンチラダストを入れておけば、砂浴びが大好きなチンチラはとても喜びます。
砂浴びによってチンチラの体にできる分泌物(ラノリン)を取り除く効果があり、消臭や健康にも有意義なものとなります。砂は箱におよそ1cmの厚さにしておくとよいです。

3.かじり木

ケージの中にかじり木を入れておくことも大切です。ケージに吊すか引っかける形でかじり木をセットします。かじり木はなるべく堅いものがよく、なかでも桑の木が一番いいとされています。
かじり木をかむことによって歯の伸びすぎを防ぐと同時にストレス発散効果も期待されています。ブロック(噛み石)で代用することもできます。

チンチラおすすめグッズ一覧

チンチラのまとめ

チンチラは快適な環境で飼育してあげることによって、野生よりもかなり長生きします。特別な設備を整えなくてもペットショップで一般的に売られているもので揃えられ、比較的飼いやすいペットです。ぜひ大切にかわいがってあげて、チンチラとの楽しい時間をすごしましょう。

関連する記事

おすすめの半生タイプドッグフードを人気ランキングで紹介していきます。犬を飼っている人はたくさんいますが、ドッグフード選びはとても大変ですよね。犬種や年齢によってもドッグフードの種類は違いますし、当然、犬の好みもあります。最近はドッグフードの種類もたくさん増え、美味しさだけでなく健康のことを考えて作られたドッグフードも人気です。中でも「食いつきがいい」「歯が弱った犬でも食べやすい」といった理由から、人気となっているのが半生タイプのドッグフード。そこで今回は、本当に安心して犬に食べさせることができる半生タイプのドッグフードを人気ランキングで紹介していきます。

猫を飼っている人は、猫が病気にならないように気を使っていると思いますが、それでも完全に防ぐことは難しいといえます。なかでも内臓のトラブルは、ペットの場合はなかなか気づかない場合もあるので注意したいところ。猫にも内臓トラブルはさまざまなものがありますが、肝臓病もそのひとつ。人と同様に、猫も肝臓は解毒や代謝という重要な役割を担っています。そして肝臓病は一度かかると、完全に治すのが困難。それだけに日頃のケアが大事になってきます。そこで今回は、肝臓ケアにおすすめのキャットフードをピックアップして、ランキング形式で紹介していきます。

猫好きで家で猫を飼っている人は、猫と一緒にいるだけで癒やされたり、楽しくなるのではないでしょうか。それだけに猫の体調管理には気を使っていることでしょう。胃腸が弱い人がいるように、猫にもお腹が弱いタイプがいるので、そうした猫を飼っている場合はなおさらです。そんな猫のキャットフードには、特に気をつけたいところ。最近ではお腹の弱い猫向けのキャットフードも出ているので、そうしたものを利用するのもひとつの方法です。そこで今回は、お腹の弱い猫におすすめのキャットフードをピックアップ。ランキング形式で紹介していきます。

愛するペットが亡くなった方は、毎日一緒に過ごしていた日々を思い出して、とても悲しく辛い日々を過ごしていることでしょう。亡くなったときに自分でできることは、いつも過ごしていた場所に安置して、体をきれいにしてあげたり、傷みを遅らせるため保冷剤などで冷やしたりすることです。そのままにしてはおけないので、心の整理がついてお別れができたら葬儀・火葬をしてあげます。ペットの葬儀では、人間と同じように僧侶がお経を読んでくださる場合もあります。葬儀費用は火葬費用がベースとなっており、それぞれの火葬方法によってペット火葬費用も異なります。家族にとって一番納得のいく火葬方法で見送ってあげるといいですよ。ペット火葬業者を選ぶときは、さまざまな会社とペット火葬費用や説明の丁寧さを比較して、トラブルを避けるため信頼がおけるかをよく確認することをおすすめします。

愛猫がいつも元気でいてくれるのは、飼い主にとってはうれしいこと。それだけに健康には気を使っていると思いますが、それでも病気を完全に防ぐことは難しいといえます。猫の病気にはさまざまなものがありますが、口内炎もそのひとつ。人もかかる口内炎ですが、猫の場合も口のなかに痛みを感じ、その影響で食欲もなくなり十分な栄養がとれなくなる恐れも。もちろん動物病院で診てもうことも大切ですが、治療している時の食事も気を使いたいところ。そこで今回は、口内炎の猫におすすめのキャットフードをランキング形式で紹介していきます。

愛する猫の健康を気遣う飼い主は多いと思いますが、運動とともに大事なのがやはり食事。キャットフードを与えるにしても、猫の体調に合わせて、どんなタイプのものを与えるかを決めたいところです。肥満気味の猫には低カロリーなダイエット用がおすすめですが、逆に痩せ気味や成長過程にある子猫には、高カロリータイプが適しています。そしてそのほかにも、原料や成分などにも気を使って選んでやれば、より猫も喜んでくれることでしょう。しかし現在はさまざまなキャットフードが出ているので、どれが良いのか迷うことも。そこで今回は、おすすめの高カロリーキャットフードをランキング形式で紹介していきます。

人でも肥満はさまざまな弊害をもたらしますが、それは猫も同じ。体重が増えてきたと感じたら、ダイエットをすることも考えたほうがいいでしょう。まずは運動をさせるのがおすすめ。猫は室内で飼われていることが多く、ただでさえ運動不足になりがち。おもちゃを使って一緒に遊んであげるなどして、運動をするように仕向けるのもひとつの方法。そしてやはり重要なのは食事。これまでのキャットフードを見直してみてはいかがでしょうか。そこで今回は、低脂肪・低カロリーを中心におすすめのダイエット向けキャットフードをランキング形式で紹介していきます。

猫好きの人にとって、愛猫と過ごすのは至福の時間といえるでしょう。仕事疲れやストレスも一緒にいるだけで癒やしてくれる、家族の一員のような存在といえます。そんな可愛い猫には、良いキャットフードを食べさせてあげたいと思っている飼い主は多いと思いますが、数あるキャットフードの中から、自分の猫に合ったキャットフードを見つけ出すのは簡単ではありません。国産か外国産か、肉や魚など材料は何が使われているか、添加物は入っているかなど、選ぶポイントはいくつもあります。そこで今回は、通販で手に入る人気キャットフードをセレクト。ランキング形式で紹介していきます。

猫は日本国内でもポピュラーなペットです。家族の大切な一員である猫にとってもご飯は大切な栄養源なのでバランスの取れた安全なキャットフードを選んであげましょう。キャットフードはいろいろな種類が登場しているのでどれを選んだらいいかわからないという飼い主さんも少なくありません。そこで今回は大切な猫の健康をサポートしてくれる安全で安心な国産キャットフードを紹介する記事を作成してみました。外国のキャットフードも栄養価が高く、高品質なキャットフードがあるのですが今回は購入のしやすさを考慮し、国産のキャットフードをピックアップしています。参考にしてみてください。

小さくて可愛い子猫は日々の生活を癒してくれる大切な家族です。毎日少しずつ成長して大きくなっていく子猫にはたくさんの栄養が必要になるので、キャットフードも栄養満点でバランスの取れたフードを選んであげるようにしてください。とは言っても、初めて猫を飼う人はどんなキャットフードが猫に良いかわからないこともあります。今回はそんな飼い主さんの為におすすめの子猫用ドライフードをピックアップしてまとめてみました。おすすめポイントやキャットフードの特徴と一緒にランキング形式で紹介しています。キャットフードの選び方やキャットフードの違いも紹介しているので参考にしてみてください。

大切な家族の一員である猫のご飯には安全で品質の良いものを選びたいと思っている飼い主さんも多いのではないでしょうか。キャットフードは猫の健康を支える大事なご飯なので栄養バランスのとれた良いものを選びたいと思うのは当然のことです。キャットフードに含まれる成分を気にしている飼い主さんも少なくありません。そこで今回は猫のご飯にもこだわりたい飼い主さんの為におすすめの無添加フードをまとめてみました。キャットフードの特徴やおすすめポイントを記載しながら無添加キャットフードをランキング形式で紹介しています。キャットフードの種類や選び方も紹介しているので参考にしてみてください。

人間が歳を取るように、猫も歳を取っていきます。愛する猫にいつまでも健康に長生きしてほしい場合は高齢猫用のご飯に切り替えて食事面でもサポートしてあげることが大切です。高齢猫は食欲が低下していたり、消化器官が弱っていたりもします。猫の健康状態を把握して猫に合ったキャットフードを選んであげましょう。今回は高齢猫にもおすすめのキャットフードを紹介する記事を作成してみました。キャットフードの中から比較的高齢猫でも食べやすいウェットフードをピックアップしています。キャットフードの選び方などと一緒にランキング形式で紹介しているので高齢猫用のウェットフードを探している人は参考にしてみてください。

人間のご飯と同じように愛猫のご飯もこだわりたいという飼い主さんは多くいます。中には愛猫の誕生日やイベントの日などにいつもと違う特別なキャットフードをあげたいと考える人もいるのではないでしょうか。上質な素材を使用してつくるキャットフードは高級で、猫の健康もサポートしてくれます。食物アレルギーが気になる場合にも、素材にこだわる高級キャットフードなら飼い主さんの悩みを解決してくれるかもしれません。今回はおすすめの高級キャットフードを紹介する記事を作成してみました。おすすめポイントやキャットフードの特徴と一緒に紹介しているので参考にしてみてください。

愛する猫の為にキャットフードにこだわる飼い主さんは少なくありません。栄養バランスが取れていて、猫の食いつきが良いキャットフードは飼い主さんにとっても猫にとっても理想です。しかし現実は猫の好みや価格などさまざまな要因から理想のキャットフードに出会うのが難しくなっています。今回は飼い主さんにとっても猫にとってもおすすめのウェットタイプのキャットフードを紹介する記事を作成してみました。キャットフードの選び方なども記載しているのでウェットフードを探している飼い主さんはもちろん、理想のキャットフードを探している人も参考にしてみてください。

人間にとって食事が大切な習慣であることと同じように猫にとっても食事は欠かすことが出来ない大切な習慣です。キャットフードから必要な栄養を補給することで元気で健やかな状態をキープすることができます。とは言え、毎日の食事にあまりお金をかけることが出来ないという飼い主さんがいるのも事実です。今回は安くても猫の体調をキープしてくれるキャットフードを紹介します。安くても安全で猫の健康にも良いキャットフードをピックアップしているので、参考にしてみてください。キャットフードの選び方やキャットフードに関するトピックスもまとめています。

大切な家族の一員であるわんちゃん。そんなわんちゃんの食事は、飼い主さんにすべてが任せられており、栄養管理もわんちゃんが美味しく食べられるかどうかも飼い主さんのドッグフード選び次第になっています。一般的にドッグフードには、ドライタイプとウェットタイプがあり、ドライタイプが一般的によく購入されています。でも食欲がなかったり、いつものドライフードに飽きてしまった時には、ちょっと高級感のあるウェットタイプを購入してみるのがおすすめ。ウェットタイプだけをあげるのも良いですし、いつものドライフードと混ぜて上げるとドライフードも食べやすくなるのでおすすめです。今回は、ウェットドッグフードのおすすめを紹介しますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

キャットフードの種類は総合栄養食、間食、療法食、その他の目的食(一般食・副食など)に分けられます。総合栄養食は猫に必要な成分がバランス良く配合されているので、フードと水だけで十分な栄養がとれます。ドライフードは長期保存が可能で、簡単に与えられることが特徴。ウェットフードは嗜好性が良く、水分も同時に補給できます。キャットフードの選び方は、原材料の肉類が具体的に表示されているかをチェック。また愛猫の年齢に合ったフードを選びましょう。高品質にこだわるならプレミアムフードがおすすめ。療法食を与える場合は必ず獣医師に相談してください。手作りフードは栄養バランスをとるのが難しいので、普段の食餌はキャットフードをメインにし、手作りフードはたまに与えるようにしましょう。

猫がおしっこをしない、おしっこに血が混ざっているなどの気になる症状があるときは尿路結石を疑い、餌を替えるなどの対策をしましょう。尿路結石とは膀胱や尿道に石のような結石が溜まってしまうことで、結石が膀胱を刺激して痛みが出る、尿道を塞いでおしっこが出にくくなるなどの症状が出ます。結石が大きいときは外科手術を、そうでない場合は療法食を与えて結石を溶かし、おしっことともに排出させます。治療後再発を予防するには、水をいつでも飲めるように工夫し、おしっこを我慢させないようにしましょう。加えて、尿路結石向けの餌を継続することも大切です。

わんちゃんを飼っているという人ならば、わんちゃんの健康をつくる大切な食事・ドッグフードは気になるところですね。さまざまなドッグフードが販売されていますが、どのドッグフードが良いのか迷ってしまう人も多いかと思います。数あるドッグフードの中でも特に人気が高く、SNSなどでも話題となっているものの一つに、このこのごはんドッグフードがあります。主に小型犬を飼っている人向けのドッグフードになっており、獣医師も進めるという信頼性のある商品。 今回は、そんなこのこのごはんドッグフードについて、どんなドッグフードなのかや口コミや評判をまとめて紹介しますので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

大切な家族の一員であるわんちゃん。そんなわんちゃんの健康は、飼い主の人にすべてかかっています。健康管理の第一歩は、食事。人間もわんちゃんも、毎日の食べているもので体が作られています。健康的な食事は、何よりも大切ですね。わんちゃんの場合は、食事はドッグフードというのが一般的。ただし、ドッグフードと一口に言っても、その材料や配合はさまざま。なるべくならば安心・安全な材料を使用し、栄養バランスに優れたドッグフードを選んであげたいものですね。そんな飼い主の人に注目を集めているのがモグワンドッグフード! 今回は、モグワンドッグフードとはどんなドッグフードなのかや口コミや評判などをまとめて紹介しますので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

皆さんは、モグワンドッグフードはご存知ですか?ペットの健康を気にする多くの飼い主の人たちから絶賛されているSNSなどでも話題のドッグフードです。安心・安全で栄養面にも優れており、わんちゃんの食いつきも良いという口コミも多数あるこのドッグフード、全種類・全ライフステージのわんちゃんに与えることができるものになっています。体のさまざまな機能が未熟で、成長段階にある子犬は、特に食事の内容がとても大切。そんな子犬に与えるドッグフードとしても大変おすすめの商品です。 今回は、モグワンドッグフードが、子犬になぜおすすめなのかの理由や子犬に与える場合の注意点などをまとめて紹介しますので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

ドッグフードといえば、コロコロとしたドライフードが一般的ですが、犬によっては柔らかいドッグフードが適している場合も多くあります。例えば消化機能が低下してきてしまったシニア犬や、もともと消化器官が弱い犬などです。他には水分をあまりとらない犬や歯が少ない、歯周病など口腔内トラブルがある犬にはドライフードよりも柔らかいドッグフードのほうが身体のためには適しています。今までドライフードではあまり食が進まなかった子でも、柔らかいドッグフードならば食欲が回復することもあります。 そこで今回は柔らかいドッグフードについてまとめてみました。柔らかいドッグフードのメリットやおすすめ15選までご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

若い頃は硬いドライフードを食べていた犬も、年をとるにつれてだんだんと食べなくなってきたということはよくあることです。犬も人間と同様に消化機能や代謝、口腔環境が加齢と共に低下してしまいます。そんな時は食べにくいドライフードを無理してあげずに、柔らかいドッグフードに切り替えてあげましょう。食事の負担も減り、栄養も摂れるようになります。では、老犬にあげるドッグフードは柔らかければなんでもいいのでしょうか?柔らかいドッグフードってどんな種類があるのでしょうか?いろいろな疑問がわきますよね。 そこで今回は老犬におすすめの柔らかいドッグフードについてまとめてみました。そろそろドッグフードを変えてみようかなと考えている愛犬家の皆様、ぜひ参考にしてみてくださいね。

猫を飼っている飼い主さんにとっての悩みになりがちなのが、キャットフード。フードを変えると急に食欲がなくなったり、好き嫌いをするようになったりとなかなか合ったフードが見つけられないということもあります。 そこで今回は口コミ評価の高い本当に良いキャットフードのランキングをお届けします。子猫からシニア猫まで幅広い年齢をカバーしているので、ご自宅に猫ちゃんに合ったものがきっと見つかるはずです。人気の高いおすすめ商品ばかりなので、これから猫を家に迎える方はもちろん、キャットフードの見直しや切り替えをされる方は、ぜひ参考にしてください。

日本では近年の猫ブームにより、キャットフードの種類も非常に多くなりたくさんのメーカーから色々な種類が買えるようになりました。しかし、欧米諸国はペットフードが非常に進んでおり、日本よりもより多くの種類や高品質なキャットフードがあったりします。そこで今回は海外のおすすめキャットフードのランキングをお届けします。国産も良いですが、海外のフードも原材料がシンプルであったり安全性にこだわっていたりと、猫ちゃんの健康を維持するサポートに役立ちます。フードの切り替えや味替えにも使えるので、ぜひ今回のランキングを参考に愛猫好みのフードを探してみてください。

大切な愛猫の健康を考えるに当たって、まず気になるのは毎日の食事です。なるべく体に優しく、美味しく食べられるものをあげたいと思うのは当然ですよね。そんな時におすすめできるのが、グレインフリーという穀物を使用していないタイプのキャットフード。猫本来の食事を再現しているので、効率よく必要な栄養素を摂取させることができるため、健康管理だけでなく猫ちゃんの食いつきもばっちりです。 今回は人気のグレインフリーキャットフードをランキング形式で紹介。これから猫を飼うという方はもちろん、キャットフードの切り替えや味替えなどに良いフードをお探しの飼い主さんも参考にしてください。

警戒心が強く、選り好みしやすいと言われる猫。飼い主にとってたくさんおいしく食べてくれるキャットフードを選びたいものですが、栄養についても気になる人も多いでしょう。猫の餌は年齢や体格により適したタイプを選ぶのがポイントです。とはいえ、毎日あげなくてはならないため、コスパの良い餌を選ぶのも1つの方法。 今回は、市販もされているおすすめのキャットフードを人気ランキングで紹介します。安全性が高いのはもちろん、口コミも参考に厳選しました。安全なキャットフードの選び方や餌の与え方などにも触れていますので、ぜひ参考にしてみてください。

猫を家に迎え入れるうえで欠かせない餌選び。そしてキャットフードの代表と言えばドライフードです。別名のカリカリという呼び方をする飼い主さんもいますね。比較的安価で、常温で保存ができるので使いやすいものではありますが、猫ちゃんの好みや体調によっては今までのドライフードを食べてくれなくなったということもあり、飼い主さんにとっては悩みの種にもなります。 そこで今回は人気の猫用ドライフードのランキングを紹介します。大切な猫ちゃんの好みや年齢、健康状態のためにいつもと違ったドライフードを検討している方はぜひ参考にしてみてください。

昨今の猫カフェや猫ブームで、猫を飼い始めるお宅も増えています。しかし猫によっては好き嫌いがあったり、年齢や健康上の問題でキャットフードに色々工夫をして食べさせなければならないという問題も。そんな時に役に立つのが猫用ウェットフード。スープ状のものや、パテ状、柔らか仕立てのものなど様々な形状があるので、好みや目的、健康状態などによって使い分けやすいのも魅力。そして香りがよく食いつきも良いので、食の細い猫ちゃんにもおすすめです。 今回は人気の猫用ウェットフードのランキングを紹介。ぜひ愛猫の毎日のご飯のヒントにお役立てください。

猫や犬などペットを飼っていると、ペットは家族同然になりますよね。しかし、どうしても気になるのがペットのニオイ。ペットのニオイは自宅内だけでなく、衣類などにもついてしまい、出かけるときにも気になるものです。いくらキレイに掃除をしていても、ペットのニオイは消えないのが現実。そんなとき、とっても役に立つのがペット用消臭剤です。しかし、ペット用消臭剤はたくさんの商品があり、実際にどの商品が効果的なのか迷う方も多いでしょう。 そこで今回は、おすすめのペット用消臭剤を口コミ人気ランキングで紹介していきます。ペットを飼っている方に必見の情報ですので、ぜひ参考にしてみてください。

広告

広告

ピックアップ記事

運営会社