広告

【ペット】デグーの飼い方:種類・寿命・値段まとめ

広告

【ペット】デグーの飼い方:種類・寿命・値段まとめ

デグーはずんぐりとした姿と人に懐きやすい性格からペットとして人気が上がり、小動物を取り扱うペットショップで目にする機会も増えています。比較的値段が手頃で寿命が長く、高い知能を持つことから、「甘えてくる」「芸を覚える」など、豊富なコミュニケーションを取りながら長く生活を共にできるため、好んで飼育する人も多くいます。同じ齧歯目でペットとして人気が高い小動物は多くいますが、デグーの性質や習性をよく理解して飼育する必要があります。デグーの飼育に関する知っておきたい情報をまとめます。新しい家族を迎える準備の参考にしてみてください。

この記事を監修するのは?

TravelBookママ部

TravelBookファミリー編集部所属のママ達による「ママ部」。幼児から中学生までのママ達で構成。世の中のトレンドに常に敏感で日々パワフルに活動中。

デグーってどんな動物?生態を紹介!

デグーは齧歯目デグー科に属します。同じ齧歯目に属し、ペットとしてポピュラーなハムスターなどに比べると尻尾が長く、一回りから二回りほど大きい体をしています。尻尾を含めない体長が12cmから20cm程度で、両手に納まるサイズと言えば想像が付きやすいのではないでしょうか。歯が黄色いという特徴を持ち、白い場合には体調不良や病気の可能性があります。一般的な毛色は暗い黄色がかった茶色で「アグーチ色」と呼ばれています。同名の齧歯目アグーチのような色の体毛ということです。チリの山岳地帯が原産で完全な草食性であり、過酷な環境に生息しているため基本的には粗食です。齧歯目の中では知能が高く、愛情を注ぐことで人によく懐きます。反面、知能が高いことから学習能力があり、過度のコミュニケーションなど嫌な記憶が植え付けられると、警戒される可能性があるので注意が必要です。学習能力が高い個体であれば、信頼性のある関係を築くことで簡単な芸を覚えることもあるので、挑戦してみるのもおすすめです。野生では小規模な群れで生活をするため、飼育の際には1匹より複数匹が望ましいとされています。1匹で飼育する場合には適度なコミュニケーションで寂しさを与えないようにしましょう。

デグーの寿命はどのくらい?

デグーの寿命は飼育下では5~8年、個体によっては10年以上生きる場合もあり、小動物としては比較的寿命が長いと言われています。野生環境下では2年も生きられないと言われていますが、山岳地帯という比較的隠れる場所が少ない環境下のため、天敵から捕食されることに起因しているようです。デグーは糖の代謝能力が非常に低いので果物などを与えると「糖尿病」になる場合も多く、特に注意が必要です。齧歯目に多く見られる歯の噛み合わせが悪くなる「不正咬合」にも注意しましょう。ストレスにより金属製のゲージを噛んだり、逆に柔らかいものだけを噛んだりすることで、歯の摩耗が少なくなるのが原因です。デグーに適した飼育環境を整えることが重要です。

デグーをペットショップで買うときの値段は?

デグーはカラーによって値段が大きく変わり、アグーチ色のノーマルであれば6000円~10000円で購入できます。ペットショップでは「デグー」と表記されることが大半です。対してブルーやパイド(パッチド)などのカラーは安くても10000円以上で取引されます。体の弱い個体や成長し過ぎた個体、懐きにくい個体などは売れ残ることが多く、小動物を取り扱うペットショップの多くでは大きく値引きされることもあります。

広告

デグーの鳴き声は?うるさい?動画で紹介

デグーは高い声で鳴きますが、鳴き声の大きさは比較的小さく、マンションなどで飼育しても隣の部屋に聞こえるほどではありません。ただし、個体によっては鳴き声の大きさや頻度に差があるので、常に叫ぶように鳴き続ける個体もいます。学習能力が高いため、鳴けば餌をもらえる、鳴けばゲージから出してもらえるなど、鳴き声に合わせてコミュニケーションを取り過ぎると、頻繁に鳴くようになるので注意しましょう。

デグーの種類は?

日本でペットとして流通しているデグーは体毛の色や柄によって主に3種類に分類されています。ペットショップによって分類方法も名称もまちまちであり、表記を「デグー」と統一して販売している店舗もあれば、カラーによって「アグーチ」「ブルー」「パイド」などの分類をしている店舗もあります。動物学上の分類ではないようです。

アグーチカラー

「アグーチカラー」または「ノーマルカラー」と呼ばれる、暗い黄色がかった茶色の体毛を持つ種類です。手足の先と目の上下がアイシャドーのように白色となり、体毛の色との関係で他の種類より比較的目立ちます。「アグーチカラー」は同名の齧歯目である、アグーチの体毛の色に由来され、茶色の体毛を持つ小動物にも度々使われています。品種改良などをしていない野生のテグーそのままのカラーとなり、他の種類に比べると体が小さくなる、体が弱くなるといった問題が比較的少ない種類です。一般的なデグーとしてペットショップで販売されている大半がこの種類に当たります。「アグーチカラー」の値段相場は6000円~10000円、場合によってはさらに安い値段で販売されており、デグーの種類の中では最も安く購入できます。

ブルーカラー

「ブルーカラー」は青色がかったグレーの体毛が特徴的な種類で、体毛のグレーの濃さには個体差があり、薄い個体から濃い個体まで様々です。ペット用に品種改良が施されたためか、アグーチカラーより比較的体が小さく、体毛の質も柔らかい個体が多いようです。また、性格もアグーチカラーに比べると比較的穏やかな個体が多いと言われています。飼育方法はアグーチと同様ですが、体調管理には気を遣うことをおすすめします。子どもの頃はグレーの色が弱く、アグーチカラーのような茶色が混ざる場合もありますが、大人になるにつれてグレーが定着していきます。「ブルーカラー」は体毛の色味などにもよりますが、10000円以上で販売されている個体が多く、中には20000円ほどの値段で販売される場合もあります。

パイドカラー

「パイドカラー」は「パッチドカラー」とも呼ばれており、英語の “pied” の意味そのままにまだら模様、またはぶち模様が体毛にある種類を言います。アグーチカラーにまだら模様がある個体を「アグーチパイド」、ブルーカラーにまだら模様がある個体を「ブルーパイド」など、模様がある場合には総じて「パイドカラー」と分類されており、カラーバリエーションや模様の様子も個体によって多種多様です。日本では他の2種類より希少性が高く、値段も15000円以上で販売されている高価な種類です。中には白色の体毛の割合が多い「ホワイトパイドカラー」も存在し、希少性から20000円から、個体によっては40000円を超える場合もあります。模様の入り方に特徴がある個体も値段が高くなる傾向にあり、愛好家も多くいます。

デグーの餌(エサ)は?

広告

デグーに必要な栄養素や最適な餌については研究が進められている段階ですが、現状、飼育環境下では「デグー用フード」が最適な餌のようです。デグーは完全草食性で山岳地帯に生息しているため、野生環境下では簡素な植物(牧草等)と水で生活しています。野生での寿命は2年に満たない場合が多く、牧草と水だけでは栄養が不足することも考えられます。乾燥させた野菜や果実を用いたフードでは糖の含有量が多く、先述した糖尿病の危険性があるので、牧草が使われたペレット状のフードをおすすめします。生の野菜や果実は避けるようにしましょう。デグーは嗜好性が高い餌に慣れると、他の餌を食べなくなることが多いため、餌を変えるのに苦労する飼い主が多くいます。最初に与える餌には注意が必要です。

デグーのおすすめエサ一覧

参考価格:1000円〜

デグーの性格。ペットとしてなつくの?

デグーは齧歯目の中でも知能が高く、野生では1~2匹の雄と数匹の雌とで群れを作って社会性のある生活を送ります。知能が高いので、自分の名前や鳴き声に従ってコミュニケーションをとることで飼い主の行動を覚えます。好奇心が旺盛なため、人に懐きやすいとも言われています。基本的には餌を使って学習させることができるので、名前を呼んだり、声をかけたり、芸を教えながら餌を与えましょう。ただし、小動物に多い臆病な性格も合わせ持つため、過度のコミュニケーションや危険、恐怖を感じさせる行為は避けましょう。飼育開始時に警戒して巣に隠れているところを無理に引っ張り出したり、天敵に捕食されることを連想させるように上から鷲掴みにしたりは厳禁です。警戒心や恐怖心を抱く状況や原因を学習し、場合によっては飼い主に懐かないこともあるので注意しましょう。嫌がる行為や飼い主のペースで接するのではなく、テグーのペースに合わせることがポイントです。

デグーは臭い?

デグーには砂浴びをして、体を清潔に保つ習性があります。ゲージの中に砂浴びスペースを確保するので、体臭は気になりません。草食性なので、糞尿の臭いも比較的ないと言われます。ただし、ゲージの中に放置すると臭いが強くなるため、定期的な清掃は必要になります。もちろん、餌や飲み水の放置も異臭の原因となるので、食べ残し・飲み残しは細目に変えてあげましょう。

デグーをペットとして飼うために必要なもの

・ゲージ
デグーは山岳地帯に生息していることから飛び跳ねる・走り回るなど、運動量が多く、ゲージには広さと高さが必要になります。小動物用の多段ゲージは広さもあるのでおすすめです。ゲージをかじることも想定して塗装が施されたものは避けましょう。

・かじり木
齧歯目は周囲のものをかじる習性があるので、かじり木を取り付けましょう。歯の長さも調整され、ゲージなどの金属をかじるのを抑えることで、不正咬合の予防にもなります。また、ゲージ内の高所から落下するのを防ぐのにも繋がります。木製で塗装や装飾がないものを選びましょう。

・巣箱
デグーが安心して眠る場所を提供しましょう。かじり木と同じようにシンプルな木製がおすすめです。冬は暖房効果を高め、夏場はエアコンによる冷え過ぎを防ぐ効果も期待できます。

・砂浴び用容器と砂
デグーは砂浴びにより体を清潔に保ちます。ゲージ内に砂浴び用のスペースを確保し、臭いや病気の予防に繋がります。小動物用の砂浴び容器や砂が販売されており、通販サイトでも購入可能です。

・その他
テグー専用の餌や餌・飲み水用の容器はもちろんのこと、運動用の回し車も用意してあげましょう。運動不足やストレス発散に役立ちます。

デグーおすすめグッズ一覧

参考価格:1000円〜

デグーのまとめ

人に懐きやすく、比較的寿命の長いデグーはペットショップでの販売も増え、飼育する機会も増えています。しかし、性格や性質、習性を理解し、適した飼育環境が必要な点は他のペットと変わりません。愛情を注げば懐いてくれますが、当然雑に扱えば警戒心を抱き、懐くことはありません。命を預かるという責任を持ち、テグーとの楽しい生活を送ってみてください。

日本のペットでおすすめの記事

詳しく

【ペット】ハムスターの飼い方:種類・寿命・値段まとめ

日本 - ペット

ハムスターは、犬や猫に続くメジャーなペットとして多くの人に飼われています。一度飼うとその可愛さのとりこになり長年飼い続ける人が多いと言われるハムスター。飼育スペースを取らず散歩なども不要、購入費も維持費もリーズナブルで、ペットを飼う手始めとしてハムスターを選ぶ人、一人暮らしのさみしさを紛らわせるために飼う人などにも人気です。 何よりも小さな可愛らしい存在が、心を癒す存在になることは間違いありません。毛に包まれた小さな体、短い手足を一生懸命動かしてえさを食べる姿、回し車を熱心に走る姿、つぶらな瞳でじっと見つめる表情など、いつまでも眺めていたくなる愛おしい存在です。 そんなメジャーなペットのハムスターですが、実際に飼うとなると生態や飼い方など分からないことが多いのではないでしょうか。そこでハムスターについて特徴や飼い方を詳しくまとめました。これさえ読めばすぐにハムスターを飼うことができますよ。

詳しく

【ペット】チンチラの飼い方:種類・寿命・値段まとめ

日本 - ペット

チンチラは環境に気を使えば割と手軽に飼うことのできる動物として人気があります。ネズミ系のペットのなかでは比較的大柄で、活発に動く様子は見ていて楽しめます。主人に慣れてくると肩に乗るなどとても愛らしい姿を見せてくれます。小さな動物ですが、しっかりと様子を見てあげれば15年近くも生きられるので、長く付き合えるペットとしてもおすすめです。 今回は、そのようなチンチラの種類・寿命・値段などを含め、チンチラの飼い方についてまとめてみました。チンチラに興味を持っていて飼育したいと考えている人はぜひ参考にしてください。

詳しく

【ペット】ハリネズミの飼い方:種類・寿命・値段まとめ

日本 - ペット

背中に針がいっぱいで痛いイメージのハリネズミ。でも実は、ハムスターやネズミのようなあどけない表情やちょこまかしたコミカルな動きが可愛いと、今熱い注目を集めている動物です。TwitterやYouTubeなどのSNS上では、ハリネズミの動画や画像が数多くアップされ、ハリネズミファンが急増しています。 そんなキュートなハリネズミ、ペットとして飼いたい人も増えていますが、犬や猫などのメジャーなペットと比べて情報が少ないですよね。針ばかりだけど触れるの? なつくの? エサは何を食べるの? 何年くらい生きるの? などなど、分からないことばかりで躊躇している人もいるのではないでしょうか。そこでハリネズミの飼い方について、種類や寿命、値段など詳しくまとめてみました。

詳しく

【ペット】カワウソの飼い方:種類・寿命・値段まとめ

日本 - ペット

水族館の人気者、カワウソは水族館で見るだけのものだと思っていたら大間違い。実はペットとして自宅で飼うことができる動物だということはご存知でしょうか。ペットのカワウソの様子をこっそり撮影した動画がTwitterにアップされて以来、そのくるくる変わる表情や動きの愛らしさに熱い注目が集まっています。哺乳動物で水中だけでなく陸地でも活動でき、高い社会性をもつ賢い動物なのでペットにもぴったり。つぶらな瞳や愛らしい動き、ツヤツヤの毛並みを独り占めできますよ。 それでも犬や猫など一般的なペットと比べて分からないことも多くハードルが高そう、と思う方も多いでしょう。そこで、見ているだけで癒される可愛いカワウソについて特徴や飼い方を詳しくまとめました。

詳しく

【ペット】ウサギの飼い方:種類・寿命・値段まとめ

日本 - ペット

ペットとしてはイヌやネコに比べるとマイナーな印象のウサギですが、近年では注目を集めるようになっています。かわいらしさ、愛くるしさから癒しをもらう人も増えているようです。ウサギは声帯をもっていないので、基本的に鳴き声はなく、鼻を鳴らすような音になるため、イヌやネコに比べると比較的静かです。また1日に短い睡眠を何度もとるため、遅く帰ってきても起きていたり、遊べたりするので一人暮らしの男性・女性に人気です。もともと草食動物で捕食される側であるため、警戒心がとても強い動物ですが、飼い主に慣れるととてもなついてくれ、愛情を寄せてくれるようになります。そんなかわいいウサギの種類・寿命・値段などについて紹介します。

詳しく

【ペット】キツネの飼い方:種類・寿命・値段まとめ

日本 - ペット

昔話にもよく出てきたり、いろいろなマスコットにもなっているキツネ。ペットとしての馴染みはあまりありませんが、昔から私たちの生活の身近なところに存在している動物のひとつでもあります。北海道などでは、道路などでもよく見かけることがあるキツネですが、実は日本のいたるところに生息しており、ペットとして飼うことが認められている動物でもあります。 ペットショップでよく見かけると言うわけではありませんが、日本でもペットとしてキツネを販売しているペットショップなどもあるようで、実際にペットとして飼うことに関心がある人も増えてきているようです。とはいえ、実際キツネを飼うとなるといろいろとわからないことが多いのではないかと思います。そこで、今回は、キツネをペットとして飼うなら参考にしてほしい、種類や値段、寿命などをまとめて紹介します。

詳しく

【ペット】モモンガの飼い方:種類・寿命・値段まとめ

日本 - ペット

小さい体格に大きい目と飛膜が特徴的なリス科のモモンガは、ペットとしての人気が上がっている小型哺乳類です。小動物を取り扱うペットショップでも販売されていることが多く、値段も一昔前に比べて手頃になってきています。飛膜を広げて滑空する姿が愛らしく、飼い主の元に着地することもあります。なつけば手乗りや餌をねだり、甘えてくることもあるので、思わず愛情を注ぎたくなります。ペットとしての認知度が高まっているモモンガですが、飼育する場合に何を食べ、何に気を付けなければならないのか、飼育方法には不安があるのではないでしょうか。モモンガの習性や特徴から、飼育する上での注意点などの情報をまとめます。愛らしいモモンガの飼育に挑戦してみましょう。

詳しく

【ペット】猿の飼い方:種類・寿命・値段まとめ

日本 - ペット

テレビなどで、人間顔負けの芸を披露したり、ゆっくりと温泉に浸かったりする姿が印象的な猿。人間に最も近い動物と言われており、その行動は見ていて微笑ましいことが多く、さまざまなマスコットなどにもなる人気の動物です。動物園や山などでの印象が大きい猿ですが、最近はペットとして飼う人も増えてきています。 賢くて寿命も長く、家族の一員として存在感を発揮してくれそうな猿ですが、いざ飼うとなるとどんなものが必要でどのようにして育てるとよいのかなど、あまり知られていないようです。また、ペットとして飼われる猿はどんな種類なのかなども興味深いところです。 そこで今回は、猿をペットとして飼うことに興味のある人に参考にしてもらいたい、猿の飼い方や種類、寿命から値段まで幅広くお伝えします。

広告

広告

関連する記事

  • おすすめの半生タイプドッグフード*人気ランキング15選

    おすすめの半生タイプドッグフードを人気ランキングで紹介していきます。犬を飼っている人はたくさんいますが、ドッグフード選びはとても大変ですよね。犬種や年齢によってもドッグフードの種類は違いますし、当然、犬の好みもあります。最近はドッグフードの種類もたくさん増え、美味しさだけでなく健康のことを考えて作られたドッグフードも人気です。中でも「食いつきがいい」「歯が弱った犬でも食べやすい」といった理由から、人気となっているのが半生タイプのドッグフード。そこで今回は、本当に安心して犬に食べさせることができる半生タイプのドッグフードを人気ランキングで紹介していきます。

  • コストコで手に入る犬用サプリメントとは?人気の秘密をおすすめ!

    大切な家族の一員であるわんちゃんには、いつも健康でいてほしいと願う飼い主さんは多いはず。バランスの良い食事や適度な運動、ストレスのない生活など、日々気を使っている飼い主さんは多く、食事だけでは賄えない栄養を補うための犬用サプリメントは非常に人気。ドラッグストアやホームセンターなど様々なところに犬用サプリメントは販売されています。犬用サプリメントを購入するのなら、なるべく高品質なものをリーズナブルに購入したいもの。そんな飼い主さんたちの間で人気を集めているのが、コストコの犬用サプリメントです。今回は、コストコで手に入る犬用サプリメントについて、その人気の秘密にせまります。

  • 犬の網膜変性症とは?犬用おすすめサプリメント人気ランキング15選

    大切な家族の一員であるわんちゃんには、いつも健康でいてほしいと願う飼い主さんは多いはず。普段からバランスの良い食事や適度な運動、ストレスのない生活など気を使っている飼い主さんも多いでしょう。とは言え、様々な病気があり、気を付けているつもりでもかかってしまうことも。なかなか飼い主さんが気付きにくい病気の一つに、網膜変性症があります。いろいろな犬種がかかってしまうのですが、特にかかりやすい犬種などもあり注意が必要。そのような病気にならないために、食事では補えない栄養素をサプリメントで補ってあげるのもおすすめです。薬ではないので、病気を治したりならなくさせることはできませんが、健康をサポートしてあげることで、病気になりにくくすることは可能です。今回は、犬の網膜変性症についてと犬用おすすめサプリメントの人気ランキングを紹介します。

  • 犬の口内炎とは?犬用おすすめサプリメント人気ランキング15選

    大切な家族の一員であるわんちゃんには、いつも健康でいてほしいと願う飼い主さんは多いはず。わんちゃんの健康は、飼い主さんの管理にかかっているので、日ごろからバランスの良い食事や適度な運動、ストレスのない生活などを心がけている飼い主さんが多いかと思います。近年は、犬用サプリメントも多く販売されており、人間同様に食事では取り切れない栄養を、サプリメントで補うことで健康サポートを行うことができ、人気です。薬ではないので、病気を治したりならなくできるものではないですが、健康サポートが行えることで病気予防などにつながります。今回は、犬の口内炎についてと犬用おすすめサプリメントの人気ランキングを紹介します。

  • 犬の副鼻腔炎とは?犬用おすすめサプリメント人気ランキング15選

    大切な家族の一員であるわんちゃんには、いつも健康でいてほしいと願う飼い主さんは多いはず。わんちゃんも人間と同じように、様々な病気やケガになってしまうので、なるべくなら飼い主さんができることを行って予防してあげたいものです。最近は、わんちゃん用のサプリメントが多数発売されており、健康サポートに利用している飼い主さんも多いよう。薬ではないので、サプリメントを飲めば病気が治ったり、ならないというわけではないですが、食事では十分にとれない栄養を補うことで、健康をサポートすることができます。この記事では、わんちゃんの数ある病気の内の一つである副鼻腔炎についてと、犬用おすすめサプリメントの人気ランキングを紹介します。

  • 犬のリンパ腫とは?犬用おすすめサプリメント人気ランキング15選

    大切な家族の一員であるわんちゃんには、いつも健康でいてほしいと願う飼い主さんは多いはず。なるべく病気やケガをしないように、普段からバランスの良い食事や適度な運動、ストレスのない生活などに気を使っている飼い主さんも多いのではないでしょうか。そんな飼い主さんに人気なのが、犬用サプリメント。人間用のサプリメントと同じように、普段の食事でとり切れない栄養を効率よく補える栄養補助食品です。薬とは異なり、副作用の心配もあまりなく気軽に利用できるのも魅力的。人間と同じように、わんちゃんの怖い病気の一つにリンパ腫があります。そんな病気にならないためにも健康サポートとしてサプリメントを利用してみるのも良いですね。今回は、犬のリンパ腫についてと犬用のおすすめサプリメントの人気ランキングを紹介します。

  • キャットフードで肝臓ケアにおすすめ|人気猫の餌ランキング15選

    猫を飼っている人は、猫が病気にならないように気を使っていると思いますが、それでも完全に防ぐことは難しいといえます。なかでも内臓のトラブルは、ペットの場合はなかなか気づかない場合もあるので注意したいところ。猫にも内臓トラブルはさまざまなものがありますが、肝臓病もそのひとつ。人と同様に、猫も肝臓は解毒や代謝という重要な役割を担っています。そして肝臓病は一度かかると、完全に治すのが困難。それだけに日頃のケアが大事になってきます。そこで今回は、肝臓ケアにおすすめのキャットフードをピックアップして、ランキング形式で紹介していきます。

  • お腹の弱い猫におすすめ!キャットフード人気ランキング14選を紹介

    猫好きで家で猫を飼っている人は、猫と一緒にいるだけで癒やされたり、楽しくなるのではないでしょうか。それだけに猫の体調管理には気を使っていることでしょう。胃腸が弱い人がいるように、猫にもお腹が弱いタイプがいるので、そうした猫を飼っている場合はなおさらです。そんな猫のキャットフードには、特に気をつけたいところ。最近ではお腹の弱い猫向けのキャットフードも出ているので、そうしたものを利用するのもひとつの方法です。そこで今回は、お腹の弱い猫におすすめのキャットフードをピックアップ。ランキング形式で紹介していきます。

  • ペット火葬の費用相場|ペット葬儀の料金はどのくらいかかる?

    愛するペットが亡くなった方は、毎日一緒に過ごしていた日々を思い出して、とても悲しく辛い日々を過ごしていることでしょう。亡くなったときに自分でできることは、いつも過ごしていた場所に安置して、体をきれいにしてあげたり、傷みを遅らせるため保冷剤などで冷やしたりすることです。そのままにしてはおけないので、心の整理がついてお別れができたら葬儀・火葬をしてあげます。ペットの葬儀では、人間と同じように僧侶がお経を読んでくださる場合もあります。葬儀費用は火葬費用がベースとなっており、それぞれの火葬方法によってペット火葬費用も異なります。家族にとって一番納得のいく火葬方法で見送ってあげるといいですよ。ペット火葬業者を選ぶときは、さまざまな会社とペット火葬費用や説明の丁寧さを比較して、トラブルを避けるため信頼がおけるかをよく確認することをおすすめします。

  • おすすめ犬用ビタミンDサプリメント*人気ランキング15選

    大切な家族の一員であるわんちゃんには、いつも健康でいてほしいと願う飼い主さんは多いはず。適度な運動やバランスの良い食事、ストレスの少ない生活など日々気を付けているという飼い主さんも多いのではないでしょうか?そんな飼い主さんたちに人気なのが、犬用サプリメント。人間用のサプリメントと同様に、食事でとり切れない栄養を補う栄養補助食品になっており、日々の健康サポートに役立てることができます。薬ではないので、気軽に取り入れることができ、副作用などの心配が少ないのも魅力。今回は、数ある犬用サプリメントの中からおすすめの犬用ビタミンDサプリメントの人気ランキングを紹介します。

広告

ピックアップ記事

広告

デグーはずんぐりとした姿と人に懐きやすい性格からペットとして人気が上がり、小動物を取り扱うペットショップで目にする機会も増えています。比較的値段が手頃で寿命が長く、高い知能を持つことから、「甘えてくる」「芸を覚える」など、豊富なコミュニケーションを取りながら長く生活を共にできるため、好んで飼育する人も多くいます。同じ齧歯目でペットとして人気が高い小動物は多くいますが、デグーの性質や習性をよく理解して飼育する必要があります。デグーの飼育に関する知っておきたい情報をまとめます。新しい家族を迎える準備の参考にしてみてください。

広告

この記事を監修するのは?

TravelBookママ部

TravelBookファミリー編集部所属のママ達による「ママ部」。幼児から中学生までのママ達で構成。世の中のトレンドに常に敏感で日々パワフルに活動中。

デグーってどんな動物?生態を紹介!

デグーは齧歯目デグー科に属します。同じ齧歯目に属し、ペットとしてポピュラーなハムスターなどに比べると尻尾が長く、一回りから二回りほど大きい体をしています。尻尾を含めない体長が12cmから20cm程度で、両手に納まるサイズと言えば想像が付きやすいのではないでしょうか。歯が黄色いという特徴を持ち、白い場合には体調不良や病気の可能性があります。一般的な毛色は暗い黄色がかった茶色で「アグーチ色」と呼ばれています。同名の齧歯目アグーチのような色の体毛ということです。チリの山岳地帯が原産で完全な草食性であり、過酷な環境に生息しているため基本的には粗食です。齧歯目の中では知能が高く、愛情を注ぐことで人によく懐きます。反面、知能が高いことから学習能力があり、過度のコミュニケーションなど嫌な記憶が植え付けられると、警戒される可能性があるので注意が必要です。学習能力が高い個体であれば、信頼性のある関係を築くことで簡単な芸を覚えることもあるので、挑戦してみるのもおすすめです。野生では小規模な群れで生活をするため、飼育の際には1匹より複数匹が望ましいとされています。1匹で飼育する場合には適度なコミュニケーションで寂しさを与えないようにしましょう。

デグーの寿命はどのくらい?

デグーの寿命は飼育下では5~8年、個体によっては10年以上生きる場合もあり、小動物としては比較的寿命が長いと言われています。野生環境下では2年も生きられないと言われていますが、山岳地帯という比較的隠れる場所が少ない環境下のため、天敵から捕食されることに起因しているようです。デグーは糖の代謝能力が非常に低いので果物などを与えると「糖尿病」になる場合も多く、特に注意が必要です。齧歯目に多く見られる歯の噛み合わせが悪くなる「不正咬合」にも注意しましょう。ストレスにより金属製のゲージを噛んだり、逆に柔らかいものだけを噛んだりすることで、歯の摩耗が少なくなるのが原因です。デグーに適した飼育環境を整えることが重要です。

デグーをペットショップで買うときの値段は?

デグーはカラーによって値段が大きく変わり、アグーチ色のノーマルであれば6000円~10000円で購入できます。ペットショップでは「デグー」と表記されることが大半です。対してブルーやパイド(パッチド)などのカラーは安くても10000円以上で取引されます。体の弱い個体や成長し過ぎた個体、懐きにくい個体などは売れ残ることが多く、小動物を取り扱うペットショップの多くでは大きく値引きされることもあります。

デグーの鳴き声は?うるさい?動画で紹介

広告

デグーは高い声で鳴きますが、鳴き声の大きさは比較的小さく、マンションなどで飼育しても隣の部屋に聞こえるほどではありません。ただし、個体によっては鳴き声の大きさや頻度に差があるので、常に叫ぶように鳴き続ける個体もいます。学習能力が高いため、鳴けば餌をもらえる、鳴けばゲージから出してもらえるなど、鳴き声に合わせてコミュニケーションを取り過ぎると、頻繁に鳴くようになるので注意しましょう。

デグーの種類は?

日本でペットとして流通しているデグーは体毛の色や柄によって主に3種類に分類されています。ペットショップによって分類方法も名称もまちまちであり、表記を「デグー」と統一して販売している店舗もあれば、カラーによって「アグーチ」「ブルー」「パイド」などの分類をしている店舗もあります。動物学上の分類ではないようです。

アグーチカラー

「アグーチカラー」または「ノーマルカラー」と呼ばれる、暗い黄色がかった茶色の体毛を持つ種類です。手足の先と目の上下がアイシャドーのように白色となり、体毛の色との関係で他の種類より比較的目立ちます。「アグーチカラー」は同名の齧歯目である、アグーチの体毛の色に由来され、茶色の体毛を持つ小動物にも度々使われています。品種改良などをしていない野生のテグーそのままのカラーとなり、他の種類に比べると体が小さくなる、体が弱くなるといった問題が比較的少ない種類です。一般的なデグーとしてペットショップで販売されている大半がこの種類に当たります。「アグーチカラー」の値段相場は6000円~10000円、場合によってはさらに安い値段で販売されており、デグーの種類の中では最も安く購入できます。

ブルーカラー

「ブルーカラー」は青色がかったグレーの体毛が特徴的な種類で、体毛のグレーの濃さには個体差があり、薄い個体から濃い個体まで様々です。ペット用に品種改良が施されたためか、アグーチカラーより比較的体が小さく、体毛の質も柔らかい個体が多いようです。また、性格もアグーチカラーに比べると比較的穏やかな個体が多いと言われています。飼育方法はアグーチと同様ですが、体調管理には気を遣うことをおすすめします。子どもの頃はグレーの色が弱く、アグーチカラーのような茶色が混ざる場合もありますが、大人になるにつれてグレーが定着していきます。「ブルーカラー」は体毛の色味などにもよりますが、10000円以上で販売されている個体が多く、中には20000円ほどの値段で販売される場合もあります。

パイドカラー

「パイドカラー」は「パッチドカラー」とも呼ばれており、英語の “pied” の意味そのままにまだら模様、またはぶち模様が体毛にある種類を言います。アグーチカラーにまだら模様がある個体を「アグーチパイド」、ブルーカラーにまだら模様がある個体を「ブルーパイド」など、模様がある場合には総じて「パイドカラー」と分類されており、カラーバリエーションや模様の様子も個体によって多種多様です。日本では他の2種類より希少性が高く、値段も15000円以上で販売されている高価な種類です。中には白色の体毛の割合が多い「ホワイトパイドカラー」も存在し、希少性から20000円から、個体によっては40000円を超える場合もあります。模様の入り方に特徴がある個体も値段が高くなる傾向にあり、愛好家も多くいます。

デグーの餌(エサ)は?

デグーに必要な栄養素や最適な餌については研究が進められている段階ですが、現状、飼育環境下では「デグー用フード」が最適な餌のようです。デグーは完全草食性で山岳地帯に生息しているため、野生環境下では簡素な植物(牧草等)と水で生活しています。野生での寿命は2年に満たない場合が多く、牧草と水だけでは栄養が不足することも考えられます。乾燥させた野菜や果実を用いたフードでは糖の含有量が多く、先述した糖尿病の危険性があるので、牧草が使われたペレット状のフードをおすすめします。生の野菜や果実は避けるようにしましょう。デグーは嗜好性が高い餌に慣れると、他の餌を食べなくなることが多いため、餌を変えるのに苦労する飼い主が多くいます。最初に与える餌には注意が必要です。

デグーのおすすめエサ一覧

参考価格:1000円〜

デグーの性格。ペットとしてなつくの?

デグーは齧歯目の中でも知能が高く、野生では1~2匹の雄と数匹の雌とで群れを作って社会性のある生活を送ります。知能が高いので、自分の名前や鳴き声に従ってコミュニケーションをとることで飼い主の行動を覚えます。好奇心が旺盛なため、人に懐きやすいとも言われています。基本的には餌を使って学習させることができるので、名前を呼んだり、声をかけたり、芸を教えながら餌を与えましょう。ただし、小動物に多い臆病な性格も合わせ持つため、過度のコミュニケーションや危険、恐怖を感じさせる行為は避けましょう。飼育開始時に警戒して巣に隠れているところを無理に引っ張り出したり、天敵に捕食されることを連想させるように上から鷲掴みにしたりは厳禁です。警戒心や恐怖心を抱く状況や原因を学習し、場合によっては飼い主に懐かないこともあるので注意しましょう。嫌がる行為や飼い主のペースで接するのではなく、テグーのペースに合わせることがポイントです。

デグーは臭い?

デグーには砂浴びをして、体を清潔に保つ習性があります。ゲージの中に砂浴びスペースを確保するので、体臭は気になりません。草食性なので、糞尿の臭いも比較的ないと言われます。ただし、ゲージの中に放置すると臭いが強くなるため、定期的な清掃は必要になります。もちろん、餌や飲み水の放置も異臭の原因となるので、食べ残し・飲み残しは細目に変えてあげましょう。

デグーをペットとして飼うために必要なもの

・ゲージ
デグーは山岳地帯に生息していることから飛び跳ねる・走り回るなど、運動量が多く、ゲージには広さと高さが必要になります。小動物用の多段ゲージは広さもあるのでおすすめです。ゲージをかじることも想定して塗装が施されたものは避けましょう。

・かじり木
齧歯目は周囲のものをかじる習性があるので、かじり木を取り付けましょう。歯の長さも調整され、ゲージなどの金属をかじるのを抑えることで、不正咬合の予防にもなります。また、ゲージ内の高所から落下するのを防ぐのにも繋がります。木製で塗装や装飾がないものを選びましょう。

・巣箱
デグーが安心して眠る場所を提供しましょう。かじり木と同じようにシンプルな木製がおすすめです。冬は暖房効果を高め、夏場はエアコンによる冷え過ぎを防ぐ効果も期待できます。

・砂浴び用容器と砂
デグーは砂浴びにより体を清潔に保ちます。ゲージ内に砂浴び用のスペースを確保し、臭いや病気の予防に繋がります。小動物用の砂浴び容器や砂が販売されており、通販サイトでも購入可能です。

・その他
テグー専用の餌や餌・飲み水用の容器はもちろんのこと、運動用の回し車も用意してあげましょう。運動不足やストレス発散に役立ちます。

デグーおすすめグッズ一覧

参考価格:1000円〜

デグーのまとめ

人に懐きやすく、比較的寿命の長いデグーはペットショップでの販売も増え、飼育する機会も増えています。しかし、性格や性質、習性を理解し、適した飼育環境が必要な点は他のペットと変わりません。愛情を注げば懐いてくれますが、当然雑に扱えば警戒心を抱き、懐くことはありません。命を預かるという責任を持ち、テグーとの楽しい生活を送ってみてください。

日本のペットでおすすめの記事

  • 日本 - ペット

ハムスターは、犬や猫に続くメジャーなペットとして多くの人に飼われています。一度飼うとその可愛さのとりこになり長年飼い続ける人が多いと言われるハムスター。飼育スペースを取らず散歩なども不要、購入費も維持費もリーズナブルで、ペットを飼う手始めとしてハムスターを選ぶ人、一人暮らしのさみしさを紛らわせるために飼う人などにも人気です。 何よりも小さな可愛らしい存在が、心を癒す存在になることは間違いありません。毛に包まれた小さな体、短い手足を一生懸命動かしてえさを食べる姿、回し車を熱心に走る姿、つぶらな瞳でじっと見つめる表情など、いつまでも眺めていたくなる愛おしい存在です。 そんなメジャーなペットのハムスターですが、実際に飼うとなると生態や飼い方など分からないことが多いのではないでしょうか。そこでハムスターについて特徴や飼い方を詳しくまとめました。これさえ読めばすぐにハムスターを飼うことができますよ。

  • 日本 - ペット

チンチラは環境に気を使えば割と手軽に飼うことのできる動物として人気があります。ネズミ系のペットのなかでは比較的大柄で、活発に動く様子は見ていて楽しめます。主人に慣れてくると肩に乗るなどとても愛らしい姿を見せてくれます。小さな動物ですが、しっかりと様子を見てあげれば15年近くも生きられるので、長く付き合えるペットとしてもおすすめです。 今回は、そのようなチンチラの種類・寿命・値段などを含め、チンチラの飼い方についてまとめてみました。チンチラに興味を持っていて飼育したいと考えている人はぜひ参考にしてください。

  • 日本 - ペット

背中に針がいっぱいで痛いイメージのハリネズミ。でも実は、ハムスターやネズミのようなあどけない表情やちょこまかしたコミカルな動きが可愛いと、今熱い注目を集めている動物です。TwitterやYouTubeなどのSNS上では、ハリネズミの動画や画像が数多くアップされ、ハリネズミファンが急増しています。 そんなキュートなハリネズミ、ペットとして飼いたい人も増えていますが、犬や猫などのメジャーなペットと比べて情報が少ないですよね。針ばかりだけど触れるの? なつくの? エサは何を食べるの? 何年くらい生きるの? などなど、分からないことばかりで躊躇している人もいるのではないでしょうか。そこでハリネズミの飼い方について、種類や寿命、値段など詳しくまとめてみました。

  • 日本 - ペット

水族館の人気者、カワウソは水族館で見るだけのものだと思っていたら大間違い。実はペットとして自宅で飼うことができる動物だということはご存知でしょうか。ペットのカワウソの様子をこっそり撮影した動画がTwitterにアップされて以来、そのくるくる変わる表情や動きの愛らしさに熱い注目が集まっています。哺乳動物で水中だけでなく陸地でも活動でき、高い社会性をもつ賢い動物なのでペットにもぴったり。つぶらな瞳や愛らしい動き、ツヤツヤの毛並みを独り占めできますよ。 それでも犬や猫など一般的なペットと比べて分からないことも多くハードルが高そう、と思う方も多いでしょう。そこで、見ているだけで癒される可愛いカワウソについて特徴や飼い方を詳しくまとめました。

  • 日本 - ペット

ペットとしてはイヌやネコに比べるとマイナーな印象のウサギですが、近年では注目を集めるようになっています。かわいらしさ、愛くるしさから癒しをもらう人も増えているようです。ウサギは声帯をもっていないので、基本的に鳴き声はなく、鼻を鳴らすような音になるため、イヌやネコに比べると比較的静かです。また1日に短い睡眠を何度もとるため、遅く帰ってきても起きていたり、遊べたりするので一人暮らしの男性・女性に人気です。もともと草食動物で捕食される側であるため、警戒心がとても強い動物ですが、飼い主に慣れるととてもなついてくれ、愛情を寄せてくれるようになります。そんなかわいいウサギの種類・寿命・値段などについて紹介します。

  • 日本 - ペット

昔話にもよく出てきたり、いろいろなマスコットにもなっているキツネ。ペットとしての馴染みはあまりありませんが、昔から私たちの生活の身近なところに存在している動物のひとつでもあります。北海道などでは、道路などでもよく見かけることがあるキツネですが、実は日本のいたるところに生息しており、ペットとして飼うことが認められている動物でもあります。 ペットショップでよく見かけると言うわけではありませんが、日本でもペットとしてキツネを販売しているペットショップなどもあるようで、実際にペットとして飼うことに関心がある人も増えてきているようです。とはいえ、実際キツネを飼うとなるといろいろとわからないことが多いのではないかと思います。そこで、今回は、キツネをペットとして飼うなら参考にしてほしい、種類や値段、寿命などをまとめて紹介します。

  • 日本 - ペット

小さい体格に大きい目と飛膜が特徴的なリス科のモモンガは、ペットとしての人気が上がっている小型哺乳類です。小動物を取り扱うペットショップでも販売されていることが多く、値段も一昔前に比べて手頃になってきています。飛膜を広げて滑空する姿が愛らしく、飼い主の元に着地することもあります。なつけば手乗りや餌をねだり、甘えてくることもあるので、思わず愛情を注ぎたくなります。ペットとしての認知度が高まっているモモンガですが、飼育する場合に何を食べ、何に気を付けなければならないのか、飼育方法には不安があるのではないでしょうか。モモンガの習性や特徴から、飼育する上での注意点などの情報をまとめます。愛らしいモモンガの飼育に挑戦してみましょう。

  • 日本 - ペット

テレビなどで、人間顔負けの芸を披露したり、ゆっくりと温泉に浸かったりする姿が印象的な猿。人間に最も近い動物と言われており、その行動は見ていて微笑ましいことが多く、さまざまなマスコットなどにもなる人気の動物です。動物園や山などでの印象が大きい猿ですが、最近はペットとして飼う人も増えてきています。 賢くて寿命も長く、家族の一員として存在感を発揮してくれそうな猿ですが、いざ飼うとなるとどんなものが必要でどのようにして育てるとよいのかなど、あまり知られていないようです。また、ペットとして飼われる猿はどんな種類なのかなども興味深いところです。 そこで今回は、猿をペットとして飼うことに興味のある人に参考にしてもらいたい、猿の飼い方や種類、寿命から値段まで幅広くお伝えします。

広告

広告

広告

関連する記事

運営会社