おすすめ歯ブラシ15選♡種類や選び方も紹介

おすすめ歯ブラシ15選♡種類や選び方も紹介

虫歯や歯周病を予防し、健康な歯を保つのに重要な歯磨き。毎食後に欠かせない歯磨きの必須アイテムである歯ブラシは、自分の歯に適したものを使用して正しく歯を磨くことが大切です。
自分に合わないものを使用していたり、磨きすぎたりすると返って歯を傷つけることもあるのをご存知でしょうか。そしてスーパーやドラッグストアで気軽に買える歯ブラシは様々な種類が販売されていて、どれを選べば良いか迷った経験がある方も多いのではないでしょうか。

今回は、歯ブラシの種類や選び方をはじめ、おすすめの人気の歯ブラシをご紹介します。歯ブラシの硬さなど、自分の歯に合ったものを選ぶ参考にしてください。

商品やサービスの掲載順はどのように決めていますか?
当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、Amazonアソシエイト他、複数のアフィリエイト・プログラムに参加し、商品やサービス(以下、商品等)の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。

商品等の掲載にあたっては、ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任において商品等を選定し、おすすめアイテムとして紹介しています。

同一ページ内に掲載される各商品等は、費用や内容量、使いやすさ等、異なる観点から評価しており、ページタイトル上で「ランキング」であることを明示している場合を除き、掲載の順番は各商品間のランク付けや優劣評価を表現するものではありません。なお掲載の順番には商品等の提供会社やECサイトにより支払われる報酬も考慮されています。

歯ブラシの選び方のポイント・コツ!

正しい歯磨きを行うには、自分に合った歯ブラシを選ぶことが重要です。歯ブラシにより特徴があるので、歯周病ケアをしたい、奥歯をよく磨きたい、歯を白くしたい、など使用する目的を明確にしましょう。その目的に合わせて、自分に合ったヘッドの大きさと歯茎の状態に合わせた毛の硬さを選びます。

奥歯を重点的にケアしたい場合や隅々まで丁寧に磨きたい人には、コンパクトなヘッドの歯ブラシがおすすめ。奥歯の奥にまで届きやすくなります。大きいヘッドは歯面に対して安定して、使いやすい場合もあります。歯周病予防や歯茎の健康に重点を置きたい場合は、歯磨き後に歯茎もマッサージをするのもおすすめです。自分の歯茎の健康状態を把握して、傷つきやすい場合にはやわらかめの毛、など色々試して自分に合った歯ブラシを選んでください。

歯ブラシの種類・タイプ

基本の歯ブラシ

縦3列の植毛部があり、奥歯2本分ほどのヘッドの歯ブラシが理想で毛のかたさの選び方もポイントです。かための毛は、汚れを落とす力に優れ磨き上がりがさっぱり。ただ、力が強すぎると歯のエナメル質を傷つける可能性もあるので磨き方には要注意です。

ふつうの毛は、誰でも使いやすいのが特徴。正しいブラッシングなら、ふつうの毛のかたさでも十分に汚れが落とせます。やわらかめの毛は、歯茎や歯を傷つけにくく安心。歯茎に炎症がある時はやわらかめを使用するのがおすすめです。ご高齢の方や赤ちゃんにも安心です。

ワンタフトブラシ

通常の歯ブラシをした後に、自分の歯の形状にあわせて、さらに細かい部分洗浄用の補助的歯ブラシです。

基本の歯ブラシでは届きにくい一番奥の歯や、歯の生え方によっては歯が重なり合った部分、矯正器具を使用している場合は、そのまわりの汚れが溜まりやすい細かい部分を磨くのに適しています。前歯の裏側を磨くのにも使いやすくおすすめです。基本の歯ブラシと組合わせて磨くことで、より細かな部分まで汚れを落とすことができます。

デンタルフロス

歯ブラシのみのブラッシングでは、歯と歯の間に歯垢や食べかすが残りやすくなります。それを取り除くために使うのが歯と歯の間を掃除するデンタルフロスです。

歯ブラシのみでは、歯と歯の間の61%の歯垢しか除けないのに対し、デンタルフロスの併用で79%、さらに歯と歯の広い隙間がある部分に歯間ブラシを併用する85%まで歯垢が除去できるという研究結果が出ています。歯ブラシのみではなく、補助的な歯磨きアイテムを使用して歯を綺麗に磨きましょう。

歯ブラシの上手な使い方

歯ブラシは鉛筆を持つように握る持ち方で、毛先が広がらない程度の力で優しく磨きます。一番虫歯になりやすい、奥歯の噛み合わせ面は常に歯ブラシを小刻みに動かしながら1本ずつ丁寧に磨いてください。奥歯の裏側は、歯に対して歯ブラシを少し斜めにあて、小さく前後に動かします。利き手側の奥歯の裏側は特に汚れが残りやすくなるので念入りにするのがポイント。

歯の表面を磨く際には、健康な状態の歯茎であれば直角に歯ブラシを当て、歯茎が弱っている場合には斜め45度の角度で磨くのがおすすめです。前歯の裏側は、歯石が付きやすいため、歯ブラシを立たせた状態で角の部分で磨きましょう。

歯ブラシの後には歯間ブラシやデンタルフロスを併用すると、歯と歯と間の汚れをより落とせます。寝起きやコーヒーブレイク後など歯磨きの前や、歯磨きの時間を取れない日中には液体のオーラルケアがおすすめです。

歯ブラシを使う時の注意点

歯磨きは朝と夜、1日2回で1回あたり最低3分間磨くことが大切です。汚れを落とすため、綺麗にしたいからと磨きすぎてしまうことには注意が必要です。歯は触ると硬いですが、デリケート。歯のエナメル質は磨きすぎると傷つき削れてしまいます。長時間の歯磨きや、日に何度も歯を磨くことによって、エナメル質が傷つき知覚過敏の一因となったり、歯茎が下がる歯肉の退縮など歯茎の健康にも影響します。適度な回数と時間で、正しく歯を磨きましょう。

歯ブラシのおすすめ15選を紹介!

■おすすめ歯ブラシ1:クリニカ スポンジフロス

歯ブラシで磨いた後にデンタルフロスを併用して、歯と歯の間の歯垢をしっかりと取り除きましょう。クリニカのスポンジフロスは、口の中の水分で3~4倍の太さのスポンジ状に膨らみ効果的に歯垢を落とします。フロス表面が水溶性ワックスで加工されているので、狭い歯間にも入りやすく、スムーズに動かせます。歯科医推奨の歯間ケアで、ケースの色も4色から選べる人気のフロス。操作性がよく、リーズナブルなので経済的にケアしたい方におすすめです。

クリニカ スポンジフロス

■おすすめ歯ブラシ2:KISS YOU (キスユー) PREMIUMイオン歯ブラシ

内蔵電池によりマイナスイオンを発生させ、イオンの効果で歯垢を効率よく落とすという、水だけで磨ける人気の歯ブラシです。歯垢を落とし、虫歯や歯周病、口臭の原因を取り除くとともに、イオンの働きで歯茎も健康に導きます。ヘッドブラシは取り換え可能な点も経済的でおすすめ。子供用、極細タイプ、山切りカット、フラットとヘッドブラシの種類が選べます。体に良いマイナスイオンを直接歯と歯ぐきに流し、水だけで効率よく磨ける機能が特徴です。

KISS YOU (キスユー) PREMIUMイオン歯ブラシ

利用者の口コミ・評価

■おすすめ歯ブラシ3:オーラツー ハブラシ

コンパクトなヘッドとロングネック設計で、女性の口の大きさに合わせた歯ブラシです。使いやすさが女性に人気。届きにくいミクロな歯垢も取り除くよう毛先が細かく分かれた「ミラクルキャッチ毛」と、ねじりを加えた高弾力性と凹凸で落ちにくい歯石を取り除く「スパイラルキャッチ毛」、歯ブラシの毛のタイプが2種類、それぞれふつうとかための毛があります。カラーバリエーションも豊富なので、好みのカラーで歯磨きが楽しくなるおすすめの歯ブラシです。

オーラツー ハブラシ

利用者の口コミ・評価

■おすすめ歯ブラシ4:ビトイーン ビトイーンライオン

歯と歯の間が効果的にみがけるハブラシです。ソフトラバーで前面が覆われ、滑りにくく握りやすいS字型ハンドル。3タイプの山切りカットが歯と歯の間にフィットします。レギュラーの大きい山切りカットは、毛先が歯にくまなく密着しパワフルに歯垢をかき出し、みがいた実感が大きいです。コンパクトは、丁寧にすみずみまでみがきたい人におすすめ。小さい山ぎりカットで、小さなくぼみや細い歯間にまで入る毛先で歯垢をしっかり除去します。超コンパクトは、動かしやすさを求める人に人気です。

ビトイーン ビトイーンライオン

利用者の口コミ・評価

■おすすめ歯ブラシ5:デントヘルス デントヘルスハブラシ

歯科医と共同研究してできた歯槽膿漏対策の歯ブラシです。45度で歯と歯ぐきの境目に当てて、境目の清掃をするのと同時に歯ぐきのマッサージができる、歯茎ケアをしたい人におすすめの歯ブラシ。高密度な植毛のヘッド部分が、弱ってきた歯茎にちょうどよい刺激を与えてくれます。今ある歯を1本でも多く守るための歯槽膿漏対策に有効な歯茎のマッサージ。歯みがきと同時にマッサージができるのが便利で人気があります。スリムハンドですべり止めラバーがついた持ちやすい持ち手も特徴です。

デントヘルス デントヘルスハブラシ

利用者の口コミ・評価

■おすすめ歯ブラシ6:デンタルプロ ブラックダイヤ

デンタルプロが独自に開発したプラチナコロイドセラミックスが入った歯垢除去力の高い黒の特殊毛に加え、4つの角で歯面の歯垢を効果的に除去するフッ素配合のダイヤ毛をブラシの先端に使用している歯ブラシです。60穴以上の超密植毛のヘッドは、優れた刷掃効果で奥歯の裏側などの磨きにくい場所の歯垢も除去します。抜群なみがきやすさも人気の歯ブラシ。ヘッドは2種類のレギュラーとコンパクト、毛の硬さはふつうとかためが選べます。

デンタルプロ ブラックダイヤ

利用者の口コミ・評価

■おすすめ歯ブラシ7:ソラデー ソラデー3

水だけのブラッシングでつるつの歯が長持ちする、マイナス電子の力で歯垢を落とす歯ブラシ。水だけで磨けるのでお子様にもおすすめです。持ち手についているソーラーパネルに光が当たるとマイナス電子を発生します。ブラシの下に内臓された半導体酸化チタンの水と光で作用する光触媒反応を応用して、ダブルの効果で効率的に歯垢を除去します。しつこい歯垢を電子の力で落としやすくした進化型の歯ブラシ。1か月~2か月目安でブラシを交換できるようスペアブラシが販売されています。

ソラデー ソラデー3

利用者の口コミ・評価

■おすすめ歯ブラシ8:DENT. 歯科用 DENT.EX systema

ライオン独自の細くてしなやかなスーパーテーパード毛で、歯周病ケアができる歯ブラシです。細くしなやかな毛先の形状が歯と歯の間の細い隙間や歯周ポケットに無理なく到達して、歯肉縁の下の歯垢をしっかり除去します。歯肉縁の上の平滑面でも歯肉への負担をかけずに優れた刷掃性を発揮。歯肉に安全でやさしい磨き心地が人気です。ヘッドの大きさと、毛のかたさ別に4タイプからお口の状態に合わせた歯ブラシが選べて、歯周病ケアにおすすめです。

DENT. 歯科用 DENT.EX systema

利用者の口コミ・評価

■おすすめ歯ブラシ9:リーチ デンタルフロス

リーチのデンタルフロスは歯科医推奨率、フロスの売り上げともに人気ナンバーワンのブランドです。歯と歯ぐきの境目や歯間にたまりやすい歯垢をやさしくしっかり除去します。歯ブラシをした後に毎日使用することで歯と歯ぐきの健康を維持。フロスの種類が豊富で、フロス初心者も使いやすいワックス加工のフロス、頑固な歯垢を落とすのにおすすめのノーワックス加工のフロス、特殊加工繊維で強力に歯垢を除去するペパーミントフレーバー付きのフロスなどがあります。

リーチ デンタルフロス

利用者の口コミ・評価

■おすすめ歯ブラシ10:ライフレンジ 磨きやすい歯ブラシ

歯ブラシを作りはじめて70年以上という歯ブラシ職人、田辺重吉が作り上げた磨きやすさにこだわった「磨きやすい歯ブラシ」。職人の長年の経験と知識により、毛穴の大きさや植毛ピッチなどの細かい部分にこだわった歯ブラシには、こだわりました。コンパクトヘッドでしっかり磨けるフラットタイプや、歯のすき間に届きやすい先細タイプがあります。他にも奥歯まで届きやすいタイプや、歯茎にもやさしい40代~おすすめの歯ブラシなどがあり、自分に合ったものが選べるので人気です。

ライフレンジ 磨きやすい歯ブラシ

ピックアップ記事

運営会社