おすすめアイライナー15選♡種類や選び方も紹介

おすすめアイライナー15選♡種類や選び方も紹介

大きくパッチリした目は憧れで、メイクの時にアイラインは必ず引くという女子は多いのでは。そもそもアイラインはいつ頃から始まったのかというと、紀元前1200年のエジプトで魔除けや目の保護のために引かれていました。アイラインの原点は魔除けですが、現在ではメイクの1つとして目をくっきり見せる効果があると知られています。

アイライナーはその魅力的なラインを描く人気の化粧品で、マスカラやアイシャドウと並んで「三大アイメーク」とも呼ばれています。アイライナーのカラーはブラックが定番ですが、ブラウンやオリーブ・ブルーなど多彩でTPOで使い分けて楽しめます。ここでは、アイライナーの選び方や使い方・人気のおすすめ商品など紹介していきます。

商品やサービスの掲載順はどのように決めていますか?
当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、Amazonアソシエイト他、複数のアフィリエイト・プログラムに参加し、商品やサービス(以下、商品等)の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。

商品等の掲載にあたっては、ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任において商品等を選定し、おすすめアイテムとして紹介しています。

同一ページ内に掲載される各商品等は、費用や内容量、使いやすさ等、異なる観点から評価しており、ページタイトル上で「ランキング」であることを明示している場合を除き、掲載の順番は各商品間のランク付けや優劣評価を表現するものではありません。なお掲載の順番には商品等の提供会社やECサイトにより支払われる報酬も考慮されています。

アイライナーの選び方のポイント・コツ!

いざアイライナーを購入しようとしても種類が多くて「どれにすればいいの?」と迷うことはありませんか。買ってみたものの実際使うとイメージが違っていたとか、ラインが太くなりすぎてパンダのような目元になった経験はありませんか。

アイライナーにはリキッドやペンシル・ジェル・パウダーなど、形や硬さが異なって使い方も変わります。また、商品には発色の違いや色持ち・耐水性・速乾性などそれぞれ特徴もあり、よく確認してから選ぶのがポイントです。色々なアイライナーを使いこなせば、メイクの幅もひろがります。アイライン1つで目元の印象は変わりますので、オン・オフシーンで使い分けしてメイク上級者が目指せます。ではどんなタイプがあるのか詳しく見ていきましょう。

アイライナーの種類・タイプ

ペンシルアイライナー

ペンシルタイプのアイライナーは初心者におすすめです。ペンシルの芯は肌に当ててもぶれにくく、しっかり線が引けるのがポイントです。目の縁と自然にマッチして、睫毛も濃くなったようなナチュラルな仕上がりになります。描くのに失敗しても、ぼかしや手直しも簡単です。言い換えると耐久性がないので、色落ちしやすくよれやすいので知らない内にパンダ目になっている場合があります。カートリッジのタイプは2種類で鉛筆のように芯を削るタイプと、芯を繰り出して使うタイプがあります。

リキッドアイライナー

リキッドアイライナーのメリットは、0.1mmの超極細から太目のラインまで自由自在に描けるところです。スッとしたシャープな眼尻をつくりたい時や、目幅を強調したい時におすすめです。リキッドのカラーは艶やかで発色がよく、肌に馴染みやすく色持ちも良くよれないとメリットはたくさん。反面、1度描いたラインはぼかしにくく、失敗したら直しに手間が掛かるのが難点です。慣れるまでは上手に引くのも至難の業かもしれません。リキッドアイライナーの種類は筆ペンやフェルトペン・細筆ペンなどそれぞれのタイプが揃っています。

ジェルアイライナー

ジェルタイプのアイライナーはペンシルタイプとリキッドタイプの両方の特徴を持っています。ペンシルもリキッドも使いにくいという女子におすすめです。ジェル状なので力を入れずに滑らかな書きやすさで、水や皮脂に強いのでキープ力が高いです。線がしっかり引けるのに、ぼかしも可能です。ジェルアイライナーには繰り出しタイプとジャータイプがあります。ジャータイプはブラシが必要となり、使用後はしっかりふき取りましょう。手入れを怠るとブラシの毛が固まってしまうので注意が必要です。

パウダーアイライナー

パウダーアイライナーは思い通りのラインを描きたい女子におすすめ。ブラシに取ってラインを引くのでテクニック次第で細くも太くも描けますし、パウダーの量を調節すれば濃くも薄くもなってきれいなぼかしを作ることも可能です。くっきりした印象を作り出せるのに、ナチュラルなイメージで仕上げられます。目元に奥行きを出しやすく、アイシャドーとセットになっている商品があるので魅力的な目元を演出できます。カラーはブラック以外にグレーやブラウンもありアイブローとして使えるものもあります。

アイライナーの上手な使い方:アイラインの基本の引き方を覚えてなりたい目元へ!

アイライナーにはペンシル・リキッド・ジェル・パウダーの種類があることを紹介しましたが、使い方もそれぞれ。ここではペンシルタイプのアイライナーを使った基本的なアイラインの引き方を紹介します。自然な目力を演出する方法で、アイライナーを上手に引くテクニックは5段階あります。

1つめは軽く目を閉じて指で瞼を持ち上げます。目の縁(粘膜)の目頭側2~3mmをあけたところからラインを引きます。明るめのカラーを引くと抜け感が作れます。2つめは睫毛の上からラインを引きます。その時に瞼を横に引いてシワを伸ばします。一気に引くのではなく短い線(5mm)を繋げるような感じでアイライナーを往復させ線を繋げていきます。3つめは眼尻から3mmほど長めにまっすぐなラインを足します。4つめは綿棒で足したラインを上に持ち上げるように伸ばします。最後にアイシャドウのダークカラーを重ねるとより自然に仕上がります。

アイライナーを使う時の注意点

アイライナーは慣れるまでラインを引くのは難しく、失敗したらメイクをやり直しなんてこともあるかもしれません。はじめは肌馴染のいいカラーを選んでみてはいかがでしょうか。ブラウン系はラインを引くのに失敗してもぼかししやすいです。ラインをスムーズに引けるようになったらブラックなど発色のよいカラーに挑戦しましょう。

くれぐれも目に入らないように注意してアイライナーを使用ください。万が一入ってしまったら、すぐ水洗いをしましょう。違和感がある時は専門医に受診することをおすすめします。

アイライナーのおすすめ15選を紹介!

■フローフシ モテライナー リキッド

はじめに紹介するアイライナーは「フローフシ モテライナー リキッド」。高級感ある八角形のフォルムのアイライナーは、人間工学を基に手に馴染む経を開発しました。容器の素材はアルミで重厚なイメージ。キャプを外せば、毛先の整った美しい筆先があります。その筆先は「アイラインを描きやすく」を追求し熊野と奈良の匠の業を融合し、4種類の毛の調合と設計の試作を重ね仕上げた逸品になります。耐水性200%の高密度ハイブリッドポリマーのリキッドは水・汗・皮脂に強く、色素沈着しない顔料を使用なので肌にも安心です。

フローフシ モテライナー リキッド

利用者の口コミ・評価

■ケイト ダブルラインフェイカー

2番目におすすめするアイライナーは「ケイト ダブルラインフェイカー」。二重の線や目尻に沿ってラインを描くと、二重がくっきり強調できる二重ライン用アイライナーです。カラーは極薄ブラウンのみで、二重のリメイク専用として開発されました。カラーが薄いので厚塗り感はなく、ラインを引くというよりは瞼に影を作るような感じでナチュラルメイクに仕上がります。陰影ができることで目を大きく見せる効果もアップします。筆は描きやすい極細ペンタイプです。涙袋の下にラインを引いて綿棒などでぼかしを入れると憧れのぱっちりした目の完成です。

ケイト ダブルラインフェイカー

利用者の口コミ・評価

■デジャヴュ ラスティンファインa クリームペンシル

続いておすすめのアイライナーは「デジャヴュ ラスティンファインa クリームペンシル」。注目度アップのクリームペンシルアイライナーの紹介です。クリームペンシルとは、ペンシルとジェルでは難しかったテクニックを1本で叶えられる夢のようなアイライナーです。ペンシルなのに楕円形の極細0.65mm芯で、描き味は抜群のなめらかさ。楕円芯の良さは肌に当てる角度を変えるだけで太い線も細い線も自由自在に描けるところ。斜め使いに慣れたら太目のラインを引いた後、ぼかしてアイシャドウの締め色の代わりになります。密着成分が配合されているので24時間くっきり目元をキープできます。

デジャヴュ ラスティンファインa クリームペンシル

利用者の口コミ・評価

■D-UP(ディーアップ) シルキーリキッドアイライナーWP

続いておすすめのアイライナーは「D-UP(ディーアップ) シルキーリキッドアイライナーWP」。ちょっぴり大人女子に支持を受けているおすすめアイライナーの紹介です。筆先0.1mmで適度なコシのある筆は筆圧コントロールが簡単で、太いラインから細いラインまで思ったイメージ通りの仕上がりが可能です。アイライナー液が筆と馴染みやすいので、かすれず滑らかなラインが最後まで引けます。水に強いウォータープルーフタイプはスポーツの時でも安心して使えます。色素が残らない顔料を使用し、ヒアルロン酸など5種類の保湿美容成分も配合。メイクしながら目元周りをケアできる優れものです。

D-UP(ディーアップ) シルキーリキッドアイライナーWP

利用者の口コミ・評価

■メイベリン ニューヨーク ハイパーシャープ ライナー R

5番目におすすめするアイライナーは「メイベリン ニューヨーク ハイパーシャープ ライナー R」。アメリカでトップクラス化粧品会社のアイライナーは描きやすさが抜群のおすすめ商品です。筆の作りが独特で毛先は0.01mmと超極細なのに根本は太くしっかりしているので安定していて手ぶれが起きにくいです。色味は艶やかで発色がよく、ウォータープルーフなので水や汗に強く朝のメイク長時間キープ。目元に優しい6種類の美容成分配合です。定番のブラックからネイビーやパープルとカラーバリエーションは7色あり、単色使いは勿論、2色使いで抜け感作りやモード系のメイクを楽しめます。

メイベリン ニューヨーク ハイパーシャープ ライナー R

利用者の口コミ・評価

■セザンヌ ジェルアイライナー

続いておすすめのアイライナーは「セザンヌ ジェルアイライナー」。高品質な化粧品を低価格で提供しているメーカーのおすすめアイライナーです。繊細な目元部分にもしっかり馴染む柔らかいジェルの芯が特徴です。濃密なジェルですっとラインが引けて、ラインの太さも調節しやすくぼかしも作れる優れもの。ウォータープルーフ対応で汗や水の他にもこすれにも強くメイク持ちも抜群。手ごろな値段なのに、ヒアルロン酸やコラーゲン・レチノールを配合で目元のケアとメイクができるうれしい商品です。カラーはブラック・バーガンディー・ブラウン・ネイビーの4色展開です。

セザンヌ ジェルアイライナー

利用者の口コミ・評価

■msh(エム・エス・エイチ) ラブ・ライナー リキッド

7番目におすすめするアイライナーは「msh(エム・エス・エイチ) ラブ・ライナー リキッド」。美のアイディアを追求している化粧品会社のおすすめアイライナー。リニューアルしたばかりの「ラブ」シリーズはかわいいがテーマで、重量感あるアルミボトルにはキュンとするデザインが施されています。筆部分はコシがあり先端は0.1mmの細さを採用。ボトルの重みがあるので手ぶれしにくく、細い線から太い線も描きやすい設計です。アイシャドウやファンデーションの上でも負けない発色。汗や水に強く落ちにくく持続をキープします。カラーはトゥルーブラック・ダークブラウンなど全5色を提供し目元のアクセント作りにぴったり。

msh(エム・エス・エイチ) ラブ・ライナー リキッド

利用者の口コミ・評価

! /twitterhttps://twitter.com/sukinamono _ /status/1279702812876632066

■ヒロインメイク スムースリキッドアイライナー スーパーキープ

8番目におすすめするアイライナーは「ヒロインメイク スムースリキッドアイライナー スーパーキープ」。エリザベート・姫子のキャラで知られるメーカーのアイライナーの紹介です。一番の特徴は「泣いても密着」という高耐久性。耐水フィルムやスーパーキープポリマーを配合し、肌にぴったり馴染むウォータープルーフ。汗をかいても泣いても長時間キープが自慢です。オフはお湯で簡単にするっと落ちるので肌への負担も少なくすみます。筆は0.1mmの極細仕様で、睫毛の際まで細いラインを引けます。適度な筆のコシで目尻のラインのはねも簡単に描けます。カラーは漆黒ブラック・ブラウンブラック・絶妙ブラウンの使い勝手の良い3色です。

ヒロインメイク スムースリキッドアイライナー スーパーキープ

利用者の口コミ・評価

■ファシオ パワフルステイ ジェルライナー

9番目におすすめするアイライナーは「ファシオ パワフルステイ ジェルライナー」。コーセーのブランドの1つで長時間滲まない・色落ちしない・色褪せしないと人気のアイライナーです。柔らかい芯で滑らかな描き心地で睫毛の間を埋めやすく、きれいなラインが引けるのでインサイドライナー使いに便利です。濃密な仕上がりでしっかり肌に密着し、水・汗・涙では落ちないキープ力が魅力。目の際まで引けるのにパンダ目になりにくい優れものです。乾いた後もマット感がなく、艶と潤いがあり自然な印象を与えます。カラーはブラックとブラウンの2色の展開です。

ファシオ パワフルステイ ジェルライナー

利用者の口コミ・評価

! /twitterhttps://twitter.com/maihime_cue/status/1172144093910065156

■ベルサイユのばら リキッドアイライナー

10番目におすすめするアイライナーは「ベルサイユのばら リキッドアイライナー」。バンダイが運営する人気ブランドの1つで、イメージキャラのベルサイユのオスカルが印象的。1日崩れないと評判なアイライナーは最新処方のスーパーウォータープルーフを採用しています。水や汗や皮脂に強く、滲みやよれがない運動する女子の強い味方です。お湯で簡単にオフができ肌への負担も少なくすみます。極細0.1mmの筆先は柔らかく滑らかで、細い線も太い線も自由自在です。染色剤未使用で、美容エキスが15種類も配合で目元の保湿もキープできます。

ベルサイユのばら リキッドアイライナー

利用者の口コミ・評価

■セザンヌ 極細 アイライナーR

11番目におすすめするアイライナーは「セザンヌ 極細 アイライナーR」。目の際までしっかりラインの引ける極細毛筆のおすすめアイライナーの紹介です。毛筆の特徴は適度な弾力と柔らかさを兼ね備え、筆の流れが滑らできれいなアイラインが引けます。力を入れることもなく、繊細な目元の肌に負担もかかりません。ウォータープルーフ対応で水や汗に強く、落ちや滲みがないので長時間キープできます。高発色製法なので、目の際の細い線でもしっかり描けるのでくっきりした目をつくれます。カラーバリエーションはブラックとブラウンの2色です。

セザンヌ 極細 アイライナーR

利用者の口コミ・評価

■ケイト スーパーシャープライナーEX

12番目におすすめするアイライナーは「ケイト スーパーシャープライナーEX」。ボトルは9角形のカットを施したゴージャスな印象。ボトルをカットして持ちやすくしたため、手ぶれを減少した安定感があります。筆は文具メーカーと共同開発をして、描きやすさを追求しコシがありながら柔らかい製品の開発に成功しました。滑らかな筆の動きで、細い線から太い線まできれいなラインを引くことが可能です。肌触りもよく睫毛の生え際など繊細な部分でも筆のチクチクした感じがありません。滲みにくいフィルムタイプなので色持ちもしっかりしています。ブラックやブラウンの3色の展開です。

ケイト スーパーシャープライナーEX

利用者の口コミ・評価

■ケイト アイシルエットマーカー

次に紹介するアイライナーは「ケイト アイシルエットマーカー」。ケイトのアイライナーシリーズは種類が豊富ですが、ここで紹介するアイライナーは睫毛の隙間を埋めていくタイプで目の際を目立たせるのに便利なアイテムです。弾力の高いクッションヘッドを採用しています。使う時はヘッドを斜めに持ち、スタンプを押すように睫毛の1本1本の細かい間を埋めていくと睫毛がびっしり生えたような仕上がりになります。もちろんラインを引くことも可能で、描き心地は滑らかで太目のラインに適しています。艶のある発色で濃度もあり、肌にしっかり馴染みます。

ケイト アイシルエットマーカー

利用者の口コミ・評価

■K-パレット リアルラスティングアイライナー24hWP

14番目におすすめするアイライナーは「K-パレット リアルラスティングアイライナー24hWP」。人気のアイライナーで、描きやすさと高発色・落ちにくい・美容成分の配合と4拍子が揃うおすすめ商品です。適度なコシの毛筆を採用し、最後までかすれることがなく細いラインから太いラインまで書くことが可能です。
水や汗に強い優れたキープ剤には、肌の動きに合わせ柔軟に動くような製法を用いているのでよれにくく自然な仕上がりで速乾性にも優れています。美容成分には高保湿ヒアルロン酸や水溶性コラーゲンなど睫毛や肌に良い成分がたっぷり配合。ブラックやブラウンなど使い良いカラーが揃っています。

K-パレット リアルラスティングアイライナー24hWP

利用者の口コミ・評価

■ヴィセ リシェ クレヨン アイカラー

アイライナーの最後におすすめしたいのは「ヴィセ リシェ クレヨン アイカラー」。繰り出しタイプのぼかしにもライン引きにも重宝なクレヨンアイライナー。シリコーンオイルがたっぷり入った滑らかな芯が特徴です。やわらかく、べたつかないのでさらっとした仕上がりになります。艶があり濃密な発色でメイク次第で色んなイメージを演出できます。肌の密着を高めるフィットキープ成分配合で、よれを防ぎ色もちの長時間持続が可能です。ベージュやカーキなどカラーは多彩の6色展開です。目の際にラインを描いて指でアイホールに向かってぼかすとアイカラーとしても使えます。

ヴィセ リシェ クレヨン アイカラー

利用者の口コミ・評価

関連する記事

詳しく

滲まないアイライナーのおすすめ15選♡長時間のメイクでも安心!

メイク道具の中でも重要なアイテムであるアイライナー。くっきりと可愛らしくなったり、凛とクールになったりと、アイラインの引き方ひとつで目元の印象が変わります。そんなアイラインですが、つい目をこすってしまったり目薬をさしたりして、アイラインが滲んで残念な目元になってしまった経験はありせんか?そこで今回はそんな悩みを解消する、滲まないアイライナーをご紹介します。汗や涙で滲まないので、汗をかいたり濡れたりすることが多い夏場でも、映画館デートで思いっきり泣いても大丈夫。種類が多くて悩んでいるという方は、ぜひ参考にしてみてください。

詳しく

インテグレートのアイライナーおすすめ8選☆プチプラなのに高品質

インテグレートのアイライナーは極細の筆タイプや繰り出しタイプのペンシルなど、いくつか種類があります。平筆タイプなど描きやすさを重視したアイライナーもあります。発色も良く、はっきりとした色が出るので目元を印象深く見せることができます。ウォータープルーフタイプもあり、最長で10時間も落ちずに持続するライナーもあります。汗や涙に強いので、パンダ目になる心配がありません。ここぞというメイクの時にとても便利です。通常のクレンジングや洗顔で簡単に落とすことができるので、目もとへのケアもしっかりできます。値段もリーズナブルなものが多く、購入しやすくなっています。目元をはっきり見せたい・可愛らしく演出したいなどアイライナーを選ぶことができます。こちらを参考に自分に合ったアイライナーをお探しください。

詳しく

実力派!リキッドアイライナーの人気15選

女子がメイクをする上で、目元をくっきり印象的に見せることのできるアイメイクは欠かせませんよね。マスカラ、アイシャドウ、そして目元を強調するメイクで最も欠かせないのがアイライン。そのアイラインを描くために必要になるのがアイライナー。中でもリキッドアイライナーは綺麗なラインを引くことができ、人気があります。リキッドアイライナーには様々な種類や性能があり、どんなものを選んだら良いのか迷ってしまいますよね。そこで今回はリキッドアイライナーの人気をご紹介したいと思います。是非アイライナーを選ぶ際の参考にしてみてください。

詳しく

アイライナーの人気15選♡アイメイクで理想の目元に

目元をくっきりと、美しくみせてくれるアイライナー。まつげのキワや目じりの跳ね上げに使ったりなど、好みの太さで、思い通りのラインを引きたいですよね。アイライナーは、大きく分けるとリキッドタイプとペンシルタイプがあります。リキッドタイプは筆で描くので、極細のラインも描きやすいですが、慣れていないと思い通りに引けないことも。ペンシルタイプは、リキッドより太めなラインが多いですが、扱いやすく、ぼかしたりするのにも向いています。近年では、より描きやすく落ちにくいアイライナーも増えてきています。美容液成分配合で目元のケアまでできるアイテムもありますよ。自分の好みのラインが描ける、ぴったりのアイライナーを探してみて下さいね。

詳しく

ペンシルアイライナーの売れてるBEST15|選び方のコツもご紹介

魅力的な目元を完成させるのにマストなアイテムであるアイライナー。リキッドやジェルタイプも良いですが、誰にでも簡単に美しいアイラインを完成させることができるペンシルタイプのアイライナーは、1本あると便利なおすすめのアイライナーです。一口にペンシルタイプのアイライナーと言っても、繰り出しタイプや鉛筆タイプ、芯の質感や色味などさまざまで、魅力もそれぞれ違います。自分にぴったりのペンシルアイライナーを使用して、魅力的なアイメイクを完成させたいものですね。そこで、今回は、ペンシルアイライナーについての基本的な事柄と、人気のペンシルアイライナーベスト15を紹介します。

詳しく

プチプラのアイライナーおすすめ15♡選び方もご紹介

アイメイクで重要なアイテムの一つになっているアイライナー。一口にアイライナーと言っても、色味はもちろんのこと、質感や使い方の異なるさまざま種類があり、どんな仕上がりが好みかなどで選ぶアイテムも異なってきます。あまりにもたくさんのアイライナーが販売されていて、どれが良いのか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか? そこで今回は、アイライナーの種類についてや、アイライナー選びで迷っている人におすすめしたい、コスパも抜群の口コミ人気の高いアイライナーを15選紹介します。アイライナー購入の際の参考にしてみてくださいね。

詳しく

おすすめペンシルアイライナー15選♡種類や選び方も紹介

アイライナーは、目元を魅力的にする必須アイテムです。目の形をすっきりと整え、くっきりと際立たせてくれます。 魅力的なメイクに欠かすことのできないアイライナーですが、ペンシル、リキッド、ジェルの大きく分けて3タイプあり、たくさんのメーカーから商品が販売されているため種類も多く、どれを選べばいいのかわからないという人も多いかと思います。リキッドアイライナーは、ハッキリとしたメイクをしたいときに重宝し、ジェルアイライナーは、細いラインから太いラインまで自由自在に再現できます。 ペンシルアイライナーは、線が引きやすいので、メイク初心者にもおすすめです。そんなペンシルアイライナーの種類・選び方・使い方、人気のあるおすすめペンシルアイライナーを紹介します。

詳しく

おすすめリキッドアイライナー15選♡種類や選び方も紹介

一番気を付けているメイクポイントは?と聞かれて目元!と答える方は多いでしょう。まつエクやアイシャドウ、切れ長に見せるためのアイライン、目元を飾るメイクはたくさんあります。 今回は初心者の方にも参考にしていただけるリキッドアイライナーについて紹介します。繰り出しタイプやペンシルタイプ、リキッドタイプなどなかなか自分にぴったり合うものを探すのは大変。 そこで数あるリキッドアイライナーの中でも比較的使いやすくおすすめのアイテムをピックアップしてみました。コスメの口コミや人気のもの、試してみたくなるものがきっとあるはず。リキッドアイライナーの特徴や使い方、注意点なども一緒にまとめました。

ピックアップ記事

運営会社