広告

【ペット】カタツムリの飼い方:種類・寿命・値段まとめ

【ペット】カタツムリの飼い方:種類・寿命・値段まとめ

近年数が減少しているとも言われているカタツムリ。昔ほど庭先や林などで見かけることも少なくなっているかと思いますが、カタツムリが多く生息しているという山の樹上などを見てみると生活している姿を発見することができますし、ペットショップで取引もされています。

一口に「カタツムリ」と言っても種類が多数あり、日本だけでも約800種類が生息していると言われています。カタツムリは野菜や卵の殻などを食べます。餌が手軽に入手できるのもカタツムリを飼育する方には魅力的です。またマイペースなカタツムリは観察しているだけでも癒されます。

今回はそんなカタツムリの寿命や飼育方法などの詳細をご紹介します。簡単に手に入りますが飼育する際は大切に育てなければなりません。正しい飼育方法で少しでも長生きできるようにしてあげましょう。

商品やサービスの掲載順はどのように決めていますか?
当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、Amazonアソシエイト他、複数のアフィリエイト・プログラムに参加し、商品やサービス(以下、商品等)の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。

商品等の掲載にあたっては、ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任において商品等を選定し、おすすめアイテムとして紹介しています。

同一ページ内に掲載される各商品等は、費用や内容量、使いやすさ等、異なる観点から評価しており、ページタイトル上で「ランキング」であることを明示している場合を除き、掲載の順番は各商品間のランク付けや優劣評価を表現するものではありません。なお掲載の順番には商品等の提供会社やECサイトにより支払われる報酬も考慮されています。

この記事を監修するのは?

TravelBookママ部

TravelBookファミリー編集部所属のママ達による「ママ部」。幼児から中学生までのママ達で構成。世の中のトレンドに常に敏感で日々パワフルに活動中。

カタツムリってどんな動物?生態を紹介!

カタツムリは陸に住む貝の仲間です。オオジマイマイ科やニッポンマイマイ科など、日本だけでも約800種類ものカタツムリが生息しています。
普段よく使う「カタツムリ」は日常語で、特定の分類群を指しているわけではありません。大きな枠組みとして、大きな殻を背負っていて、目が触覚の先に付いているものを「カタツムリ」、殻を背負っていないものを「ナメクジ」という定義が一般的です。

ナメクジも見た目は違いますがカタツムリの仲間と言われています。他にもカタツムリは「デンデン虫」、「マイマイ」、「蝸牛」などと呼ばれることもあります。カタツムリは湿気を好むため、晴れた日は木の根元や石の下などでじっとしていることが多いです。逆に雨が降った日はアジサイなどの葉の上や家の塀などで見られます。

私たちの生活にもとても身近な生物ですので今まで見かけたことがある人も多いでしょう。野生のカタツムリは植物の茎や葉、落ち葉等を食べて生活しています。また、カルシウムを補うためにコンクリート等を食べることもあります。

カタツムリと言えばゆっくりしたマイペースな性格。のんびりしている姿が癒されますよね。ペットとして飼った場合はそんなカタツムリのゆったりしたライフスタイルを覗くことができます。

カタツムリの寿命はどのくらい?

カタツムリは体の大きさに比例して寿命が長くなります。5cmを超えるくらいの巻貝を持つような大型のカタツムリは10年以上生きることもありますが、数㎜程度の小さなカタツムリは1年弱で寿命を迎えてしまいます。種類によっても寿命は違いますので個体差が大きいのも特徴です。

普段私たちが良く目にするようなカタツムリのサイズだと大体3~5年ほど生きるとも言われていますが、ペットとして飼育していると外敵に襲われることがないので10年以上生きた、という事例も報告されています。飼育環境を整え、こまめにお世話をしてあげればその分長生きしてくれることもありますので大切に育てましょう。

また、カタツムリは死んでしまうと殻から出てこず動かなくなりますが、季節によっては冬眠をしているという可能性もあったり、乾燥すると動かなくなることもあったりします。一度水分を与えて様子を見ましょう。

カタツムリをペットショップで買う時の値段は?

野生から捕まえるイメージも強いカタツムリですが、ペットショップでも購入できます。多くの一般的な種類は1000円未満で購入できますが、外国産などの珍しい種類のものは5000円程で取引がされています。

ただカタツムリを取り扱うペットショップは犬や猫を購入するのとは違い容易とは言い難いです。日本国内の地域独特な種類に関しては移動に規制がないので集めて販売しているお店も少なくありませんが、外国のものは条約等の規制で輸入が困難な場合や国内での販売が規制されている場合もあり、必ずしも欲しい種類を手に入れることができるとは限りません。
また、カタツムリには人間に有害な寄生虫や細菌を保持している場合も否定できません。ネットのペットショップで購入することもできますが、可能であれば直接取り扱っているお店に出向き購入を検討した方が安心でしょう。

カタツムリの産卵に関する紹介

カタツムリには性別がありません。一つの体に雄の生殖器官と雌の生殖器官を持っているという雄雌同体です。カタツムリは移動範囲が狭いので、性別が分かれていたらお互いが出会うことが難しく絶滅してしまう恐れがあるので雄雌同体になったという説が有力です。よって、カタツムリの産卵を希望するのであれば、2匹以上を一緒に飼育するようにしましょう。

ただまれに1匹しか飼っていないのに産卵するケースがあります。これは体内に雄と雌の生殖器官を持っているからこその現象なのです。カタツムリの産卵は5~8月が多く、土の中に卵を産みます。
そのまま同じゲージに入れておくと親のカタツムリに踏まれたり食べられたりすることもあるのでできれば別の容器に移します。1か月ほどで孵化するのでその間は暗所で保管をしましょう。乾燥しないように霧吹きでこまめに水分を与えましょう。

広告

カタツムリの種類は?

カタツムリは有肺類と呼ばれ、日本には約800種類ものカタツムリが生息していると言われています。その中でも代表的なものがオナジマイマイ科やニッポンマイマイ科の品種です。他にも食用として飼育されることで有名なプチグリという種類や殻が20cm以上もある大型のカタツムリもいて本当にたくさんの種類が存在しています。
そのほとんどの種類がペットとしても飼育しやすく、エサなどの入手も容易なので初心者でも簡単に育てることができます。それでは代表的なカタツムリを3種類見てみましょう。

ミスジマイマイ

https://commons.wikimedia.org

マイマイ目オナジマイマイ科のカタツムリです。関東地方南西域・利根川以南、中部地方南東部、伊豆諸島の神津島以北に多く分類しています。殻に3本の褐色の帯が入っていることからこのように名づけられたと言われています。庭先や林、山野などに生息しています。

殻は右巻きで、カタツムリの中では中型です。ミスジマイマイの多くは淡黄白色の殻に3本の褐色の帯が入っていますが個体によっては1本のもの、2本のもの、無帯のものもいます。本体部はナメクジに似ています。背中には細い黒褐色の線があります。
野生のものは基本的に樹上生活を送っています。気温16度、湿度70%以下になると活発に動けなくなり休眠します。繁殖期は4~10月で30~40個の卵を産みます。

ニッポンマイマイ

日本のカタツムリの中で最初に名づけられたと言われているカタツムリの種類です。原始腹足目ナンバンマイマイ科、本州の各地で見られますが、特に山野で見られることが多いです。植物の葉の上や木の幹で生活しています。

殻が黄褐色~濃褐色の三角になっているところが大きな特徴で、カタツムリの中では中型に分類されます。ニッポンマイマイは時々自分の殻の直径より長く体を伸ばします。体を伸ばすことではってでは移動できない場所に移動できます。
こんなところにどうやって移動したのか、と思うような意外な場所でカタツムリを見つけた場合、それはニッポンマイマイであることが多いです。繁殖期は4~11月、野生のものは基本的に樹上で生活をしています。

ヒダリマキマイマイ

有肺目オナジマイマイ科に分類されるカタツムリです。日本の本州、主に関東以北や伊豆諸島に生息しており、主に林で生活していることが多いです。

名前の通り左巻きの殻です。カタツムリの中でも左巻きの殻は珍しい品種です。天敵であるヘビの仲間が、右巻きのカタツムリを食べやすい特殊な歯を持っていることから右巻きのカタツムリが減少し、突然変異で出現した左巻きのカタツムリが出会い繁殖したと言われています。
殻のサイズが4~5cmあり、カタツムリの中でも大型に分類されます。殻の色帯が1本のみでとても細く、現れない個体もあります。本体部の色は暗褐色で黒色の斑点模様があります。ミスジマイマイのように背中に線は見られません。
ちなみにヒダリマキマイマイは通常の右巻きの殻を持つカタツムリとは殻の巻き方向だけでなく臓器も左右反対です。よって、交尾はできず繁殖もすることができません。ヒダリマキマイマイの繁殖をしたい場合は同じくヒダリマキマイマイを入手する必要があります。

カタツムリの餌(エサ)は?

野生の場合は落ち葉や植物の葉・茎を食べていますが、ペットとして飼育する際は基本的に野菜を餌にします。主にニンジンやキャベツ、白菜、キュウリがおすすめです。小さく切って与えてあげましょう。カタツムリにも好き嫌いがあるようなので、それを観察するのも面白いですね。

また、殻を形成するためにカルシウムが必要なので卵の殻も与えましょう。野生のカタツムリはコンクリートなどを食べてカルシウムを補給するようです。ネットなどでわざわざ購入する必要がなく普段の生活の中で使用する餌なので飼育しやすいですね。

ちなみにカタツムリはアジサイの葉を食べているイメージがありますが決してアジサイの葉をカタツムリに与えてはいけません。アジサイの葉には毒があるのです。ペットとして飼育している間は上記の野菜を与えましょう。

カタツムリを飼うために必要なもの

カタツムリのグッズおすすめ一覧名

・飼育ケース
昆虫を飼う時に使用するようなプラスチックのケースや、ガラス付きの水槽など蓋付きのものを選びましょう。カタツムリはつるつるとしている壁面でも平気でよじ登ります。脱走対策にも蓋は必須アイテムです。ただし密閉するのではなく風通しのいいものを用意しましょう。また水槽で飼育する際は付属の蓋では簡単に脱走できてしまうので、爬虫類を飼育する際に使用できる網でできた蓋を別途用意すると良いでしょう。

・土
飼育容器の底には日光にあてて消毒をした土を敷きます。カタツムリは土の中に卵を産みます。園芸用の赤玉土や腐葉土などがおすすめです。保水力が高いので湿気を好むカタツムリの飼育に相性がいいです。ホームセンターや100円均一、もちろんネットでも購入可能です。

・霧吹き
とにかく乾燥が大敵なカタツムリ。常に湿度を保つために霧吹きは必須アイテムです。頻度は1日に1~2回程度、床土を触って手に水が少量付着する程度に行います。この時カタツムリに直接当たらないように注意しましょう。また、霧吹きの中に入れる水は必ずカルキ抜きを行ったものにしましょう。

カタツムリの飼育ケースについて

広告

今までの研究の中でカタツムリが人間になつくという結果は報告がされていません。しかしカタツムリはご存知の通り動きがのろのろと遅く飛んだりもできないため、手の上で遊ばせていても突然逃げたりすることはなくかわいらしい姿をじっくり観察できます。

海外では大きなアフリカマイマイという品種が人間の手の上で遊んでいる写真などがインターネット上でも公開されています。ただこのアフリカマイマイ、実は人間に害があるという寄生虫が生息している可能性が高いのです。写真のアフリカマイマイは恐らくペット用なので問題はないのですが、アフリカマイマイ以外のカタツムリも寄生虫を保持しているとされています。

特に野生のカタツムリを捕まえて飼育している場合は可能性が高いですので、カタツムリと遊んだあとには必ず手洗いをして清潔に保つようにしましょう。もし寄生虫が体内に入ってしまうと虫中枢神経で育つので目や脳に入りこむことが多いです。
その場合最悪の場合死にいたるケースもありますので手洗いは本当に大切です。特に小さいお子様には大人がしっかり管理をしてあげましょう。

カタツムリのまとめ

本当にたくさんの種類が存在しているカタツムリ。外見だけでなくそれぞれ食べ物の種類が違うなど面白い発見もあるので、お子様の自由研究などで飼育をするというのもおすすめです。

餌は普段人間も食べている野菜などを与えればいいですし、気を付けることも湿度を一定に保つことだけなので簡単に飼育することができおすすめのペットです。庭などで見つけた際、お世話をしてみると楽しめますよ。

もしも愛するペットが亡くなってしまったら。。ペット火葬に関する記事はこちら

ペット火葬におすすめ業者をご紹介

大切なペットの死は、長年付き添ってきた飼い主にはとても寂しい瞬間です。犬、猫であれば10年以上、小動物のうさぎ、ハムスター、モルモット、鳥類などはそれよりも短いですが大切に育てた我が子同然の存在です。そんな大事なペット達を亡くなってしまった後にも忘れないためペット葬儀でしっかり送り出してあげましょう。場合によっては骨壺に入れることもでき、毎日目の届く場所に飾ってあげると亡くなってしまった後でも毎日一緒にいるかのような安心感が得られるかもしれません。依頼なども思ったより煩雑ではない場合が多いので一度ご検討してみてはいかがでしょうか。

もっと詳しく見る

ペット飼い方関連記事

ペットフード関連記事

ペット火葬関連記事

関連する記事

詳しく

ペット用消臭剤のおすすめ15選*口コミ人気上位を紹介

猫や犬などペットを飼っていると、ペットは家族同然になりますよね。しかし、どうしても気になるのがペットのニオイ。ペットのニオイは自宅内だけでなく、衣類などにもついてしまい、出かけるときにも気になるものです。いくらキレイに掃除をしていても、ペットのニオイは消えないのが現実。そんなとき、とっても役に立つのがペット用消臭剤です。しかし、ペット用消臭剤はたくさんの商品があり、実際にどの商品が効果的なのか迷う方も多いでしょう。 そこで今回は、おすすめのペット用消臭剤を口コミ人気紹介していきます。ペットを飼っている方に必見の情報ですので、ぜひ参考にしてみてください。

詳しく

【ペット】うずらの飼い方:種類・寿命・値段まとめ

うずらと聞いて、皆さんはあの小さな卵を思い浮かべるのではないでしょうか。ニワトリの卵よりも小さく、中華丼には欠かせない黒い模様が入った卵です。そんなイメージが先行するうずらですが、なんと近年ひそかにペットとして飼う人が増加しています。古く江戸時代には、その鳴き声を競わせたりとペットとして広く飼われていたこともあります。 基本的なうずらの習性としては、繁殖目的以外でオスとメスを同じケージで飼うと、オスがメスを攻撃してしまう事があるので、気を付けなくてはいけません。少し飼育は難しいですが卵からふ化させて、雛から育てると手のひらに乗るほど懐くこともあるんです。そんなうずらを飼育する場合の注意する点やコツ、またうずらの種類についてお教えします。

詳しく

【ペット】亀の飼い方:種類・寿命・値段まとめ

亀はユニークな甲羅とその一生懸命に歩く姿は微笑ましく、ペットとしても人気です。寿命がおよそ30年とペットとしては非常に長く、日本のみならず海外産の亀も人気で多く輸入されています。 ただミドリガメ類に関しては2020年に特定外来生物に指定される予定で、今後の飼育は難しくなる見通しです。しかし亀をペットにする動きはこれからも変わりません。 今回は亀の種類・寿命・値段などを含め、亀の飼い方についてまとめてみました。亀に興味がある方、または亀をペットにしたいと考えている方は参考にしてください。

詳しく

【ペット】クワガタの飼い方:種類・寿命・値段まとめ

クワガタと一口に言っても世界に1500品種・日本には39品種ものクワガタが確認されています。 1990年代後半にはクワガタブームが起き、より大きなクワガタを育てようとする人たちが大勢いました。現在でもペットショップなどでは、国産オオクワガタなど大型のものほど高値で取り引きされています。海外産のクワガタも種類が多く、日本でも人気です。 クワガタの特徴は何と言ってもあの大顎です。クワガタの闘争本能を最もよく表し、クワガタ同士を戦わせるのも楽しみのひとつ。男の子の憧れの虫のひとつ、クワガタの飼い方について、種類・寿命・値段などを含め紹介していきます。クワガタの飼育に興味がある人はぜひ参考にしてください。

詳しく

【ペット】文鳥の飼い方:種類・寿命・値段まとめ

文鳥はインドネシアの固有種ですがインド・中国・ハワイなどに移入・定着していてペットとして人気の高いスズメ目の鳥です。日本には江戸時代に入ってきていて、主要な品種のひとつである白文鳥(ハクブンチョウ)は愛知県弥富市が発祥の地です。 文鳥はもともと人になつきやすい鳥で、特に雛の時期から飼育するといっそう飼い主になつきやすく、手乗り文鳥になって愛らしい姿を見せてくれます。 今回はそんな文鳥の飼い方についてまとめてみました。文鳥に興味がある方、また飼ってみたいと思っている方はぜひ参考にしてください。

詳しく

【ペット】ヤドカリの飼い方:種類・寿命・値段まとめ

海で拾った貝殻の中に、ヤドカリがいたという経験をしたことがある方も、少なくないと思います。しかしそのままなんとなく飼おうとしても、逃げられてしまったり死なせてしまったりと、ヤドカリを育てる環境を用意できなかった方もいると思います。 どうやって飼ったら良いかあまり知られていないヤドカリですが、きちんと環境を整えてあげれば、とても丈夫で飼育しやすく近年ペットとしての人気も高まっています。 今回はそんなヤドカリを飼育するための、基礎知識や飼育方法について解説します。ヤドカリならではの魅力は、なんと言っても宿をかえる性質を利用して、飼い主好みの好きな貝殻を宿にさせて楽しんだり、透明の容器を宿にさせて中の構造を観察できること。 初めてヤドカリを飼う人もこれさえ押さえれば安心です。猫や犬の飼育ができない集合住宅にもおすすめの、癒やし系ヤドカリの魅力をお届けします。

詳しく

【ペット】ヤモリの飼い方:種類・寿命・値段まとめ

昔から家を守ってくれる有益な生物として人間の身近な存在にいたヤモリ。家にヤモリがいると害虫を食べてくれるので家が守られると大切に扱われてきました。 そんなヤモリを現在はペットとして飼育する方も増えています。ヤモリは実は約40~50種類ほどの多くの品種がおり、日本だけではなく世界各地に生息しています。その特徴もそれぞれ異なり飼育に向いているもの、あまり向いていないものなど見た目も正確もさまざま。 今回はそんなヤモリのペットとして飼う上で必要な知識と有名な品種のご紹介をいたします。ヤモリをペットとして飼いたいとお考えの方、是非最後までご覧ください。

詳しく

【ペット】フェレットの飼い方:種類・寿命・値段まとめ

昔からペットとして人気があったフェレットではありますが、ペットとして飼育するには珍しい生き物でした。それが近年ではフェレット専門のペットショップも存在するほどペットとして身近な存在となってきました。 フェレットの飼育は難しそうに思えますが、基本的なしつけと習性を理解すればそれほど難しくもありません。賢く、遊び好きで人懐こいので一緒に生活していく中でとても楽しいパートナーとさえなります。常日頃の散歩は必要ないため犬ほど世話に手間隙かからず、また猫ほど自由気のままでもありません。 フェレットは飼育面と性格面で考えるとちょうど犬と猫の間といったところでしょうか。 楽しいフェレットライフを過ごすべく魅力あふれるフェレットの生態や飼育について紹介します。

詳しく

【ペット】インコの飼い方:種類・寿命・値段まとめ

鳥類のペットとして、比較的長い間ポピュラーな存在であり続けているインコ。その種類は様々で、体色や特徴などは種類ごとにバリエーション豊かです。緑や黄色、水色や赤、オレンジなど鮮やかな羽毛を持ち、その組み合わせや配色は個性豊かでお気に入りのインコを選ぶこともできます。 共通する特徴としては、人懐っこい性格と声真似が得意であるということが挙げられます。飼い主になつくと指にとまるなどして遊びたがります。ある程度仲良くなると言葉を覚えさせることができ、短い単語を繰り返し教えることで真似して発音するようになります。今回は、インコの種類とその特徴、そしてペットにする際に気を付けるべき点など情報を紹介しています。

詳しく

【ペット】ベタの飼い方:種類・寿命・値段まとめ

ベタは、古くから観賞用として親しまれてきた魚です。タイなどを原産とし、品種改良が重ねられて豊富な種類のベタが誕生しました。 古い品種から新しい品種までそれぞれ独自の魅力があり、世界各国で飼育されているほか日本でも人気の観賞魚として知られています。 ベタの一番の特徴は鮮やかな体色にあります。赤や青などの単色のものから、黒字に赤や青などが混ざった混色のものまでバリエーションが豊富です。尾ひれの形も品種によって異なるため、体色と併せてベタを人気種にしています。身体が丈夫で飼育しやすく、安価で購入できるという点から初心者向けの魚としても良く知られています。 この記事では、ベタの種類や特徴、飼育するにあたってのポイントなどを紹介しています。

詳しく

【ペット】トイプードルの飼い方:種類・寿命・値段まとめ

トイプードルは、もともとは水鳥猟で獲物を回収する水猟犬であった「プードル」を小型化に改良してつくられた小さい犬種です。「プードル」の語源についてはドイツ語の「プーデル(水を跳ねる)」からきていると言われています。 容姿に気品があり、高い知能を持つ賢い犬として、「プードル」は16世紀の初めごろからフランスの上流階級の婦人たちの間で大流行しました。トイプードルは、その特徴をしっかりと受け継ぎ、小さいけれど利口で落ち着きがある堂々とした犬です。改良されたのは18世紀ごろだと言われていますが、今でもペットとして飼いやすい犬として世界中で愛されています。 活発な性格とはギャップがある見た目のかわいらしさや、シングルコートで抜け毛が少ないこと、無駄吠えが少ないことなど、家庭犬としてのポイントが高く、初めて犬を飼う人にもおすすめです。 今回はトイプードルを飼うことに興味のある人に是非知ってもらいたい、種類や寿命や値段といった基本的な情報を紹介していきます。

詳しく

【ペット】アヒルの飼い方:種類・寿命・値段まとめ

コマーシャルなどでも、そのかわいさを振りまいているアヒルですが、近年ペットとしての人気も高まっています。アヒルは、見た目の通りカモ科に属しています。ヨチヨチという形容詞がぴったりの歩き方が特長。 感情表現が豊かで、フレンドリーな鳥です。卵からかえって初めて見たものを親だと思う習性があるので卵から飼育すると、大変よく懐き、後ろをついて歩きます。 もともとは家畜用の鳥ですが、体重1㎏前後とペットにしやすい小型の品種も流通しています。犬や他のペットとも衝突が少ないので、一緒に飼う事も可能です。 もしアヒルを実際に飼いたいと考えたときに必要な環境や、心構え、注意するべきポイントをあげていきますので、ペットとして迎えたいなと思っている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

詳しく

【ペット】柴犬の飼い方:種類・寿命・値段まとめ

日本で馴染のある「柴犬」。柴犬は愛嬌のある顔と仕草に人になつきやすく人気のある犬種です。 柴犬が飼われ始めたのは縄文時代からといわれ、縄文時代の貝塚から柴犬の骨が発掘されているので身近な存在であったことが分かります。その頃の柴犬は山間部の小動物の狩猟犬として活躍していました。それから現在まで柴犬の習性は日本の風土や気候に合っていて飼いやすさに繋がり現在までペットとして飼われてきたのです。 現在は国内のみならず海外でも注目を浴びている柴犬です。特にアメリカでは室内犬として人気が高いのです。人気が高いと言うだけで簡単には飼えないですよね。 そこで今回は柴犬の性格や習慣・しつけ方や柴犬の種類など紹介していきます。

詳しく

【ペット】豚の飼い方:種類・寿命・値段まとめ

多くの芸能人がミニブタを飼っている情報から派生し、ペットとして注目を浴びている豚。 イラストに描きやすい特徴のあるまるい鼻がピクピク動きクルっとまるまったしっぽなど愛嬌たっぷり。子豚の頃は勿論、成長してからも可愛らしさは変わらず、ころっとしたボディやまるい鼻を押し付けて甘える仕草に癒されます。つぶらな瞳で見つめられるとぎゅっと抱きしめたくなるほどです。 豚と聞くと「家畜の豚」を想像しがちですよね。大型豚の気性は荒いのですが、ペットの豚はいつもマイペースで自然体。飾らない性格と賢くしかもきれい好き。ペットとしては優秀な動物で、病気にもかかりにくく飼いやすいとってもおすすめなのです。 今回はそんな豚の生態や飼い方など豚の魅力に迫ります。

詳しく

【ペット】リスの飼い方:種類・寿命・値段まとめ

つぶらな瞳とフサフサのしっぽが可愛らしいリス。近年の小動物ペットにも登場する人気ぶりです。 ただ犬や猫に比べポピュラーではないし、小動物の中でも馴染は薄く「飼うにはどうかな?」と興味はあってもなかなか飼うまでに至りませんね。でも、リスは人間と共存できるので飼い方をしっかりマスターすればペットとして一緒に暮らすことができます。なつけば肩に上ったり、手から餌を食べたり時にはパーカーのフードの中でお昼寝もしたりその愛くるしいい姿に心奪われるなんてことも日常に起こり得るんです。 リスをもっと身近に感じられるよう種類や生態・飼い方まで紹介していきます。

詳しく

【ペット】フェネックの飼い方:種類・寿命・値段まとめ

フェネックという動物をご存知でしょうか。サハラ砂漠に住むネコ目イヌ科キツネ属の生物です。犬のようなキツネのような猫のような、エキゾチックなルックスと、体の小ささが可愛らしさ満点です。知名度もなくペットとしても馴染みのない動物ですが、実は根強い人気を誇る生き物なのです。アメリカのケーブルテレビ向けのニュース専門放送局CNNのスタッフが選んだ「世界一可愛い動物」、レッサーパンダやジャイアントパンダ、ペンギンといったメジャーな動物を押さえて見事1位を獲得したことで話題になり、その可愛さが広く知られるようになりました。ペットショップでも見かけることは少なく、飼いたいと思ってもどうしたらいいのか分からない人も多いフェネック。そこでフェネックの生態や飼い方についてまとめました。読んだらきっと、フェネックを飼いたくなりますよ。

詳しく

【ペット】モモンガの飼い方:種類・寿命・値段まとめ

小さい体格に大きい目と飛膜が特徴的なリス科のモモンガは、ペットとしての人気が上がっている小型哺乳類です。小動物を取り扱うペットショップでも販売されていることが多く、値段も一昔前に比べて手頃になってきています。飛膜を広げて滑空する姿が愛らしく、飼い主の元に着地することもあります。なつけば手乗りや餌をねだり、甘えてくることもあるので、思わず愛情を注ぎたくなります。ペットとしての認知度が高まっているモモンガですが、飼育する場合に何を食べ、何に気を付けなければならないのか、飼育方法には不安があるのではないでしょうか。モモンガの習性や特徴から、飼育する上での注意点などの情報をまとめます。愛らしいモモンガの飼育に挑戦してみましょう。

詳しく

【ペット】セキセイインコの飼い方:種類・寿命・値段まとめ

セキセイインコは今も昔も大変人気が高く、飼育しやすい鳥類のペットとして日本を含め、世界的に有名です。小動物を取り扱うペットショップでも多くの種類や個体が販売されており、全国には専門店も少なくありません。鮮やかな色合いの羽毛と小柄でずんぐりとした体形が愛らしく、懐きやすい性格が長い間ペットとして愛される要因です。人間の言葉や周囲の物音を真似ることができるのも、犬や猫など他の人気ペットにはない特徴となります。ペットとしての認知度が高いセキセイインコですが、初めて飼育する方にとっては分からないことが多々あると思います。セキセイインコの魅力から具体的な飼育方法に繋がる情報を簡潔にまとめていきます。新しい家族を迎える準備の参考にしてみてください。

詳しく

【ペット】モルモットの飼い方:種類・寿命・値段まとめ

全長約20~40cmという、ペットとして飼いやすいサイズ感と、愛らしい表情が魅力のモルモット。長年ペット用として改良されてきたモルモットは、鳴き声が大きくないことやアパートなどでも飼いやすいことから、近年ペットを飼いたい一人暮らしの女性にも人気があります。臆病で警戒心が強い性格ながらも、慣れてくると鳴き声を出して甘えてきたり、名前を呼ぶ声に反応するなど、飼い主とのコミュニケーションが取ることができ、家族の一員と思えるかわいらしい姿を見せてくれます。モルモットを飼う際に知っておきたい、モルモットの種類や寿命、一匹当たりの値段の相場など、モルモットに関する情報を紹介します。知っておくことでスキンシップが取りやすくなり、よりモルモットとのきずなが深まるはずです。

詳しく

【ペット】カブトムシの飼い方:種類・寿命・値段まとめ

カブトムシと言えば、セミと同じく夏の風物詩として身近な存在ですよね。夏休みの早朝、ラジオ体操に行って樹液にカブトムシがいないか探した思い出がある人も多いのではないでしょうか。そんなカブトムシを捕まえて飼った経験のある人も多いでしょう。体に対して大きな角を持つ姿は、特に男の子の憧れの的。昔も今も変わらず大人気の昆虫です。そして大人の中でもカブトムシは根強い人気を誇っています。近年では俳優の哀川翔さんが熱いカブトムシ愛を持つことで知られていますが、同様に愛好家が多い昆虫でもあります。海外の大型品種のカブトムシを飼育したり、繁殖させて多数飼いしたりする人もいます。外来種は昔ながらのカブトムシと違って飼育も難しそう、昔ながらのカブトムシも繁殖させるのは無理そう、と思う方もいるかもしれません。そこでカブトムシの飼い方について詳しくまとめました。

詳しく

【ペット】金魚の飼い方:種類・寿命・値段まとめ

お祭りの金魚すくいをはじめ、なじみの深い魚である金魚。昔から、手ぬぐいなどの柄に取り入れられたり、いろいろな物語などにも登場したりしています。優雅に泳ぐ姿に癒される人も多いのではないでしょうか。日本の魚のようにも感じますが、中国が原産と言われており、日本をはじめ、世界中で観賞用の魚として親しまれています。金魚はさまざまな種類がおり、ペットとして金魚を飼っていると言う人も多いかと思いますが、正しい飼い方をすることで、大変長く生きると言われています。ペットとして飼うと決めたら、きちんと知識を持って、家族として大切に育ててあげてくださいね。今回は、金魚の飼い方を、種類や寿命、値段などと一緒に紹介します。

詳しく

【ペット】ウーパールーパーの飼い方:種類・寿命・値段まとめ

「ウーパールーパー」と聞くと、バブルの時代に「エリマキトカゲ」と共に大流行した生き物という印象をもっている人が多いのではないでしょうか。日本に自生しておらず馴染みのない水生生物で、かわいいけど飼うことはできないのではないかと漠然と思っている人が大部分だと思います。ところがウーパールーパーは根強い人気を誇るペットであり、近年は様々な色や模様のものも登場して再び熱い注目を集めているのです。手足の生えたオタマジャクシのようなかわいらしい体や、つぶらな瞳、ゆっくりした動きや時折見せるユニークなポーズなど、不思議な魅力に引き付けられる人が続出しています。そこでウーパールーパーについて、種類や特徴、飼い方のコツなどを詳しくまとめました。

詳しく

【ペット】ザリガニの飼い方:種類・寿命・値段まとめ

ザリガニは、川辺や用水路などで見かける身近な生物です。子供の頃、ザリガニ釣りを楽しんだことのある人も多いのではないでしょうか。子供のころから身近な生き物だったザリガニは、ノスタルジックな気持ちにさせられ、大人のペットとして近年大注目を集めています。大きなハサミを持つザリガニは、カブトムシ同様に子供の頃から憧れていたという人が多くいます。水槽内を流木や土管、水草や砂利などで自分なりのアクアリウムのようにしてザリガニを住まわせる楽しみを味わっている人や、珍しい品種や色のザリガニを飼う人もいます。そこでザリガニの飼い方について詳しくまとめました。これを読めばザリガニの飼育のついて学ぶことができ、実際に飼うまでの参考になりますよ。

詳しく

【ペット】猫の飼い方:種類・寿命・値段まとめ

犬と並び、ペットの代表ともいえる猫。綺麗好きでプライドが高く、マイペースなイメージもあります。ゴロゴロとのどを鳴らしてすり寄ってきたり、飼い主の横で丸くなったりと愛らしい行動もとり、そのツンデレ具合がたまらないと言う人もいます。日本では昔から漫画や物語などにも登場する雑種のほかにも、さまざまな種類の猫がおり、それぞれに見た目、性格、体質などに特徴があります。猫をペットとして飼おうと考えるとき、そんな猫の種類、どのくらいの値段がかかるのか、どのように育てていけばよいのかなど気になるところがたくさん出てくるのではないかと思います。せっかく家族として迎え入れるのならば、お互いに信頼関係を築き、幸せになることができるようにしたいものですね。今回は、猫を飼うことを考えた時に参考にしてほしい、猫の飼い方を種類や寿命、値段などを含めて紹介します。

詳しく

【ペット】メダカの飼い方:種類・寿命・値段まとめ

昔から、田んぼなどでよく見かけ、日本人にはなじみの深い淡水魚であるメダカ。小さく可愛らしいその姿が子どもから大人まで幅広い年代に人気です。昔はどこででも見ることができたメダカですが、最近では絶滅の危機にさらされているものなども出てきており、自然の中のメダカは、貴重なものになりつつあります。ペットとして人気の魚になっているメダカは、現在、外で捕まえてくるよりもペットショップで購入することが多いようです。いろいろな交配が行われ、品種も増えていて、珍しい模様のものなども出てきており、コレクションする人もいます。では、実際にメダカを飼おうと考えた時、どんな種類がいて、どんなものが必要となってくるのでしょうか。今回は、そんなメダカの飼い方を、メダカの種類や寿命、値段などと一緒にお届けします。

詳しく

【ペット】ウサギの飼い方:種類・寿命・値段まとめ

ペットとしてはイヌやネコに比べるとマイナーな印象のウサギですが、近年では注目を集めるようになっています。かわいらしさ、愛くるしさから癒しをもらう人も増えているようです。ウサギは声帯をもっていないので、基本的に鳴き声はなく、鼻を鳴らすような音になるため、イヌやネコに比べると比較的静かです。また1日に短い睡眠を何度もとるため、遅く帰ってきても起きていたり、遊べたりするので一人暮らしの男性・女性に人気です。もともと草食動物で捕食される側であるため、警戒心がとても強い動物ですが、飼い主に慣れるととてもなついてくれ、愛情を寄せてくれるようになります。そんなかわいいウサギの種類・寿命・値段などについて紹介します。

詳しく

【ペット】フクロウの飼い方:種類・寿命・値段まとめ

最近、テレビなどでもよく取り上げられるようになり、その愛らしい姿にファンが増えつつあるフクロウ。その為、フクロウと気軽にふれあうことができる「フクロウカフェ」もできはじめました。ネットでもかわいらしいフクロウの画像や動画がたくさん見られるようになりました。大きな丸い目とフワフワの羽毛に目を惹きつけられます。そのかわいい姿を毎日家で見たいと、ペットとして飼う人も増えています。今回は、フクロウを飼うためにはどんなものが必要なのか、購入するにはいくらくらいかかるのかなどについて紹介します。

詳しく

【ペット】猿の飼い方:種類・寿命・値段まとめ

テレビなどで、人間顔負けの芸を披露したり、ゆっくりと温泉に浸かったりする姿が印象的な猿。人間に最も近い動物と言われており、その行動は見ていて微笑ましいことが多く、さまざまなマスコットなどにもなる人気の動物です。動物園や山などでの印象が大きい猿ですが、最近はペットとして飼う人も増えてきています。 賢くて寿命も長く、家族の一員として存在感を発揮してくれそうな猿ですが、いざ飼うとなるとどんなものが必要でどのようにして育てるとよいのかなど、あまり知られていないようです。また、ペットとして飼われる猿はどんな種類なのかなども興味深いところです。 そこで今回は、猿をペットとして飼うことに興味のある人に参考にしてもらいたい、猿の飼い方や種類、寿命から値段まで幅広くお伝えします。

詳しく

【ペット】蛇の飼い方:種類・寿命・値段まとめ

古くから神秘的な動物とされてきた蛇。毒蛇など怖いイメージを持っている人も多いかもしれません。でも、実は近年、ペットブームの中、蛇をペットとして飼う人が増えてきました。実は蛇は、犬や猫と違って鳴かないため、静かな動物です。散歩などの手間もかからないことや、餌も頻繁には食べないので餌代などもあまりかかりません。そして長生きなので、一緒に過ごす時間が長いことなど、ペットとしての魅力が多い生き物でもあります。よく見るとつぶらで可愛らしい目をしていたり、じっくりと付き合うことで飼い主になついてくれたりと可愛い一面もあり、蛇の魅力に引き付けられる人もたくさん出てきています。そこで今回は、そんな蛇について、どんな種類がペットとして人気なのか、また、どんな風に飼育をすればよいのかなどを紹介します。

広告

広告

ピックアップ記事

広告

運営会社