おすすめデンタルフロス15選♡種類や選び方も紹介

おすすめデンタルフロス15選♡種類や選び方も紹介

今回は歯ブラシにプラスしてのケアグッズとして人気のデンタルフロスで、おすすめの商品を紹介していきますま。
虫歯や歯周病を予防するために歯磨きを毎食後する方もいますが、実は歯磨きだけではお口の掃除は十分ではありません。歯間や歯肉縁下に食べカスが詰まって歯垢になってしまう場合があるからです。

デンタルフロスは狭い歯間にも入るので歯ブラシではなかなか磨けない歯の側面や歯肉縁下の汚れを絡め取ってきれいにできます。また、歯ブラシでは磨きにくいインプラントの横やブリッジの底部、歯列矯正のワイヤーの下も掃除ができます。
デンタルフロスと言ってもさまざまな種類があり、人によって合うものもあれば使いにくいものもあります。ぜひ本記事を参考に選んでみてください。

商品やサービスの掲載順はどのように決めていますか?
当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、Amazonアソシエイト他、複数のアフィリエイト・プログラムに参加し、商品やサービス(以下、商品等)の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。

商品等の掲載にあたっては、ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任において商品等を選定し、おすすめアイテムとして紹介しています。

同一ページ内に掲載される各商品等は、費用や内容量、使いやすさ等、異なる観点から評価しており、ページタイトル上で「ランキング」であることを明示している場合を除き、掲載の順番は各商品間のランク付けや優劣評価を表現するものではありません。なお掲載の順番には商品等の提供会社やECサイトにより支払われる報酬も考慮されています。

デンタルフロスの選び方のポイント・コツ!

歯間の掃除に便利なのがデンタルフロスです。歯間は歯ブラシが入らない場合が多くあり、食べカスが詰まりやすくなっています。食べカスが詰まると歯垢になり、虫歯になったり歯肉炎を起こす場合があります。そのようにならないために、しっかり掃除をしなければいけないのです。

しかし、歯間ブラシといっても今はさまざまなタイプがあります。初めての方でも使いやすい取っ手が付いているものから、糸だけのタイプもあります。取っ手付きの場合は前歯の間を掃除しやすいF字型や奥歯の掃除をしやすいY字型があります。そして糸のタイプもさまざまです。

選び方を間違えると使いづらかったり、歯肉に負担をかけてしまう場合もあります。そのため、お口の健康を保つためにはただ掃除をするだけでなく、適切な掃除をすることが必要です。どのようなタイプを選ぶと効果的に掃除ができるのか、おすすめのデンタルフロスを紹介します。

デンタルフロスの種類・タイプ

ホルダータイプ

ホルダータイプとは取っ手が付いているタイプのことです。これはデンタルフロスに慣れていない方や初心者におすすめです。

初めての方の場合はどれくらいの力で歯間に入れればいいのか、奥歯にどうやって入れたらいいかわからなかったりしますが、取っ手がついてれば奥にも入れやすく掃除もしやすいので初めてでもしっかり使えます。

形は2種類あります。F字型とY字型です。F字型は使い捨てタイプが市販にあり、コンパクトなので使いやすいというメリットがあります。そしてY字型は奥歯の歯間にも入れやすいので、初めての方におすすめです。

ロールタイプ

ロールタイプは取っ手のない糸だけのタイプで、デンタルフロスに慣れている方向けです。
こちらは必要な長さを切り取って、指に巻きつけます。口の中に指を入れることになるので、初めての方はなかなかできない場合がありますが、市販品だとホルダータイプより量があるので経済的です。ワックス、ノンワックス、エクスバンドの3種類から糸を選べます。

ワックスは滑り込みやすいので歯間に入りやすく、ロールタイプが初めてという方におすすめです。
そして慣れている方に人気なのがノンワックスです。糸がほつれやすいのですが、その部分で歯垢を取りやすいという特徴があります。
エクスバンドは水や摩擦でスポンジ状に広がるので、汚れを取りやすい反面、動かしにくくなる可能性があります。
いろいろ使ってみて好みの使い心地のものを見つけるといいでしょう。

デンタルフロスの上手な使い方:

デンタルフロスの使い方をホルダータイプとロールタイプでそれぞれ紹介します。

まず、ホルダータイプの場合は取っ手を持ってフロス部分を歯と歯の間に置いて、ゆっくり横に動かしながら歯間に入れます。そして上下に動かして左右の歯の側面を糸がなぞるように掃除します。こうやって歯の側面の歯垢を取り除くのです。それからゆっくり横に動かしながら取り出します。これをすべての歯の側面にします。

次にロールタイプの使い方を紹介します。まず、40cmほど糸を切り取り左右の中指に2、3回巻きつけて指と指の間を1、2cmにします。
そしてホルダータイプと同様に歯間に横に動かしながら入れていきます。歯の根元にまで入れたら歯の側面に巻きつけるように上下に動かして歯の側面を掃除してから横に動かしながら取り出します。

この時、糸がほつれたり汚れが取れたら指に巻いている箇所をズラすと、また綺麗な部分で掃除ができます。やっている途中にうまく抜けなくなった場合は片方の指に巻いていた方を放して引き抜くだけで大丈夫です。

デンタルフロスを使う時の注意点

デンタルフロスを正しく使うには注意が必要です。間違った使い方をすると歯肉を傷つけてしまう可能性があります。
初めて使う場合は歯科医院や歯科衛生士の方に使い方を教えてもらうことをおすすめします。慣れない方がいきなり使うと力の入れ方が分からずに歯や歯肉に負担をかけてしまう場合があります。

慣れるまではきちんと正しい使い方を教わってから鏡を見ながら行うようにして下さい。そして、同じ箇所で毎回糸がほつれたり、上手く通らない場合は一度歯科で診察を受けることをおすすめします。
同じ箇所で糸が上手く通らないということは歯が欠けたり虫歯になっている可能性があります。そのため違和感を感じたら早めに診察を受けるようにして下さい。

デンタルフロスのおすすめ15選を紹介!

■クリニカ クリニカ スポンジフロス

最初におすすめするデンタルフロスは「クリニカ クリニカ スポンジフロス」。こちらは人気のロールタイプです。糸が唾液を含むと3倍から4倍のスポンジ状に膨らむタイプで、広範囲で歯間の汚れを取りやすくなっています。

この糸の特徴はワックス加工されているということです。スポンジ状になるフロスは膨らむ分、糸が歯間に入りにくかったり、抜けにくい場合がありますが、このフロスは表面にワックスが塗られているので歯間に入りやすいという特徴があります。

ループ状の繊維がランダムに絡みあった特殊構造なので汚れを取りやすくなっています。歯肉に当たっても痛くないので使いやすいと人気です。デンタルフロスに慣れている方におすすめです。

クリニカ クリニカ スポンジフロス

利用者の口コミ・評価

■ルシェロ フロス

2番目におすすめするデンタルフロスは「ルシェロ フロス」。こちらはデンタルメーカーで人気の高いGCの商品です。GCは世界トップクラスの歯科医療総合メーカーで、歯科医でも利用されているロールタイプの商品です。

糸はくさび状の極細繊維を束ねたデンタルフロスで、歯間の汚れを取りやすくなっています。糸の表面は爽やかなミントワックスでコーティングしてあるので、歯間に入りやすいと共にスッキリと掃除ができます。

被せ物や詰め物をしているところにも入りやすく、掃除後はミントの香りで口全体がスッキリするので人気があります。掃除後もスッキリ感が欲しいという方におすすめです。

利用者の口コミ・評価

■クリニカ アドバンテージ デンタルフロス Y字タイプ

続いておすすめのデンタルフロスは「クリニカ アドバンテージ デンタルフロス Y字タイプ」。こちらは歯科医推奨の歯間ケア商品です。さらにこれは初めての方でも使いやすいY字型のホルダータイプです。1ケースにブルー、ピンク、ホワイトの3色が入っています。

取っ手は握りやすい形状になっており、動かしやすくなっています。さらにフロス部分は強度が高いので洗って繰り返し何度も使えます。

120本のミクロ繊維糸がやわらかいので歯肉を傷つけにくく、デンタルフロスが初めての方でも安心して使えます。奥歯の歯間も掃除しやすく、横にゆっくり動かしやすいので磨き残しを取り除けます。デンタルフロスが初めてという方におすすめの形状です。

クリニカ アドバンテージ デンタルフロス Y字タイプ

利用者の口コミ・評価

■リーチ デンタルフロス

続いておすすめのデンタルフロスは「リーチ デンタルフロス」。こちらはデンタルフロスの売り上げナンバーワンの商品です。シンプルなフロスのため、歯科医も推奨する商品で、初めての方でも使いやすいワックス加工がされています。歯間に入りやすく、汚れを根こそぎ取れます。

ミント風味なので、後味も爽やかです。そしてこのロールタイプは50mもあるので、コストパフォーマンスが良く、人気があります。初めてロールタイプを使う人におすすめです。

慣れてきた方やもっと汚れを取りたいという方にはワックス加工がないタイプや、フロス部分に256本の特殊加工繊維を使ったクリーンバーストもあります。

リーチ デンタルフロス

利用者の口コミ・評価

■oralcare フロアフロス

5番目におすすめするデンタルフロスは「oralcare フロアフロス」。こちらは歯周病予防に定評があるオーラルケアのデンタルフロスです。

歯周病を予防するためには歯肉縁下・縁上の1mmから2mmに付着した歯垢を除去しなければいけません。フロスによっては糸が固くで奥まで入れられないという方もいますが、このフロスはやわらかい384本の繊維が広がるので、歯肉に刺激を与えずに歯肉縁下の歯垢をしっかり落とせます。

歯周病で歯肉が炎症している方や他のフロスを使っているのに歯周病を繰り返す方、汚れをごっそり取りたいという方におすすめのロールタイプです。45mと250mがあるのでこまめに掃除をしたいという方には何回も使える250mタイプがおすすめです。

oralcare フロアフロス

利用者の口コミ・評価

■GUM デンタルフロス

続いておすすめのデンタルフロスは「GUM デンタルフロス」。GUMも歯周病予防を重点的に研修しているメーカーです。そんなGUMのデンタルフロスは狭い歯間にも入りやすいフラットタイプで、滑らかに使いやすいようにワックス加工がしてあります。

フロス部分は細かい糸が編み込まれているので、狭い隙間からも汚れをごっそり取り除けます。歯間が狭い方におすすめのロールタイプです。

歯間が少し広い方やもっと汚れを取りたいという方には「ワックス ふくらむタイプ」や「アンワックス ふくらむタイプ」があります。ふくらむタイプはスポンジ状になるので、歯肉を傷つける心配がありません。

GUM デンタルフロス

利用者の口コミ・評価

■小林製薬 糸ようじ

続いておすすめのデンタルフロスは「小林製薬 糸ようじ」。こちらはF字型のデンタルフロスです。取っ手があって初めての方も使いやすく、10本入りから販売しているのでお試しでデンタルフロスを使いたい方におすすめです。

フロス部分は帯状に6本の特殊糸が付いているので、1本では取りづらい歯垢も絡めとります。取っ手の先はピックになっており、歯の裏の汚れもピック部分を使って取れます。

6本糸では入りにくいという方には4本糸の入りやすいタイプもあります。そしてこちらの糸ようじは一度ケースを開けてもまた閉じられるので中身がバラバラになることもありません。

小林製薬 糸ようじ

利用者の口コミ・評価

■ライオン DENT.EX ウルトラフロス

続いておすすめのデンタルフロスは「ライオン DENT.EX ウルトラフロス」。こちらは虫歯になりやすい奥歯の掃除も簡単にできるY字型のホルダータイプです。

奥歯が虫歯になりやすいのは歯ブラシでは磨きにくく、特に歯間に食べ残しが詰まりやすいからです。それを放っておくと虫歯になるのです。しかし、このY字型ならデンタルフロス初心者の方でも簡単に奥の歯間掃除ができます。

フロス部分は耐久性が高い糸を緩ませてあるので、歯間に入りやすく、動かしやすくなっています。そしてほつれにくいので洗うことで繰り返し使うことで、エコにもなります。ホルダー部分も握りやすいので、動かしやすくて便利です。デンタルフロス初心者におすすめです。

ライオン DENT.EX ウルトラフロス

利用者の口コミ・評価

■GUM(ガム) デンタルフロス&ピック Y字型

次に紹介するデンタルフロスは「GUM(ガム) デンタルフロス&ピック Y字型」。こちらはGUMのY字型デンタルフロスです。フロス部分はやわらかく、わざと緩く張ってあるので歯肉を傷つけにくく、奥歯の歯間にも入れやすくなっています。ホルダーの先のピック部分もやわらかいので歯の裏側の掃除に使えます。

1つのケースに30本も入っているので他のフロスに比べると、コストパフォーマンスが高いフロスです。コンパクトなので携帯にはいいですが、奥の歯間を掃除するときには口の中で動かさないとならず、フロスが初めての方にはもしかしたら使いづらいかもしれません。フロスの使い方に慣れている方におすすめです。

GUM(ガム) デンタルフロス&ピック Y字型

利用者の口コミ・評価

■クリニカ ダブルフロス

次に紹介するデンタルフロスは「クリニカ ダブルフロス」。こちらは1つのホルダータイプの両端にフロスが付いているので、1本で通常の2倍使えます。さらに、このフロスは小包装になっています。そのため、出張や旅行時にも携帯できます。

フロス部分はミクロ繊維が束になっているので歯間の汚れを一気に絡め取れます。しかし、ほかのフロスの糸に比べると太めになっているので、デンタルフロスが初めての方や歯間が狭い方、唾液で糸が膨らむのが苦手な方には向きません。

フロスの使い方に慣れている方や、ごっそり汚れを取りたい方、歯間が広がっている方やピックがいらない方におすすめのホルダータイプです。

クリニカ ダブルフロス

利用者の口コミ・評価

■エムズワン デンタルフロス

11番目におすすめするデンタルフロスは「エムズワン デンタルフロス」。こちらは一袋購入するだけで数ヶ月は使える大容量ホルダータイプです。50本入りと100本入りがあり、コストパフォーマンスが高いので気軽に使いやすくなっています。

フロス部分はナイロン製の糸で細いので、狭い歯間にも入りやすいという特徴があります。歯の裏側にも届きやすいアーチ状で、ホルダー部分も握りやすくなっているので、初めての方にもおすすめです。

歯の汚れや歯肉炎は気になるけど、なるべくコストをかけずに掃除をしたい方や、デンタルフロスが初めてという方におすすめのホルダータイプです。大容量で使い捨てなので家族全員でも使えます。

エムズワン デンタルフロス

■プロキシソフト 3in1 レギュラータイプ

12番目におすすめするデンタルフロスは「プロキシソフト 3in1 レギュラータイプ」。こちらは一本の糸に3つの機能がついたフロスです。歯列矯正をしているとワイヤーがあったり、ブリッジを装着していると歯間がなくて歯の側面を上手く掃除できない場合があります。そんな時に使えるのがこのフロスです。

1本の糸に糸通しの部分とスポンジ状のフィラメント部分、やわらかいフロス部分があるので場所によって使い分けることで、しっかり掃除ができます。

糸通しから歯間に通してフィラメント部分を上下に動かしてブリッジのポンティック底部やインプラント部、歯列矯正中の歯の側面を綺麗にします。その後はフロス部分を通常のフロスと同様に使います。ブリッジやインプラント、矯正中の方におすすめです。

プロキシソフト 3in1 レギュラータイプ

■ライオン DENT.e-floss(デントイーフロス)

13番目におすすめするデンタルフロスは「ライオン DENT.e-floss(デントイーフロス)」。こちらは初心者でも使いやすいロールタイプです。ロールタイプの場合は指に巻きつけて使うため、使うと指が痛くなるという方もいますが、このフロスは糸がソフトな感触なので、指が痛くなりにくいという特徴があります。

糸は唾液を含むと約4倍のスポンジ状に膨れ上がるエキスパンディングフロスです。そのため、一度でごっそりと汚れを取れます。唾液に触れると水溶性ワックスが溶け出してくるので、歯間に入りやすく、フロス初心者の方でも使いやすくなっています。

後味もミントフレーバーなのですっきりします。ロールタイプが初めてという方におすすめです。

ライオン DENT.e-floss(デントイーフロス)

■Ciフロス 《スポンジタイプ》ミントワックス・フロライド

続いておすすめのデンタルフロスは「Ciフロス 《スポンジタイプ》ミントワックス・フロライド」。こちらはワックス加工がしてあるロールタイプです。滑らかに歯間に入るので初めての方や詰め物をしている方でも使いやすくなっています。

唾液で膨らむので、それにより掃除面積が広がり、一度にごっそりと歯の側面を掃除できます。さらにこのフロスにはフッ素加工がしてあり、掃除するだけでなく、虫歯予防もできます。

ミントフレーバーなので、使った後は口の中が爽やかです。初めてロールタイプを使う方やごっそりと汚れを取りたい方、虫歯予防もしたい方におすすめのデンタルフロスです。40mも入っているのでコストパフォーマンスが高くて人気のフロスです。

Ciフロス 《スポンジタイプ》ミントワックス・フロライド

■デンタルプロ フレッシュ フロスピック

デンタルフロスの最後におすすめしたいのは「デンタルプロ フレッシュ フロスピック」。こちらは一袋に50本も入ったお得な大容量ホルダータイプです。F字型で使いやすく、フロス部分は歯茎に優しいマイクロ繊維で、歯肉を傷つけにくく、歯間の汚れをごっそり取れる構造になっています。

ホルダー部分は持ちやすく、初めての方でも使いやすい形状です。コストパフォーマンスが高いのでコストをかけたくないという方でもしっかり掃除ができます。ドラッグストアにあるので購入しやすいというメリットもあります。

デンタルプロ フレッシュ フロスピック

利用者の口コミ・評価

関連する記事

詳しく

【神田】おすすめインプラント*人気クリニック15選

歯は全身の健康にも影響し、健康面だけでなく見た目の美しさも重視する人が多くなりました。当然、自分の歯を健康な状態で維持することは大切ですが、何らかの理由で歯を失ってしまったとき、インプラント治療を受ける人が多くなりましたよね。しかし、インプラント治療を受けたことがない人にとっては、「値段が高いのでは?」「手術になるので痛みを伴うのでは?」と不安が多い治療でもあります。また、最近はインプラントができる歯科クリニックが増えたので、どのクリニックが良いのか迷う方も多いでしょう。そこで今回は、インプラントの基礎知識とともに、神田にあるインプラントでおすすめの人気クリニックを紹介していきます。

詳しく

【横浜】インプラントの人気クリニック!おすすめ15選を紹介

横浜にあるインプラントでおすすめの人気クリニックを紹介します。神奈川県横浜市といえば、中華街やみなとみらいなど、今と昔が行き交う異国情緒あふれる町並みが魅力のエリア。そんな横浜には、インプラント治療ができる歯科クリニックがたくさんあるんです。横浜に住んでいる人なら、地元でインプラント治療を受けたいという方も多いのではないでしょうか。しかし、実際にインプラントをしたいと思っても、どこのクリニックに行けばよいのか迷う人も多いでしょう。 そこで今回は、おすすめのインプラントのクリニックを紹介。横浜でインプラントができるクリニックをお探しの方は、ぜひ参考にしてみてください。

詳しく

電動歯ブラシサブスク 口コミ人気商品を比較*定期購入、定期便を検討している方へおすすめ

色々な分野で広がっているサブスクサービス。定額料金を払うことで、継続的にサービスが受けられる便利なシステムです。とくに日用品に関しては、買い物や買い足しの手間が省けると人気が広がっています。 今回は中でも話題の電動歯ブラシのサブスクをご紹介。意外と思われるかもしれませんが、口コミでも評判がよく電動歯ブラシに切り替えるきっかけにもなります。非常にリーズナブルな価格で利用できるので、自分で購入するよりお得でおすすめです。定期便で歯ブラシが届くことで、いつも最高の状態の歯ブラシが使えます。ぜひ電動歯ブラシを使って、正しいブラッシングをしていきましょう。

詳しく

【渋谷】インプラントの人気クリニック!おすすめ15選を紹介

渋谷にあるインプラント治療でおすすめの人気クリニックをご紹介していきます。渋谷は若者を中心に多くの人が集まるエリア。国内有数の繁華街となっています。そんな渋谷は、実は歯科クリニックも多いエリアであることをご存知でしょうか。そんな歯科クリニックの激戦区とも言える渋谷には、インプラントができるクリニックもたくさんあります。これだけたくさんあると、どこのクリニックが本当に良いクリニックなのかわからないと悩む方も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、渋谷にあるインプラント治療でおすすめの人気クリニックを厳選してご紹介していきたいと思います。渋谷の歯科クリニックでインプラント治療をお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

詳しく

【東京】インプラントの人気クリニック!おすすめ15選を紹介

東京にあるインプラント治療でおすすめの人気クリニックをご紹介していきます。最近は、自分の歯により近い感覚で生活が送れるインプラント治療を受ける人が多くなりました。それに伴い、インプラント治療ができる歯科クリニックも増えましたよね。インプラント治療は費用も高額で、手術が必要な治療なので、しっかりとした歯科クリニックで治療を受けたいと思う人は多いでしょう。しかし、これだけたくさんのクリニックがあると、どこのクリニックが良いのか迷います。 そこで今回は、東京にあるインプラント治療でおすすめの人気クリニックを厳選してご紹介していきたいと思います。インプラントをお考えの方は、是非参考にしてみてください。

詳しく

【新宿】インプラントの人気クリニック!おすすめ15選を紹介

新宿にあるインプラント治療でおすすめの人気クリニックをご紹介していきます。歯を失ってしまったとき、より自分の歯に近いインプラント治療を選択する人が増えました。そのため、新宿でもインプラント治療が受けられる歯科クリニックがたくさん。しかし、これだけたくさんのクリニックがあると、どこのクリニックで治療を受ければよいのか迷う方も多いでしょう。インプラント治療は手術が必要な治療なので、納得して治療ができるクリニックを選びたいですよね。 そこで今回は、新宿にあるインプラントのクリニック中でも人気のクリニックを厳選してご紹介していきたいと思います。

詳しく

【池袋】インプラントの人気クリニック!おすすめ15選を紹介

池袋にあるインプラントのおすすめ人気クリニックをご紹介していきます。さまざまな原因で歯を失ってしまったとき、入れ歯ではなく審美的にも機能的にも優れているインプラント治療を選ぶ人が増えています。インプラントは自分の歯のように美しく、本物の歯のような感覚で食べ物を食べることも可能。しかしその一方で、インプラントは値段が高く、大掛かりな治療になるので不安を感じる方も多いでしょう。また、インプラントのクリニック選びにも迷いますよね。 そこで今回は、インプラントの基本的な知識とともに、池袋にあるインプラントのおすすめ人気クリニックをご紹介していきます。インプラント治療をお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

詳しく

おすすめの音波歯ブラシ15選!人気商品を紹介

電動歯ブラシを試してみたいけど、どういう基準で選べばいいのか悩みますよね。電動歯ブラシには、実は通常の電動タイプに加え音波式と超音波式の2種類があります。それぞれ少しずつ性能が違うのですが、特におすすめしたいのは音波式の歯ブラシ。手で磨くよりも歯垢の除去力が高く、超音波式よりもリーズナブルで手に入りやすいのが魅力のポイントなんです。歯ブラシによっては、歯茎をケアするモードに切り替えられるなど多彩な機能があるのも人気のポイント。 この記事では、そんな音波ブラシの上位の商品を紹介しています。選びかたのポイントなども紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

詳しく

おすすめの子供用歯ブラシ!人気15選を紹介

赤ちゃんの歯がはえはじめたら、子ども用歯ブラシを用意しなければいけませんよね。歯は乳歯の頃からしっかり磨き、健康な状態を保つことが大切。そのためには、正しい歯ブラシを使ってしっかりと歯磨きをする必要があります。しかし、子供の歯ブラシはどの商品を選べば良いのだろうと悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、おすすめの子ども用歯ブラシを人気ご紹介していきます。また、子供の歯磨きはいつから開始すればよいのか、子供が嫌がらない歯磨きのコツ、そして歯ブラシの選び方など子供の歯磨きの疑問にも答えていきますのでぜひ参考にしてみてください。

詳しく

電動歯ブラシのおすすめ♡毎日のマウスケアで虫歯予防!

電動歯ブラシを使用したことがありますか。電動歯ブラシは通常の手磨きブラシに比べて、汚れの除去率が格段に高いといわれています。また、歯科医で推奨されている正しい歯の磨き方を実現した電動歯ブラシもあります。なかなか届かない、歯と歯の間や隙間にも届くよう極細毛ブラシを使用し、歯周ポケットも丁寧に磨いてくれます。また、歯ぐきの状態に合わせて部r氏を変えることができるものが多く、歯ぐきを傷つけずに包み込むよう磨くことができます。タイマー機能のある電動歯ブラシがほとんどで、30秒ごとに停止したり、2分たったら停止する歯ブラシなど、ブラッシング時間を知らせてくれます。充電式や乾電池式が多く、大体1日2回2分を目安に2週間から長いところで2か月も使用できる歯ブラシもあります。こちらを参考に自分に合った電動歯ブラシをお探しください。

詳しく

赤ちゃんにオススメの歯ブラシ15選♡親子で身につける歯磨き習慣

歯は、私達が生きていく上で欠かすことのできないたいせつなもの。小さなころからしっかりと歯歯磨きをする習慣をつけてあげることが大切です。とはいえ、小さな子どもは、歯磨きを嫌がることも多く、四苦八苦することも多いはず・・。だからと言って、しっかりと歯磨きをしなければ、後々大変なことになりかねません。そんな時におすすめなのが、赤ちゃん用の歯ブラシ。赤ちゃんの小さな口や歯、柔らかい口の中のことを考えてつくられており、さらに赤ちゃんが快適に歯磨きができる工夫がたくさん施されています。今回は、そんな赤ちゃんにおすすめの歯ブラシ15選を紹介します。ぜひ、楽しく正しい歯磨き習慣を身につけさせてあげて下さいね。

詳しく

親子で使える歯ブラシケース15選♡旅行やレジャーのお供にも

旅行やオフィスなどで使いたい歯ブラシケース。外出先で歯磨きするなら欠かせない歯ブラシケースですが、どんなものがあるのでしょうか。たくさんの種類があるので‘どれにしたら良いか迷ってしまいますよね。どうせ使うなら素敵なデザインで使いやすいものを買いたいところです。小さなお子さんがいる家庭で一緒に使えるものがあればいいな、と思っている方もいるのではないでしょうか。そこで今回は親子で使える歯ブラシケースをご紹介します。見た目も可愛く機能的なものをお伝えするのでお見逃しなく!

詳しく

オススメの歯ブラシスタンド15選*洗面台も華やかに

毎日の歯磨きに必要不可欠な歯ブラシ。そんな歯ブラシを収納するのに歯ブラシスタンドは必需品です。みなさんは、どんな歯ブラシスタンドを使っていますか?空間をうまく活用することができるアイテムや、見ているだけで気分が上がるような可愛らしいアイテム、歯ブラシを衛生的に保つことができる機能的なアイテムまで、さまざまな歯ブラシスタンドが販売されています。せっかく毎日目にするアイテムなので、自分好みの歯ブラシスタンドで、気分をあげてみませんか?今回は、おすすめの歯ブラシスタンド15選を紹介します。

詳しく

口コミで人気の歯ブラシ15選|口内トラブルは毎日のケアで防ぐ

オーラルケアは社会人にとって欠かせないマナーです。綺麗に輝く歯は好印象を与えてくれます。逆にしっかり磨けていないと、歯垢やプラーク、口臭などの原因になります。歯周病や知覚過敏などの口内トラブルも避けたいですよね。口内トラブルを避けるためにも毎日の歯磨きはしっかりと丁寧に行いたいですよね。オーラルケアアイテムと言えば歯磨き粉と歯ブラシです。どちらも大切なアイテムで、毎日使う歯ブラシは使いやすいものが良いですよね。今回は歯間や歯周ポケットの汚れをしっかり落としてくれる優秀な歯ブラシを紹介します。おすすめポイントや特徴と一緒ににしてまとめているので参考にしてみてください。

詳しく

デンタルフロスのおすすめ15選!正しい使い方もご紹介

健康な体を作るために欠かせないオーラルケア。歯磨きだけでは落とせない歯と歯の間のプラークをはじめとする汚れをしっかりとケアし、虫歯や歯周病、口臭を予防するために、普段から行える手頃なケア方法として挙げられるのが「デンタルフロス」です。一口にデンタルフロスと言っても大きく分けて2つのタイプがあり、同じタイプでもそれぞれに特徴があり、使用感も異なります。自分にはどんなタイプのデンタルフロスが良いのか迷ってしまう人も多いかもしれませんね。そこで今回は、デンタルフロスについての基本事項とともに、通販でも買えるおすすめのデンタルフロスを紹介します。ぜひ参考にして、健康で美しい歯を保って下さい。

詳しく

おすすめ歯ブラシ15選♡種類や選び方も紹介

虫歯や歯周病を予防し、健康な歯を保つのに重要な歯磨き。毎食後に欠かせない歯磨きの必須アイテムである歯ブラシは、自分の歯に適したものを使用して正しく歯を磨くことが大切です。 自分に合わないものを使用していたり、磨きすぎたりすると返って歯を傷つけることもあるのをご存知でしょうか。そしてスーパーやドラッグストアで気軽に買える歯ブラシは様々な種類が販売されていて、どれを選べば良いか迷った経験がある方も多いのではないでしょうか。 今回は、歯ブラシの種類や選び方をはじめ、おすすめの人気の歯ブラシをご紹介します。歯ブラシの硬さなど、自分の歯に合ったものを選ぶ参考にしてください。

詳しく

おすすめ電動歯ブラシ15選♡種類や選び方も紹介

美意識や健康志向の高い人々から人気の電動歯ブラシ。ドラッグストアや通販サイトではたくさんの商品が販売されています。安価なものから高価なものまで価格も様々。さて、どれを選べば良いのでしょう?クチコミで人気だとしても自分に合うとは限りませんし、高価だから良い物であるとは限りません。まずは電動歯ブラシの特徴を知ることが大切です。 今回は、電動歯ブラシのタイプ、基本的な使い方に始まり、主に化粧品クチコミサイトで人気のあるおすすめ商品15選をご紹介します。自分のニーズに合った商品を選ぶ際の参考になさってみてくださいね。

ピックアップ記事

運営会社