おすすめリキッドアイライナー15選♡種類や選び方も紹介

おすすめリキッドアイライナー15選♡種類や選び方も紹介

一番気を付けているメイクポイントは?と聞かれて目元!と答える方は多いでしょう。まつエクやアイシャドウ、切れ長に見せるためのアイライン、目元を飾るメイクはたくさんあります。

今回は初心者の方にも参考にしていただけるリキッドアイライナーについて紹介します。繰り出しタイプやペンシルタイプ、リキッドタイプなどなかなか自分にぴったり合うものを探すのは大変。
そこで数あるリキッドアイライナーの中でも比較的使いやすくおすすめのアイテムをピックアップしてみました。コスメの口コミや人気のもの、試してみたくなるものがきっとあるはず。リキッドアイライナーの特徴や使い方、注意点なども一緒にまとめました。

商品やサービスの掲載順はどのように決めていますか?
当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、Amazonアソシエイト他、複数のアフィリエイト・プログラムに参加し、商品やサービス(以下、商品等)の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。

商品等の掲載にあたっては、ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任において商品等を選定し、おすすめアイテムとして紹介しています。

同一ページ内に掲載される各商品等は、費用や内容量、使いやすさ等、異なる観点から評価しており、ページタイトル上で「ランキング」であることを明示している場合を除き、掲載の順番は各商品間のランク付けや優劣評価を表現するものではありません。なお掲載の順番には商品等の提供会社やECサイトにより支払われる報酬も考慮されています。

リキッドアイライナーの選び方のポイント・コツ!

目元をぱっちりと大きく魅力的に見せるために描くアイライン。まぶたの際に沿ってまつ毛の間を埋め込むように描くためにはある程度の“こし”のある筆ペンタイプが人気です。眼球や粘膜のすぐそばにあるまぶたの際はとてもデリケート。

色素沈着などのトラブルも起こしやすくできれば安心して使えるものを選びたいですね。一番軽いタッチでしっかり色が乗り刺激が少ないのはやはり筆先が毛で出来ている筆ペンタイプと言えるでしょう。
もう一点のポイントはウォータープルーフタイプを選ぶべし。朝のメイクで決まったせっかくのラインが消えてしまうのは残念ですよね。鏡を見て自分のパンダ目にびっくり!とならないためにも涙や皮脂に強いウォータープルーフタイプがおすすめです。

リキッドアイライナーの種類・タイプ

液と一体型、筆ペンタイプ

一番手軽で描きやすく失敗も少ない一体型の筆ペンタイプは断然、初心者向けで安心して使える万能タイプです。一体型は液の量を自分で調整しなくていいですが薄かったり細かったりは何度か書き足していく必要があります。

筆が細くて描きやすく色が落ちにくい、目頭の書き込みもしやすいのがこのタイプです。このラインは一般的に「目頭切開ライン」と言われるもので際に沿って目頭側に書き込みます。下向きでは効果が無いので真横か多少太目に入れると切れ長の大きな目になります。

液と筆が別々になっているタイプ

別型は事前に液量が調整できるので慣れてくれば一発で描き切れるので手間が掛からないと人気です。朝の忙しい時間におすすめですね。このタイプはしっかりと密着するのでメイク直しをしなくてもいいとリピ買いする人が多いです。

フェルト芯で出来ているものが多くしっかりとした“こし”があるので描きやすいです。落ちにくく滲みにくい、散らないと支持絶大です。アイラインがうまく引けるようになったら挑戦してみてはいかがでしょうか。

リキッドアイライナーの上手な使い方:慣れが肝心!

まず一番確認しなければいけないのはどこにラインを入れるのか。
自分の目を見開いてよくまぶたの際を確認しましょう。目頭からひとみの中央まではまつげの間を埋め込むように丁寧に書き込みだんだんとラインを太くしていって最後は流すように目尻を書き込みましょう。

目頭切開メイクは後から丁寧入れて行った方が失敗しなくて済みます。ラインをひく前にしっかりと涙や皮脂が残っていないかを確認するのも失敗しないためのコツです。にじんだりよれたりしたらアイシャドウを重ねてもう一度描きなおしてみましょう。

メイク直しの時にあると便利なのは綿棒とリップクリーム。ファンデーションを少量綿棒で取り乱れているところを抑えます。消してしまいたい場合はリップクリームが便利です。リップクリームを綿棒で取り丁寧にラインをなぞるときれいにオフできます。残ったリップクリームは新しい綿棒で拭き取り新たにラインをひきなおせば魅力的な目元が復活します。

リキッドアイライナーを使う時の注意点

アイメイクに欠かせないリキッドアイライナーですがまぶたの粘膜や眼球に近いところを描いていくので傷つけないように細心の注意が必要です。ラメ入りのアイライナーなどは目に入ると大変危険なので注意しましょう。

色素沈着を起こさないように目元はこすらずオフする際もやさしく丁寧に洗い落とすことをおすすめします。使いすぎ、肌に合わない場合は使わないように気を付けましょう。もったいないと無理をして使って自分の肌を傷つけてしまわないように自分の肌に合うものを選んで使うことをおすすめします。

リキッドアイライナーのおすすめ15選を紹介!

■フローフシ モテライナー リキッド

最初におすすめするリキッドアイライナーは「フローフシ モテライナー リキッド」。口コミで話題になっているおすすめのアイライナー。日本のトップシェアを誇る広島の熊野筆と奈良県の筆の技術を合わせた「大和筆」を採用。ゆるぎない黄金比率で設計された硬さとしなやかさを兼ね備えた筆で細く、長く思いのままに目元を描けます。

にじまず、はっきり描けて消えにくい。耐水、湿気、皮脂には強く、安全性も考慮しつつ開発されたハイブリッドポリマーによる“もち”は最強です。お風呂に入れば簡単に洗い流せて目元の負担も軽いとリピ必至の品です。

フローフシ モテライナー リキッド

利用者の口コミ・評価

■ケイト ダブルラインフェイカー

続いておすすめのリキッドアイライナーは「ケイト ダブルラインフェイカー」。二重まぶたを演出し大きな目を作り出せるやわらかい色合いのアイライナーです。極薄で“影のようにラインを入れていくと自然な仕上がりになりナチュラルメイクがいい場合などとてもおすすめ。

二重のラインをなぞってなじませるとよりはっきりとして目が強調されます。さらになみだ袋の下にラインを描くとぷっくりと自然な感じで仕上がると絶賛、おすすめのリキッドアイライナーです。「これがなくなると、困る。」というヘビーユーザー、リピ愛用者も多く絶大な信頼を寄せる人も多数います。

ケイト ダブルラインフェイカー

利用者の口コミ・評価

■D-UP(ディーアップ) シルキーリキッドアイライナーWP

続いておすすめのリキッドアイライナーは「D-UP(ディーアップ) シルキーリキッドアイライナーWP」。「にじまない、よれない、長持ちする。」くっきりきれいに描けてすぐ乾き、落ちてしまってもパンダ目にならない、と人気のウォータープルーフタイプのリキッドアイライナー。発色が美しくおしゃれでシックな色合いのブラックが人気です。

短めでしなやか、それでいてしっかりと描ける“筆先”も人気、まぶたの際への細いライン太いライン、まつげの間を埋めるように描く場合など自由自在に思いのまま。長持ちするのでラインを引き直す手間も省けて便利とリピ買いする人が多数、おすすめです。

D-UP(ディーアップ) シルキーリキッドアイライナーWP

利用者の口コミ・評価

■メイベリン ニューヨーク ハイパーシャープ ライナー R

次に紹介するリキッドアイライナーは「メイベリン ニューヨーク ハイパーシャープ ライナー R」。アイラインを描く時にしっかりと手ぶれを吸収してくれる設計。筆先はあくまで細くしなやかですが根本に行くほどしっかりとした“こし”があり安定して描き続けることができます。

最も細い部分で0.01ミリ、まつ毛に沿って描く、まつ毛の間を埋め込む、しっかり太く書き込むなど理想のままに表現できます。ブラックの色味も濃い目で目元が引き締まって見えると高評価です。リキッドアイライナーなのに水分、汗、涙に強くにじみにくい、なのに洗顔すれば簡単にオフ出来て肌にやさしいと人気アイライナーです。

メイベリン ニューヨーク ハイパーシャープ ライナー R

利用者の口コミ・評価

■msh(エム・エス・エイチ) ラブ・ライナー リキッド

次に紹介するリキッドアイライナーは「msh(エム・エス・エイチ) ラブ・ライナー リキッド」。プロに頼んだような仕上がり、極細の筆先でくっきりと描けるリキッドアイライナーです。高級感のあるアルミボトルの本体は適度な重みがあり安定感を演出、“コシ”のある筆はしかりとした弾力でアイラインを長く細く描き続けられます。

漆黒のような濃密ブラックと自然なラインを描けるヌードブラック、優しい目元を演出するブラウンなどカラーバリエーションも豊富。速乾性が高くパンダ目になりにくいウォータープルーフ仕様、なのに洗顔で簡単にオフできて目の負担が気になりません。

msh(エム・エス・エイチ) ラブ・ライナー リキッド

利用者の口コミ・評価

■ヒロインメイク スムースリキッドアイライナー スーパーキープ

続いておすすめのリキッドアイライナーは「ヒロインメイク スムースリキッドアイライナー スーパーキープ」。涙、汗、皮脂に強いウォータープルーフタイプアイライナー。パンダ目にならない優れものです。描きやすい極細の筆先は誰でも美しいラインがひけて使いやすいと人気の商品です。

朝、お化粧をして夜までしっかり残り化粧直しの必要がないとリピ買いするユーザーが多数。ほかに比べるとプチプライス、扱っている店舗も多いのも魅力的、しっかり描けて落ちにくい、コスパも十分でおすすめです。洗顔できちんと落ちるのでメイク残りがなく安心。アニメを起用したパッケージのインパクトも絶大です。

ヒロインメイク スムースリキッドアイライナー スーパーキープ

利用者の口コミ・評価

■セザンヌ 極細 アイライナーR

次に紹介するリキッドアイライナーは「セザンヌ 極細 アイライナーR」。手軽な値段で購入できるのが人気です。色味もラインもソフトタッチなのでナチュラルメイク好みのユーザーにおすすめです。容器がやや小さめなので携帯に便利、いつでもどこでさっと化粧直しができるとおすすめです。

しっかりラインが描けるものとの二本使いで使いこなしているユーザーも。ウォータープルーフなので涙、汗、皮脂に強く落ちにくい安心の使い心地です。オフも洗顔で簡単にできるのでクレンジングで目元をこすらなくてもいいのでおすすめです。

セザンヌ 極細 アイライナーR

利用者の口コミ・評価

■ベルサイユのばら リキッドアイライナー

8番目におすすめするリキッドアイライナーは「ベルサイユのばら リキッドアイライナー」。筆がやわらかく描きやすいとリピ買いする人が多いアイライナーです。発色がよく美しいラインがひけます。品のいいブラウンが人気。描く回数で濃淡が書き分けられ自分好みの色の濃さに調整できます。

にじまずパンダ目になりにくく消えてしまっても目の周りについて汚れることが少なく使いやすいと話題です。筆の“コシ”が固すぎずやわらかすぎず適度な硬さがあり強弱が付けやすく思いのままの目元を描けます。描き終わるとすぐ乾燥し触ってもこすれません。やさしい印象のアイメイクを表現できおすすめ。

ベルサイユのばら リキッドアイライナー

利用者の口コミ・評価

■ケイト スーパーシャープライナーEX

次に紹介するリキッドアイライナーは「ケイト スーパーシャープライナーEX」。ダイヤ型の模様にカットされた容器がおしゃれで握りやすい。筆記具メーカー「ぺんてる」と共同開発した極細筆で画期的描きやすさを実現したリキッドアイライナーです。細部への描き込みがしやすい使い勝手のいい筆先はまつげの間を埋め込みたい時などに非常に適していて人気です。

やわらかい筆はほどよい硬さの“こし”があり書き心地は極めてなめらか。ほんとうに書きやすいと口コミで話題です。落ちにくいのに洗顔で簡単にオフ出来て目や肌への負担も気になりません。

ケイト スーパーシャープライナーEX

利用者の口コミ・評価

■ケイト アイシルエットマーカー

次に紹介するリキッドアイライナーは「ケイト アイシルエットマーカー」。ペン先に弾力がありポンポンとペン先をまつげの間に押し当てるようにして乗せていくタイプのリキッドアイライナーです。太くしっかりとしたペンのようなボディで手ぶれを軽減できるので描きやすいと高評価。1回で黒くはっきりとしたラインが決まるのでストレスフリー。

涙、汗、皮脂に強く落ちにくく滲みにくいラインの引き直しの要らないタイプ、目薬をしても大丈夫という人も。落とす場合は洗顔だけでは落ち切らないので専用のクレンジングジェルなどで丁寧にやさしく落としてください。

ケイト アイシルエットマーカー

利用者の口コミ・評価

■K-パレット リアルラスティングアイライナー24hWP

11番目におすすめするリキッドアイライナーは「K-パレット リアルラスティングアイライナー24hWP」。耐久性に優れたリキッドアイライナー。肌の動きにしなやかに対応し剥がれにくく、密着したまま柔軟に描きたてをキープします。漆黒のようなブラック、柔らかい印象を演出できるブラウンブラックの2色、発色も美しく艶めく目元をきれいに彩ります。

しっかりとしたキープ力がありながら洗顔で簡単にオフできる肌に負担をかけない設計です。たまたま手に取ってみてあまりの使いやすさに他社のリキッドアイライナーから乗り換える人も。そのままリピート買いして長く使っているユーザーもいます。

K-パレット リアルラスティングアイライナー24hWP

■インテグレート スーパーキープ リキッドライナー

次に紹介するリキッドアイライナーは「インテグレート スーパーキープ リキッドライナー」。思いのまま描け滲みにくいラインがキープできるリキッドアイライナー。極細ラインも目の際から長く描く太めラインもしっかりキマる描きやすい筆先。まつげの間を埋め込む繊細な作業もにじまず一度でしっかり描き切れストレスフリー。

発色がきれいでシックなブラックと明るいブラウンどちらも人気です。特にブラウンは赤みがかっていて他社とははっきりと違い好んで使う人もいます。大手メーカーなのに手頃な値段でキープ力や描きやすさが優れているのでコスパは最高、おすすめです。

インテグレート スーパーキープ リキッドライナー

利用者の口コミ・評価

■デジャヴュ ラスティンファインa 筆ペンリキッド

13番目におすすめするリキッドアイライナーは「デジャヴュ ラスティンファインa 筆ペンリキッド」。パンダ目にならずくっきりとした目元を描けるリキッドアイライナー。速乾性が高いのでこすれたりしても平気、涙、汗、皮脂などにも強くお化粧直しの手間も軽減されます。

朝のひきたてのラインが夕方までもつ脅威のキープ力です。安定の定番のブラックと明るいブラックが人気。やさしく明るい目元が簡単に描けるとリピーターが多い一品です。しっかりとした太さと安定感のある筆先は細い線を書くのが苦手という人でも上手にラインがひけるとおすすめです。

デジャヴュ ラスティンファインa 筆ペンリキッド

利用者の口コミ・評価

■msh(エム・エス・エイチ) LoveLiner カラーコレクション

次に紹介するリキッドアイライナーは「msh(エム・エス・エイチ) LoveLiner カラーコレクション」。カラーバリエーションが豊富です。ブラックやブラウン以外のカラーライナーを試したい時におすすめです。発色と艶が美しく落ちにくい、お化粧直ししなくても夕方までもつと人気です。

美容成分がたっぷり使われていて目元にやさしい処方、色素沈着をおこさない顔料インクを採用していて安心です。涙、汗、皮脂には強くもちはいいのに洗顔で簡単にオフ出来て肌に負担をかけません。パッケージ、ボトルともおしゃれ、さわやかな色味とデザインが人気、SNS映えする一品です。

msh(エム・エス・エイチ) LoveLiner カラーコレクション

利用者の口コミ・評価

■キャンメイク ラスティングリキッドライナー

最後におすすめするリキッドアイライナーは「キャンメイク ラスティングリキッドライナー」。滲みにくくて描きやすい、人気の跳ね上げメイクも思いのまま。崩れにくく夕方まではっきりとキープ。色味、発色もきれいで濃い目、何度も描かずに一発でキマるとおすすめです。美容成分配合、洗顔で簡単にオフできて優れもの。

お手ごろ価格でコスパにも優れお財布にもやさしいと絶賛です。耐水性特殊ポリマーが描いた後のラインを保護しこすれや涙、皮脂に流されないよう保護する構造になっていてもちが断然違います。お化粧直しの回数も減っておすすめです。

キャンメイク ラスティングリキッドライナー

利用者の口コミ・評価

関連する記事

詳しく

滲まないアイライナーのおすすめ15選♡長時間のメイクでも安心!

メイク道具の中でも重要なアイテムであるアイライナー。くっきりと可愛らしくなったり、凛とクールになったりと、アイラインの引き方ひとつで目元の印象が変わります。そんなアイラインですが、つい目をこすってしまったり目薬をさしたりして、アイラインが滲んで残念な目元になってしまった経験はありせんか?そこで今回はそんな悩みを解消する、滲まないアイライナーをご紹介します。汗や涙で滲まないので、汗をかいたり濡れたりすることが多い夏場でも、映画館デートで思いっきり泣いても大丈夫。種類が多くて悩んでいるという方は、ぜひ参考にしてみてください。

詳しく

インテグレートのアイライナーおすすめ8選☆プチプラなのに高品質

インテグレートのアイライナーは極細の筆タイプや繰り出しタイプのペンシルなど、いくつか種類があります。平筆タイプなど描きやすさを重視したアイライナーもあります。発色も良く、はっきりとした色が出るので目元を印象深く見せることができます。ウォータープルーフタイプもあり、最長で10時間も落ちずに持続するライナーもあります。汗や涙に強いので、パンダ目になる心配がありません。ここぞというメイクの時にとても便利です。通常のクレンジングや洗顔で簡単に落とすことができるので、目もとへのケアもしっかりできます。値段もリーズナブルなものが多く、購入しやすくなっています。目元をはっきり見せたい・可愛らしく演出したいなどアイライナーを選ぶことができます。こちらを参考に自分に合ったアイライナーをお探しください。

詳しく

実力派!リキッドアイライナーの人気15選

女子がメイクをする上で、目元をくっきり印象的に見せることのできるアイメイクは欠かせませんよね。マスカラ、アイシャドウ、そして目元を強調するメイクで最も欠かせないのがアイライン。そのアイラインを描くために必要になるのがアイライナー。中でもリキッドアイライナーは綺麗なラインを引くことができ、人気があります。リキッドアイライナーには様々な種類や性能があり、どんなものを選んだら良いのか迷ってしまいますよね。そこで今回はリキッドアイライナーの人気をご紹介したいと思います。是非アイライナーを選ぶ際の参考にしてみてください。

詳しく

アイライナーの人気15選♡アイメイクで理想の目元に

目元をくっきりと、美しくみせてくれるアイライナー。まつげのキワや目じりの跳ね上げに使ったりなど、好みの太さで、思い通りのラインを引きたいですよね。アイライナーは、大きく分けるとリキッドタイプとペンシルタイプがあります。リキッドタイプは筆で描くので、極細のラインも描きやすいですが、慣れていないと思い通りに引けないことも。ペンシルタイプは、リキッドより太めなラインが多いですが、扱いやすく、ぼかしたりするのにも向いています。近年では、より描きやすく落ちにくいアイライナーも増えてきています。美容液成分配合で目元のケアまでできるアイテムもありますよ。自分の好みのラインが描ける、ぴったりのアイライナーを探してみて下さいね。

詳しく

ペンシルアイライナーの売れてるBEST15|選び方のコツもご紹介

魅力的な目元を完成させるのにマストなアイテムであるアイライナー。リキッドやジェルタイプも良いですが、誰にでも簡単に美しいアイラインを完成させることができるペンシルタイプのアイライナーは、1本あると便利なおすすめのアイライナーです。一口にペンシルタイプのアイライナーと言っても、繰り出しタイプや鉛筆タイプ、芯の質感や色味などさまざまで、魅力もそれぞれ違います。自分にぴったりのペンシルアイライナーを使用して、魅力的なアイメイクを完成させたいものですね。そこで、今回は、ペンシルアイライナーについての基本的な事柄と、人気のペンシルアイライナーベスト15を紹介します。

詳しく

プチプラのアイライナーおすすめ15♡選び方もご紹介

アイメイクで重要なアイテムの一つになっているアイライナー。一口にアイライナーと言っても、色味はもちろんのこと、質感や使い方の異なるさまざま種類があり、どんな仕上がりが好みかなどで選ぶアイテムも異なってきます。あまりにもたくさんのアイライナーが販売されていて、どれが良いのか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか? そこで今回は、アイライナーの種類についてや、アイライナー選びで迷っている人におすすめしたい、コスパも抜群の口コミ人気の高いアイライナーを15選紹介します。アイライナー購入の際の参考にしてみてくださいね。

詳しく

おすすめペンシルアイライナー15選♡種類や選び方も紹介

アイライナーは、目元を魅力的にする必須アイテムです。目の形をすっきりと整え、くっきりと際立たせてくれます。 魅力的なメイクに欠かすことのできないアイライナーですが、ペンシル、リキッド、ジェルの大きく分けて3タイプあり、たくさんのメーカーから商品が販売されているため種類も多く、どれを選べばいいのかわからないという人も多いかと思います。リキッドアイライナーは、ハッキリとしたメイクをしたいときに重宝し、ジェルアイライナーは、細いラインから太いラインまで自由自在に再現できます。 ペンシルアイライナーは、線が引きやすいので、メイク初心者にもおすすめです。そんなペンシルアイライナーの種類・選び方・使い方、人気のあるおすすめペンシルアイライナーを紹介します。

詳しく

おすすめアイライナー15選♡種類や選び方も紹介

大きくパッチリした目は憧れで、メイクの時にアイラインは必ず引くという女子は多いのでは。そもそもアイラインはいつ頃から始まったのかというと、紀元前1200年のエジプトで魔除けや目の保護のために引かれていました。アイラインの原点は魔除けですが、現在ではメイクの1つとして目をくっきり見せる効果があると知られています。 アイライナーはその魅力的なラインを描く人気の化粧品で、マスカラやアイシャドウと並んで「三大アイメーク」とも呼ばれています。アイライナーのカラーはブラックが定番ですが、ブラウンやオリーブ・ブルーなど多彩でTPOで使い分けて楽しめます。ここでは、アイライナーの選び方や使い方・人気のおすすめ商品など紹介していきます。

ピックアップ記事

運営会社