女性向けおでかけ・旅行情報サイト

おすすめヘアパック15選♡種類や選び方も紹介

広告

おすすめヘアパック15選♡種類や選び方も紹介

「髪は女性の命」と昔から言われていますが、女性にとって美しい髪は自分を印象付ける大切なものの1つです。女性の髪は、紫外線やドライヤーの熱、ヘアカラーなどにより、日々ダメージを受けています。

そのダメージを補修して、さらりとしたなめらかな髪に導いてくれるヘアパックは、大人の女性の強い味方!毎日気軽に続けられるタイプから、ここぞという日に使いたいスペシャルケアのヘアパックまで様々なタイプが出ているので、自分の髪に合わせたものを選ぶのに迷ってしまいますよね。

今回は、髪質や目的に合わせて選べるおすすめのヘアパックを、厳選して15種類ご紹介します。ヘアパックの賢い使い方やタイプも教えますので、美髪をキープしていきましょう!

目次

もっと見る

ヘアパックの選び方のポイント・コツ!

おすすめヘアパック15選♡種類や選び方も紹介

髪へ栄養分を与えてくれたり、潤いあるつや髪の強い味方である、ヘアパック。ヘアパックは週2~3回行うスペシャルケアで、洗い流すタイプと洗い流さないタイプがあり、トリートメントよりも美容成分や保湿成分が多いのが特徴です。

ダメージや髪の保湿に効果が高いヘアパックは、髪が傷んでいる人にこそ使ってほしいアイテムで、髪質がごわつく人ほど丁寧なケアの効果がわかりやすいです。

ヘアパックを選ぶ際に見るべきポイントは、配合されている成分です。髪につやを出したいときや保湿を求めるときは、はちみつやコラーゲンなどが配合されたヘアパックを選びましょう。
また、頭皮や髪に優しい、低刺激なものを選ぶことも大切です。定期的に使うものだからこそ、成分を吟味してお気に入りを見つけたいですね。

広告

ヘアパックの種類・タイプ

おすすめヘアパック15選♡種類や選び方も紹介

洗い流すタイプ

洗い流すヘアパックは、一般的なヘアトリートメントと同じように使います。

シャンプー後にタオルドライして水気を切った髪に、揉みこむようにヘアパックをなじませていきます。髪全体になじませたら蒸しタオルで髪と頭部を包み、10分~30分(商品によって異なります)ほど浸透させてから洗い流します。

時間をかけて髪を保湿し、髪を柔らかくするヘアパックの特質なので、ごわごわした髪質の人の方が、ヘアパックの効果が期待できます。ヘアトリートメントより油分が多く、髪の根本につけてしまうと頭皮の皮脂トラブルにつながることがあるので、毛先中心につけるようにしましょう。

洗い流さないタイプ

洗い流さないタイプのヘアパックは、「アウトバスヘアパック」とも呼ばれていて、オイルタイプやミルクタイプなど実に様々な種類があります。

髪を洗ってタオルドライした状態で髪になじませるもの、ドライヤーの前につけるもの、ドライヤーやヘアアイロンなどを使った後に髪につけるものなど使い方も色々なので、使い方に合わせて選ぶことが大切です。

柔らかい髪質やダメージを受けた髪に向いていて、適量を髪に使うことで髪にツヤやハリを与えてくれます。流さなくていいので、朝のヘアスタイリングの際にもサッと使えるのが魅力です。

広告

広告

おすすめヘアパック15選♡種類や選び方も紹介に関連するタグ

日本 美容・ビューティ&ヘルス 日本 コスメ

広告

のおすすめホテル

トラベルブックの今週のおすすめ

広告

トラベルブックで人気のまとめ

じゃらんからのおすすめホテル

主要トラベルサイトから最安値のホテルプランを取得

ホテルの料金プランを検索する