おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

【羽田空港】高級ラウンジから気軽に使えるラウンジまで、利用方法を徹底解説!

更新日: 2024年2月26日

広告

https://ja.wikipedia.org

羽田空港は、イギリスのSKYTRAX社のグローバル・エアポート・アワードで4年連続5つ星を獲得しています。世界でも最高レベルの施設を備え、待ち時間も快適に過ごせると評判の空港です。

そんな羽田空港の滞在をより快適なものにしたいなら、ラウンジを利用しましょう。ラウンジなら、フライト前に人混みを避けてリフレッシュしたり、落ち着いた環境で仕事をこなしたりと待ち時間を有効に使えます。さらに、他の空港ではあまりない、航空会社の高級感溢れるラウンジを使えるオプションがあるのも魅力です。

しかし、ラウンジと言うと敷居が高く感じてしまう人も多くいます。そこで、初めての人でも気兼ねなく入れるよう、羽田空港のラウンジの基本的な使い方や、どんなサービスが受けられるのかなどの情報をまとめました。ラウンジに興味がある方や、これから使ってみたいという方はぜひ参考にしてください。

本ページではプロモーションが含まれます
当サイトでは施設やサービス(以下、サービス等)の掲載にあたり、ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任においてサービス等を選定しおすすめアイテムとして紹介しています。

なお当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、オンライン旅行代理店やレストラン予約サイトが提供するアフィリエイト・プログラムに参加し、サービス等の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。掲載の順番はサービス等の提供会社により支払われる報酬も考慮されている場合があります。

羽田空港の概要

まずは羽田空港について、簡単に説明します。羽田は1931年に「東京飛行場」として開業したのち、戦後の1952年より「東京国際空港」として新たにオープンしました。羽田空港という名前は地名から来た通称です。その後も拡張工事や整備が繰り返され、現在では4本の滑走路を擁し、大型の旅客機にも対応しています。現在では国内の48空港と結ばれている他、海外18カ国・地域の33空港とも繋がっており、年間8000万人以上の旅客数を誇ります。

https://ja.wikipedia.org

ラウンジの利点と利用方法

空港で無事にチェックインするまでは非常に慌ただしく、また時間に遅れないよう緊張しがちです。そのため、フライトまでの待ち時間はゆったりと過ごしたいものですが、普通の待合スペースは利用客が多くてあまり落ち着けません。そんな時、限られた人のみが利用するラウンジなら、ゆっくり休息できます。

POWER LOUNGE NORTH.

ラウンジと言うと飛行機のアッパークラス利用者や、マイレージの上級ステータス会員だけのものというイメージがあるかもしれません。しかし、特定の会社のクレジットカードを所有していたり、1,000円程度からの使用料を払ったりするだけで利用できるラウンジもあります。羽田空港はこういった一般用のラウンジも綺麗で評判が良いので、気軽に利用してみましょう。

ラウンジには、クレジットカード会社のラウンジと航空会社のラウンジの2種類があります。利用の際には入り口でクレジットカードや航空券、航空会社のステータスを示すメンバーズカードなどを提示、または機械でスキャンして入りましょう。中では飲み物などがセルフサービスで楽しめます。細かい設備やサービス内容はラウンジによって違うため、次の項目から個別に説明します。

Airport Lounge @ HND/RJTT Terminal 2

広告

羽田空港のエアポートラウンジ案内【国内線ターミナル】

まずは空港のラウンジを紹介します。これらは事前予約が必要ないので、空港の喧騒に疲れた時など、思い立った時に立ち寄れます。

第1旅客ターミナル

保安検査場を通過した後の「POWER LOUNGE SOUTH」は南ウィングの8番と9番ゲートの間、「エアポートラウンジ」は北ウィングの16番ゲート側にあります。どちらもソフトドリンクは無料で、アルコールとスナックは有料です。また、完全分煙の喫煙室が付いています。

【オープン時間】南ウィング「POWER LOUNGE SOUTH」6:00~21:00
        北ウィング「エアポートラウンジ」 6:00~20:30

【利用料金(南北共通)】大人1,080円 4歳~12歳 540円 3歳以下無料

また、到着ロビー中央にも一箇所、小ぶりのラウンジがあります。こちらにはソフトドリンクサービスと化粧室の他、シャワールームもあるので、フライト後にさっぱりしたい時やバスの待ち時間などの利用にぴったりです。

【オープン時間】6:00~20:00(シャワー受付は19:30まで)
【利用料金】大人1,080円 4歳~12歳 540円 3歳以下無料
     (シャワー使用込み)大人2,160円 4歳~12歳 1,620円 3歳以下1,080円

第2旅客ターミナル

こちらのラウンジは「POWER LOUNGE NORTH」が北ピア3階、「エアポートラウンジ」が南ピア手前(2階)です。やはりソフトドリンク無料・アルコールとスナックは有料で、喫煙室もあります。

【オープン時間】北側「POWER LOUNGE NORTH」6:00~21:30
        南側「エアポートラウンジ」6:00~20:00
【利用料金(南北共通)】大人1,080円 4歳~12歳 540円 3歳以下無料

POWER LOUNGE NORTH.

こちらの到着ロビーの一般エリアに面するラウンジも小ぶりですが、パソコンブースやシャワールームが付いていて便利です。
【オープン時間】6:00~20:00(シャワー受付は19:30まで)
【利用料金】大人1,080円 4歳~12歳 540円 3歳以下無料
     (シャワー使用込み)大人2,160円 4歳~12歳 1,620円 3歳以下1,080円

なお、上記のラウンジはカード会社と提携していて、該当するクレジットカードを所有している人は無料で利用できます。同伴者は有料ですが、アメックスとポルシェカードについては同伴者1名まで無料です。提携カードについては こちらのページ の下の方に一覧表がありますので、参考にしてください。

HANEDA airport lounge - South.

航空会社ラウンジ

通常、航空会社のラウンジはマイレージ上級クラス保持者やファーストクラス・ビジネスクラスなどの利用者専用です。しかし、羽田の国内線に限ってはそれ以外の乗客でもJALとANAのラウンジが有料で利用できます。価格は高くなりますが、エアポートラウンジよりワンランク上のサービスが受けられるので、JAL・ANAを利用する人にはおすすめです。

HANEDA Airport lounge.

サクララウンジ

どこの空港でも設備とサービスの良さで高い評価を集めているのがJALのサクララウンジです。羽田空港の場合は南・北ウィングそれぞれにあります。2階の保安検査場を抜けた先、エスカレーターを上った場所に位置しており、事前に予約サイトから申し込むことにより1人3,000円で利用できます。こちらは子どもも同額(3歳未満は無料)で、支払いは当日現金のみになり、カードは使えないので注意してください。

事前予約は こちら から

こちらはダイヤモンドプレミアムラウンジです

https://ja.wikipedia.org

【サービス・設備】
こちらにはアルコールを含むドリンクとおつまみ、新聞・雑誌が用意されています。また、それぞれに喫煙室と、女性専用ラウンジ8席、シャワールームが設けられています。さらに、こどもラウンジには赤ちゃん用のクッションプールや親子でゆったり座れるベンチシートなどがあり、子連れの人もリラックスして過ごせます。

メールチェックなどでPCを使いたい人は、ライブラリーを利用しましょう。デスクもあり、落ち着いて仕事をすることもできます。反対に、ゆっくり休息したいなら、半個室のような雰囲気でくつろげる「プライベート&リラックス」エリアがおすすめです。こちらにはマッサージチェアも用意されています。

【オープン時間】南ウイング 5:15~最終便出発まで
        北ウィング 5:30~最終便出発まで

無料利用の対象になるマイレージメンバーのステータスについては こちらのページ を参照してください。

ANA LOUNGE

広告

第2ターミナルにあるANAのラウンジも、ANAに搭乗する人なら3,100円で使えます。こちらも支払いは当日現金のみで、事前にオンラインまたは電話での予約が必要になります。北側は60番ゲート前、南側は62番ゲート前です。

事前予約は こちら から

【サービス・設備】
無料のソフトドリンク、各種アルコール、おつまみ、新聞・雑誌が備えられています。施設としては喫煙室やシャワールーム、リクライニングチェアなどがあります。また、FAXやプリントサービスも利用できます。なお、キッズコーナーは南側のラウンジのみなので、子連れの方にはこちらがおすすめです。

【オープン時間】南ウイング 5:15~21:00
        北ウィング 5:15~最終便出発まで

ANA Domestic Lounge - Tokyo Haneda Airport

羽田空港のラウンジ案内【国際線ターミナル】

続いて、国際線ターミナル内のSKY LOUNGE2つを紹介します。ちなみに有料(提携カード提示で無料)で使えるのがSKY LOUNGE、複数の航空会社の利用者と、提携しているクレジットカード保持者のみが使えるのがTIAT LOUNGEです。

SKY LOUNGE

出国手続き後、中央のエスカレーターを上るとすぐの場所(4階)にあります。入り口はエアライン専用のラウンジTIAT LOUNGEと共有になっており、右側がSKY LOUNGEの受付です。対象カード保有者は無料、それ以外の人は有料で使えます。無料のソフトドリンクと新聞・雑誌、有料のアルコールや軽食等が楽しめます。

【オープン時間】24時間
【利用料金】大人1,030円  4~12歳520円  3歳以下無料

Haneda Sky Lounge

SKY LOUNGE ANNEX

出国後エリアの北側4階にあるSKY LOUNGE ANNEXは、上記のSKY LOUNGEよりも広めでシャワーも付いています。また、10分100円で利用できるPCやコピー機なども併設されています。

【オープン時間】7時~25時
【利用料金】大人1,030円  4~12歳520円  3歳以下無料
      シャワー利用:1,030円/30分

SKY LOUNGEを無料で使える提携カード会社については こちらのページ をご参照ください。

ANA LOUNGE

ANAの国際線のラウンジは、対象の搭乗クラス(プレミアムエコノミー以上)やマイレージの対象ステータス保持者の他、事前予約すれば有料での利用も可能です。サービス内容はアルコールを含むドリンクと和洋中のビュッフェで、シャワーやWifiも使えます。110番ゲート付近と、114番ゲート付近の2つがあります。

【オープン時間】110番ゲート付近 5:00~25:00
        114番ゲート付近 6:30~13:30
【利用料金】事前予約4,000円 当日6,000円
事前予約は こちらのページ から

ANA Haneda international terminal lounge

JALサクララウンジ

利用できるのは搭乗クラスがプレミアムエコノミーの正規料金以上、マイレージ上級クラス保持者のみと条件が厳しいのですが、それだけに洗練された設備が整っています。下記で簡単に紹介しますので、機会があればぜひ使ってみてください。

こちらのサクララウンジは和モダンなインテリアでまとめられています。4階はシャワールーム、化粧室、ダイニングエリアとなっており、ビュッフェスタイルで食事やドリンクが楽しめます。5階はビジネスコーナーやソファのあるエリアです。さらに、別個に「スカイビューラウンジ」があり、こちらは眺望を楽しみながらお酒や食事が楽しめます。また、授乳室やマッサージチェアなどの設備も充実しています。

【オープン時間】サクララウンジ(本館4F/5F) 04:30~翌02:45
        サクララウンジ・スカイビュー 06:00~12:30  21:00~翌01:30

利用条件などの詳細は こちら をご参照ください。

https://ja.wikipedia.org

キャセイパシフィック・ラウンジ

海外の航空会社で唯一ラウンジを構えているのがキャセイです。こちらもビジネスクラス以上、ワンワールドのサファイヤ以上と利用条件のハードルは高めですが、ANAやJALのラウンジより上の6階に位置しているため、さらに特別感があります。食事はホテルオークラのフレンチトーストや、ヌードルバーの担々麺などが人気です。

【オープン時間】7:30~17:00
利用条件などの詳細は こちら をご覧ください。

B-KPD

ラウンジを使いこなして旅の上級者になろう

快適な空の旅をするためにも、ラウンジを上手に使いたいですね。羽田空港のラウンジは、他の国内空港と比べても設備がモダンで綺麗と言われています。これまで使ったことがなかったという人も、ぜひこの機会にラウンジデビューして、旅の上級者の仲間入りをしてください。

Airport lounge @ Haneda Airport "Terminal 2".

羽田空港に関するおすすめまとめ

広告

広告

のおすすめホテル

トラベルブックの今週のおすすめ

広告

運営会社