おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

大人気の韓国料理!メジャーなものから本場で人気のものまで紹介

韓国料理の主食は日本と同じご飯です。また、韓国では薬食同源が根付いているので、ご飯・スープ(鍋もの)・メイン料理・おかず・キムチと主食から発酵食品の副菜まで揃ったバランスの良い食事です。料理には野菜をたくさん使い、ごま油を使うヘルシーな料理が多いのが特徴です。調味料は唐辛子・ジャン(味噌)・朝鮮醤油・が使われ、ニンニクやショウガなど代謝に効果のある食材も用いられます。 日本で馴染のある韓国料理は、焼き肉やチヂミ・キムチだと思いますが、他にもおすすめの料理がたくさんあります。ここでは、メジャーなものから、本場ならではの韓国料理を紹介します。

続きを読む

ツアーを検索する

出発地を入力してください

出発地

目的地

出発日

日数

日間 〜日間
ツアーを検索

焼きもの系

■カルビ

A post shared by 백년갈비 (@okyupsal) on

はじめに紹介する韓国料理は「カルビ」。日本でもおなじみのカルビは、韓国語で牛の肋骨(あばら)の意味で、韓国料理のカルビはバラ肉を指します。韓国でも人気の焼き肉メニューは日本同様「カルビ」です。韓国でいうカルビは一般的に骨付きカルビをいいます。カルビには2種類あって、味付けのない生のまま焼く「センカルビ」と、甘めの味付けダレに漬けた「ヤンニョムカルビ(味付けカルビ)」があります。

■プルコギ

A post shared by 이유민 (@yumin6120) on

次に紹介する韓国料理は「プルコギ」。味付が辛くない韓国料理として人気の高いプルコギ。プルコギのプルは「火」、コギは「肉」の意味で、醤油ベースの甘いタレに漬け込んだ薄切り牛肉を、中央部分が盛り上がった形状の鍋で焼く韓国独特の調理法。焼くときはお肉と一緒に、野菜・きのこ・春雨も入れます。味が付いているのでそのまま、サンチュやえごまの葉に包んで食べたりします。

■サムギョプサル

A post shared by montaro_1712 (@akita_hangeul) on

続いておすすめの韓国料理は「サムギョプサル」。サムギョプサルの「サム(三)」「ギョッ(層)」「サル(肉)」で、日本でいう豚の三枚肉を指します。薄くカットした三枚肉とキムチやニンニクと一緒に専用の鉄板でこんがり焼いて食べます。肉には下味は付けず、生肉のまま焼き始め、余分な脂を落とし、焼きあがったらハサミで一口大にカット。岩塩やごま油で味をつけサンチュやエゴマの葉で巻いて食べます。

■タッパル

続いておすすめの韓国料理は「タッパル」。タッパルの「タッ(鶏)」「パル(足)」を意味していて、足首から下の部分をぶつ切りにした韓国料理です。唐辛子をベースに、ニンニク・ショウガなど合わせたピリ辛のタレに漬け込んでそのまま焼いて食べます。見た目がグロテスクですが、ピリっと辛めで、コリコリした歯ごたえと、弾力のある皮がお酒のおつまみにぴったり。コラーゲンもたっぷりで地元では女性に人気。

■チキン

A post shared by 이한솔 (@solsol.02) on

続いておすすめの韓国料理は「チキン」。韓国料理でチキンと言えば、最もポピュラーなのは骨付きの鶏肉を油で揚げた「プライドゥ(フライドチキン)」です。お店によって味付けは異なりますが、ビールや焼酎に合う食べ物で人気です。「ヤンニョム(味付け)」はコチュジャン・ニンニク・生姜など香草を混ぜた甘辛いヤンニョム(薬味ソース)をフライドチキンに絡めた、韓国らしい味付のチキン料理。

鍋系

■サムゲタン

A post shared by K (@vvseoulfoodvv) on

次に紹介する韓国料理は「サムゲタン」。疲労回復があると言われている、鶏を丸ごと高麗人参やニンニク・ナツメ・クリなどと一緒に煮込むタン(湯・スープ)料理。韓国料理の中でも栄養価の高いと知られ、韓国ではボシン料理(スタミナ料理みたいなこと)として親しまれてきました。特に暑い夏場に食べる習慣があり、夏バテ防止に効果を発揮すると人気の高い鍋料理です。

■タッカンマリ

A post shared by Yasuyo (@yasuxyasu) on

次に紹介する韓国料理は「タッカンマリ」。タッカンマリを日本語に直すと「鶏一羽」の意味で、その名の通り、鶏を丸ごと鍋で煮込み、唐辛子・にんにく醤油・酢・からしをなどで作ったタレで食べる韓国料理です。スープには鶏ガラのきいたダシを使い、具材はに鶏肉・ネギ・じゃがいも・トッ(餅)などが定番です。10~15分煮込み柔らかく煮込まれた鶏肉に、タレをつけるとピリリと辛みが走り、食欲が増す鍋料理です。

■コムタン

A post shared by 은행이 (@eunhang2) on

8番目におすすめする韓国料理は「コムタン」。韓国料理の代表的な存在のコムタンは、牛の肉や内臓などを長時間煮込んだシンプルなスープです。長時間煮込む意味の「膏飲(コウム)」が変化して「コム」になり、スープの意味の「タン(湯)」を合わせできた料理名です。食べる時は牛の旨味が溶け込んだスープに薬味の刻み葱を乗せますが、好みでキムチ・塩を加えても違った風味を楽しめます。

■ユッケジャン

次に紹介する韓国料理は「ユッケジャン」。韓国では激辛で人気のスープで、牛肉のスジ・内臓のダシでスープを作り、そのスープで牛肉と野菜を煮込みます。味付は韓国粉唐辛子とニンニク・しょうゆ・コショウ・コチュジャンが使われます。スープの具材は、茹でた細切り牛肉とわらび・ずいき・長ネギ・豆もやしなどが定番。ご飯と相性が良く、スプーンですくったご飯をスープにくぐらせて食べるのが韓国式です。

■スントゥブチゲ

10番目におすすめする韓国料理は「スントゥブチゲ」。メジャーな韓国料理のスンドゥブチゲは、日本のおぼろ豆腐のような押し固めない柔らかい豆腐を辛いスープで煮込んだ鍋料理です。石鍋に材料となる、純豆腐(スンドゥブ)とキムチと野菜、あさり・牡蠣など海鮮や、豚肉・牛肉など様々、味付けはコチュジャン・唐辛子粉・ニンニク・ごま油など辛みが強いスープで煮込みます。仕上げに生卵を落とし、ご飯と一緒に食すのが定番です。

蒸もの・茹でもの系

■ポッサム

A post shared by @uke__uke on

11番目におすすめする韓国料理は「ポッサム」。地元韓国で老若男女に人気のポッサムは、豚肉を使った定番の韓国料理です。ショウガやニンニクを入れた水を沸かして豚の三枚肉を1時間ほど茹で、お湯から出して温かい状態を保ちながら15分蒸らし、冷ますというシンプルな調理。食べ方は、豚肉と相性が抜群のキムチや海老の塩辛と一緒に頂きます。ご飯のおかずやお酒のつまみとしても合い、韓国家庭の食卓ではよく見かける料理です。

■チョッパル

続いておすすめの韓国料理は「チョッパル」。ゼラチン質の豚足を調理したチョッパルは、コラーゲンたっぷりの美容にもおすすめの1皿です。豚の足を茹でたあとに、醤油・砂糖・清酒ベースのタレに、ニンニク・ショウガ・ネギそして茹でた豚足を入れて、長時間煮込む韓国料理です。長時間煮てゼラチン化し、モチモチの柔らかさと、プルプルした弾力の食感が魅力です。油っこくなくさっぱりと食べられます。

■コッケチム

次に紹介する韓国料理は「コッケチム」。コッケチムとはワタリガニの蒸し料理のこと、「コッケ」は「ワタリガニ」のことでが、漢字で書くと「花蟹」です。茹でると鮮やかな赤色になり、花のように見えることから「花蟹(コッケ)」と呼ばれているそうです。「チム」は「蒸す」を意味し、ワタリガニの身と牛肉・豆腐・しいたけを溶き玉子に混ぜ、甲羅に詰めて蒸した料理。淡白な味で辛みはなく食べやすい1皿です。

■アグチム

続いておすすめの韓国料理は「アグチム」。アグチムは、アンコウと野菜を辛く蒸し煮にした料理です。「アグ」はアンコウのことですが、「アグィ」とも呼ばれるので「アグィチム」と称されることもあります。調理方法はアンコウを食べやすい大きさにブツ切りし、セリ・豆もやし・ワラビ・長ネギなど野菜を、唐辛子と醤油ベースの調味料で煮ます。地元では専門店のメニューで、酒肴として人気です。

■カルチジョリム

15番目におすすめする韓国料理は「カルチジョリム」。韓国のリゾート地「済州島(チェジュド)」の名物「太刀魚」を辛く煮た料理です。韓国では家庭料理の定番で、大根と一緒に煮込みご飯のおかずにぴったり。作り方は、カルチ(太刀魚)の生臭みを消す、唐辛子・ショウガ・ニンニクをたっぷり使い、鍋に大根を敷いて煮込むシンプル調理。脂ののったカルチの身は柔らかく、ピリ辛味のしみた大根がクセになります。

炒めもの系

■タッカルビ

A post shared by LIM (@zzing_oh) on

16番目におすすめする韓国料理は「タッカルビ」。タッカルビは、春川(チュンチョン)の名物料理でピリ辛な味の鶏肉炒めのことです。具材のメイン鶏肉は、本来は骨付きのブツ切り肉ですが、近年は骨なし肉が使われます。他の具材はキャベツ・ネギ・人参・さつまいも・トッ(韓国餅)など。味付は甘辛いコチュジャンがベースのタレをかけて鉄板の上で炒めます。日本でいう〆にはご飯を入れて炒飯にして食べるのが通です。

■ポックンパッ

続いておすすめの韓国料理は「ポックンパッ」。ご飯を炒めた料理のことで、韓国式炒飯ともいえます。ポックンは炒める、パッはご飯を意味します。具材はご飯の他に、細かく刻んだンジン・ジャガイモ・タマネギなど野菜や肉などを使用します。炒めたご飯にかけるソースは、炒めた黒味噌(チャジャン)をかける場合があります。具材が変わると呼び名も変わり、海鮮を使った
サムソンポックンパッなどあります。

■ナクチポックン

A post shared by 구윤모 (@younmog) on

18番目におすすめする韓国料理は「ナクチポックン」。ナクチポックンは、手長タコの炒めものです。ナクチ=手長タコ、ポックン=炒めるという意味で、唐辛子味噌とニンニクで炒めた、激辛の韓国料理です。ただ、地方で料理法が異なり、釜山ではスープが入った鍋系の料理で、ソウルではスープがなく激辛ソースに和えたもの。韓国料理で最も辛いと言われているのが、ソウルのナクチポックンになります。

発酵食品・漬物系

■キムチ

A post shared by YM (@foreveryoungmi1) on

19番目におすすめする韓国料理は「キムチ」。キムチは日本でも馴染のある食品ですが、韓国では漬物の総称を「キムチ」と呼んでいます。キムチの始まりは野菜の塩漬けでしたが、12世紀頃から、各種の香辛菜類を加えるようになり、独特の味を出すようになってきました。材料は白菜などの野菜と、塩・唐辛子、魚介塩辛、ニンニクなど。野菜の甘味と乳酸発酵による酸味・魚介の旨味が融合した漬物です。

■チョッカル

20番目におすすめする韓国料理は「チョッカル」。韓国ではキムチ同様、副菜としてよく食べられている塩辛です。そもそも塩辛は、魚介類を塩漬けにして発酵・熟成させた保存食品。発酵時にたんぱく質が分解されて、アミノ酸が生まれ旨味が増えます。材料にはタラの内臓・イカ・アサリ・エビの塩辛など、40種類を超えるそうで、その多さに驚きます。お酒の肴はもちろん、ご飯のお供にもおすすめです。

■カンジャンケジャン

A post shared by 이쭈♡ (@ljjuh) on

続いておすすめの韓国料理は「カンジャンケジャン」。「カンジャン」は醤油、「ケジャン」はワタリガニを醤油やコチュジャン(唐辛子味噌)のタレに漬けたものを意味します。韓国では瑞山(ソサン)がワタリガニの産地として知られ、卵が大きくなる春が最もおいしい時期と言われています。生臭みはなく、とろけるようなカニの身がニンニクが効いた醤油ダレと相性がよく、地元でも大人気の韓国料理です。

■ホンオチム

A post shared by bubustagram (@ljhkjy0621) on

22番目におすすめする韓国料理は「ホンオチム」。ホンオ(ガンギエイ)のことで、それを醗酵させ蒸したものをホンオムチと言います。新鮮なホンオは匂いがなく、甘みがありシコシコ歯ごたえですが、醗酵が進むと鼻にツンとした感じが強くなり、身は柔らかくなります。3~4日発酵させたあと蒸して食べます。ホンオは、腐らせば腐らすほど身が柔らかく、おいしくなると言われていますが、その匂いも強烈です。

■チョングッチャン

次に紹介する韓国料理は「チョングッチャン」。清麹醤(チョングッチャン)は大豆を発酵させた味噌の一種で、日本の納豆のように糸を引く粘り気と、納豆より強い独特の臭いが特徴です。地元韓国でもその匂いの為、好き嫌いが分かれる食品。煮込むと臭いが消え、クセも和らぎ濃厚な旨味に替わります。野菜がたっぷりのスープに入れると、豆の風味が広がり、日本の味噌汁「おふくろの味」的存在です。

刺身系

■ユッケ

A post shared by Lee YouRa (@leeyoura4294) on

続いておすすめの韓国料理は「ユッケ」。ユッケに使われる肉は、牛の腰からお尻にかけての赤身肉「らんぷ」です。韓国語で「ユッ(肉)」の「フェ(刺身)」を意味します。肉質はとろけるような柔らかさで、みじん切りにした生肉とニンニクやゴマ油などで和えています。トッピングには梨や松の実・ごま・卵黄などがあり、全部混ぜてから食べます。梨のシャキっとした食感と肉の甘味が合うお酒のお供にぴったり。

■サンナクチ

続いておすすめの韓国料理は「サンナクチ」。手長ダコを活〆し、ぶつ切りにした韓国料理の刺身をいいます。「サン」は生きているを意味する言葉で、「ナクチ」は手長ダコをいいます。手長ダコの足の部分をぶつ切りにした後、ゴマ油、ゴマ、アラ塩などをふりかけて食べます。生きたまま調理するので、提供されたお皿の上でうねうね動いています。また、精が付く料理として人気です。

■フェ

26番目におすすめする韓国料理は「フェ」。日本でいう刺身にあたる、新鮮な魚を薄切りにして盛り合わせた韓国料理です。韓国でもフェが本場の釜山(プサン)はフェッチッ(刺身屋)が軒を連ね、韓国各地から新鮮なフェを求めに1年を通して観光客で賑わいます。フェはすべて生きたままで調理をし、なので冷凍ものはありません。薬味はサムジャン・チョジャン・醤油とわさびの3スタイルお好みで食べ分けできます。

■ホンオフェ

A post shared by Angela (@pootigger912) on

次に紹介する韓国料理は「ホンオフェ」。世界で二番目に臭いと言われている韓国料理です。ホンオフェはガンギエイの肉を、壺に入れて10日ほど発酵させた韓国の発酵食品。発酵が進むとエイの持つ尿素が加水分解され、アンモニアが発生。出来上がったホンオフェはアンモニア臭が強いので、キムチ・サムギョプサルと一緒に食べる「三合(サマップ)」が定番で、マッコリで味を誤魔化すのがおすすめ。

■ムルフェ

A post shared by ヒロミ (@k_h.kanmi) on

28番目におすすめする韓国料理は「ムルフェ」。夏の季節メニューとして人気の韓国料理で、「ムル」は水、「フェ」は刺身の意味で、刺身を氷水の中に浮かべて食べる料理です。調理方法は器に新鮮な刺身とサンチェなどの野菜を盛って、ネギ・ニンニク・唐辛子などの薬味をのせます。その器に水を入れて、氷を浮かべます。刺身は白身魚やスルメイカ・サザエなど色々な海産物が使われます。

チヂミ系

■チヂミ

29番目におすすめする韓国料理は「チヂミ」。韓国料理と言えばチヂミというほど、日本ではポピュラーな食べ物です。チヂミは魚介や肉・野菜などを小麦粉で溶いた生地に混ぜて焼いた、日本のお好み焼きのような料理です。韓国ではチヂミとは使わず「ジョン(煎)」や「ブッチンゲ」という呼び方が一般的です。具材で呼び方も変わり、白菜キムチ=キムチジョン・ネギ=パジョン・ニラ=プチュジョンなど色々なチヂミがあります。

■ピンデトッ

30番目におすすめする韓国料理は「ピンデトッ」。チヂミに似ていますが、材料が緑豆の生地で韓国では伝統酒のおつまみに人気の料理です。ピンデトッの生地は、緑豆を一晩水に漬けてふやかしたものを、石臼で挽くと山芋のようなとろみが出ます。それを生地として、鉄板に広げ、その上にお肉や海鮮の具材を乗せて焼いていきます。小麦より香ばしく味も濃く、ドンドンジュやマッコリにぴったりの1皿です。

■東莱パジョン

最後に紹介する韓国料理は「東莱パジョン」。釜山の郷土料理のひとつ東莱パジョンは、宮廷に献上された高級料理でもあります。具材はネギ・ホタテ・カキ・ハマグリ・エビ・牛肉と豪華な食材。鉄板にネギを並べその上に海鮮や肉を置き、またネギで挟みます。生地は米粉を使い卵と割ってとろみがつくようになっていて、焼いた具材の上にのせて硬くならないように蓋で蒸し焼きにするのが特徴です。

大人気の韓国料理!メジャーなものから本場で人気のものまで紹介に関連するタグ

韓国 ツアー・旅行

のおすすめホテル

韓国への旅行も
航空券とホテルをセットでお安く予約!

韓国の航空券+ホテルを探す

トラベルブックの今週のおすすめ

トラベルブックで人気のまとめ

運営会社