女性向けおでかけ・旅行情報サイト

北海道のチーズブランドとおすすめチーズ商品まとめ20選!

広告

北海道のチーズブランドとおすすめチーズ商品まとめ20選!

今回は北海道のチーズブランドとおすすめのチーズを紹介します。毎日の食生活に欠かせない乳製品ですが、日本の牛乳・乳製品を考えるとき、今や北海道なくして語ることはできません。北海道の国内生乳生産量は50%を超えており、ほとんどがチーズやバターなどの乳製品向けに利用されています。現在、酪農王国の北海道は、日本のチーズ作り発祥の地とも言えるほど、ナチュラルチーズを手がける工房が各地に点在しています。さまざまな特徴を持ったチーズ工房や、チーズの種類も豊富にあります。ぜひチェックしてお好みのチーズを見つけてください。

■【株式会社ゆたか】和ちいずシリーズ

北海道のチーズブランドとおすすめチーズ商品まとめ20選!

amazon

最初におすすめする北海道のチーズは「和ちいずシリーズ」。北海道産の山わさびと白ワインを使って作ったチーズです。一番のポイントは、山わさびのつんとした辛みです。わさびとチーズの相性の良さに驚かされる一品です。

山わさびの新鮮な風味を大切にしているので、常におろしたての状態でチーズに練り込んでいます。そのままでもおいしくいただけますが、海苔で巻いたり、お茶と一緒に味わうなど、和風を楽しめる新感覚なチーズです。

【株式会社ゆたか】和ちいず

参考価格:647円

■【アドナイ】フロマージュ・ド・エール

次におすすめする北海道のチーズは「フロマージュ・ド・エール」。興部町にあるチーズ工房のウォッシュチーズです。「ヨーロッパの農家が作るチーズ」をコンセプトに全国の料理人からの支持を集めています。

フランス生まれのマンステールを意識して、チーズの表面を洗いながら熟成させました。濃厚でクリーミーな味が特徴的で、バケットにのせてそのまま食べてもおいしくいただけます。ゆでたジャガイモの上に乗せて、トロトロになるまでオーブンで焼くのがおすすめです。

【アドナイ】フロマージュ・ド・エール

参考価格:1630円

■【さらべつチーズ工房】酪佳

A post shared by のり (@nori_shima) on

3番目におすすめする北海道のチーズは「酪佳」。セミハードタイプのゴーダチーズで、1年以上の熟成期間をかけており、深い風味とコク、強めの香りが特徴です。中身はセミハードで熟成が進むとさらに硬くなります。

薄くスライスして、バケットにハムなどと一緒にあわせたり、パスタにすりおろして食べるのがおすすめです。北海道で開催された洞爺湖サミットでは、世界の首脳に振る舞われた一品として、今でも人気のあるチーズです。

【さらべつチーズ工房】酪佳

参考価格:2592円

■【米村牧場チーズ工房プラッツ】ワイン・ドゥ・チーズ

A post shared by Tsutomu Ogata (@tomtomzx) on

次に紹介する北海道のチーズは「ワイン・ドゥ・チーズ」。北海道三笠市にある山﨑ワイナリーのワインに漬け込んだコラボレーションのチーズです。

赤ワインのピノ・ノアールと白ワインのケルナーの2種類があり、どちらも熱で溶けるタイプのチーズとなっています。ラクレットはもちろんですが、バケットなどに乗せて焼くことで、風味とコクが楽しめるのでおすすめです。

【米村牧場チーズ工房プラッツ】

■【共働学舎新得農場】フロマージュブラン

A post shared by 発酵大学 (@hakkoudaigaku) on

5番目におすすめする北海道のチーズは「フロマージュブラン」。フランス語で「白いチーズ」という意味のまろやかなフレッシュチーズです。乳酸発酵の途中でミルクに酵素を入れ、固めて脱水します。

ヨーグルトよりも少ししっかりしており、まろやかな食感を楽しめます。ミルクの美味しさを感じたい方は、そのまま何もかけず、プレーンな状態で食べることをおすすめします。ジャムやフルーツなどと一緒にあわせて、デザートからサラダまで幅広く使えるのもうれしいポイントです。

【共働学舎新得農場】フロマージュブラン

参考価格:180円

広告

■【ニセコフロマージュ】クリスピーチーズ

A post shared by Takao Tsukui (@tsukui_takao) on

続いておすすめの北海道のチーズは「クリスピーチーズ」。デビューから10年が経つ人気のチーズですが、元は失敗作から生まれました。試作を繰り返す中、捨てるのがもったいないので焼いてみたところ、好評だったため商品化に至りました。

おやつやお酒のつまみにもピッタリです。パリパリの食感が人気で、プレーン、山海美味、ピリ辛タイプが定番です。夏期は他に4種類の味が加わり、期間限定で楽しめます。

【ニセコフロマージュ】クリスピーチーズ

参考価格:300円

■【ひがしもこと乳酪館】おつまみチェダーチーズ

7番目におすすめする北海道のチーズは「おつまみチェダーチーズ」。北海道東藻琴高等学校と共同研究・開発したチェダーチーズです。ゴーダチーズよりも脂肪分が少なく、クセもなく口あたりもすっきりとしているのに熟成された味わいが何とも言えない人気となっています。

軽めのワインとも合いますので、ぜひそのままでご賞味ください。サラダにのせるとアクセントになる独特の赤い色です。熱に溶けるのでオムレツやソースにも活躍します。

【ひがしもこと乳酪館】おつまみチェダーチーズ

参考価格:151円

■【長沼あいす酪乳品工房】北のおいちーず

北海道のチーズブランドとおすすめチーズ商品まとめ20選!

楽天市場

次に紹介する北海道のチーズは「北のおいちーず」。北海道産の濃厚な生乳を使用したチーズと北海道産の大豆と小麦を使った醤油を使用して、おつまみで人気の「さきいか」風に作ったチーズです。

かむほどにまろやかな味わいが口の中に広がり、バターのような香りが楽しめます。ビールにもよく合う、とてもおすすめの新感覚のおつまみです。醤油の香ばしさもチーズと重なり、やみつきになってしまうこと間違いなしです。

【長沼あいす酪乳品工房】北のおいちーず

参考価格:500円

■【たむらや】モッツァレラみそ漬け

A post shared by うさみみ (@m_3140) on

次に紹介する北海道のチーズは「モッツァレラみそ漬け」。特製のみそにフレッシュなモッツァレラチーズ漬けました。淡泊でクセのないのモッツァレラチーズを、みそ漬にしてミルクのまろやかさと甘みをぎゅっと閉じ込め、みその深いコクと旨みが加わりました。

JAL国際線のビジネスクラス機内食に使われるなど、目が離せないおすすめチーズです。パスタなどには、漬けてある味噌ごと和えて、みそ味のモッツァレラパスタが簡単に出来上がります。

【たむらや】モッツァレラみそ漬け

参考価格:660円

■【NEEDS】プチカチョカバロ

北海道のチーズブランドとおすすめチーズ商品まとめ20選!

楽天市場

広告

10番目におすすめする北海道のチーズは「プチカチョカバロ」。北海道十勝地方にある新田牧場の新鮮な牛乳を原料にして、ひょうたん形に形成し、ひもでつるして乾燥熟成させたナチュラルチーズです。

ミルクの風味がしっかり残り、コクもあるので、しっかりとした味が楽しめます。加熱すると、良く伸び風味もさらによくなるのでで、チーズステーキやチーズトーストなどの加熱料理がおすすめです。

【NEEDS】プチカチョカバロ

参考価格:360円

■【十勝野フロマージュ】なかさつないカマンベール

北海道のチーズブランドとおすすめチーズ商品まとめ20選!

楽天市場

11番目におすすめする北海道のチーズは「なかさつないカマンベール」。北海道の大自然のもとで育まれた新鮮な生乳を原料にした独自の研究と製造製法により造ったカマンベールチーズです。

ほのかな甘みとクリーミーな味わいで人気の中札内カマンベールのハーフサイズです。このチーズは、乳酸菌が生きており、熟成がすすんでいるので、あっさりとした口当たりが好きな方は早めに、濃厚で深いコクが好きな方はじっくり熟成を待ってお召し上がりください。

【十勝野フロマージュ】なかさつないカマンベール

参考価格:434円

■【白糠酪恵舎】トーマ・シラヌカ セミハード

A post shared by burura (@burura0208) on

続いておすすめの北海道のチーズは「トーマ・シラヌカ セミハード」。ミルクが持つ優しさと口どけの良さが特徴の野菜との相性が抜群のチーズです。イタリアで「トーマ・ピエモンテーゼ」に出会い、製法を学びました。

そのまま食べてももちろんおいしいですが、加熱をすることで透明感のある味わいになり、後味にはミルキーさが残り、肉や野菜などの素材の味を何倍にも引き立ててくれる素晴らしいチーズです。

【白糠酪恵舎】トーマ・シラヌカ セミハード

参考価格:423円

■【月のチーズ】フレッシュクリームチーズ

A post shared by @h.miyuking on

次に紹介する北海道のチーズは「フレッシュクリームチーズ」。口に入れるとスーッと溶けていくようなクリーミーで爽やかなフレッシュクリームチーズです。

フレッシュチーズだけを作っているお店のコンセプトは、「パリの朝市の量り売りで買うようなチーズの味」です。一切添加物を使わない本物のチーズの味わいをお楽しみください。パンやサラダ、蜂蜜やジャムと合わせてそのままデザートにも使えるおすすめのチーズです。

【月のチーズ】フレッシュクリームチーズ

参考価格:864円

■【ノースプレインファーム】オホーツクおこっぺ熟成チーズ

14番目におすすめする北海道のチーズは「オホーツクおこっぺ熟成チーズ」。牧草に化学肥料を使わない、自然そのままのおこっぺ牛乳の味を大切に乳製品をつくっています。

有機セミハードチーズに、有機ブラックペッパーや有機バジルを混ぜ合わせたアクティブチーズです。ALLJAPANナチュラルチーズコンテスト2009で優秀賞を受賞したゴーダチーズや、それを燻したゴーダスモークなど、さまざまな種類を数量限定にて販売しています。ぜひ一度ご賞味ください。

【ノースプレインファーム】オホーツクおこっぺ熟成チーズ

参考価格:600円

■【Bocca】牧家のさけるチーズ

A post shared by ピロコ (@piroring165) on

続いておすすめの北海道のチーズは「牧家のさけるチーズ」。北海道の生乳を使った柔らかな食感のチーズです。絹のようにスッとさける感触がくせになりそうです。食塩のみで味付けをしており、口に入れるとミルク感が広がるよう工夫して作りました。

そのままでもおいしいですが、さけるチーズが、加熱する事で糸をひいて「伸びる」チーズに変わりますので、トーストやグラタン、ピザなどにも使っていただけます。

【Bocca】牧家のさけるチーズ

参考価格:648円

広告

北海道のチーズブランドとおすすめチーズ商品まとめ20選!に関連するタグ

北海道 ショッピング 北海道 お土産 北海道 専門店 北海道 食料品 日本 ショッピング 日本 お土産 日本 専門店 日本 食料品

広告

のおすすめホテル

トラベルブックの今週のおすすめ

広告

トラベルブックで人気のまとめ

運営会社