おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

【那覇空港】新ラウンジオープン! ラウンジの場所や使い方、サービス情報を徹底解説!

【那覇空港】新ラウンジオープン! ラウンジの場所や使い方、サービス情報を徹底解説!

https://ja.wikipedia.org

那覇空港は、沖縄の空の玄関口として国内各地と結ばれています。沖縄本島への観光はもちろん、周辺の宮古島や石垣島などへ行く際の乗り換えに利用されることも多いです。また、国際線は中国や台湾などアジアの国々にも就航しており、日本の最西端の入り口としての顔も持っています。

そんな那覇空港にあるラウンジは、数は少ないながら沖縄の特色を生かした作りと沖縄の名産品や食べ物、飲み物等が充実しています。そのため、空港全体に流れる南国リゾートのイメージと合わせて、搭乗の直前まで沖縄を堪能することができるのが特色です。

こちらの記事では、那覇空港のラウンジの種類や利用方法、サービス内容までまとめています。誰でも使える有料ラウンジの情報もありますので、沖縄旅行の際にはぜひご活用ください。

広告

那覇空港でラウンジを使うには

那覇空港は、沖縄のハブとは言え、羽田や成田などの大規模空港に比べるとコンパクトさが目立ちます。しかし、年々増加する便数や旅客数に対応するため、滑走路の増設などに取り組んでおり、今後どんどん発展していくことが期待されています。

国内線ターミナルの様子

https://ja.wikipedia.org

サービスやホスピタリティの面でも質が上がっており、ラウンジも例外ではありません。2018年、JALが新しいラウンジをオープンしたこともあり、ラウンジ上級者からも注目を集めています。
沖縄でのマリンスポーツで疲れた体を癒やすため、または仕事への活力を養うためにも、せひ積極的にラウンジを利用しましょう。

ラウンジの種類

一般的にラウンジには航空会社運営のものと、クレジットカード会社と提携しているもの、それに誰でも使える有料ラウンジがあります。
那覇空港も例外ではなく、国内線ターミナルの保安検査場後のエリアに航空会社ラウンジ、到着ロビーにカード会社ラウンジ(有料利用と共通)が設置されています。航空会社ラウンジは日系のJALとANA運営のものがあり、それぞれ2種類ずつです。

また、国際線ターミナルには航空会社共通のラウンジ「琉輪(りゅうりん)」があります。利用できる条件などは記事後半にまとめてありますので、参考にしてください。

国内線ターミナルラウンジ

ラウンジ華〜hana〜

国内線ターミナルのラウンジです。革張りのソファーでドリンク片手にリラックスしたり、衝立と電源付きのビジネスコーナーで落ち着いて仕事したりと、思い思いに過ごせます。

こちらは提携しているクレジットカードがあれば無料で使える他、料金を払って利用することもできます。
どちらの場合も、入室の際に当日の航空券か搭乗券を提示することが必要です。

ICチェックインサービスなどチケットレスのシステムを利用している場合は、搭乗予定の便名や行き先、出発時刻などを申告しましょう。その際、スマートフォンなどで内容確認画面や、プリントアウトしたものなどを用意しておくと安心です。到着時に利用する際は半券を提示する必要があります。

ラウンジは通常、飛行機の搭乗前に使うことが多いものですが、華〜hana〜は那覇空港に到着した人でも使えるのが特徴です。
実際、出発フロアではなく1階の到着ロビーにあるので、見落とさないようにしましょう。場所は道路からターミナルに入って右手、到着口を出た時は左手です。

ラウンジ華のマップ・情報ページは こちら

また、こちらにはカード会社ラウンジには珍しく、シャワールームが付いています(有料)。受付で申し込めば使えるため、搭乗前や到着後に汗を流してさっぱりできます。なお、受付は19時までです。

【営業時間】8:00〜20:00(年中無休)
【利用料金(税込)】大人1,296円 3歳以上12歳未満半額、3歳未満は無料
          シャワールーム使用料金 864円
【無料利用対象のクレジットカード】※ゴールドカードなど、細かい規定についてはカード会社に問い合わせるか、受付で確認してください。
DC、UFJ、NICOS、MUFG、JCB、VISA、ダイナース、UC、TS Cubic、OCS、Orico、アメリカン・エキスプレス、楽天カード、MIカードゴールド、Life、Eposプラチナ・ゴールド、ポルシェカード・アプラス、スルガ銀行、ジャックスカードゴールド

【サービス内容】ソフトドリンク・おつまみ無料、Wifi(Free spotなど、空港内共有のもの)、新聞・雑誌備え付け
【有料サービス】ビール、コピーサービス、マッサージチェア、パソコン、シャワー
【注意事項】台風による遅延などで混雑する際は、利用時間の制限がかかることもあります。また、飲食物の持ち込みや携帯電話での通話は禁止されています。
ラウンジ内は完全禁煙なので、喫煙したい人は外か最寄りの喫煙スペースを利用しましょう。

広告

那覇空港のJALラウンジ【国内線】

サクララウンジ

サクラのサインが特徴的なJALのこちらのラウンジは、2017年2月にリニューアルオープンしました。よりスタイリッシュになったインテリアは、落ち着いた色合いの木材や竹材を使って日本の美を現しています。

要所要所にJALのテーマカラーである赤を使ったデザインは、以前から各地のサクララウンジを手がける乃村工藝社によるものです。

サクララウンジの場所は、国内線ターミナル2階出発ロビーの出発口Aから保安検査場を抜けた後、すぐ左側です。なお、那覇空港では11時から12時半ごろまで保安検査場が混雑しがちなので、この時間帯にラウンジでゆっくりしたい人は早めに移動しましょう。

ラウンジの内部は、入り口を入ると右手に喫煙スペースがあります。奥にレセプションがあるので、そこで利用できるステータスかどうか確かめてもらいます。

その先にはクロークがあり、ラウンジ使用中は手荷物を預けることができます。電話用ブース、fax・コピー機がその隣に配置されています。さらに奥に進むと、左手にダイニングスペース、右手にリラックススペースや化粧室という構成になっています。

【場所】国内線ターミナル2階 保安検査後エリア
【営業時間】6:10〜最終便の出発時刻まで
【サービス内容】ソフトドリンク、アルコール各種、おつまみ類、新聞・雑誌、無線LAN
【利用資格】同行者1名まで利用可(3歳未満は不問);当日の国内線ファーストクラス搭乗、国際線ファーストクラスから乗り継ぎ(翌日の午前6時まで)、JMBダイヤモンド、JGCプレミア、JMBサファイア、JALグローバルクラブ、ワンワールドエリートステイタスのエメラルド、サファイア会員
本人のみ;国際線ビジネスクラスからの乗り継ぎ
ラウンジクーポン利用で本人のみ;JMBクリスタル会員
※ラウンジクーポンについては こちら を参照してください。

ダイヤモンド・プレミアラウンジ

こちらは最も新しく、2018年2月28日サクララウンジと同じ場所にオープンしました。サクララウンジよりさらにラグジュアリー感の高い、最高のおもてなし空間です。

プライバシーがしっかり確保されたソファ席や、家族やグループで一緒に楽しめる空間まで、寛げるスペース作りはJALならではのクオリティと言えます。

サクララウンジで提供されるサービスに加え、温かいメニューを含む豊富な種類の食事が取れるのも、こちらのラウンジの利点です。

もちろん内容にもこだわっており、JALラウンジの人気メニュー、フォカッチャを使った焼きカレーパンや、沖縄の人気ベーカリーであるオハコルテベーカリーとジミーのパンが用意されています。
さらに、もずくスープや青パパイヤのスープもあり、沖縄の味がしっかりと堪能できます。

【場所】国内線ターミナル2階 保安検査後エリア
【営業時間】6:10〜最終便の出発時刻まで
【利用資格】同行者1名まで利用可(3歳未満は不問);当日の国内線ファーストクラス搭乗、国際線ファーストクラスからの乗り継ぎ(翌日午前6時まで)、JMBダイヤモンド、JGCプレミア会員、ワンワールドエリートステイタスのエメラルド会員

JALの那覇空港ラウンジ案内のページは こちら

那覇空港のANAラウンジ【国内線】

ANA LOUNGE

こちらはANAのスタンダードラウンジです。コンパクトながらソファ席や滑走路が眺められるカウンター席で寛げます。

ドリンクの種類が豊富で、ソフトドリンクの他に沖縄の地ビールであるオリオンビールのサーバーや泡盛のサーバーが用意されています。ちなみに全席禁煙なので、吸いたい人は外の喫煙スペースを利用しましょう。

【場所】国内線ターミナル 2階出発ロビー 保安検査場後エリア31番ゲート向かい
【営業時間】6:05〜最終便出発時刻まで
【サービス内容】FAX、コピー、プリントサービス、ソフトドリンク、アルコール類、新聞・雑誌
【利用資格】同行者1名まで利用可;ANAプレミアムメンバーのダイヤモンド、プラチナ、ANAスーパーフライヤーズカード、スターアライアンス・ゴールド、国内線プレミアムクラス搭乗、
本人のみ;ANAカードプレミアム、ANAミリオンマイラー「ラウンジアクセスカード」、ANA SUITE LOUNGE利用
※ブロンズ会員は1,000マイルまたはグレードアップポイント2ポイント利用で本人のみ可能

A post shared by hat (@hat_dayo) on

ANA SUITE LOUNGE

2014年12月15日にオープンした、ANAの高級ラウンジです。全41席の、木の風合いや落ち着いた色調を生かした室内は、品がありながらゆっくりと寛げる空間に仕上がっています。
沖縄名産のミンサー織りのアートや海のイメージのオブジェなど、沖縄らしさを演出するインテリアも魅力的です。

広告

提供するメニューにも沖縄の味を取り入れており、シークワーサージュースや泡盛と言ったドリンクから、沖縄の素材を使ったスナック等が楽しめます。さらに、専用の保安検査場を用意しているのも大きなメリットです。3階のチェックインカウンターから、目の前にあるエスカレーターを使うとスムーズに到着できます。

【場所】国内線ターミナル 2階出発ロビー、出発口Cの左手
【営業時間】6:05〜最終便出発時刻まで
【利用資格】ANAダイヤモンドサービスのメンバー(同行者1名まで利用可)
      ANAミリオンマイラー「ラウンジアクセスカード」利用   
      「ANA SUITE LOUNGE」利用

ANAのラウンジのフロアマップは こちら

ANAのラウンジ利用条件の詳細一覧表は こちら

国際線ターミナルラウンジ

那覇空港の航空会社ラウンジ【琉輪】

国際線ターミナルにある唯一のラウンジが琉輪(りゅうりん)です。こちらは航空会社数社が共用しており、ビジネスクラスに搭乗する乗客が利用できます。

その他、マイレージ会員の上級クラスなどの条件でも利用できることがあるので、詳細は利用航空会社や参加しているマイレージプログラムのサイトなどでご確認ください。

利用の際は、2階でチェックインと出国手続きを済ませた後、左手にある琉輪の案内がでているエレベーターで4階へ向かいましょう。エレベーターを降りるとすぐ入り口があるので、迷う心配はありません。

全33席とややコンパクトなラウンジなので、飛行機の出発が重なると混雑する可能性もあります。しかし、ビル最上階にあって窓が広く取られているため開放感があります。

A post shared by 劉雨婷 (@asd97123) on

こちらで提供される飲食物の種類は充実しています。ソフトドリンクはもちろん、オリオンビールのサーバーや泡盛や梅酒、ワインといったアルコール類が揃っているのが好評です。

軽食もちょっとした菓子類から焼きおにぎりやパン、ミニカップ麺まであるため、大人の男性でも小腹を満たすには十分と言えます。

A post shared by 劉雨婷 (@asd97123) on

【場所】国際線ターミナル 保安区域4階
【営業時間】8:45~21:20(年中無休)
【提携航空会社】キャセイパシフィック、チャイナエアライン、エバー航空、トランスアジア航空、エア・チャイナ、中国東方航空など
【サービス内容】ソフトドリンク、アルコール各種、軽食類、新聞・雑誌
【その他】ソファ席、パソコンデスク、充電用コンセント、Wifi、ラウンジ内化粧室あり

那覇空港のラウンジを活用して、沖縄旅行を楽しもう

ラウンジは、ビジネスで空港を利用する人や富裕層だけのものと思われがちですが、リゾート地でたっぷり遊んだ後にリラックスするためにも最適な場所です。那覇空港ならではの、沖縄名産の料理や飲みものが楽しめるのも魅力と言えます。

ぜひ気軽にラウンジを利用して、旅行の最後まで沖縄の雰囲気や味を楽しみましょう。

_DSC0100

広告

沖縄県のレンタカーを検索する

出発
出発日
返却
返却日
車種
円 〜
喫煙/禁煙
AT/MT
検索方法
オプション

子供用シート

那覇空港のレンタカーに関連する観光情報

  • 【沖縄】「おきなわワールド」で歴史と伝統文化を満喫しよう(割引あり)

    本島南部(糸満・知念) - 観光

    那覇空港から車で30分の所にあるおきなわワールドは、沖縄の魅力がぐっと詰まった、沖縄屈指の観光地です。 施設内には珊瑚礁から生まれた鍾乳洞や、ドキドキの体験が待ち受けるハブのショー、沖縄の伝統工芸に触れて体験できる工房や伝統芸能エイサーを鑑賞したり、琉球の歴史について知識を深める博物館など、さまざまな沖縄体験ができるところがいっぱいあります。中でも、琉球の城下町を思わせる古民家で沖縄の伝統工芸を体験できる数多くの工房は、普段はなかなか目にすることができない職人の技を間近で見ることができると人気です。ここでは、そんなおきなわワールドの魅力をお伝えします。

  • 【沖縄】平和への願いを胸に平和祈念公園と本島南部をめぐる旅

    本島南部(糸満・知念) - 観光

    美しい大自然と美味しいお料理、世界遺産、ゆったり穏やかな沖縄の地は国内外からの観光客で賑わっています。沖縄の文化は、中国・アメリカ・そして日本文化の融合で独自の文化を持っていますが、それまでの歴史を紐解くととてもつらい現実がみえてきます。第二次世界大戦・太平洋戦争で沖縄が地上戦の地となり、大多数の住民が犠牲となり築き上げた沖縄の街も一変させてしまいました。そこから現在まで、復興し、また美しい沖縄を取り戻し、同じ過ちを犯さぬよう世界の恒久平和を願い、後世に想いを伝えようと沢山の慰霊碑・資料館などが建てられました。日本や世界の人々に「沖縄のこころ」・歴史が伝わる、おすすめの地を取り上げてみました。

那覇空港の観光情報をもっと見る

那覇空港のレンタカーに関連する交通情報

  • 那覇空港の基本情報から楽しみ方までを徹底解説!

    那覇 - 空港

    那覇空港は、コンパクトながら沖縄らしい魅力の溢れる空港です。那覇市から西南西に約6kmの位置にあり、一大リゾート地である沖縄へ全国から訪れる人々を迎えています。さらに、国内だけでなく近隣のアジア諸国にも就航している国際空港でもあります。 そんな那覇空港は、日本の南端の玄関口として、また観光地としても年々需要が高まっています。そのため、特に観光シーズンには混雑や便数不足が問題になっていますが、対策として2014年より2本目の滑走路の建設が始まりました。国際線ターミナルもリニューアルしたうえ、今後もさらに使いやすい空港を目指して整備が続けられています。 こちらの記事では、観光や仕事で那覇空港を訪れる人のために、アクセス情報やターミナル案内などをまとめました。ぜひ、スムーズな沖縄滞在を実現させるための参考にしてください。

  • 【那覇空港】新ラウンジオープン! ラウンジの場所や使い方、サービス情報を徹底解説!

    那覇 - 空港

    那覇空港は、沖縄の空の玄関口として国内各地と結ばれています。沖縄本島への観光はもちろん、周辺の宮古島や石垣島などへ行く際の乗り換えに利用されることも多いです。また、国際線は中国や台湾などアジアの国々にも就航しており、日本の最西端の入り口としての顔も持っています。 そんな那覇空港にあるラウンジは、数は少ないながら沖縄の特色を生かした作りと沖縄の名産品や食べ物、飲み物等が充実しています。そのため、空港全体に流れる南国リゾートのイメージと合わせて、搭乗の直前まで沖縄を堪能することができるのが特色です。 こちらの記事では、那覇空港のラウンジの種類や利用方法、サービス内容までまとめています。誰でも使える有料ラウンジの情報もありますので、沖縄旅行の際にはぜひご活用ください。

那覇空港の交通情報をもっと見る
運営会社