おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

レンタカーでチャイルドシートは借りられる? 利用方法・料金比較まとめ

レンタカーでチャイルドシートは借りられる? 利用方法・料金比較まとめ

子供が生まれた後に遠出のお出かけする際に便利な行動手段といえば、やはり自動車ですね。自由に移動でき、車内で子供のお世話もできる車は子連れでのお出かけには必須と言えるほど。
最近は自動車を所有している人が年々減っているとのデータもあり、レンタカーのニーズが増えています。その際に絶対に忘れてはいけないのが、子供に「チャイルドシート」を着用させることです。万が一事故が起きた際の安全性はもちろんのこと、6歳未満のお子さんには着用が義務付けられており、レンタカー利用でもそれは変わりません。

こちらでは、チャイルドシートの重要性や年齢によっての違い、またチャイルドシートのレンタルを行っているところと、それぞれのレンタル料金比較などをまとめました。レンタカーを予約の際に申し込んでおかないと、チャイルドシートが余っていない場合もありますので、子供を連れてレンタカーでお出かけ予定の方は、ぜひ参考にして下さい。

広告

6歳未満の乳幼児にはチャイルドシートが必要です!

2000年の4月から6歳未満の子供にはチャイルドシートの着用が義務付けられています。
義務付けられた理由は、医療現場に毎日のように幼児が乗っている事故に巻き込まれた車から、ダッシュボードなどに投げ出され血まみれになった子供があまりにも多かった為、と言われています。

自家用車はもちろんですが、上記のような恐れがあるため、レンタカーだからと気を抜かず、必ずチャイルドシートを装着するようにしましょう。

チャイルドシートの装着義務違反で罰則はある?

チャイルドシートを6歳未満の子供に装着させずに車を運転した際は、違法ですので、もちろん罰則があります。もしも着用せずにレンタカーを運転した際は、運転者は道路交通法違反になり、1点減点となります。

2018年3月時点では原則罰金はありませんが、上記に記載したように子供の安全を守るため、また交通違反にならないようにする為に必ず着用させてください。

広告

チャイルドシートの種類:年齢や成長具合で使い分けよう

ベビーシート(乳児用)

新生児から生後10か月くらいまでの年齢で、体格的には体重10kg未満で身長70cm以下の子供に適しています。
進行方向に対して後ろ向きに使用するタイプが多く、首の座っていない赤ちゃんでも安心して使用することが可能です。

チャイルドシート(幼児用)

1歳から4歳ほどの幼稚園や保育園児くらいの子供に適したシートです。具体的な体格としては、体重9kgから18kg程度で、身長100cm以下の子供が使用可能です。
進行方向に対して、前向き専用のものと、後ろ向きと両方使用できるものがあり、ベビーシートとは違い椅子型になっています。

ジュニアシート(学童用)

4歳から10歳ほどの小学生低学年から半ば頃の子供に適した座席となっています。具体的な体格としては、体重は15kg以上36kg未満までで身長は135cm以下に適しています。
シートベルトを使用するもので、座って使うタイプと背もたれがあるタイプがあります。

レンタカーでチャイルドシート装着が免除される条件

チャイルドシートの装着は義務ですが、一部の条件に限っては免除される場合があります。簡単に説明すると以下の通りです。ほかにも免除される条件はありますが、レンタカー利用の場合は以下の5つを覚えておけば大丈夫です。

広告

座席の構造上、チャイルドシートが固定できないとき
乗車定員内だが、幼児全員にチャイルドシートを使用すると全員乗れなくなるとき
幼児がケガしていて、チャイルドシートを使うと健康上良くない場合
極度の肥満など身体上の理由でチャイルドシートを適切に使えない場合
病院などへ運ぶ場合のような、緊急搬送の必要があるとき

ちなみに、バスやタクシーなどの不特定多数のお客さんを乗せる車の場合は、チャイルドシートの装着義務は免除されます。ただ、タクシーで長時間移動するような場合は、シートベルト固定式のチャイルドシートを用意しておくことをおすすめします。

チャイルドシートのオプション料金を比較!

■日産レンタカー

https://nissan-rentacar.com

最初に紹介するチャイルドシートがオプションにあるレンタカー会社は「日産レンタカー」。ベビーシート、チャイルドシート、ジュニアシート共に1日につき税込みで540円にて借りることができます。

お得な割引としては、1ヵ月以内のレンタルの場合、チャイルドシート料金は2日分が上限となっています。またボーナスクラブ会員の方は無料です。

日産レンタカー

https://nissan-rentacar.com/

■オリックスレンタカー

http://car.orix.co.jp

2番目に紹介するチャイルドシートがオプションにあるレンタカー会社は「オリックスレンタカー」。乳幼児用チャイルドシート、幼児用チャイルドシート、学童用のチャイルドシートの用意があり、1日につき1台レンタルで料金は税込みで1080円となっています。

注意としては予約の際にチャイルドシートが必要の際はきちんと伝えて登録しておくこと。またゴールド・プラチナメンバーの方は無料ですのでお得です。

オリックスレンタカー

http://car.orix.co.jp/

■トヨタレンタカー

https://rent.toyota.co.jp

次に紹介するチャイルドシートがオプションにあるレンタカー会社は「トヨタレンタカー」。新生児用のベビーシート、幼児用のチャイルドシート、4歳以上にジュニアシートの3種類の用意があります。

医療用の素材で作られた使いきりタイプのシートカバーが付いていることが特徴です。料金は72時間(3日間)までの利用で税込み540円です。

トヨタレンタカー

https://rent.toyota.co.jp/

広告

沖縄県のレンタカーを検索する

出発
出発日
返却
返却日
車種
円 〜
喫煙/禁煙
AT/MT
検索方法
オプション

子供用シート

レンタカーに関連する観光情報

  • 普通では満足できないあなたに!沖縄のちょっとマニアックな名所9選

    沖縄 - 観光名所

    日本にいながらにして、南国リゾートを楽しむことができる沖縄。独特の文化と美しい景色が多くの人を魅了しています。珍しい動植物やグルメ、活気ある国際通りなどのタウン、シュノーケリングやダイビングなどのマリンスポーツ、首里城などの観光スポットなど楽しみ方はさまざま。「沖縄と言えばここ!」と言われるスポットももちろん良いですが、地元の人に人気の、ちょっとマニアックな名所が、ひそかに沖縄好きの間で話題になっています。今回は、普通では満足できない沖縄上級者にもぴったりのおすすめの名所を紹介します。

  • 首里城観光ガイド:琉球王国の栄華の極み、世界遺産の美と歴史を紹介

    那覇 - 文化遺産,城・宮殿,史跡・遺跡

    沖縄県那覇市にある「首里城」は琉球王朝時代の、栄華の歴史を物語る沖縄のお城です。琉球王朝が繁栄していたのは、今から約600年前の1400年頃のお話です。中国や日本の、特に九州薩摩藩との国交があり、琉球王国の文化は、中国文化と日本文化を融合させながら、琉球独自の美や文化を育くんでいきました。 そんな琉球王朝の栄華の美を、首里城と周辺地域に見ることができます。お城へは小高い丘陵を登っていくのですが、そのお城までの道のりにも琉球王朝の、想いが込められていて、楽しい散策ができます。首里城は世界遺産にも指定されている、文化の面でも重要なスポットです。 今回は琉球の美を、お城と周辺の公園に的を絞って紹介します。そしてお城で味わえる、沖縄のおいしい料理や、アクセス情報も合わせて紹介していきます。

  • 【沖縄】南国らしいアクセサリーや小物の制作体験ができるスポット5選

    本島北部(名護・美ら海) - 観光

    沖縄には、美しい琉球ガラスをいかした小物や愛嬌のある表情のシーサーの置物など、南国らしさ満載のものがいっぱいでお土産にもつい買いたくなります。特に自分で作った世界にただ一つのものとなれば、旅の思い出として一生の宝物になりますよね。木工やガラス作品制作など、興奮間違いなしの体験ができる場所を5か所紹介します。小さい子供でも挑戦できるところも多く、家族みんなで楽しい思い出を持ち帰ることができます。友人同士の旅やカップルでのデートでおそろいのものを作るのもおすすめです。5分前後でできる手軽なものから、じっくりと腰を据えて行う本格体験までさまざまなので、沖縄を訪れる際の参考にしてみてください。

  • 沖縄観光で行きたいおすすめの旅行ガイド

    沖縄 - 観光名所

    沖縄県は、363もの島から成り立っています。なんといっても美しい海が特徴で、シュノーケリングやダイビングなどのマリンアクティビティに挑戦することができます。ホテルでは、プールでリゾート気分を味わえます。琉球王国時代の歴史的な遺跡を残しつつ、アメリカンテイストの観光施設があるなど、沖縄には旅をするにはもってこいの魅力が集まっています。見どころが多い沖縄は、初めて行く人もリピーターにとっても、どこに行ったらいいか迷ってしまうのではないでしょうか。ここでは、定番観光記事とエリア別の観光記事をまとめました。参考にしてみてください。

  • 【沖縄】日米の文化が融合した街コザでおすすめの観光スポット5選

    沖縄 - 観光名所

    ここは日本? と一瞬思ってしまうほどアメリカ文化が強く漂う街、コザ。かつて存在した「コザ市」の名残から、市の中心地は「コザ」の愛称で親しまれています。近隣に米軍基地があることもあり、店の看板やメニューなどは英語表記が多く、沖縄県外の観光客にとっては、日本にいることを忘れてしまうような不思議な場所です。ショッピングストリートや資料館、テーマパークなどさまざまなジャンルの見どころがあるので、一人旅でもデートでも家族旅行でも楽しめます。そんな沖縄の文化とアメリカの文化が融合したコザの街の魅力を満喫できる、おすすめの観光スポットを紹介します。

レンタカーに関連する交通情報

  • 【東京】荻窪・西荻窪駅周辺のレンタカーまとめ:ネット予約できるおすすめ店舗一覧

    レンタカー

    荻窪・西荻窪駅周辺には、ジブリの森美術館などの有名観光スポットがあり、またおいしいグルメレストランなどもあるため、多くの人が訪れる場所です。新宿などの都心からもアクセスがよいため、住みやすい街としても人気を集めています。今回はそんな荻窪・西荻窪駅周辺のおすすめレンタカーのお店を紹介します。富士山などがある静岡・山梨方面や奥多摩など方面へドライブで行きたいと考えている人にはたいへんおすすめです。あまりレンタカー店は多くないため、比較しやすいので、予算やこだわりなど、自分の希望に合ったレンタカー店を探してみてください。

  • 【長野】茅野駅周辺のレンタカーまとめ:ネット予約できるおすすめ店舗一覧

    レンタカー

    茅野駅周辺はドライブにぴったりの観光スポットが盛りだくさん。日本有数のドライブコース「ビーナスライン」は大自然を感じながら高原地帯を走る事ができます。その先の「車山高原」では季節に応じた植物や遠くには八ヶ岳を望める景観が人気です。ファミリーにもおすすめの「白樺リゾート」や「蓼科高原」へのアクセスも容易にできるので、茅野駅からレンタカーを借りてドライブ旅行を始める方も多いはずです。こちらではそんな茅野駅のレンタカー会社をご紹介します。どの会社もネットで予約が出来るので旅行前の隙間時間で車を確保できます。是非参考にしてみてください。

  • 【兵庫】尼崎駅周辺のレンタカーまとめ:ネット予約できるおすすめ店舗一覧

    レンタカー

    兵庫県の南東エリアにあり、大阪や京都など近畿圏のアクセスに便利な尼崎市。小坂国際空港から近いほか、尼崎港とよばれる港もあって交通の要衝として機能しています。市内には尼崎城址公園や田能遺跡、世界の貯金箱博物館などの観光スポットが存在していて、スポーツ施設や競馬場など多ジャンルの公共施設が充実。そんな尼崎を観光したり、近畿圏を旅行する際におすすめしたいのがレンタカーの利用です。電車や地下鉄、バスの乗り換えなど複雑な交通機関を利用するよりもレンタカーを借りて自由に移動できるのが魅力です。今回は、そんな尼崎駅周辺でおすすめのインターネット予約ができるレンタカー店を紹介していきます。

  • 【東京】浅草・浅草橋周辺のレンタカーまとめ:ネット予約できるおすすめ店舗一覧

    レンタカー

    東京の観光地の中でも特に人気が高い浅草・浅草橋周辺。浅草寺や雷門通りをはじめ、江戸の下町情緒を感じられる雰囲気をもつエリアであり、外国人観光客にとっても魅力の多いスポットばかりです。国内からの観光客も非常に多く、常に多くの人で賑わっているエリアであるため、交通機関もやや混みがち。そんな時におすすめしたいのがレンタカーで、現地を自動車で楽に廻ることができます。浅草や浅草橋周辺にもいくつかレンタカー店が設置されており、どの店舗もインターネットから予約が可能。あらかじめ車種やオプションなどを設定することができるため、当日は簡単に出発できるのも魅力です。今回はそんな浅草・浅草橋周辺でおすすめのレンタカー店を紹介していきます。

  • 【北海道】網走駅周辺のレンタカーまとめ:ネット予約できるおすすめ店舗一覧

    レンタカー

    釧路空港や、人気の「旭山動物園」へもアクセスしやすく、「網走監獄」や「オホーツク流氷館」などの観光スポットもたくさんそろっている網走。夏には美しいひまわり畑を、冬には、迫力満点の流氷を楽しむことができ、人気の観光地になっています。そんな網走の移動には、レンタカーがあると便利!網走駅周辺にもたくさんのレンタカーショップがあります。最近は、あらかじめネットで予約を行って、スムーズなレンタルができるお店が多く便利です。今回は、網走駅周辺のレンタカーショップからネット予約ができるおすすめの店舗を紹介します。