おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

マクタン島から15分!自然豊かな秘島オランゴ島の魅力を徹底解説

セブのマクタン島から船でわずか15分。そこにあるのは素朴で暖かい、自然豊かな美しい秘島「オランゴ島」。アイランドホッピングで人気の他の島とは異なり、穴場観光地のオランゴ島は観光客がまだまだ少ないため、観光地化されていないありのままの美しさを感じることができる魅力的な島です。セブ島で観光地化されたリゾート気分を味わうのももちろん素敵ですが、次の旅では童心に返って自然と落ち着くことのできる穏やかな島でのんびりしませんか?いつもよりゆっくり流れる時の中で、日常から離れて癒やしの世界へ浸ってみましょう。今回はそんなオランゴ島の魅力を徹底解説します。

続きを読む

更新日: 2024年2月27日

広告

本ページではプロモーションが含まれます
当サイトでは施設やサービス(以下、サービス等)の掲載にあたり、ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任においてサービス等を選定しおすすめアイテムとして紹介しています。

なお当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、オンライン旅行代理店やレストラン予約サイトが提供するアフィリエイト・プログラムに参加し、サービス等の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。掲載の順番はサービス等の提供会社により支払われる報酬も考慮されている場合があります。

この記事の監修をしてくれるのは

タビナカ

海外現地オプショナルツアーの予約サイト。世界80都市から選べる充実したツアーが人気!現地に精通した日本語スタッフによる旅先のリアルな情報を発信致します。

セブにあるオランゴ島って?オランゴ島の基本情報

マクタン島から船で約15~20分、比較的アクセスの良い場所にあるのが オランゴ島 です。このアクセスの良さにも関わらず、他のアイランドホッピングで人気の島々とは異なり、リゾート開発が進んでおらずまだまだ穴場の観光地となっています。島内には 豊かな自然素朴な街並み が残されています。

漁業や観光業、オランゴ島で盛んな貝細工の加工を生業とする人々、学校に通う多くの子どもたちがこの島に住んでおり、そんな人々の笑顔がこの島の穏やかで暖かい空気を生み出しているのです。

広告

オランゴ島の魅力はここ!アイランドホッピングで人気の理由

オランゴ島の魅力はなんと言っても、人の手が加わっていないありのままの 豊かな大自然 。島の東部に広がる マングローブ湿地 や息を飲むほど美しく 透明な海 。渡り鳥保護区であるオランゴ島は バードウォッチング の名所としても有名で、多くの野鳥を観察できることから世界中の野鳥愛好家がオランゴ島に訪れます。

圧巻の大自然を味わうことができるだけでなく、牛が道ばたに歩いていたり、田舎独特の優しい空気感に包まれてどこか懐かしく、のんびりと時間を忘れて過ごすことができる豊かさも魅力の1つ。

また、周辺の海は自然保護区となっているため、 珊瑚礁 が美しく、 シュノーケリングダイビング にもぴったりなんです。

セブ島のウユニ塩湖!?オランゴ島で絶対に見たい絶景

南米ボリビアにある、言わずと知れた絶景スポット ウユニ塩湖 。一面に広がる白銀の世界、この広大な塩の大地に雨が降り水が張ると、その水面が鏡のようになり世界を反射し「奇跡」とも呼ばれるような絶景を生み出します。そんなウユニ塩湖にも似た景色が、なんとセブの オランゴ島 でも見られることをご存知ですか?

オランゴ島に生い茂る豊かなマングローブ林。そこを抜けると浅瀬が続く沖が広がっており、時期や天候にもよりますが、 水面が鏡張り のようになる姿を見られます。空を反射して、水鏡を映し出すその姿は 息をのむ神秘的な光景 。静まり返ったその空間の中に広がる壮大な景色は言葉を失うほどの絶景で、セブ島を訪れたなら絶対に見たい圧巻の景色です。

珍しい鳥がたくさん!オランゴ島でバードウォッチング

オランゴ島の魅力は豊かな自然。そんな豊かな自然があふれるオランゴ島の南端には、マングローブ広がる干潟があり、水鳥を保護するための条約 ラムサール条約 に指定され、 野鳥保護区 となっています。 世界有数の渡り鳥の中継地 であるオランゴ島では、特に10月~2月にたくさんの珍しい鳥を観察できます。

渡り鳥のシギをはじめ、他にも日本ではなかなか見ることができない鳥たち、さらにはハシブトゴイという 日本ではすでに絶滅した鳥 まで、珍しい鳥たちに癒されます。小魚も泳ぐ浅瀬では、地元の子供たちが水遊びをしていたり、のどかな風景も魅力的。

マクタン島から15分!オランゴ島への行き方

マクタン島にある「Punta Engaño port」(かつての呼称で今でもこの呼び名で通じる:Hilton Port/ヒルトンポート)でチケットを買い、バンカーボートに乗ります。15~20分ほどで到着。マクタン島からのアクセスの良さはオランゴ島の大きな魅力の一つですよね。

到着後、オランゴ島では トライシクルバイクタクシー に乗って移動します。

ジンベイザメと泳げる!オスロブへ行こう

ジンベイザメは世界最大の魚類です。日本では一部水族館などで見ることができ、最大20mの雄大な姿と凶暴なサメのイメージとは反する穏やかな性格のギャップから大人気。
そんなジンベイザメを間近で見れるスポットがセブ島の「オスロブ」にはあります!ガラス越しでもキャラクターでもない、本当のジンベイザメと一緒に泳げるのは世界中でもオスロブだけ。

セブ島からオスロブへ

アイランドホッピングで美しい島々を巡ろう

大小様々な7000個もの島々で成り立っている南国のセブには、日本では見ることのできない美しいエメラルドグリーンの海や白く光り輝く砂浜など、「ここは天国?」と思ってしまうような美しすぎる絶景が広がっています。たくさんの島があるセブなので、訪問する島が1つだけでは勿体ない!セブ島で海を楽しむ時は「アイランドホッピング」と言って、いくつかの島を巡ってそれぞれ違った美しさを楽しむアクティビティが定番です。

セブ島からアイランドホッピング

メガネザルに会いにボホール島へ

ボホール島と言えば、7000もの島々からなるフィリピンの中でも、見所やアクティビティが多く1日中楽しめる人気スポット。セブ島からのアクセスも2時間程度と良好で、日帰りで楽しむことができます。中でも世界最小の霊長類であるフィリピンメガネザルのターシャやチョコレートヒルズ、チョコレートヒルズでのアクティビティChap、美しいビーチなどのボホール島でしか見れないスポットが観光客の人気の理由です。

セブ島からボホール島へ

見どころいっぱいのセブ島は市内観光ツアーで!