おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

【セブ島】日本人がまだ知らない穴場スポット「スミロン島」!ウミガメや熱帯魚が住む楽園の魅力を徹底解剖します!

広告

【セブ島】日本人がまだ知らない穴場スポット「スミロン島」!ウミガメや熱帯魚が住む楽園の魅力を徹底解剖します!

タビナカ

青い海に白い砂浜、そしてきらめく太陽と、一歩足を踏み入れれば、まるで絵画の世界に迷い込んだ気分を味わえるスミロン島!セブ島屈指の楽園として、今注目を集めているのをご存知でしょうか。島唯一のリゾートホテル「スミロン・ブルーウォーター・アイランド・リゾート」のプライベートアイランドとしても知られ、日本人が少ないことも魅力の1つです!浅瀬で、ゆったりとした波が特徴で、泳ぎが苦手な人でも熱帯魚やウミガメと一緒に泳ぐことも可能!オスロブ島からボートで約15分。ジンベエザメと遊んだ後は、スミロン島で、優雅なひと時を過ごしませんか?

この記事を監修するのは

タビナカ

海外現地オプショナルツアーの予約サイト。世界80都市から選べる充実したツアーが人気!現地に精通した日本語スタッフによる旅先のリアルな情報を発信致します。

広告

スミロン島の魅力

【セブ島】日本人がまだ知らない穴場スポット「スミロン島」!ウミガメや熱帯魚が住む楽園の魅力を徹底解剖します!

タビナカ

やはり、一番の魅力は「 セブ島でNo.1 」の透明度を誇る、海!浅瀬からサンゴ礁の周りを泳ぐ熱帯魚の観察ができることはもちろん、運が良ければウミガメに出くわすこともありますよ。ホテルのプライベートアイランドということもあり、島に上陸できるデイユースで予約すれば、 ほぼ貸し切り状態 で楽しめます。

アクティビティも盛んで、 シュノーケリングやダイビングはもちろん、カヤックやトレッキング などスミロン島の魅力を隅々まで堪能できます!オスロブ島とはまた違った雰囲気が漂っているので、はじめて訪れた際に2つの島の魅力を比べて、次回どちらに重点を置くか考えるきっかけにもなると思いますよ!

スミロン島の楽しみ方3つ

【セブ島】日本人がまだ知らない穴場スポット「スミロン島」!ウミガメや熱帯魚が住む楽園の魅力を徹底解剖します!

タビナカ

スミロン島での楽しみ方は、ダイビングやシュノーケリングを 日帰り で楽しんだり、 宿泊してホテルの施設を活用しながら島の魅力を満喫したり と様々。なので、ここでは、初めてスミロン島に訪れた方におすすめする楽しみ方を3つ紹介します!どれもスミロン島の魅力を満喫できるプランですよ!

ダイビング

【セブ島】日本人がまだ知らない穴場スポット「スミロン島」!ウミガメや熱帯魚が住む楽園の魅力を徹底解剖します!

タビナカ

フィリピンで初めて「マリン・サンクチュアリ(海洋保護区)」に指定されたスミロン島。海中では 多種多様なサンゴ礁 が生存しており、その間を色とりどりの熱帯魚が行きかう光景に出会うことができます。 打ち寄せる波が穏やか なので、特にちょっと泳ぐのが苦手、という方でも楽しめるダイビングスポットとして人気となっています。あのアニメーション映画で一躍人気となった カクレクマノミやウミガメ も生息しているので、1度潜れば物語の世界観に引き込まれる神秘的な光景が広がっていますよ。

ちなみに、日本にいる時に申し込みを行えなかった場合でも大丈夫。近くには 5つ星のダイビングショップ・BLUE CORAL もあるので、現地でダイビングを行いたくなった際は、 前日までにショップに連絡を取れば、潜ることができますよ。 また、ツアーで行けば、ダイビングを組み込んでくれているプランもあるので、そちらもチェックしてみてくださいね。

シュノーケリング

【セブ島】日本人がまだ知らない穴場スポット「スミロン島」!ウミガメや熱帯魚が住む楽園の魅力を徹底解剖します!

タビナカ

ダイビングと同じように人気のあるシュノーケリング!いくら波が穏やかとは言え、大人ならなまだしも、小さなお子さんがシュノーケリングを行えるか心配ですよね。年齢制限はもちろんありますが、基本的に、ツアーでは 6歳以上から シュノーケリングを体験できるプランが用意されているので、その年代なら安心してスミロン島の海を満喫できます。ちなみに、6歳以下だとシュノーケリングを体験できないか、といえばそうではありません。スミロン島では足が付く浅瀬でも、透き通った海の世界を体験できるので、そこでならば 小さなお子さんでも十分シュノーケリングを楽しめますよ。

実際、この地を訪れた方たちは口をそろえて、「こんな海、今まで出会ったことがない!」と言います。本当に 絵に描いたかのような光景 が眼前に広がっています!ダイビングができなくても、体をちょっと浮かせるだけでその言葉の意味が分かるので、ぜひ、一度潜ってその言葉に込められた意味を体験してくださいね!

【オスロブ】セブ島でジンベイザメとシュノーケリング&スミロン島絶景アイランドホッピングツアー[送迎代込料金/GoPro貸出可/日本語ガイド付き]

Bohol Cebu

デイユースプラン

【セブ島】日本人がまだ知らない穴場スポット「スミロン島」!ウミガメや熱帯魚が住む楽園の魅力を徹底解剖します!

タビナカ

さて、シュノーケリングとダイビングは誰でも行うことができるのですが、 「島に上陸する」ことができるのは、デイユース客と宿泊客のみ! というのも、スミロン島は、「Bluewater Sumilon island Resort(ブルーウォータースミロンアイランドリゾート)」と言うリゾートホテルのプライベートアイランドなので、このホテルを利用する方しか使用できないのです。ダイビングやシュノーケリングだけ楽しみたい方の場合、問題ありませんが、スミロン島は、島全体が魅力の宝庫。なので、訪れた際に海だけで終わらすのは、とってももったいないですよ!

デイユースは 1500ペソ で、ランチ付き!特にこのランチがおすすめで、旬のフルーツやスイーツ、現地の料理とバリエーション豊かで、おいしいと定評があります。また、シュノーケリングやダイビングを行う場所も ブルーウォーターの利用者じゃないと入れないラグーナエリア という場所があり、そちらの方が熱帯魚も多く、潜りがいのある光景が広がっています。リゾート内には あちらこちらにハンモックがある ので、揺られながら海をゆったり眺めることもできますよ。アクティビティのほかに、 スパも充実 しているので、遊びで疲れた体を癒すにもうってつけです。

※Bluewater Sumilon island Resort(ブルーウォータースミロンアイランドリゾート)
セブ本島の隠れ家的リゾート。24ヘクタールもの広大なスミロン島内にトレッキングコースを設けており、シュノーケリングやダイビングと合わせて人気のアクティビティとなっている。 乾季(12-4月頃)のシーズンは「グランピング」もでき、キャンプファイヤーを楽しみながら、絶景の星空を満喫できる。

まとめ

今まで、オスロブ島のジンベエザメツアーだけで満足して日本に帰ってしまっていた方は、スミロン島ってご存知でしたか?今回、この島の魅力に気づいたことで、次回オスロブ島に訪れた際は、ついでに行きたいという思いが強まったのではないでしょうか。セブ市内からオスロブ島まで約4時間かかるので、その分満喫できるスポットはすべて満喫して帰るのにこしたことはありません。特に、泳ぐのが苦手な方には怖い思いをせず、遊泳できるスミロン島はぜひ、おすすめしたいです。また、小さなお子さんを連れている親御さんたちにうってつけの、 遊び疲れた体を癒す最適なスポット でもあるので、ゆったり時間を過ごしたい方も行って損はありませんよ。

【オスロブ】セブ島でジンベイザメとシュノーケリング&スミロン島絶景アイランドホッピングツアー[送迎代込料金/GoPro貸出可/日本語ガイド付き]

Bohol Cebu

広告

エンターテインメント・遊ぶのおすすめ記事

詳しく

【セブ島】1人での参加は可能?泳げないけど大丈夫?ジンンベイザメツアーのよくある質問まとめ

マクタン・セブ空港 (CEB) 周辺 - 海水浴・ビーチ

「1人で参加可能?」「子供も一緒に行けるツアーってあるの?」「泳げないけど、大丈夫ですか?」フィリピンのジンベエザメツアーに参加したいと思たっとき、こんな疑問を持ったことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?せっかく行きたいと思ったのに、一抹の不安がよぎり、踏ん切りがつかないなんて、もったいない!今回は、皆さんの持つもんもんとした疑問を払しょくできるよう、ジンベエザメツアーに関する疑問にひとつづつ答えていきたいと思います。これを読めばバッチリ!ジンベイザメツアーのよくある質問をまとめましたのでご覧ください!

詳しく

【セブ島】人気ツアーアイランドホッピングでバンカーボートに乗ってみよう!

セブ島 - シュノーケリング,マリンスポーツ

セブ島で大人気のアクティビティ、アイランドホッピングでは、バンカーボートを使って島々を巡ります。そのバンカーボートは空飛ぶ船とも呼ばれ、バンカーボートに乗りたいがために、アイランドホッピングツアーに参加する方もいるほど人気です。なぜバンカーボートが人気なのでしょうか?空に浮かぶ船に乗っているような体験できる…それが大きな理由のひとつです。空に浮かぶ船と聞くと、なんだか気になってきますよね。 今回はバンカーボートがどんな船でどのように使われていたか、そしてアイランドホッピングの船として使われるようになった今、バンカーボートに乗れるどんな内容のツアーが人気なのかをご紹介していきます。

広告

【セブ島】日本人がまだ知らない穴場スポット「スミロン島」!ウミガメや熱帯魚が住む楽園の魅力を徹底解剖します!に関連するタグ

セブ島 エンターテインメント・遊ぶ セブ島 海水浴・ビーチ フィリピン エンターテインメント・遊ぶ フィリピン 海水浴・ビーチ

広告

トラベルブックの今週のおすすめ

広告

トラベルブックで人気のまとめ

  1. 横浜中華街でおすすめの食べ放題21軒:人気ランキング上位のお店一覧

    横浜 - バイキング・食べ放題・ビュッフェ,中華・中華料理

主要トラベルサイトから最安値のホテルプランを取得

ホテルの料金プランを検索する