広告

怖くて可愛いおばけの人気絵本おすすめ15選*大人が楽しめる作品も

怖いけど、なぜか興味津々になってしまう「おばけ」の存在。子供の頃は特に、想像力が膨らみ、見たこともない存在に惹かれるのではないでしょうか。今回はそんな「おばけ」が登場する、怖いけど可愛いおばけの絵本をご紹介します。絵のタッチも怖いものはほとんどないので、お化けとお友達になる感覚で読み進んでいけるのも人気のポイントとなっており、子供から、大人まで楽しめるのも魅力のひとつ。ベストセラーになっている絵本や、近年リリースされたばかりの絵本、シリーズ化となっている絵本など、バラエティー豊かなお化けの絵本がたくさんありますので、お好みのお化け絵本を楽しんでみてくださいね♪

本ページではプロモーションが含まれます
当サイトでは商品やサービス(以下、商品等)の掲載にあたり、 ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任において商品等を選定しおすすめアイテムとして紹介しています。

同一ページ内に掲載される各商品等は、費用や内容量、使いやすさ等、異なる観点から評価しており、ページタイトル上で「ランキング」であることを明示している場合を除き、掲載の順番は各商品間のランク付けや優劣評価を表現するものではありません。

なお当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、Amazonアソシエイト他、複数のアフィリエイト・プログラムに参加し、商品等の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。掲載の順番には商品等の提供会社やECサイトにより支払われる報酬も考慮されています。

この記事を監修するのは

TravelBookママ部

TravelBookファミリー編集部所属のママ達による「ママ部」。幼児から中学生までのママ達で構成。世の中のトレンドに常に敏感で日々パワフルに活動中。

おばけの人気絵本おすすめ15選

■おばけやしきへようこそ!

amazon

おばけの人気絵本おすすめ15選、15番目は 「おばけやしきへようこそ!」です。
女の子が両親と森ではぐれてしまい夜の宿にと訪れた先は、なんとお化け屋敷!お化けたちは女の子を怖がらせようと、あの手この手で怖がらせようとしますが、女の子はちっとも怖がる素振りがなく、たくましい女の子に微笑んでしまう絵本となっています。色々なお化けが登場するので、怖いけどお化けがちょっと気になる年頃の子供におすすめです。

おばけやしきへようこそ!

■おばけのコンサート

楽天市場

おばけの人気絵本おすすめ15選、14番目は「おばけのコンサート」です。
古い家に住んでいる小さなお化けたちが夜になるとコンサートをするお話で、木のお化けはバイオリンが得意だったり、小さなお化けはハーモニカが得意、水のお化けはオーボエが得意・・・など、様々なお化けたちが織り成す歌やダンスなど愉快なコンサートの様子が楽しめます。色鉛筆で優しく描かれている色彩も美しく、心安らぐ一冊です。

■ノンタン おばけむらめいろ

amazon

おばけの人気絵本おすすめ15選、13番目は「ノンタン おばけむらめいろ」です。
ノンタンと一緒に迷路遊びをしながらお化け探検をするお話で、「お化けなんか怖くない!」と強がるノンタンの冒険の旅を子供も一緒に遊びながら読んでいける絵本となっています。かわいいお化けが様々登場するほか、迷路もたくさん出てくるので、読み聞かせの本というカテゴリ以外に、迷路が好きな子供にもおすすめとなっています。

ノンタン おばけむらめいろ

■へんしんオバケ

楽天市場

おばけの人気絵本おすすめ15選、12番目は「へんしんオバケ」です。
「へんしんシリーズ」の第4弾となる絵本です。怖い洞窟、その名も「お化け洞窟」。その洞窟をくぐると、なぜかみんなお化けに変身してしまうお話となっています。ユニークな絵柄も人気ですが、絵本を通して言葉遊びを学ぶことができるほか、子供が笑ったり喜ぶポイントが押さえてあり、家族団らんのひと時にもおすすめの遊び絵本となっています。

■おばけでんしゃ

楽天市場

おばけの人気絵本おすすめ15選、11番目は「おばけでんしゃ」です。
お化けを乗せて走るお化け電車のお話で、1ページ、2ページとめくるごとにくぎ付けになってしまうほど、ワクワクとドキドキが楽しめる絵本となっています。妖怪駅を出発すると駅ごとにお化けがいるのが特徴的で、暗闇駅には火の玉が飛び交い、寒々駅には雪女がいたりと、駅に停まるたびに様々なお化けと出会うことができます。

広告

■おばけのおつかい

楽天市場

おばけの人気絵本おすすめ15選、10番目は「おばけのおつかい」です。
「さくぴーとたろぽうのおはなし」シリーズの2作品目となる絵本で、さくぴーと、たろぽうの姉と弟が、おじさんの家やおばあちゃんの家におつかいに訪れるお話で、和やかなお化け家族の様子が描かれています。友達との関係や、親族関係など、人間とは違うけど、似ているところもあったりするお化けたちの愉快な世界観が楽しめます。

■おばけがぞろぞろ

楽天市場

おばけの人気絵本おすすめ15選、9番目は「おばけがぞろぞろ」です。
色々なところからお化けが出てくる絵本です。ぞぞまるちゃんは木のうろから、おろむか君はごみかんの中から、ぞんびえ君は消火栓の中から・・・等、身近にあるものからバラエティー豊かで憎めないお化けたちが次々と出てきます。ページを進んでいくたびに、次はどんなお化けが出てくるのかな?とワクワクする絵本となっています。

■おばけパーティ

amazon

おばけの人気絵本おすすめ15選、8番目は「おばけパーティ」です。
お化けの晩餐会をテーマにした絵本で、お化けが料理を食べたらどうなるのか?という疑問を持つ子供にもおすすめの絵本となっています。お化けのアンリは、ある日友達みんなを呼んでおもてなしをするのですが、カクテルを飲むとカクテル色に体が変化したり、スープを飲むとスープ色になったりと、不思議で楽しいお化けのパーティーの様子が楽しめます。

■くろくんとなぞのおばけ

楽天市場

おばけの人気絵本おすすめ15選、7番目は「くろくんとなぞのおばけ」です。
クレヨンが次々と連れ去られていき、くろくんだけになってしまい、残ったくろくんが一人で仲間がいなくなった真相をたどって行くお話で、お化けなのしわざなのか、誰のしわざなのか、探偵気分で読み進んでいくことができます。クレヨンたちの仲間意識が詰まった心温まるお話となっているので、大人も楽しむことができる絵本となっています。

くろくんとなぞのおばけ

■おじいちゃんがおばけになったわけ

楽天市場

おばけの人気絵本おすすめ15選、6番目は「おじいちゃんがおばけになったわけ」です。
タイトル通り、主人公である男の子と、亡くなったおじいさんのお話で、日本語以外に8か国語に翻訳されており、世界中で愛されている絵本となっています。重い内容は一切なく、ほのぼのとした絵と、ユーモアあるストーリーが繰り広げられており、ゆっくりと心が熱くなり、最後には涙が出てしまう内容となっています。子供たちが大切な人とお別れをするシーンで心の拠り所となってくれる一冊となっています。

おじいちゃんがおばけになったわけ

■おばけかぞくのいちにち

楽天市場

広告

おばけの人気絵本おすすめ15選、5番目は「おばけかぞくのいちにち」です。
「さくぴーとたろぽうのおはなし」シリーズの絵本で、人間のたろうくんと、さきちゃんが夜寝ていないと、「もうおばけの時間よ」と子供たちに言うシーンから始まり、夜のおばけ時間を面白く描いています。おばけのたろぽうとさくぴーはご飯を食べ、保育園に、おかあさんおばけはお買いもの、おとうさんおばけは人を驚かすお仕事に・・とお化けの暮らしを愉快に描いています。

おばけかぞくのいちにち

■おばけなんてないさ

楽天市場

おばけの人気絵本おすすめ15選、4番目は「おばけなんてないさ」です。
ほとんどの大人が小さい頃に歌ったことがある童謡「おばけなんてないさ」の絵本で、歌いながら読み進めていくと、お化けが怖いものではなくなっちゃう不思議な絵本となっています。にこにこ笑うお化けや、冷蔵庫でカチカチになるお化け、お友達になって一緒におやつを食べるお化けなど、お化けと友達になりたくなるような物語となっています。

■おばけのバーバパパ

amazon

おばけの人気絵本おすすめ15選、3番目は「おばけのバーバパパ」です。
バーバパパが誕生したきっかけとなる絵本で、奥さんのバーバママや子供たちも登場しないバーバパパだけが登場するお話となっています。姿を自由に変えられ、その奇妙さから厄介者となるバーバパパが火事場で大活躍し、人気者になるまでのお話で、なんにでも変身できるというコンセプトで、子供心の自由な発想を広げてくれる一冊となっています。

■おばけのてんぷら

amazon

おばけの人気絵本おすすめ15選、2番目は「おばけのてんぷら」です。
ロングラセラーとなっている人気の絵本で、楽天的で、食いしん坊、小さいことは気にしない「うさこ」と、おっちょこちょいで無防備な「おばけ」のお話で、天ぷらをあげているうさこに見つからないように、ちょこちょこ飛び回って天ぷらのつまみ食いをするお化け。味がある貼り絵の手法が用いられており、紙の温かさが伝わるような温かく楽しい一冊となっています。

■ママがおばけになっちゃった!

楽天市場

おばけの人気絵本おすすめ15選、1番目は「ママがおばけになっちゃった!」です。
タイトル通り、ママがお化けになるお話の絵本で、親と子の死別という悲しさを笑いあり涙ありで展開していく内容となっています。お化けになったママは、息子・かんたろうが心配で、夜になると現れて、お互いの気持ちを伝え合いママも子供も前に進んでいきます。大切な人には大切だよと伝えてほしいという作者の思いがつまった一冊となっています。

ママがおばけになっちゃった!

その他絵本に関するおすすめ記事

おもちゃ・知育玩具に関連する記事

コスメ・スキンケア、健康食品・サプリメント、ヘアケア、ダイエット、脱毛など、あらゆる切り口から自分らしい便利な暮らしをサポートします。「めったに起こらない」が起きた時、解決のヒントがここにある。

広告

広告

広告

運営会社