女性向けおでかけ・旅行情報サイト

中津城をめぐる旅♡旅好き女子必見の周防灘を望む日本三大水城

軍師・黒田官兵衛によって築城された中津城。周防灘を望む中津川沿いにあり、堀には海水が引き込まれていることから、日本三大水城のひとつとされています。NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」で話題になり、女子旅の観光スポットとしても注目が集まっています。国内屈指の紅葉の景勝地・耶馬渓(やばけい)や、荒々しい山中に建つ羅漢寺(らかんじ)など、周辺には見どころも多く、中津名物のハモ料理や中津からあげといったご当地グルメも充実。夏から秋の収穫期には、ぶどうや梨などフルーツ狩りも楽しめます。大自然の中にたたずむ隠れ家的な温泉宿も多いので、旅好き女子なら絶対に訪れておきたい観光スポットです。

続きを読む

広告

中津城の観光事情について

中津城のおすすめの観光シーズン・気候

中津城がある中津市は、温暖な瀬戸内海気候で積雪がほとんどないため、年間を通して観光が楽しめます。なかでも美しい景色が広がる春の桜の季節や、紅葉の秋がおすすめのシーズンです。夏から秋にかけては、中津市の特産品であるぶどうや梨が収穫期になるため、周辺の農園ではフルーツ狩りが最盛期をむかえます。車で20分ほどの耶馬渓エリアは、日本三大紅葉の景勝地とされており、奇石と紅葉が織りなす絶景が楽しめます。

中津城へのアクセス、交通情報を紹介

中津城は、最寄り駅となるJR日豊本線・中津駅より北に約1kmほどに位置しており、徒歩でも15分ほどでアクセスできます。駅北口からタクシー利用なら約5分。自家用車やレンタカーでアクセスする場合は、九州自動車道・小倉東ICより約50分、東九州自動車道・豊前ICからは約20分ほどで到着します。開門時間内に利用できる無料駐車場も完備しています。

大分県のレンタカー予約料金の最安値を調べる

大分発着の高速バス料金の最安値を調べる

中津城の開館時間・入場料

中津城は、年中無休でオープンしており、天守閣の開門時間は、午前9時から午後5時までになります。入場料は、大人(高校生以上)400円、こども200円、未就学の乳幼児と77歳以上の方は入場無料です。中津市民や20名以上の団体の割引料金もあり。中津城(旧奥平家歴史資料館)や福澤諭吉旧居・福澤記念館との共通入場券を購入するとお得に観光が楽しめます。

中津城の歴史や文化を知ろう

中津城の歴史

中津城は、1588(天正16)年に、豊臣秀吉の軍師・黒田官兵衛孝高(如水)により築城が始められたと伝えられています。未完成のまま動乱期を経たのち、細川忠興が築城を再開。1621(元和7)年に完成したとされています。現在の模擬天守は、1964(明治39)年に、旧藩主の奥平家と市民の寄付により建造されたものです。大河ドラマ「軍師官兵衛」が話題になったことから、新たに黒田如水石像が建立され、続日本100名城にも選定されています。

中津城のお祭り・イベント

中津城では、毎年5月中旬に「中津城たにし祭」を開催しています。中津藩主の奥平家が長篠の戦いで、長篠城(愛知県新城市)に1カ月に渡ってろう城した際に、お堀のたにしを食べて飢えをしのぎ勝利したことから、「たにしの佃煮」が観光客に振るまわれます。勇壮な甲冑(かっちゅう)姿の武者行列が街を練り歩くほか、神楽や剣舞、火縄銃の演舞などのステージが数多く行われるため、戦国時代さながらのタイムスリップ気分が楽しめます。

広告

中津城周辺のおすすめ観光スポット

■合元寺(赤壁寺)

最初に紹介する中津城周辺のおすすめ観光スポットは、「合元寺(赤壁寺)」。1587(天正15)年、官兵衛により建立された真っ赤な壁のお寺です。豊前の実力者・宇都宮鎮房が中津城内で暗殺された際、この寺で待機していた家臣たちも急襲を受け、最期を遂げたとされています。その時の壁の血潮は、何度塗り替えても浮き出てしまうことから、赤壁に塗り替えられたというのが赤壁の由来です。境内の柱には刀傷も残っており、激戦の様子を知ることができます。

合元寺(赤壁寺)

大分県中津市寺町973
0979-22-2037
中津駅 7分
http://www.geocities.jp/akakabe871/index.html

■青の洞門

広告

次に紹介する中津城周辺のおすすめ観光スポットは、「青の洞門」。中津城より車で20分ほどの本耶馬渓町にある手彫りのトンネルです。遭難者が絶えない難所であったことから、1735(享保20)年より、僧・禅海がノミと槌だけで岩壁を掘り続け、約30年かけて完成させたとされています。1907(明治40)年に大改修されていますが、全長342m(うちトンネル部分は144m)の内部には、当時の面影を残すノミの痕跡が一部残っています。

青の洞門

大分県中津市本耶馬渓町曽木
中津駅 バス30分
https://www.nakatsuyaba.com/tokusyu/yabakei/doumon.html

■羅漢寺

最後に紹介する中津城周辺のおすすめ観光スポットは、「羅漢寺」。荒々しい耶馬渓の山の中腹にあるお寺です。645年(大化元年)に、インドの僧・法道仙人が、この岩山の洞窟で修行したことから開基されたとされ、日本三大五百羅漢のひとつになっています。境内には、さまざまな表情をした五百羅漢や、千百体以上の石仏などが安置されています。参拝時は撮影・喫煙厳禁。観光用のリフトで往復できるので、脚力に自信がない方でも安心して参拝できます。

羅漢寺

大分県中津市本耶馬渓町跡田1501
0979-52-2538
8:30~17:00 (10月11月) / 9:00~17:00
中津駅 バス40分

中津城周辺のおすすめグルメスポット

■筑紫亭

最初に紹介する中津城周辺のおすすめグルメスポットは、「筑紫亭」。中津城と中津駅のちょうど中間にある、創業明治34年の老舗料亭です。ミシュランガイド熊本大分2018で一つ星を獲得しており、中津市の名物ハモ料理が味わえます。一番人気のメニューは、オリジナルの真ハモのしゃぶしゃぶ。おダシがきいた自慢の自家製ポン酢でさっぱりといただけます。お昼はリーズナブルな懐石膳もあるので、お座敷でのリッチな女子会ランチにもぴったりです。

筑紫亭

大分県中津市枝町1692
0979-22-3441
12:00~15:00/18:00~21:00
不定休(週1回)
JR中津駅 8分/椎田道路 椎田I.C. 車30分/宇佐別府道 宇佐I.C. 車35分
https://chikushitei.com

広告

のおすすめホテル

トラベルブックの今週のおすすめ

広告

運営会社