おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

【アメリカ】日本のバーベキューとは別物! 本場テキサス・スタイルのバーベーキューとは

日本でもキャンプなどで一般的によく見かけるようになったBBQ(バーベキュー)の発祥の地ってどこだか知ってますか? 実はバーベーキューの発祥の地はアメリカのテキサス州なんです。日本でバーベキューというと、薄切りや串刺しのお肉、野菜、そして〆の焼きそばが一般的ですね。でも、本場テキサスのバーベキューは味も見た目も全く異なっています。そこで、バーベキューの本場テキサスのバーベキューをご紹介します。次のバーベキューの時にはテキサス・スタイルのバーベキューを楽しんでみてはいかがでしょうか。

続きを読む

http://www.updatedallas.com

広告

バーベキューの始まりは・・・

http://luckydogbbq.com

16世紀にスペイン人がアメリカ大陸へ渡った時に、炭火を使った豚の丸焼きを原住民だったネイティブアメリカンに教えたところ、ネイティブアメリカンがよく使っていた料理法である肉を低温で長時間かけて燻製にする料理方法と融合し、今のテキサススタイルのバーベキューが出来上がったと言われています。

広告

調理に使うのは牛肉と薪だけ

http://www.houselogic.com

料理法はとってもシンプルです。薪を使って低温でじっくり時間をかけてスモークします。アメリカの家庭で使われる薪を使うタイプのバーベキューには写真のようにコロンと丸い卵型したものが一般的です。この中に薪とお肉を入れて4~6時間くらいスモークします。なので夕飯がバーベキューの時には朝から準備し始めます。料理をする男性の多いアメリカではバーベキューはお父さんがメインです。

http://beavercreek-smokehouse.com

長時間スモークされたお肉は旨みが濃縮され、ジューシーでホロホロの柔らかさになります。スモークする時にスモーキングチップを一緒に入れて香り付けするかは各家庭の好みのようです。香り付けしなくても十分においしいのは確かですね。

http://forums.egullet.org

アメリカではバーベキューは日常的に行われているので、一家に一台はバーベキューグリルまたはエッグ型のスモークバーベキューコンロを持っている言っても過言じゃないんですよ。庭が無いアパート暮らしの人でもベランダでバーベキューをしてる人を多く見かけます。それくらい、アメリカでバーベキューは日常に溶け込んだものなんです。

http://food-hacks.wonderhowto.com

良質な牛肉は必須

http://escapehatchdallas.com

テキサスでバーベキューの肉といえばビーフがメインです。アメリカ人の好む牛肉は日本人とは異なり、赤身で脂身が少なく噛み応えがあり味もしっかりしたものが好まれます。テキサスは広大な土地を利用して肉牛の飼育が盛んで、アメリカ国内では牛肉の産地でとても有名なんです。そんな良質な牛肉が手に入りやすい事情もあって、テキサスバーベキューが発展したんでしょうね。

http://www.nibblemethis.com

テキサスバーベーキューに使われる牛肉の部位は胸肉やショートリブです。ショートリブは牛のアバラ部分で日本でいうカルビです。胸肉にしろショートリブにしろテキサスバーベキューにする時には、どんっと大きな肉の塊のままスモークします。日本ではあまり見ないですが、アメリカのスーパーマーケットではお肉はスライスされずに大きな塊のまま売られていることが多いんですよ。

http://grubaholic.com

バーベキューソースはたっぷりと

http://www.stickybonesbbqtx.com

おいしく焼きあがったバーベキューに付けるソースは、チリパウダーやガーリックパウダーなどの香辛料やハチミツの入った甘辛いソースです。アメリカ人はこのソースとハニーマスタードをたっぷりとお肉につけて食べるのが大好きです。かなり味の濃いソースでビールとの相性は抜群です。バーベキューサンドにしてもおいしいですよ。テキサスに行ったらぜひバーベキューレストランで本場のバーベキューを堪能してくださいね。

http://www.eatingwell.com

広告

アメリカの雑学でおすすめの記事

詳しく

ここが違うよ!日本とアメリカの文化|意外と知らないアメリカの食生活や学校、習慣、マナー

アメリカ - 雑学

日本と、もっとも交流のある国の1つがアメリカです。政治・経済はもちろん、ミュージックシーンやファッション、食文化など、さまざまなところで日本は、アメリカの文化の影響を受けています。しかしながら、日本とアメリカの文化の違いを、はっきりと理解している人は少ないかもしれません。今回は、そのアメリカ文化の、さまざまな特徴と日本との違いを紹介します。日本とは違う、意外と知らないアメリカ文化を理解して、アメリカ旅行やアメリカ人との会話の際に、ぜひ役立ててくださいね。

詳しく

【アメリカ】憧れのニューヨーク生活でビックリする前に!? 日本の物価と比較してみよう

ニューヨーク - 雑学

世界の中心地といっても過言ではない大都会のアメリカ・ニューヨーク。アメリカのテレビドラマを見て"住んでみたい"と思ったことのある人は多いのではないでしょうか。ところで、実際にニューヨークの物価って知っていますか? アメリカの物価は日本よりも安いと思われるかもしれませんが、同じアメリカでも大都会ニューヨークは違います。東京の都心に住むよりも物価が高いものがたくさんあります。その中でも特に、日本に比べて物価が高いと思うものをご紹介します。将来ニューヨークに住みたい方は必読ですよ。

詳しく

【ニューヨーク】素敵な写真が撮れる! ブルックリンの撮影スポット3選

ブルックリン - 雑学

ニューヨーク観光に行ったら、記念にニューヨークの風景など写真を撮りたいですよね。ニューヨーク、特にマンハッタンにはワンワールドトレードセンターやエンパイアステートビルなど超有名な建物がいっぱいあり、ニューヨークらしくかっこいい映画やドラマで見るような写真を撮ってみたいと思う人も多いと思います。ブルックリンには、マンハッタンおよび周辺のかっこいい構図の写真が撮れるスポットがいくつかあるんです。 今回はそんなブルックリンにあるニューヨークらしいかっこいい写真の撮れるスポットを厳選してご紹介します。

詳しく

【アメリカ】光の”ビーム”が見える砂の洞窟「アンテロープキャニオン」の魅力

ページ - 雑学

アメリカの「アンテロープキャニオン」は、アリゾナ州の中でもトップを争う人気の観光スポットです。砂漠地帯にある国立モニュメントの1つであり、上流に降る雨がもたらす鉄砲水と風が、年月をかけて砂岩を狭く深く削りだして造られた、自然の驚異とも言える絶景です。一般観光客の立ち入りが許可される前から、多くのカメラマンを魅了してきたお墨付きの景色が広がっています。 アメリカ南西部の先住民「ナバホ族」にとって、アンテロープキャニオンは聖域のような存在として今もしっかり守られています。ガイドツアーで入場することが必須で、2時間しか観光ができないという制限がついているほどです。 そんなアンテロープキャニオンへの観光で知っておきたい注意点や、見どころなどをまとめました。写真でもその凄さが伝わるので見ているだけでも行きたくなってきますよ。

詳しく

【アメリカ】日本とは違う! 旅行時に頭に入れておくべきニューヨークの治安事情

ニューヨーク - 雑学

ニューヨークの治安は良くなったと言われることが多いですが、日本の治安に慣れている日本人が自国と同じような治安だと勘違いしてしまうと、簡単に事件に巻き込まれてしまいます。日本では身近ではないドラックや銃といったものが、ごく身近に存在するのかニューヨークなんです。日本では普通の光景がニューヨークでも普通ではないこともあります。楽しいニューヨーク旅行を満喫しつつも、常に日本とは違うということを忘れず、何か違う雰囲気を感じ取ったら直ぐにその場を離れる、危険といわれている場所には近づかないなどの自衛措置は忘れないでくださいね。

詳しく

【カリフォルニア】気球とワインで大盛り上がりのテメキュラ・バルーン&ワインフェスティバル!

その他の都市(カリフォルニア州) - 雑学

カリフォルニアワインで有名なテメキュラで毎年開催される、気球とワインのフェスティバル“テメキュラ・バレー・バルーン&ワインフェスティバル(Temecula Valley Balloon & Wine Festival)”を聞いたことがありますか? 大きくてカラフルな気球が、テメキュラの空を埋め尽くすようにどんどんと上がっていく様子は圧巻です。カリフォルニアの青い空とカラフルな気球のコントラストがすごく綺麗なんです。もちろんフェスティバルの会場ではワインの試飲や販売もあります。そんなテメキュラの気球とワインのフェスティバルについて紹介します。

詳しく

【アメリカ】旅行者必見! 日本とは違うサンフランシスコの気候

サンフランシスコ - 雑学

サンフランシスコはアメリカの西海岸に位置し、比較的日本からも近く交通の便もいいことから日本人にも人気の観光地の一つです。ガイドブックを見るとサンフランシスコの気候は“1年中温暖で過ごしやすい”って書いてあるものが多いですよね。確かにその通りですが、やはり日本とは全く違う気候なので注意したほうがことがたくさんあります。そんな事前に知っておきたいサンフランシスコの気候で注意したほうがいいことをご紹介します。旅行準備の参考にしてくださいね。

詳しく

サンディエゴ観光を楽しもう! メキシコに近いカリフォルニアのパワフルシティ!

サンディエゴ - 散歩・街歩き ,観光名所 ,雑学

アメリカ合衆国で太陽がサンサンと輝くカリフォルニア州の中でも特に晴れの日が多いと言われるサンディエゴ。なんと1年のうち300日が快晴の日です。そのような気持ちよい気候のサンディエゴはロサンジェルスから約200キロメートル、メキシコまでわずか30キロメートルで、メキシコの雰囲気を味わいながらも治安がよいので安心して旅を楽しめます。 街の中にはスペイン領時代やメキシコ時代の建物もあり、美しい海辺と広大な公園、数々の博物館や美術館など多彩なアミューズメントのある観光地です。レストランもイタリアンやフレンチ、メキシカン、そして日本料理店も多く毎日のバラエティーに富む食事が楽しめます。そのようなサンディエゴ観光の楽しみ方を紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

広告

広告

のおすすめホテル

アメリカへの旅行も
航空券とホテルをセットでお安く予約!

アメリカの航空券+ホテルを探す

トラベルブックの今週のおすすめ

広告

運営会社