おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

バンコクにあるドンムアン空港ってどんな空港?特徴と市内アクセス法を紹介!

皆さんは、ドンムアン空港をご存知ですか?タイの第2の空港と言われている、エアアジアなどを中心とした空港になっています。空港内には、たくさんの免税店や魅力的なお土産物屋がそろっているほか、タイのローカルフードから日本料理、中国料理などバラエティに富んだレストランやカフェが入っており、空港内で楽しむことができます。バンコク市内までは、様々なアクセス方法でアクセスすることができ、どの方法でも1時間以内にアクセスできてしまうので大変便利!今回は、そんなバンコクのドンムアン空港について、特徴と市内へのアクセス方法を紹介します。

続きを読む

更新日: 2023年11月21日

広告

本ページではプロモーションが含まれます
当サイトでは施設やサービス(以下、サービス等)の掲載にあたり、ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任においてサービス等を選定しおすすめアイテムとして紹介しています。

なお当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、オンライン旅行代理店やレストラン予約サイトが提供するアフィリエイト・プログラムに参加し、サービス等の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。掲載の順番はサービス等の提供会社により支払われる報酬も考慮されている場合があります。

ドンムアン空港はどんな空港なの?

ドンムアン空港は、タイの首都バンコクにある第2の空港です。バンコクから約24km北に位置しており、エアアジア、ノックエア、スクートなどが利用する空港になっており、24時間休むことなく営業しています。なお、ターミナル1は国際線専用、ターミナル2は国内線専用になっています。

ドンムアン空港での過ごし方1:4階のレストラン街へ行ってみる

ドンムアン空港での過ごし方のおすすめの一つ目は、4階のレストラン街へ行ってみること。ターミナル1とターミナル2の中間にある4階には、24時間営業のフードコートがカフェ、レストランがたくさんそろっており、タイ料理はもちろんのこと、日本料理や中国料理などバラエティ豊かな料理を楽しめます。

ドンムアン空港での過ごし方2:買い物を楽しむ

ドンムアン空港での過ごし方のおすすめの2つ目は、買い物を楽しむこと。ドンムアン空港内には、いくつもの免税店やお土産物屋があり、ショッピングを楽しむのにも最適です。国際線出発リアを入ったところには、タイの一村一品運動(OTOP)のショップがあり、タイの伝統工芸品などがそろっています。また、タイの王室がてがけるロイヤルプロジェクト製品を購入できるショップ、タイティーの専門店「チャートラームー」、日本人に大人気のかわいらしい柄のコットン製品を気軽に購入できる「NaRaYa」なども大変おすすめです。

ドンムアン空港での過ごし方3:ラウンジでくつろぐ

ドンムアン空港でのおすすめの過ごし方の3つ目は、ラウンジでゆっくりとくつろぐこと。ドンムアン空港には、国際線出発エリアに2か所、国内線出発エリアに3か所、国際線到着エリアに1か所のラウンジが設けられており、一部のラウンジは、有料で、誰でも利用できます。ラウンジには、軽食やドリンクなどが用意されており、首や肩のマッサージを利用できるところもあります。利用時間は、1ラウンジの利用時間は、2~3時間になっています。

ドンムアン空港での過ごし方4:ローカルフードを楽しむ

ドンムアン空港の過ごし方のおすすめの4つ目は、ローカルフードを楽しむことです。国際線ターミナルの3階にある、24時間営業の「タロスカフェ」、カオマンガイやバッタイやカレー、スイーツなどのローカルフードを気軽に楽しめるファミレス感覚のレストラン。また、空港職員専用の社員食堂「マジックフードポイント」は、タイらしいメニューをほかのお店よりずっとリーズナブルに楽しむことができ、おすすめです。

広告

ドンムアン空港での過ごし方5:シャワーやマッサージを利用する

ドンムアン空港でのおすすめの過ごし方の5つ目は、シャワーやマッサージを利用することがです。空港内には、簡易宿泊施設があり、日本のビジネスホテルと同じようなシャワー・トイレ付個室が備わっています。部屋で休憩するもよし、シャワーのみの利用も可能です。また、タイ古式マッサージのお店もいくつかあるので、マッサージを受けてリフレッシュするのもおすすめです。

バンコク市内へのアクセス方法1:~エアポートバスを使う~

ドンムアン空港からバンコク市内へアクセスする方法の1つ目は、オレンジ色のエアポートバスを利用する方法です。各ターミナルの前にバス停があり、A1とA2の運賃は、30THB。A3のとA4のの運賃は、50THBになっています。A1は、5分間隔でバスが運行しており、大変便利です。所要時間は、30分~40分程度です。

バンコク市内へのアクセス方法2:~路線バスを使う~

ドンムアン空港からバンコク市内へのアクセス方法の2つ目は、路線バスの利用です。ターミナル前を走る路線バスの「29番」を利用するのが便利になっています。BTSモーチット駅、サーヤム・スクエア前、MRTフアランポーン駅へアクセスすることができ、運賃は、20THBで、所要時間は1時間ほどになっています。

広告

バンコク市内へのアクセス方法3:~リムジンバスを使う~

ドンムアン空港からバンコク市内へのアクセス方法の3つ目は、リムジンバスの利用です。正式名称を「エアポート・リモバス・エクスプレス」といい、ドンムアン空港~カオサン通りと、ドンムアン空港~プルンチット~ルンピニ公園という2つのルートが運行しています。運賃は150THBで、30分に1本の運行になっています。

バンコク市内へのアクセス方法4:~タクシーを使う~

ドンムアン空港からバンコク市内へのアクセス方法の4つ目は、タクシーを使うこと。もっともポピュラーな方法になっており、メーターに表示されている金額と、空港乗り入れ料として50THBが必要になっています。市内主要エリアには、約1時間ほどでアクセスでき、200~300THBほどの料金になっています。

バンコク市内へのアクセス方法5:~鉄道を使う~

ドンムアン空港からバンコク市内へのアクセス方法の5つ目は、鉄道を利用すること。ターミナルに隣接しているウィパワディー・ランシット通りを超えたところには、タイ国鉄のドンムアン駅があり、鉄道を利用できます。ただし、本数が少なく、自国通りに発車しないことも多くなっています。運賃は列車によって異なり、2等が、31~161THBになっています。所要時間は、40分~1時間ほどになっています。

バンコク市内へのアクセス方法6:~スワンナプーム国際空港行きシャトルバスを使う~

ドンムアン空港からバンコク市内へのアクセス方法の6つ目は、スワンナプーム国際空港行きのシャトルバスの利用です。バンコクのもう一つの空港であるスワンナプーム空港へ乗り継ぎ客専用のシャトルバスが運行されており、乗り継ぎをする人であれば、無料で利用できます。5:00~24:00の間に、12~30分間隔で運行しています。所要時間は、30分から時間になっています。

バンコク市内へのアクセス方法7:~リムジンタクシーを使う~

ドンムアン空港からバンコク市内へのアクセス方法の7つ目は、リムジンタクシーを使うこと。車種・目的地によって金額は異なり、700~1200THBになっています。乗り場は、ターミナル1の到着ロビーにあるレンタカーカウンターと両替所のちょうど間に位置しており、「TAXI SERVICE」と書かれた看板が目印になっています。

まとめ

いかがでしょうか?タイの第2の空港であるドンムアン空港。スワンナプーム国際空港の陰に隠れがちですが、さまざまなお土産物屋や免税店、レストラン、マッサージ店などがあり、空港で楽しめます。様々な方法で、簡単にバンコク市内にアクセスすることもでき、大変便利。ぜひドンムアン空港を利用して、タイ旅行を楽しんでみてください。

交通のおすすめ記事

詳しく

LCC「タイ・エアアジアX」に乗ってきました!おすすめのシートや機内食についてレポート

タイ - 空港

「タイ・エアアジアX」は、アジア最大のエアアジア・グループに属するタイのLCC(格安航空会社)です。エアアジアは「ワールド・ベスト・LCC」の世界1位を2022年現在まで13年連続受賞しているほど、常に高い評価を得ています。 トラベルブックではこのタイ・エアアジアXに実際に搭乗して、タイへ行ってきました!その際の機内の様子や気になる機内食などについてレポートします。

広告

のおすすめホテル

タイへの旅行も
航空券とホテルをセットでお安く予約!

タイの 航空券+ホテルを探す

トラベルブックの今週のおすすめ

広告

運営会社