おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

浅草はメロンパンの名店揃い!行列必須「花月堂」の魅力を徹底解説

広告

浅草はメロンパンの名店揃い!行列必須「花月堂」の魅力を徹底解説

浅草は、1400年ほどの東京でも最古の歴史を誇る、浅草寺の門前町として発展してきました。その浅草は日本の文化がただよう街で、たくさんの観光客が訪れています。浅草は文化だけではなく、雷おこしや人形焼き、揚げまんじゅうや濡れ煎餅など、さまざまな和の食べ歩きグルメがそろっていることが魅力。しかし近年、和ではない人気急上昇のものがあり、浅草の新たな名物となっています。それがメロンパンで、なかでも花月堂のものは行列ができるほど人気です。今回は、花月堂がどういうところなのか、人気のメロンパンの魅力をたっぷりと紹介します。

浅草の1日に3,000個も売れるメロンパンって知ってる?

東京・浅草を訪れる観光客の、新たな名物となっているのが、浅草に数店舗を構える花月堂の「ジャンボめろんぱん」です。この外はカリカリ、中はフワフワのジャンボめろんぱんは、テレビ番組や観光情報誌など、さまざまなメディアで紹介され大ブレイク。花月堂には連日大行列ができるほどの人気商品で、1日に3000個も売れています。

平日でも行列必須の名店「花月堂」

花月堂は浅草寺本堂の左側にある、西参道商店街の入り口にたたずむ本店をはじめ、浅草と東京都内に数店舗を構えています。1945年(昭和20年)創業の老舗で、店内ではジャンボめろんぱんはもちろん、あんみつやぜんざい、ソフトクリームやかき氷などが食べられます。平日でも観光客の多い浅草で、名物のジャンボめろんぱんを買うために行列ができる名店です。

広告

メディアへの出演が人気爆発のきっかけ

東京・浅草の名物となっており、たくさんの観光客が購入に訪れている、花月堂のジャンボめろんぱん。その人気爆発のきっかけは、数ある街歩き番組や行列ができる人気店を紹介する番組、観光雑誌や情報雑誌など、複数のメディアへの出演がきっかけです。公式ホームページには、芸能人写真館と銘打たれ、訪れた芸能人が紹介されています。

広告

気になる!「花月堂」の待ち時間はどれくらい?

一時期よりはブームが落ち着いており、平日であれば30分、休日であれば1時間を見込んでおくとよいでしょう。持ち帰り用と焼きたてのジャンボめろんぱんがあり、持ち帰り用であればそれほど待たずに購入可能ですが、味が落ちてしまいます。本来の味わいを楽しむのであれば、焼きたてを購入し、東京・浅草の定番の、食べ歩きでの観光がおすすめです。

メロンパンは科学!社長の「発酵」へのこだわりとは?

浅草食べ歩き観光の名物の、花月堂のジャンボめろんぱんは、科学に基づいて作られています。社長は東京農業大学で発酵学を学び、その後は研究職として就職。その経験から生まれたのが、花月堂独自の発酵方法を使って作られるジャンボめろんぱんです。一般的なパンの約3倍、3時間をかけて発酵させ、天候などでその方法を変え、手間暇をかけ作られています。

看板メニュー「ジャンボめろんぱん」は1個220円!

花月堂の名物のジャンボめろんぱんは、独自の発酵により直径約15cmもの大きさでありながら、1個220円という手ごろな価格です。東京のメロンパン専門店の、手のひらサイズのメロンパンであっても、250円前後のものがほとんど。それと比べると、直径約15cmある花月堂のジャンボめろんぱんはコスパが高く、浅草観光の食べ歩きグルメとして人気です。

広告

浅草はメロンパンの名店揃い!行列必須「花月堂」の魅力を徹底解説に関連するタグ

東京 グルメ 東京 パン屋・ベーカリー 浅草・上野・日暮里 グルメ 浅草・上野・日暮里 パン屋・ベーカリー 日本 グルメ 日本 パン屋・ベーカリー

広告

のおすすめホテル

トラベルブックの今週のおすすめ

広告

トラベルブックで人気のまとめ

  1. 横浜中華街でおすすめの食べ放題21軒:人気ランキング上位のお店一覧

    横浜 - バイキング・食べ放題・ビュッフェ,中華・中華料理

主要トラベルサイトから最安値のホテルプランを取得

ホテルの料金プランを検索する

運営会社