おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

夏のキャンプの服装は何を重視する?アイテムの選び方とおすすめコーデ

広告

キャンプの季節の王道といえば夏!美しい自然の中で川遊びをしたり、虫取りをしたり、夜には星空を観測したり。他の季節よりも暖かく、活動しやすいので夏にキャンプをする方は多いです。しかし一方で夏ならではの不便や危険もあります。気温が高く日差しも強いので、熱中症対策や日焼け対策は必須になりますし、虫も多いので虫避け対策も必要です。そのため服装の種類は限られてしまいますが、かといっておしゃれに着こなしたい気持ちも捨てられません。今回はそんな方のために、かわいくて便利な夏キャンプにおすすめの服装をご紹介します。アイテムの選び方やおすすめコーデもご説明しますので、ぜひ参考にしてみてください。

夏キャンプは快適に過ごせる服装選びがポイント

夏キャンプの服装で重要視してもらいたいのは、虫対策と紫外線対策、また朝晩は冷えるため防寒対策も必要です。すべてを持っていくと荷物が多くなってしまうので、目的地に合わせてアイテムを選んだり、重ね着したりするのがおすすめ。またキャンプはテント作りやBBQ、キャンプファイヤーなど何かと汚れる作業が多いので、汚れが目立つ白っぽい服は避けたほうが良いでしょう。

夜は意外と寒い?昼と夜の寒暖差も意識して服装を選ぼう

昼間は日差しが照り付けて暑くても、夜になると気温がぐっと下がります。特に山の中にあるキャンプ場の場合、標高などの関係もあり、10度台まで気温が下がることも。夜も快適に過ごすため、夏でも防寒用のアイテムは必ず持っていきましょう。厚手のパーカーやウインドブレーカーなどがあると安心。最近流行りの折り畳めるダウンジャケットもかさばらなくて便利です。

Lesmart ダウンジャケット メンズ コート ウルトラライトダウン

夏キャンプは行く場所の気温によって服装も準備しよう

防寒対策についてお話したとこでもう一つ。元々気温が低い山などに行く場合はインナーも長袖がおすすめです。ヒートテック素材など保温性のあるものも良いですね。逆に日差しが強い地域に行く場合は紫外線対策を意識するようにしましょう。最近はUVカット効果のある素材を使った上着やストールなどもあります。こうしたアイテムを目的地に合わせて上手に使い分けてください。

FLOSO メンズ あったか サーマル 長袖シャツ

夏キャンプで着る服は素材も重要!

アイテム選びには使われている素材も需要です。BBQやキャンプファイヤーなどの場面で、万が一火の粉が飛んできても引火したり穴が開きにくい素材を選びましょう。ポリエステルなどの化繊は溶けて穴が開きやすいですが、綿やウールなどの天然素材だとすぐには燃えず、さっと手で払えばOK。火の近くに行く時はこれらの素材でできた上着を羽織るようにしましょう。

Lanbaosi アウトドア 登山ウェア メンズ ウィンドブレーカー

朝と夜は重ね着をして寒暖差対策がおすすめ

朝晩の気温差が激しい所では重ね着をするのもおすすめです。半袖の上に朝と夜だけパーカーや上着を重ねておけば、いちいち着替える手間が省けますし、荷物も少なくて済みます。念のため、必要と思う枚数プラス1枚上着を持っていくと良いでしょう。思いのほか気温が低かったときに使えますし、ひざ掛けや、丸めれば枕としても利用できます。

広告

ボトムスは蒸れないものを選ぼう!

昼間、気温が高い中で快適に過ごすには、蒸れないボトムスを選ぶのがポイントです。汗をかくと蚊を呼び寄せる原因にもなりますので、涼しく過ごせる通気性が良い素材やデザインのものを選ぶようにしましょう。ハーフパンツだと動きやすく、川にもそのまま入れますが、川から上がった後にスプレーなどで虫よけ対策、紫外線対策するのを忘れようにしてください。

少し服の選び方を変えるだけでできる夏キャンプの虫対策!

虫対策には肌の露出を少なくすることが一番ですが、暑い中長袖長ズボンで過ごすのはおすすめできません。そこで蚊取り線香を焚いているテント内などでは半袖で過ごし、川の近くや蚊取り線香から離れた場所に行く時だけ上着を羽織るのがおすすめ。半パンの場合は中にレギンスを履いても良いでしょう。汗をかいたらインナーを替えるというのも虫対策になります。

帽子は夏キャンプの必需品!

帽子は紫外線対策に必須。もちろん色やデザインで選んでも良いのですが、最近は帽子にも様々な機能が付いたものがあり、それを見て選ぶのもおすすめです、絶対焼きたくない人はつばが広めのものや首元にカバーがついたものを。汗をかきやすい人は速乾性機能のあるものを。また防水性のあるものだと小雨が降っても安心です。

エドウィン レインウェア キャップ レインキャップ

天気が変わりやすい夏キャンプはレインコートを用意しておこう!

キャンプ場が多い山間部は天気が変わりやすく、たとえ晴れ予報でも雨が降ることがあります。雨を防ぐ建物が近くにない場合も多いので、雨具は必ず用意しておきましょう。片手がふさがってしまう傘よりも自由に動けるレインコートがおすすめです。防水透湿素材を使ったものだと、しっかり水気を防ぎながら体にはりつくこともなく、快適に過ごせます。

エドウィン レインウェア

足元も大事!履き物と靴下はどう選ぶ?

広告

キャンプにはヒールやサンダルではなく、動きやすい靴で行きましょう。想像以上に汚れるので、靴も白っぽいものは避けたほうが良いです。アウトドアシューズなら防水機能も付いていて便利ですが、スニーカーでも十分。雨が降りそうなときは長靴も持っていくと良いです。靴下は怪我や虫刺されの予防になるので必ず履きましょう。通気性の良い綿製などがおすすめです。

アッション ハイキングシューズ

夏キャンプ、今シーズンのおすすめレディースアイテムは?

今シーズン特におすすめしたいレディースアイテムはコロンビアのウィメンズスクリップスランチタイツ。汗を素早く吸って発散し、ニオイも防いでくれるので長時間着用していても安心です。カラフルでポップなデザインなので、シンプルなハーフパンツと合わせるのもおすすめ。見た目も可愛く、機能性にも優れたアイテムです。

コロンビア ウィメンズスクリップスランチタイツ

夏キャンプ、今シーズンのおすすめメンズアイテムは?

男性におすすめのアイテムはカリマーのPDクルーです。こちらも速乾性に優れたアイテムで、汗をかいてもすぐに生地が吸い取って発散してくれるので、いつでも快適。たくさん動き回りたいときにもピッタリです。UPF50+ものUVカット効果もあり、強い日差しからも肌を守ってくれます。半袖Tシャツとしてこれ一枚で着用してもOKですし、インナーとして使うこともできます。

Karrimor   Aspen クールドライ

夏キャンプ、子供の服装は?

子供の服装も基本的には大人と一緒です。動きやすい靴に日よけの帽子、防寒用の上着と念のためレインコートを準備しておくと良いでしょう。就寝用には長袖長ズボンのジャージを持っていくと、パジャマよりも動きやすく、防寒対策にもなるのでおすすめです。昼間思ったよりも寒いときに着ることもできるので、キャンプ用に上下1組用意しておくと良いでしょう。

夏キャンプ、今シーズンおすすめのレディースコーデは?

最後におすすめのレディースコーデをご紹介します。まず頭には好きなデザインのハットを被り、上半身はTシャツの上に脱ぎ着できる綿かウールのパーカーを重ねます。Tシャツは多めに替えを持っていくと便利。あとはシンプルなデザインのショートパンツにカラフルタイツを合わせ、靴下とスニーカーを履けば見た目も可愛く、快適にすごせるキャンプコーデの出来上がりです。

まとめ

いかがでしたか。夏のキャンプにおすすめの服装やアイテムをご紹介してきました。全体的におしゃれにまとめつつ、個々のアイテムは機能性が高いものを選ぶのがベストです。せっかくの楽しいキャンプが怪我や体調不良などで台無しになってしまわないためにも、服装は大事です。こちらの記事を参考にしつつ、素敵なアイテムを選んでキャンプを楽しんでくださいね。

日本のキャンプ・キャンプ用品でおすすめの記事

詳しく

温泉あり!関東で自然を体感できるオートキャンプ場まとめ

栃木 - キャンプ・キャンプ用品

大自然の中で、川遊びをしたり、釣りを楽しんだり、スポーツや遊具で身体を思いっきり動かしたり、森林浴をしながら散策をしたり眺めを楽しんだりしながら、自分の手で作る料理やバーベキューも楽しめるオートキャンプ。夏場は避暑地に行くのも良いですし、冬場に綺麗な星の観察ができるのも自然の中でこそできることです。そんなオートキャンプ場であると嬉しいのが、夏は汗を流し、冬は冷えた身体を温められる温泉です。そこで今回は、関東にある温泉のあるオートキャンプ場を一挙にご紹介します。

詳しく

キャンプやアウトドアで大活躍のおすすめケトル24選

日本 - キャンプ・キャンプ用品

屋外でスピーディーにお湯を沸かす時に重宝するケトル。コーヒーなどのティータイムやインスタントラーメンなどに使用できるアイテムで、アウトドアシーンにあると便利ですね。鍋でもお湯を沸かすことは出来ますが、ケトルだと、マグカップにも楽々と注ぐことができるので、より一層快適に過ごすことができます。 そんな、アウトドアに重宝するケトルを紹介します。注ぎ安いハンドルタイプや、沸騰時間が早めのケトルタイプ、クッカーとしても使用できる寸胴タイプなど種類や収納タイプなども様々ありますので、自身のアウトドアシーンに合わせたケトルを探してみてください。

詳しく

キャンプで持っておくと役立つアウトドア用ナイフ28選

日本 - キャンプ・キャンプ用品

季節が良くなってくるとアウトドアのシーズン到来ですね。キャンプやバーベキュー、釣りなどさまざまなアウトドアがありますが、やはり、アウトドアと言えばキャンプではないでしょうか。キャンプをするにあたって、いろいろな作業がでてきますが、そんなときに役に立つのがナイフです。調理にはもちろん、木の枝などを切ったり、火をおこしたり、さまざまな用途で活躍してくれるアウトドア用のナイフがあると、作業がスムーズに進み、より楽しくアウトドアを楽しむことができます。最近は、アウトドア用ナイフと一口にいっても、折りたたみ式のものから一つで何種類もの機能を兼ね備えたものまでさまざまです。自分にぴったりのナイフを見つけて、快適に作業を進めて行きたいですね。そこで、キャンプで持っておくと役立つアウトドア用ナイフの中から、おすすめの30選を紹介します。

詳しく

バーベキューに必携!便利でおしゃれすぎるアウトドアアイテム10選

日本 - キャンプ・キャンプ用品

アウトドア遊びの楽しみのひとつ、バーベキューをいつもよりもっとおしゃれに&便利に楽しくさせてくれるアイテムをご紹介! サイドテーブルにもなるグリルやかごバッグ仕様のクーラーボックスなど実用性もおしゃれさも兼ね備えたスグレモノを厳選してみました。モノ選びからこだわりを持てば、準備の段階からバーベキューが楽しくなりますよ! 野外で食べたり飲んだり、ワイワイするだけで楽しいですが、こちらで紹介するアイテムを活用すれば、より一層盛り上がったり、BBQのクオリティも上がっちゃいます。ぜひ、次のアイテム選びの参考にしてくださいね!

詳しく

おしゃれでかっこよく決めたい人におすすめ!アウトドア用パンツ26選

日本 - キャンプ・キャンプ用品

グランピングをはじめ、最近のアウトドアや山登りはおしゃれも楽しむことが必須! 快適に過ごせる機能性や動きやすさはもちろん、スタイル良く見えるシルエットにもこだわったアウトドアウェアなら、アウトドア用品だけでなく、普段も着ることができるのが魅力です。そんなキャンプやアクティビティに履きたいパンツを、男女別で13選ずつまとめました。コンパクトサイズになり携行しやすいパンツや、本格的な山登りにぴったりな多機能パンツなど、商品の特徴をたっぷり紹介します。なお、料金は2017年4月に算出したものを記載しています。

詳しく

キャンプやアウトドアで使える容量別おすすめクーラーボックス28選

日本 - キャンプ・キャンプ用品

キャンプやバーベキューなどのアウトドアレジャーを楽しむときの必須アイテムと言えばクーラーボックス。すぐにぬるくなってしまうドリンク類を冷やすためにも、生鮮食品の鮮度を保つためにもクーラボックスがあると便利です。クーラボックスというと大きくて持ち運びが大変なイメージもあるかもしれませんが、ドリンク入れに使える小さいピクニック用から、バーベキュー食材を入れられる大勢でのアウトドア用まで、大きさや種類が豊富に揃っています。 その中から今回は、用途に合わせて選べるおすすめのクーラーボックスを容量別に分けて紹介していくので、デザインや機能からお気に入りのクーラーボックスを見つけてくださいね。 ※尚、料金は記事作成時のものです。

詳しく

荷物を運ぶのに便利なおすすめアウトドア用ワゴン26選

日本 - キャンプ・キャンプ用品

家族や仲間と一緒にアウトドアを満喫しませんか? 近年は便利グッズも多彩に揃うほか、アウトドアクッキングを楽しむ人も多く、アウトドアレジャーは人気上昇中です。そんなアウトドアの悩みは荷物問題。重い荷物の悩みを解決してくれるおすすめワゴンを今回はピックアップしました。重い道具を一度にたくさん運べるワゴンは便利なアイテムです。一口にワゴンと言っても、バリエーションも豊富です。アウトドアだけでなく、運動会など日常生活でも役に立つこと間違いなし。使い方次第で用途も広がります。選ぶ時のポイントは、全体のサイズのほか、収納サイズ、重量、耐荷重などのチェックも忘れずに!※料金は2017年4月に算出です。

詳しく

登山やキャンプにおすすめ!ブランド別アウトドアハット22選

日本 - キャンプ・キャンプ用品

アウトドアを楽しむにあたって、必需品とも言えるアウトドアハット。紫外線や日光を遮るだけでなく、怪我の防止や急な雨から濡れるのを防止したりなどその効果は大きいです。 一口にアウトドアハットといっても、それぞれに特徴を持ち、目的によって選ぶものも変わってきます。軽量タイプや、折りたたんで運べるもの、頑丈なつばや、調節可能なものなど、自分がどんな用途で使用したいかを考えてぴったりのものを選び、アウトドアを思いっきり楽しみたいですね。 今回は、登山やキャンプなどのアウトドアにおすすめのアウトドアハットを、アウトドアブランド別に紹介します。

広告

広告

のおすすめホテル

トラベルブックの今週のおすすめ

広告

運営会社