おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

秋のキャンプを楽しむためのオススメの服装は?寒さ対策も必要!

広告

秋のキャンプを楽しむためのオススメの服装は?寒さ対策も必要!

最近若者から家族連れまで幅広い世代に人気のキャンプ。特に秋のキャンプは涼しくて虫も少ない上、美しい紅葉が見れるベストシーズンです。でも実際、キャンプへ行くのにどんな服装をすればいいのか、初心者には難しいですよね。昼間はまだ気温が高い日も多い一方、朝晩はぐっと冷え込む秋はしっかりとした防寒対策が必要です。そこで今回は秋キャンプにおすすめのコーデをご紹介。最近のアウトドアショップには機能性はもちろん、SNS映えを意識したおしゃれなアイテムがたくさん揃えられているので、ぜひ記事を参考にコーディネートしてみてください。

秋のキャンプの魅力とは?

暑さも和らぐ秋のキャンプは蚊やブヨといった厄介な虫も減り、混雑具合も比較的落ち着いているので快適にキャンプを楽しむことができます。特に台風の発生も落ち着く10月頃になると気候も安定するので、キャンプが中止や延期になる心配も減ります。実りの秋にはおいしいものもいっぱい。旬な秋の食材を使ったキャンプ料理も楽しめますよ。

秋のキャンプは寒さ対策が肝心!

秋の日中はまだ気温が高めな日もありますが、朝晩の冷え込みはキツくなってきます。長袖やジャケット、毛布やブランケットを用意しておくなど、昼間暑くても防寒対策はしっかりと行いましょう。秋も深まる頃には日中でも肌寒くなってきます。底冷え防止にマットを敷いたり、ホッカイロや湯たんぽの用意をしておくと安心ですよ。

アウターはどんなアイテムを選ぶ?

一括りに秋といっても初秋と晩秋では気温に大きな差があり、防寒対策の仕方も変わってきます。昼間はまだ残暑が残り夜は肌寒いくらいの初秋はフリースジャケットや厚手のスウェットなどがおすすめ。もう少し寒くなったら中綿入りのアウター、冬も近い晩秋になると本格的に冷え込むので、寒さをしのげるダウンジャケットを用意しましょう。

トップスはどんなアイテムを選ぶ?

まだ暑さが残る日も多い秋には、半袖のトップスがまだまだ活躍します。半袖のトップスに長袖のシャツを重ね着するなど、調節しやすいものを用意しましょう。本格的な秋を迎える頃には長袖のトップスがメインになります。動きやすいパーカーやスウェットがおすすめ。細かな防寒対策などはインナーやアウターで調節しましょう。

ボトムスはどんなアイテムを選ぶ?

初秋はデニムやチノパンなど、動きやすいカジュアルなもので十分対応できます。短パンにタイツを合わせるのも個性を出すことができ、おしゃれでおすすめ。寒くなってきたらボトムスの下にインナーを履いたり、風を通さない生地のものや裏起毛のもの、ヒートテックのボトムスなどを用意しましょう。 上半身だけでなく下半身の防寒対策も整えておきましょう。

広告

秋キャンプは防寒対策アイテムも!

昼と夜の気温の差が大きい秋キャンプは、しっかりとした防寒対策が必要です。ヒートテックや風を通さないアウター、厚手の靴下やレッグウォーマーの他、寒い時にさっと羽織ったりひざ掛けにもできる大判ストールなどがおすすめ。山の中にあるキャンプ場などは特に朝晩の冷え込みが激しいので、防寒対策は念入りに行いましょう。

寒さ対策コーデ

秋キャンプの寒さ対策コーデの一例としておすすめなのが、秋冬に欠かせないニットに風を通さないマウンテンパーカー、動きやすいデニムパンツ。カジュアルな中にもニットで可愛らしさを演出できます。他にもパーカーに大きめのデニムジャケットを重ねて、ボトムスにチノパンやスウェットを合わせると暖かく動きやすさも抜群のおしゃれコーデが完成します。

寒さ対策小物のアイテム

寒さ対策におすすめの小物といえば、まず帽子。デニムやパーカーとの相性が抜群のニット帽や、暖かく機能性抜群な上にこれひとつでオシャレ上級者になれるフライトキャップがおすすめです。その他そのまま羽織ってもOK、ひざ掛けにしてもOK、首に巻いてマフラー替わりにしてもOKな大判ストールは持っておくととても便利ですよ。

秋キャンプ、足元のアイテム

寒さ対策はまず足元から。足元を暖めるおすすめのアイテムがレッグウォーマーです。デザインや素材も豊富で気軽にコーデに取り入れることができます。キャンプではおしゃれで動きやすいスニーカーがマストアイテムですが、ムートンブーツも暖かく動きやすいので秋キャンプにおすすめ。防寒・防水性抜群なアウトドアブーツを選んでも良いでしょう。

広告

朝・晩の冷え込む時間帯はどんな服装が良い?

秋になると朝晩はかなり冷え込みます。ダウンジャケットなど、しっかり寒さを凌げるアウターを用意しておきましょう。ただし、焚き火をしている際に火の粉が飛んで穴があいてしまう恐れもあるので、ブランケットなどを羽織っておくと安心です。薄くて持ち運びにも便利なウルトラライトダウンジャケットなどをアウターの下に着込むのもおすすめです。

インナーにも気をつかいましょう

冷え込みが厳しくなってくる秋キャンプはレイヤードだけでは寒さを凌げなくなってくるので、機能性インナーを取り入れましょう。普段から使用する人も多いヒートテックなどはキャンプにも大活躍します。トップスだけでなくボトムスの下にもヒートテックタイツやレギンスを着込んでおけば、寒さを凌げて快適にキャンプを楽しむことができますよ。

子供の服装はこんなアイテムを選ぶと良い!

よく動き回り冬でも汗をかくこともある子供は、暑さを調節できるよう脱ぎ着しやすいものを選び、着替えを多めに用意しておきましょう。Tシャツに前開きのシャツやパーカーを重ね着し、マウンテンジャケットなど動きやすく汚れてもいい服装がおすすめ。足元が濡れることも多いので、靴下を多めに用意したり、長靴を履かせるのもよいでしょう。

今年注目!女性の秋キャンプファッションは?

機能的かつトレンドも押さえておきたい女性の秋キャンプファッション。今年のトレンドは普段のファッションでも人気のビッグシルエットです。トップスのパーカーや、フリースやデニムジャケットなどのアウターを選ぶ際はビッグシルエットのものがおすすめ。重ね着もしやすく、ゆったりとしていて快適に過ごせるのもポイントです。

秋キャンプにむかないコーデ

キャンプに向かないアイテムのひとつがオーバーオールです。トイレへ行く際など上着を脱いで肩から外さなければならないため、キャンプには向きません。他にもしゃがんだ時に汚れやすい丈の長いアウターはおすすめしません。長くてもお尻が隠れる位がよいでしょう。動きやすさ重視のキャンプでは歩きづらいヒールは絶対に避けましょう。

まとめ

いかがでしたか?キャンプは登山や海水浴などといったアウトドアに比べて、普段使っているアイテムを取り入れて気軽におしゃれを楽しむことができます。ただし、朝晩の冷え込みが厳しくなってくる秋キャンプは寒さ対策が必須。 しっかりと防寒対策をしつつ、トレンドを取り入れたおしゃれなコーデで秋キャンプを楽しみましょう。

日本のキャンプ・キャンプ用品でおすすめの記事

詳しく

温泉あり!関東で自然を体感できるオートキャンプ場まとめ

栃木 - キャンプ・キャンプ用品

大自然の中で、川遊びをしたり、釣りを楽しんだり、スポーツや遊具で身体を思いっきり動かしたり、森林浴をしながら散策をしたり眺めを楽しんだりしながら、自分の手で作る料理やバーベキューも楽しめるオートキャンプ。夏場は避暑地に行くのも良いですし、冬場に綺麗な星の観察ができるのも自然の中でこそできることです。そんなオートキャンプ場であると嬉しいのが、夏は汗を流し、冬は冷えた身体を温められる温泉です。そこで今回は、関東にある温泉のあるオートキャンプ場を一挙にご紹介します。

詳しく

キャンプやアウトドアで大活躍のおすすめケトル24選

日本 - キャンプ・キャンプ用品

屋外でスピーディーにお湯を沸かす時に重宝するケトル。コーヒーなどのティータイムやインスタントラーメンなどに使用できるアイテムで、アウトドアシーンにあると便利ですね。鍋でもお湯を沸かすことは出来ますが、ケトルだと、マグカップにも楽々と注ぐことができるので、より一層快適に過ごすことができます。 そんな、アウトドアに重宝するケトルを紹介します。注ぎ安いハンドルタイプや、沸騰時間が早めのケトルタイプ、クッカーとしても使用できる寸胴タイプなど種類や収納タイプなども様々ありますので、自身のアウトドアシーンに合わせたケトルを探してみてください。

詳しく

バーベキューに必携!便利でおしゃれすぎるアウトドアアイテム10選

日本 - キャンプ・キャンプ用品

アウトドア遊びの楽しみのひとつ、バーベキューをいつもよりもっとおしゃれに&便利に楽しくさせてくれるアイテムをご紹介! サイドテーブルにもなるグリルやかごバッグ仕様のクーラーボックスなど実用性もおしゃれさも兼ね備えたスグレモノを厳選してみました。モノ選びからこだわりを持てば、準備の段階からバーベキューが楽しくなりますよ! 野外で食べたり飲んだり、ワイワイするだけで楽しいですが、こちらで紹介するアイテムを活用すれば、より一層盛り上がったり、BBQのクオリティも上がっちゃいます。ぜひ、次のアイテム選びの参考にしてくださいね!

詳しく

キャンプで持っておくと役立つアウトドア用ナイフ28選

日本 - キャンプ・キャンプ用品

季節が良くなってくるとアウトドアのシーズン到来ですね。キャンプやバーベキュー、釣りなどさまざまなアウトドアがありますが、やはり、アウトドアと言えばキャンプではないでしょうか。キャンプをするにあたって、いろいろな作業がでてきますが、そんなときに役に立つのがナイフです。調理にはもちろん、木の枝などを切ったり、火をおこしたり、さまざまな用途で活躍してくれるアウトドア用のナイフがあると、作業がスムーズに進み、より楽しくアウトドアを楽しむことができます。最近は、アウトドア用ナイフと一口にいっても、折りたたみ式のものから一つで何種類もの機能を兼ね備えたものまでさまざまです。自分にぴったりのナイフを見つけて、快適に作業を進めて行きたいですね。そこで、キャンプで持っておくと役立つアウトドア用ナイフの中から、おすすめの30選を紹介します。

詳しく

キャンプやアウトドアで使える容量別おすすめクーラーボックス28選

日本 - キャンプ・キャンプ用品

キャンプやバーベキューなどのアウトドアレジャーを楽しむときの必須アイテムと言えばクーラーボックス。すぐにぬるくなってしまうドリンク類を冷やすためにも、生鮮食品の鮮度を保つためにもクーラボックスがあると便利です。クーラボックスというと大きくて持ち運びが大変なイメージもあるかもしれませんが、ドリンク入れに使える小さいピクニック用から、バーベキュー食材を入れられる大勢でのアウトドア用まで、大きさや種類が豊富に揃っています。 その中から今回は、用途に合わせて選べるおすすめのクーラーボックスを容量別に分けて紹介していくので、デザインや機能からお気に入りのクーラーボックスを見つけてくださいね。 ※尚、料金は記事作成時のものです。

詳しく

おしゃれでかっこよく決めたい人におすすめ!アウトドア用パンツ26選

日本 - キャンプ・キャンプ用品

グランピングをはじめ、最近のアウトドアや山登りはおしゃれも楽しむことが必須! 快適に過ごせる機能性や動きやすさはもちろん、スタイル良く見えるシルエットにもこだわったアウトドアウェアなら、アウトドア用品だけでなく、普段も着ることができるのが魅力です。そんなキャンプやアクティビティに履きたいパンツを、男女別で13選ずつまとめました。コンパクトサイズになり携行しやすいパンツや、本格的な山登りにぴったりな多機能パンツなど、商品の特徴をたっぷり紹介します。なお、料金は2017年4月に算出したものを記載しています。

詳しく

荷物を運ぶのに便利なおすすめアウトドア用ワゴン26選

日本 - キャンプ・キャンプ用品

家族や仲間と一緒にアウトドアを満喫しませんか? 近年は便利グッズも多彩に揃うほか、アウトドアクッキングを楽しむ人も多く、アウトドアレジャーは人気上昇中です。そんなアウトドアの悩みは荷物問題。重い荷物の悩みを解決してくれるおすすめワゴンを今回はピックアップしました。重い道具を一度にたくさん運べるワゴンは便利なアイテムです。一口にワゴンと言っても、バリエーションも豊富です。アウトドアだけでなく、運動会など日常生活でも役に立つこと間違いなし。使い方次第で用途も広がります。選ぶ時のポイントは、全体のサイズのほか、収納サイズ、重量、耐荷重などのチェックも忘れずに!※料金は2017年4月に算出です。

詳しく

【関西】大阪・京都から2時間でいけるキャンプ場で大自然を独り占め!

和歌山 - キャンプ・キャンプ用品

大阪、京都には車で2時間で行ける範囲内にファミリーで楽しめるキャンプ場が多く点在しています。子どもがはしゃげる広い公園や川があるキャンプ場、眺望が素晴らし山の上にあるキャンプ場など思い思いに楽しめます。自然の中で作って食べるご飯や夜の星空は最高。ここでしかできない体験は忘れられない思い出になります。 大人にとっても非日常を体験できる絶好のチャンス。友人同士や恋人といつもと違うスタイルを楽しむのも良いですね。なお、バンガローや電源の完備など施設が充実したところも増えています。事前に問い合わせてニーズに応じたキャンプ場を選びたいですね。虫刺され対策、UV対策、常備薬の持参も忘れずに、存分にキャンプを楽しみましょう。

広告

秋のキャンプを楽しむためのオススメの服装は?寒さ対策も必要!に関連するタグ

日本 エンターテインメント・遊ぶ 日本 アウトドア 日本 キャンプ・キャンプ用品

広告

のおすすめホテル

トラベルブックの今週のおすすめ

広告

トラベルブックで人気のまとめ

運営会社