おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

初心者が絶対に持っていくべきマストアイテム!キャンプに必要な持ち物20選

広告

初心者が絶対に持っていくべきマストアイテム!キャンプに必要な持ち物20選

この夏はキャンプに行きたい!そう思ったらまずはキャンプに必要な持ち物を準備しなければいけません。しかしキャンプ初心者にとっては、一体何が必要なのかもわからないと思います。そこで今回はキャンプに欠かせない必需品や、あると便利なものについてご紹介いたします。あとで詳しく説明しますが、これは必要!と思ったものはぜひリストにしておいてください。お買い物や出かける直前の持ち物チェックをするときに役立ちます。各アイテムの選び方のポイントやおすすめ商品などもご紹介していますので、参考にしていただければ幸いです。

目次

もっと見る

キャンプは意外と持っていくものが多いです!

初心者の方は特に驚かれることが多いのですが、実はキャンプに必要な持ち物は意外と多いです。必需品だけで10種類以上、さらにあると便利なものなどを持っていくと全20種類ほどにもなります。こちらの記事を参考にして、自分には何が必要かそうでないかをしっかり見極めましょう。そうすれば持ち物が多くなりすぎず、快適にキャンプを楽しむことができます。

キャンプ出発前に必需品をリスト化しましょう

どんなに気を付けていても、目的地についた後でアレ忘れた!と気づくことは多いと思います。そのような事態を避けるために、気が付いたらその時にメモをして持ち物リストを作っておきましょう。スマホのメモ機能などを使うと便利ですよ。そのリストを参考に買い物をすれば買い忘れを防げますし、キャンプ当日や前日の持ち物チェックにも役立てることができます。

広告

キャンプといえばテントは必須アイテムです!

おそらくコレを忘れる人はいないと思いますが、寝泊まりするテントは必需品。テントやコテージ付きのキャンプ場に行かない限り、必ず必要です。テントは大きさや形など様々なものがありますが、選ぶときに1つ気を付けていただきたいのは定員。商品に記載されている定員はあくまで最大収容人数ですので、予定より少し定員数が多いものを買うと、無理なくゆったり過ごせます。

テントを張る場所を保護してくれる「ロゴス ぴったりグランドシート300」は用意しておきたい!

広告

テントの底面にこのシートを取り付けるだけで、地面からの水の侵入を防いでくれます。雨上がり後の地面にテントを置くときも、このシートがあれば安心。組み立てもテントの四隅に紐を結び付けるだけなので簡単です。テントの底が汚れないので片付けも楽になります。300よりも小さめの270サイズ、200サイズも販売されています。

ロゴス ぴったりグランドシート300

参考価格:2916円

固い土も打ち付けられる「スノーピーク ソリッドステーク30」を用意するのが吉!

テントなどを固定するために地面に刺す杭をペグといいますが、地面が固いときにはなかなか刺さらず、強くハンマーで叩くとペグ自体が壊れてしまうことも。スノーピークのソリッドステーク30は非常に強靭で、どんな固い地面にも刺さり、テントをしっかりと固定してくれます。またハンマーで叩く部分が大きくなっていて、叩きやすいのも特徴です。

スノーピーク ソリッドステーク30

参考価格:2678円

夜を快適に過ごせるかは「マット」選びが左右!おすすめは「THERMAREST リッジレスト クラシック」

キャンプで寝るときは寝袋があれば十分と思っている人もいるようですが、それは間違い。快適に眠りたいなら寝袋の下に敷くマットが必需品です。地面からの冷気を防げますし、小石などの凸凹も感じずに済みます。THERMARESTのリッジレストはリーズナブルな価格で快適な睡眠環境が手に入るおすすめ商品。丸めて収納できる点も便利です。

THERMAREST リッジレスト クラシック

参考価格:4806円

広告

初心者が絶対に持っていくべきマストアイテム!キャンプに必要な持ち物20選に関連するタグ

日本 エンターテインメント・遊ぶ 日本 アウトドア 日本 キャンプ・キャンプ用品

広告

のおすすめホテル

トラベルブックの今週のおすすめ

広告

トラベルブックで人気のまとめ

  1. 横浜中華街でおすすめの食べ放題21軒:人気ランキング上位のお店一覧

    横浜 - バイキング・食べ放題・ビュッフェ,中華・中華料理

主要トラベルサイトから最安値のホテルプランを取得

ホテルの料金プランを検索する

運営会社