おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

沖縄県立博物館・美術館「おきみゅー」を楽しみつくそう!!

広告

沖縄県立博物館・美術館「おきみゅー」を楽しみつくそう!!

沖縄旅行の醍醐味はなんといっても美しいビーチですね。太陽の下で思いっきりビーチライフを楽しむのもの良いですが、首里城や美ら海水族館といった観光スポットをはじめ、見どころがたくさんあるのも沖縄の魅力です。時には、アートな気分を感じられるスポットを巡ってみませんか?今回は沖縄県内最大の文化施設である沖縄県立美術館についてのさまざまな情報をピックアップしました。周辺のおすすめグルメスポットもあわせてご紹介します。愛称「おきみゅー」と呼ばれ、地元の人にも人気のあるスポットです。美術館と博物館二つの魅力をあわせ持つ見応えのある美術館。ぜひ、いつもとひと味違った沖縄旅行を体験してください。

「おきみゅー」の開館時間、料金は?

まずは沖縄県立美術館の開館時間と料金についてご案内します。開館時間は、曜日によって異なります。火・水・木・日は9:00~18:00、金・土は9:00~20:00。いずれも入場できるのは閉館時間の30分前までとなっています。月曜は休館日です。観覧料金は、博物館常設展は一般530円、高・大学生260円、小中生150円。美術館は一般400円、高・大学生210円、小中生100円。企画展などは特別料金となります。

「おきみゅー」へのアクセスは?

沖縄県立美術館は那覇市の中心エリアに位置しています。公共交通機関を利用する場合、那覇空港から沖縄都市モノレール「ゆいレール」に乗車し、おもろまち駅まで19分。おもろまち駅からは徒歩10分ほどのロケーションにあります。また、空港発と市内線のバスでもアクセス可能です。車利用の場合、所要時間は空港から約30分。無料の駐車場158台分(障害者用4台)、駐輪場25台分を完備しています。

「おきみゅー」鑑賞中のマナーは?

沖縄県立美術館には歴史的に価値の高い貴重な展示品を多数貯蔵しています。作品を構成に大切に保管し、後世に伝えていくために最低限のマナーを守って鑑賞する必要があります。まず、周りの迷惑にならないよう大声を出したり館内走り回ったりしないこと。展示室内での携帯電話の使用、展示品の写真撮影も原則禁止です。また鉛筆以外の筆記具の使用はNG。館内での飲食はカフェを利用してください。

とってもお得な「おきみゅーメンバーズ」って何?

「おきみゅーメンバーズ」とは沖縄県立美術館を存分に楽しむためのメンバーズクラブです。入会すると沖縄県立美術館・博物館主催の展覧会を一年間何度でも鑑賞することができます。優先入場やミュージアムショップ・カフェでの特典のほか、お得がたくさんついているのも魅力です。入会は情報センターにて随時申込み可能。当日から利用できます。年会費は一般スタンダード美術館900円~、博物館1200円~。

広告

「おきみゅー」博物館ってどんな展示があるの?

沖縄県立博物館の常設展では沖縄の自然・歴史・文化を総合的に展示しています。沖縄の自然・歴史・文化を紐解いた総合展示、自然史・考古・歴史・美術工芸・民俗といった5つの専門展示に分かれています。常設展へは足下にサンゴ礁を観ながらアプローチ。沖縄へ上陸するイメージです。屋外には沖縄の伝統的な民家を再現、ふれあい体験室では無料で見て触れて遊べる体験学習コーナーを設置しています。

「おきみゅー」のコレクション展にはどんな展示があるの?

沖縄県立美術館のコレクション展では沖縄出身や沖縄にゆかりのあるアーティスト、アジア諸国の近代美術作品を中心に展示しています。テーマを立てた展示と年月を順に追って沖縄の美術を紹介する展示となっています。沖縄県内外のアーティストによる沖縄をテーマにした作品など魅力あふれる展示が多いのも特徴です。アートワークショップや美術館ツアーの開催などのイベントも開催しています。

沖縄県立博物館の館内ってどうなってるの?

広告

まず1階にある常設展へのアプローチでは足下にラグーンに広がるサンゴ礁をイメージした世界観を体験できます。正面に入るとサークルホールでは島の成り立ちや生物の進化をテーマに、さらに総合展示ではテーマ別に沖縄の歴史と文化を紹介しています。1階には子供から大人まで楽しめるふれあい体験室、イベントを開催する実習室を設置。3階では企画展や特別展を開催しています。

沖縄県立美術館の館内ってどうなってるの?

沖縄県立美術館の館内は、1階に国内外のすぐれた作品を紹介する企画ギャラリー、2階と3階に沖縄に縁のあるアーティストの作品を展示したコレクションギャラリーがあります。1階にはレンタルスペースも多彩です。一般の作品展示などを開催する県民ギャラリーや研修にもおすすめの県民ギャラリースタジオ、ワークショップを体験できるこどもアトリエ、講話などを行う講座室なの設定があります。

沖縄県立博物館・美術館のマスコットキャラクター「おきみゅーちゃん」ってどんな子?

沖縄県立博物館・美術館のマスコットキャラクター「おきみゅーちゃん」は美術館の外観をモチーフにしたキャラクターです。「みゅー」の響きが可愛らしく、親しみやすさを覚えます。好奇心旺盛な性格、好物は沖縄そば、にんじんしりしりー、チャンプルー、ちんすこうと沖縄名物がラインナップ。10のさまざまな表情も特徴的です。ホームページに詳しくプロフィールを紹介しています。

「おきみゅー」にはカフェもある、おすすめメニューをご紹介。

沖縄県立美術館内には3階にカフェを併設しています。沖縄の「さー食べて、食べて」を意味する方言にちなんで名づけられた「カメカメカフェ」。島野菜をはじめ沖縄の食材を使ったメニューがそろっています。ランチタイムにはパスタやリゾット、沖縄のソウルフードをアレンジしたホットドッグ各種、自家製スィーツも人気です。子連れにおすすめのキッズスペースの設定もあります。

最後はお土産ミュージアムショップをご紹介。

エントランスホールを入って正面、美術館と博物館の間にミユージアムショップがあります。吹き抜け天井の明るい空間には、ポストカードやクリアファイルといったお土産にもおすすめのオリジナルギフトが並んでいます。伝統工芸品の販売、常設展・企画展の図録、専門書籍なども多彩に揃えています。記念になるグッズがきっと見つかります。営業時間は9:00~18:00です。

広告

沖縄県立博物館・美術館「おきみゅー」を楽しみつくそう!!に関連するタグ

沖縄 観光 沖縄 美術館 沖縄 博物館 那覇 観光 那覇 美術館 那覇 博物館 日本 観光 日本 美術館 日本 博物館

広告

のおすすめホテル

トラベルブックの今週のおすすめ

広告

トラベルブックで人気のまとめ

  1. 横浜中華街でおすすめの食べ放題21軒:人気ランキング上位のお店一覧

    横浜 - バイキング・食べ放題・ビュッフェ,中華・中華料理

運営会社