女性向けおでかけ・旅行情報サイト

インスタ映えで美味しい!熊本でおすすめのタピオカドリンク厳選!

広告

初めてタピオカドリンクを飲んでから、その新しい美味しさにの虜になってしまったあなたに、今回は熊本で人気のあるショップを厳選してご紹介したいと思います!日本人はもともとお茶が好きなんでしょうか。ティーベースのタピオカドリンクはもはや定番となっていますが、メニューもどんどん増えてこの人気はまだまだ続きそうですね!ここでは熊本市内の人気店から郊外の穴場まで、インスタ映えすること間違いなしで、しかも美味しいタピオカドリンクを提供しているお店を選んでみました。見た目もフレーバーも進化し続けているタピオカドリンクを再発見しに出かけましょう。まだタピオカドリンクにはまっていないあなたも、是非参考にしてみてくださいね。

タピオカが流行った理由は?

現在のタピオカの爆発的な流行は、台湾で国民的ドリンクとされるほど人気がある「タピオカミルクティー」が日本に紹介されたことが始まりです。少し前までお洒落だったフラペチーノなどのコーヒードリンクにみんなが飽きちゃったこと、もともと日本人はお茶が好きなこと、それに加えてかわいいものが大好きな女子のインスタブームが影響しているようですね。

タピオカの原料は?

タピオカの原料はキャッサバという熱帯地域に育つ芋です。この芋の根茎から製造されたデンプンがタピオカなんです。タピオカはもちもちした食感のヌードルやパンやお菓子などを作るのに使われます。お馴染みのタピオカティーに入っているタピオカパールは、糊化させたタピオカをカラメルなどで色付けして丸い形状に加工したものです。

広告

タピオカは実はカロリーが高い⁉

タピオカの乾燥状態のカロリーは100gあたり351kcalです。ただ実際にわたしたちが口にする時は茹でたものであることが多く、その場合は100gあたり62kcalです。タピオカの原料であるデンプンは炭水化物なので、同じ炭水化物のご飯のカロリーはどうかというと、これは100gあたり168gでした。摂取の頻度を考えると、タピオカ自体のカロリーは気にするほどではないんですね。

タピオカドリンクの発祥は?

広告

日本で大流行しているタピオカドリンクの発祥は台湾にあります。1980年代に台湾の有名喫茶店オーナーが清涼飲料に対抗することのできる中国茶を開発がしたことが始まりだと言われています。現在タピオカミルクティーは台湾の国民的なドリンクとして人気で、アジア圏はもちろん、アメリカをはじめ英語圏でもバブルティーと呼ばれて親しまれています。

タピオカに合うドリンクで人気なのは?

タピオカ自体はもともと無味なんですが、ドリンクに入れるタピオカパールはカラメルを混ぜて加工されている為、ほんのりと甘みがあります。なので、少し渋みがあるティーがちょうどいいバランスで人気です。お茶の種類には、紅茶、ほうじ茶、ウーロン茶、緑茶などがありますが、最近はフルーツジュースやスムージーなどもよく合いますよ。

熊本でおすすめのタピオカ6選を紹介!

■ヨゴリーノ 鶴屋百貨店

最初に紹介する熊本でおすすめのタピオカのお店は、「ヨゴリーノ 鶴屋百貨店」。イタリアからやってきたヨーグルトジェラート専門店として全国に展開する人気店ですが、実はタピオカドリンクのメニューが60種類以上もあって、タピオカファンには楽しいお店なんです!ベースとなるドリンクにはミルクティーはもちろん、飲むヨーグルトやカルピスもあります。好みのフレーバーと合わせたお気に入りがみつかるはずです。

ヨゴリーノ 鶴屋百貨店

熊本県熊本市中央区手取本町6-1 鶴屋百貨店 本館 B1F
アクセス:水道町駅から142m

広告

のおすすめホテル

トラベルブックの今週のおすすめ

広告

運営会社