おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

【トルコ】黄金のモザイクが語るイスタンブールの歴史秘話「アヤソフィア博物館」

22,946 views

広告

【トルコ】黄金のモザイクが語るイスタンブールの歴史秘話「アヤソフィア博物館」

http://howtoistanbul.com

世界遺産「イスタンブール歴史地区」の中核を成し、街を象徴する建物でもあるアヤソフィア博物館。アヤソフィアとは、かつてキリスト教の総主教座が置かれ、オスマン帝国時代には帝国内で最も高い格式を誇るイスラムモスクとして利用された歴史ある建造物です。館内では、「ビザンツ様式の最高傑作」と呼ばれる優れた建築技術の他、黄金色に輝く美しいモザイク画を堪能することができます。今回は、そんな魅力たっぷりのアヤソフィア博物館をご紹介します。

アヤソフィアの歴史

【トルコ】黄金のモザイクが語るイスタンブールの歴史秘話「アヤソフィア博物館」

http://blog.goo.ne.jp

紀元330年にローマ皇帝コンスタンティヌス1世によって征服され、皇帝の名前からその名が付けられた街コンスタンティノープル(現イスタンブール)。後にキリスト教国家・東ローマ帝国の首都となるこの街に360年に完成したのが、アヤソフィアの前身となるキリスト教聖堂でした。その後、天災や反乱などによって破壊された聖堂は、537年にユスティニアヌス1世によって再建され、以来、ほぼ当時のままの姿を現在まで保ち続けています。

総主教座として長きにわたりキリスト教世界に君臨したアヤソフィアでしたが、その転機は15世紀半ばにやってきます。1453年、オスマントルコによってコンスタンティノープルが陥落すると、イスタンブールと改称された街はイスラム教で埋め尽くされ、アヤソフィアはキリスト教聖堂からイスラム教モスクへ改造されていったのです。

オスマン帝国時代には君主が毎週の金曜礼拝で訪れ、帝国内で最も高い格式を持つモスクとなったアヤソフィアでしたが、20世紀前半にトルコ共和国が誕生すると、建物はモスクから博物館へと姿を変えられ、一つの宗教に縛られていたこれまでとは全く異なる道を歩み始めたのでした。

広告

スルタンも驚嘆した素晴らしい建築構造

【トルコ】黄金のモザイクが語るイスタンブールの歴史秘話「アヤソフィア博物館」

http://meetjohnsong.com

コンスタンティノープルを陥落させたオスマン帝国軍は、3日間にわたって街の至る所を略奪し、キリスト教聖堂アヤソフィアもその例外ではありませんでした。しかし、略奪後の街に入場したオスマン帝国スルタン・メフメット2世は、アヤソフィアの優れた建築技術と稀有な芸術に感銘を受け、聖堂を完全に破壊するのではなく、改修してモスクへ転用するように命じます。

【トルコ】黄金のモザイクが語るイスタンブールの歴史秘話「アヤソフィア博物館」

中央ドーム詳細

http://wikimedia.org

【トルコ】黄金のモザイクが語るイスタンブールの歴史秘話「アヤソフィア博物館」

http://ayasofyamuzesi.gov.tr

スルタンさえも驚嘆させたアヤソフィアの特徴は、地上55メートル、直径33メートルの巨大な中央ドームを周囲の半円ドームが支える建築構造です。高い天蓋に覆われた広々とした内部空間は、宮殿のような威厳すら感じさせ、アヤソフィアは「ビザンツ(東ローマ帝国)建築の最高傑作」と現代においてもなお称えられています。

アヤソフィアの建築構造は、オスマン帝国の建築家たちにも多大な影響を与えました。
スレイマニエ・モスクやスルタンアフメット ジャーミィ(ブルーモスク)など、イスタンブールに今も残るオスマン帝国時代の建造物をよく見てみてください。巨大なドームを持つアヤソフィア建築の影響が見てとれるはずです。

モスクへの転用

広告

広告

この記事で紹介されているスポット

アヤソフィア博物館

【トルコ】黄金のモザイクが語るイスタンブールの歴史秘話「アヤソフィア博物館」に関連するタグ

イスタンブール 観光 イスタンブール 博物館 イスタンブール 観光名所 トルコ 観光 トルコ 博物館 トルコ 観光名所

広告

Booking.comからのおすすめホテル

トラベルブックの今週のおすすめ

広告

トラベルブックで人気のまとめ

  1. 横浜中華街でハズれない食べ放題のお店21軒

    横浜 - バイキング・食べ放題・ビュッフェ,中華・中華料理

広告

主要トラベルサイトから最安値のホテルプランを取得

ホテルの料金プランを検索する