おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

【フランス】モンペリエでおすすめの観光スポット7選!フランスを満喫!

モンペリエは、フランス南部の地中海から少し内陸に入った場所に位置している街で、モンペリエ大学のある大学都市であり人気の都市型観光地でもあります。オペラ座や大聖堂などの歴史的な遺産に恵まれている一方で、現代ダンスの中心都市としてや工芸技術のレベルの高さでも有名で、さまざまな見どころがそろい、フランス人にも海外の人にも大変人気があります。レストランなどの飲食店も多く、学生の街らしいリーズナブルなお店からミシュラン星付きのレストランまで様々ンタイプがそろい、グルメを楽しむのにも最適です。今回は、そんなモンペリエでおすすめの観光スポットを紹介するので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

続きを読む

更新日: 2024年3月3日

広告

モンペリエ旅行のポイント

どんな街?

モンペリエは、フランス南部、エロー県の県庁所在地で、名門・モンペリエ大学を擁する中世からの学園都市。地中海沿岸の地理より日光に恵まれ、中世の面影が残る旧市街の散策が楽しい一方、都市開発も進み、市内には斬新なデザインのトラムが走っています。

見所は?

モンペリエの見所は、旧市街のコメディ広場を中心に集まっています。ルイ14世を称えて建設された凱旋門、1363年築のサン・ピエール大聖堂とその一部にある仏最古の医学部、ルイ14世の像と給水塔があるペイルー公園などが名所です。

おすすめのグルメ

モンペリエは、魚介類が美味しいことで知られています。特にムール貝のクリーム煮は絶品です。牡蠣の名産地でもあり、牡蠣料理に合う、地元ラングドックの白ワインピクプール・ド・ピネも人気です。

本ページではプロモーションが含まれます
当サイトでは施設やサービス(以下、サービス等)の掲載にあたり、ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任においてサービス等を選定しおすすめアイテムとして紹介しています。

なお当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、オンライン旅行代理店やレストラン予約サイトが提供するアフィリエイト・プログラムに参加し、サービス等の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。掲載の順番はサービス等の提供会社により支払われる報酬も考慮されている場合があります。

フランス全体

フランス格安Wi-Fi

フランス格安ツアー

モンペリエでおすすめのホテル特集

モンペリエでの滞在に便利な、おすすめのホテルを紹介します。その国独自の文化や雰囲気を楽しめる宿での滞在時間は、海外旅行の楽しみのひとつ。自分の旅行イメージに合わせて、どこに滞在しようか、どんな過ごし方をしようかと想像するだけでも、旅行前のうきうきした気分が膨らみますね。
フィリピンの宿泊施設には種類がいろいろあり、選択肢も豊富。旅先で余計なことに心をわずらわせたくない人には、サービスの行き届いた高級ホテルや大手チェーンのホテルがおすすめです。また、できるだけ宿泊費を抑えたいのであればホステルやゲストハウスなどの簡易宿泊施設に泊まるのもひとつです。
理想の旅行スタイルが固まれば、おのずと泊まりたいホテルの種類も決まってくるはず。じっくり考えて、自分のイメージにぴったりのホテルを選びましょう。

日本とモンペリエの時差

03月03日 10時52分10秒

フランス/パリと日本/東京との時差は、8時間です。
日本の方が、8時間進んでいます。

パリの時差を詳しく見る

フランスの為替

1ユーロは 162.78円

※2024年3月3日の為替価格です

モンペリエでおすすめの観光スポットを紹介!

■コメディ広場

コメディ広場は観光パンフレットに必ず載っているモンペリエのシンボル的な美しいスポットです。モンペリエの中心地・旧市街に位置、モンペリエの観光名所はこの広場の周りに集中していて、モンペリエ観光の拠点となっています。
中心には、三美神の彫像の大きな噴水があり、広場を囲むようにショッピングモール、レストラン、カフェなどが並んでいます。
古い建物をバックに走る様々なカラー・デザインの車両のトラム(路面電車)、パリのオペラ・ガルニエの設計で有名なシャルル・ガルニエの弟子が設計したオペラ座も見どころのひとつです。

コメディ広場

フランス / モンペリエ

Montpellier, France
+33 4 67 60 60 60

■ペイルー凱旋門

ペイルー公園にある凱旋門は、有名なパリの凱旋門と比較すると高さ15m、幅18mと非常にこじんまりしていますが、モンペリエの街に相応しい美しい凱旋門です。
建築は17世紀まで遡り、当時の国王ルイ14世を称えて造られました。パリの凱旋門の影響を多大に受けたようで、雰囲気が似ています。
この凱旋門を通り、進んでいくと、17世紀にモンペリエ再開発の一環として整備され、ルイ14世の像が堂々と建つペイルー公園があります。公園の奥には給水塔や水道橋があり、左右対称に植わる木々と給水塔が非常に美しく、市民の憩いの場となっています。

ペイルー凱旋門

フランス / モンペリエ

Rue Foch, 34000, Montpellier, France
+33 4 67 60 60 60
日ー土 8:00~20:00

広告

■ファーブル美術館

ファーブル美術館は、モンペリエにある1828年に開館した美術館です。モンペリエ生まれの画家で美術コレクターであったフランソワ=グザヴィエ・ファーブルが自身のコレクションを寄贈したことから設立されました。
15世紀から18世紀のフランス、イタリアの美術を中心に提示されていますが、中でも、美術史に衝撃を与えた写実主義のフランス人画家ギュスターヴ・クールベが1854年に描いた作品「出会い(こんにちは、クールベさん)」が見どころのひとつ。
クールベが自身の後援者であるアルフレッド・ブリュイヤスとの出会いを描いたもので、彼の人生のターニングポイントとも言える場面です。

ファーブル美術館

フランス / モンペリエ

13 rue Montpellieret, 34000, Montpellier, France
+33 4 67 14 83 00
火 - 日 10:00 - 18:00

アヴィニヨン発着 近郊都市へのオプショナルツアーをチェック!

アヴィニヨンは、フランスの南東部に位置する都市です。市街地には高級ホテルが軒を連ね、観光にもビジネスにも便利です。かつて聖都であったアヴィニヨンには、数世紀の歴史を誇る城壁やバラエティーに富んだ遺産がたくさんあります。アヴィニヨンの橋として知られるサン・ベネゼ橋では、アヴィニヨン教皇庁を含む中世の街のパノラマを望むことができます。そして、1947年から続くアヴィニヨン演劇祭は、毎年夏に催される大規模な世界的芸術祭で、世界各地から集まった演劇・ダンス・映画・大道芸などが約1か月にわたり展開され、街全体が巨大な舞台へと変貌します。

アヴィニヨン発 世界遺産のポン・デュ・ガール(水道橋)へ行く現地ツアー

ポンデュガールは、フランス南部のガールのガルドン川に架かっている水道橋です。ユゼスからニームに水を運ぶための水路の途中に位置しており、紀元前1世紀1に建てられたという大変歴史を持つ橋になっており、約2000年の時を経てもなお、美しい姿を保っています。
ユネスコの世界遺産に登録されていることもあり、国内外からたくさんの観光客が訪れています。3層にわたってアーチ形にデザインされている大変珍しい建築で、ローマ人の建築の技術の高さに驚かされます。

アヴィニヨン発 ポン・デュ・ガールへの現地ツアー

アヴィニヨン発 日本語のオプショナルツアーをチェック!

アヴィニヨン発 日本語で巡る現地ツアー

モンペリエでおすすめの観光スポットを紹介!

■サン・ピエール大聖堂

サン・ピエール大聖堂は、1363年に建てられたゴシック様式の大聖堂です。旧市街の中心に位置、城壁や塔、小塔などのある外観は、中世時代の要塞と見間違えるような雰囲気です。
宗教戦争中に大きなダメージを受けましたが、17世紀に再建され、モンペリエの歴史地区の中で、唯一現存する中世の教会となっています。
聖堂の中には、多くの芸術作品が壁に飾られていますが、中でも、17世紀のセバスチャン・ブルドンの作品「魔術師シモンの堕落」は特に有名。聖書の一場面を色鮮やかに描かれたステンドグラスも必見です。そして、美しいオルガンの音もこの大聖堂の魅力のひとつです。

サン・ピエール大聖堂

フランス / モンペリエ

6 Bis Rue Abbe Marcel Montels, 34000 Montpellier France
+33 4 67 66 04 12

■アンティゴーヌ

広告

アンティゴーヌは、モンペリエの歴史地区から数ブロック東に位置、1970年代後半から2000年にかけて再開発されたモンペリエの新市街地と呼ばれるエリアです。
開発前は、特に目立つスポットはありませんでしたが、スペイン出身の著名な建築家リカルド・ボフィルにより抜本的に再開発されたのです。美しい半円状にカーブした形で、芝生が広がるエスプラナードドロロップは川沿いにあり、ネオクラッシック様式の大きな建物がいくつも連なっています。
夏は、金曜日の夜にワインテイスティングを楽しめます。周辺には、レストランやカフェも並んでいるので、ゆっくり散歩するのにもぴったりです。

アンティゴーヌ

フランス / モンペリエ

Antigone, Montpellier France

■サン・ロック教会

サン・ロック教会は、モンペリエの聖人・聖ロックを祭るネオゴシック様式の教会です。
聖ロックは、中世の時代、ローマへ巡礼しながら、当時流行っていたペストに患った人々を治療しましたが、自身もペストに感染してしまったにも関わらず、奇跡が起こり回復したと伝えられています。長い旅と献身的な治療で身なりはボロボロとなり、故郷モンペリに戻った時には、スパイと間違われて投獄されて亡くなりました。しかし、その後、ロック自身と判明、病気治癒や旅の守護聖人として崇められる聖人となりました。
聖ロックは、タロットカードの「愚者」のモデルとも言われています。教会内の美しいステンドグラスも見どころのひとつです。

サン・ロック教会

フランス / モンペリエ

+33 6 31 25 80 80
4 Rue Vallat, 34000 Montpellier, France

フランス 即予約できる現地ツアーをチェック!

フランス 即予約ができる現地ツアー

フランス観光におすすめの現地ツアー 世界遺産ロワールの古城へ

VELTRA

フランスで人気の観光地の一つであるロワール地方。ロワールはパリを出発して車で2時間ほどで、離れていると思っていても案外気軽に行ける場所です。ロワール川に添って並ぶようにお城が点在しており、川と一体化したような景色となっているシュノンソー城は、その名前を聞いたことがある人も多いでしょう。古城巡りが人気の観光コースとなっており、外観の美しさもさることながら、内部を見学すれば緻密な装飾も目を楽しませてくれます。
フランス観光で抑えておきたい、ロワールの古城を巡れるおすすめの現地オプショナルツアーを紹介します。

世界遺産ロワールの古城へ行く現地ツアー

フランス観光におすすめの現地ツアー モンサンミッシェルの現地ツアーをチェック

モンサンミッシェルはフランスにあるカトリックの巡礼地のひとつです。1979年に、“モンサンミッシェルとその湾”としてユネスコの世界文化遺産に登録されました。パリからも日帰り可能な位置にあり、毎年多くの観光客が訪れ日本人にも大人気のスポットになっています。島の中央にそびえ建つ修道院は、幾度にもわたる増改築の結果、何層にもおよび、ゴシックやノルマンなどの様々な中世の建築様式を見ることがで、建築物ファンにはとても魅力的です。