おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

【トルコ】ホアズカレ(ボアズキョイ)でおすすめの観光スポットまとめ!お得なツアーでトルコを満喫!

トルコの首都・アンカラから約160㎞東に位置しているボアスカレは、古い歴史を持つ小さな村です。 世界遺産に登録されている「ハットゥシャシュ」や「ヤズルカヤ」、「アラジャホユック」の観光の拠点として知られています。また、小さな博物館もありますが、遺跡からの出土品は、アンカラにある「アナトリア文明博物館」などに収められています。村には、地元の人も通うような食堂があり、日本人にも食べやすい薄味の煮込み料理や、ヨーグルトドリンクなどを味わうことができます。メイン料理には、ピラフなどの米料理が添えられていることが多く、日本人にも馴染みやすくなっています。 この記事ではボアスカレでオススメの観光スポットをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください

続きを読む

広告

本ページではプロモーションが含まれます
当サイトでは施設やサービス(以下、サービス等)の掲載にあたり、ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任においてサービス等を選定しおすすめアイテムとして紹介しています。

なお当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、オンライン旅行代理店やレストラン予約サイトが提供するアフィリエイト・プログラムに参加し、サービス等の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。掲載の順番はサービス等の提供会社により支払われる報酬も考慮されている場合があります。

日本とトルコの時差

03月03日 11時48分53秒

トルコ/アンカラと日本/東京との時差は、6時間です。
日本の方が、6時間進んでいます。

アンカラの時差を詳しく見る

トルコの為替

1トルコリラは 4.78円

※2024年3月3日の為替価格です

トルコで英語は通じる?よく使うトルコ語も押さえよう!

トルコの人たちも、日本と同じように英語を勉強しています。ただ隣接する国の言葉も学ぶので、日本のように英語ばかりを勉強ではないようです。しかし世界的な観光地として名高いトルコでは「やはり英語は大切」と考えられ、空港や大都市・イスタンブールのレストラン、観光スポット、ホテルでは英語が通じます。イスタンブールに加えカッパドキアのレストランでは英語のメニューもあり写真付きです。覚えておくといいトルコ語は「こんにちは メルハバ」「ありがとう テシェキュルエデリム」「さようなら ホシュ チャカルン」などです。いざとなれば「トルコ語が分かりません トゥルクチェ ビリミヨルム」で、英語が話せる人に頼ることもできます。

なぜトルコ旅行は人気?

トルコは親日国といわれ、国同士の関係も良好です。トルコ中部にある自然遺産の「パムッカレ(トルコ語で綿の城)」は石灰棚の上を温泉が流れ、歩きながら足湯が楽しめるといういかにも日本人が好きそうなスポットです。また、奇岩群で有名なカッパドキアやイスラム建築、ローマ時代の建築などが日本人の旅心をくすぐります。大都市のイスタンブールはシルクロードの西の入り口であり、シンドバッドの世界のような雰囲気です。トルコの宿泊施設には洞窟風のものや温泉付きものもあります。その上トルコの料理は世界の三大料理に含まれています。宗教上の理由で豚肉料理はありませんが、沿岸部では新鮮な魚介類も味わえることも日本人向きです。

トルコの治安は大丈夫?気をつけるべきエリアや治安

数年前のイスラム過激派組織のテロのためトルコの治安は不安視されていましたが、最近は少し落ち着いて観光客も戻りつつあります。シリアの隣国という地理的条件からISIL関係者が入り込む可能性があるので空港での警戒は厳しく、飛行機に乗らない人も入り口で荷物検査やX線検査があります。しかしホテルやバスやメトロ、トラムで警戒すべきことは他の国と変わりません。荷物は身体から離さない、ガイドブックなどに夢中になって注意散漫にならない、夜間の一人歩きは避けるなどです。タクシーは割高な料金を請求される可能性があります。ショッピングでは日本語で話しかけてくる人の方が要警戒です。割高な買い物をさせられる場合があります。

広告

ホアズカレでおすすめの観光スポットを紹介!

■ハットゥシャ :ヒッタイトの首都

ハットゥシャ :ヒッタイトの首都はトルコにあるヒッタイト王国の都城跡です。標高1000mの場所に建っています。遺跡の城壁は全長約6キロもあります。ハットゥシャ :ヒッタイトの首都の入り口は石で作られたライオンの門になっています。12人の神々が彫られた壁画があるヤズルカヤはヒッタイト王国の聖地です。ヤズルカヤにはトゥドハリヤ4世の像もあります。
他にもシャルマ神とトゥドハリヤ王の石彫や、シュッピルリウマ2世のレリーフなどの多くの石彫が遺されています。
ハットゥシャ :ヒッタイトの首都は1986年に世界文化遺産として登録されました。トルコの紀元前の歴史に触れられる貴重なスポットです。歴史に興味のある方はぜひ訪れてみてください。

ハットゥシャ :ヒッタイトの首都

トルコ / ボアズカレ

Bogazkale, Corum

■ヤズルカヤ

ヒッタイト帝国の都ハットゥシャシュから約2km離れた場所にあるヤズルカヤは、ハットゥシャシュの聖地といわれている遺跡です。岩場をそのまま利用して築かれた露天神殿の遺跡は、大ギャラリーと小ギャラリーに分かれており、堅い岩肌に繊細に刻まれた王の姿や剣の神、12神行進など数々の彫刻が素晴らしく見ごたえがあります。

ヤズルカヤ

トルコ / ボアズカレ

Bogazkale

まとめ

トルコは日本人にとって観光も食事も楽しめる人気の国です。治安も落ち着いてきているのでぜひ訪れたいものです。初心者がまず足を向ける有名な観光スポットやホテルでは英語ができれば困ることはないでしょう。イスラム教の国ということで、女性はあまりラフな格好をしないようにしましょう。スリや詐欺は警戒しなければなりませんが、たいていの場合トルコの人は親切なので、快適に旅を楽しむことができるでしょう。

広告

観光のおすすめ記事

詳しく

【トルコ】世界遺産ハットゥシャ遺跡:紀元前に栄えたヒッタイト王国の首都

ボアズカレ - 文化遺産

1986年に、世界文化遺産に登録されたハットゥシャ(Hattusha)は、紀元前16世紀にヒッタイト(Hittite)人が建国した王国の首都の遺跡です。アナトリア高原中央部に位置する、トルコの小さな村、ボアズカレ(Bogazkale 旧名ボアズキョイ)にあり、20世紀初頭、ドイツ人考古学者によって発見されました。ヒッタイト王国は、かつてエジプト、アッシリア、バビロニアとともに、世界に名を馳せた強国です。さまざまな遺跡が発掘されましたが、王国や民族についての詳細は、いまだ多くの謎に包まれたままです。 ハットゥシャへの行き方は少し複雑なので、アンカラ(Ankara)やカッパドキア(Cappadocia)から催行されているツアーを利用するのがおすすめです。

詳しく

【トルコ】アンタルヤで失敗しない観光スポット16選!充実した旅行を!

アンタルヤ - ビーチ・砂浜,海岸・海,山・渓谷,草原・平原,滝・河川・湖,史跡・遺跡,広場・公園,旧市街・古い町並み

アンタルヤは、トルコ南部の地中海に面した街で、人気のビーチリゾートです。 冬でも暖かく、海と山に囲まれた自然豊かな街で、旧市街に街が広がっており、リゾートホテルもたくさん立ち並んでいます。市内の観光スポットとしては、「アンタルヤ考古学博物館」が有名ですが、郊外には、都市遺跡の「ペルゲ」やルームセルジューク朝時代の城塞で知られる「アランヤ」などの有名な観光スポットがあり、日帰りで訪れることができ、人気です。世界的リゾート地であるため、トルコ料理はもちろんのこと、インターナショナル料理のお店も多く、地中海の新鮮なシーフードを使用したグルメは特におすすめです。 この記事ではアンタルヤでオススメの観光スポットをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

詳しく

【トルコ】イズミルでおすすめの観光スポット14選!エキゾチックな旅を楽しもう

イズミル - 観光名所

トルコ西部のエーゲ海に面した街・イズミルは、「エーゲ海の真珠」とも称される美しい街で、人口約400万人のトルコ第3の都市です。 海運業で発展してきた街で、工業地帯が多く、日系の企業も多く進出しています。イズミール周辺には、たくさんの古代遺跡があり、観光スポットになっているほか、エーゲ海沿いはリゾート開発が進み、リゾート地としても人気。また、ショッピングエリアも開発が進んでおり、お洒落なショップや美しい景色を眺めながら新鮮なシーフードを使用した料理などを楽しめるレストランも多く、トルコ内外からたくさんの人が訪れています。 この記事ではイズミルでおすすめの観光スポットをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

詳しく

【トルコ】パムッカレでおすすめの観光スポット9選!エキゾチックな旅を楽しもう

パムッカレ - 山・渓谷,洞穴・鍾乳洞,史跡・遺跡,広場・公園

トルコの地方都市であるデニズリの長距離バスターミナルからミニバスを利用して約15分のところにあるパムッカレは、約200mもの高さにわたる純白の石灰棚と美しいブルーの温泉が織りなす幻想的な景色が楽しめる世界遺産で、トルコを代表する観光スポットの一つです。 大理石の柱などの古代の遺跡が沈んでいるという珍しい温泉プール施設「パムッカレ・テルマル」や、丘の上のローマ時代の遺跡「ヒエラポリス」なども外すことができない人気スポットです。そんなパムッカレは、葡萄の栽培が盛んで、ワインやワインを使用した料理が有名。本格的なトルコ料理のレストランなども多く、グルメを楽しむのにも最適です。 この記事ではパムッカレでオススメの観光スポットをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

詳しく

【トルコ】コンヤでおすすめの観光スポット12選!エキゾチックな旅を楽しも

コンヤ - 観光名所

トルコ中南部に位置しているコンヤは、紀元前3000年からの歴史を持つ古都で、「メヴラーナの旋回舞踊」でも有名な人気の観光地です。 首都アンカラから電車を利用して約1時間でアクセスすることができる街で、トルコの中でイスラム色が強いことでも知られています。イスラム教の礼拝堂・モスクが多くあり、宗教都市としても有名で、博物館や遺跡などのみどころがたくさんそろっています。また、古くからの都市であることから郷土料理の多さはトルコの中でも群を抜いており、窯で焼き上げる羊肉「フルン・ケバブ」やピッツァのような「エトゥリ・エクメック」などおいしいグルメがそろっていることでも有名です。 この記事ではコンヤでオススメの観光スポットをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください

詳しく

【トルコ】ブルサでおすすめの観光スポット12選!お得なツアーでトルコを満喫!

ブルサ - 観光名所

周囲を山や丘に囲まれ、緑豊かな街・ブルサは、アナトリア半島北西部に位置しており、シルクロード西端の都市としました。 オスマン帝国初期には、首都にもなっており、そのころの様子をうかがうことができる旧市街地やモスク、建造物などを見ることができます。また、近郊には、歴史的な温泉保養地「イェニ・カプリカ」もあり、温泉や宿泊を楽しむのに最適。さらにヨーグルトをかけて味わう「イスケンデル・ケバブ」発祥の地としても知られており、街のあちらこちらでおいしいケバブを味わうことができるのも魅力的で、トルコ内外から多くの観光客が訪れています。 この記事ではブルサでオススメの観光スポットをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

詳しく

【トルコ】北キプロス・ニコシア周辺でおすすめの観光スポット17選!お得なツアーでトルコを満喫!

北キプロス - ビーチ・砂浜,海岸・海,モニュメント・記念碑,寺院・教会,史跡・遺跡

北キプロスは、「北キプロストルコ共和国」と言う名称を持つ少し変わった場所になっています。 国旗はトルコの国旗の色をひっくり返した物で、9割以上がトルコ系の住民になっており、公用語もトルコ語で、トルコの一部のようでトルコではないという場所です。美しいビーチや自然豊かなスポット、「サラミス遺跡」などの歴史スポットに、ショッピングスポットなど見どころが満載!新鮮なシーフードグルメを楽しめるレストランや、プライベートビーチを持つラグジュアリーなリゾートホテルなどもたくさんそろっており、トルコのリゾート地よりリーズナブルなのが特徴です。 この記事では北キプロスでオススメの観光スポットをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

詳しく

【トルコ】ネムルト山で安心して観光できるスポット8選!編集部厳選のおすすめ

その他の都市 - 山・渓谷,砂漠・荒野,自然遺産,城・宮殿,史跡・遺跡,広場・公園

ネムルト山(ネムルト・ダウ)はトルコ東部にある山で、世界文化遺産に登録されている山です。標高が約2,150mの山で、山頂にはアンティオコス1世の座像を含む、約8mある巨大像が並ぶ巨人墳墓があるという説があります。 ネムルト山は冬の間は登山できない山で、5月から10月までの間は山頂に登れます。6月から8月の間が一番多くの観光客が来るシーズンになっていて、ヘリコプターに乗ってネムルト山観光をすることもできます。 ネムルト山にはローマ帝国時代につくられた石橋のジェンデレ橋や、ヘラクレス神とミトリダテス王が握手するレリーフを見られるアルサメイアなどの観光スポットがあります。今回は、そんなネムルト山周辺の見どころについて紹介します。

広告

広告

のおすすめホテル

トルコへの旅行も
航空券とホテルをセットでお安く予約!

トルコの 航空券+ホテルを探す

トラベルブックの今週のおすすめ

広告

運営会社