おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

【ポルトガル】カスカイスでおすすめの観光スポット12選!編集部厳選

カスカイスは、リスボンの北の海岸に位置しており、ポルトガルのなかでも特に国際色豊かな観光地です。リゾート地として知られており、街の西にあるギンショビーチは青い海に開放感のある広い砂浜が広がります。ウインドサーフィンなどのアクティビティが楽しめるスポットとしても人気です。海沿いにはレストランが並び、ポルトガルで最もおいしいと言われているアイスクリーム店も。新鮮なフルーツを使った絶品が味わえます。そのほか、海食洞の「地獄の口」など見所がたくさんあるため、駅前にある無料のレンタル自転車を使って街を散策するのがおすすめです。この記事では、カスカイスの観光スポットを紹介しています。ぜひ参考にしてみてくださいね。

続きを読む

広告

日本とポルトガルの時差

02月20日 8時47分18秒

ポルトガル(リスボン)と日本(東京)との時差は、9時間です。
日本の方が、9時間進んでいます。

リスボンの時差を詳しく見る

ポルトガルの週間天気

ポルトガルの為替

1ユーロは 119.49円

※2020年2月13日の為替価格です

ポルトガルの言葉事情は?英語は通じる?

ポルトガルの公用語は、ポルトガル語ですが、英語も通じます。特に都市部では、ほとんどの人たちが英語を話すことができます。観光名所はもちろん、レストランやスーパー、ホテル、バスやトラムの運転手などは6~7割くらいは英語でコミュニケーションをとることができます。英語が世界の共通語として認識されており、日本人がポルトガル語で話しかけても、英語で返事が返ってくることも多々。ポルトガル人にとっても、英語は外国語ですから、日本人と同じくらいのレベルの人が多く、お互いに話しやすいかもしれません。大きな都市以外では通じないことも多いようですが、観光する分には英語で何とかなる国です。

ポルトガルの治安は大丈夫?気をつけるべきエリアは?

ポルトガルは、ヨーロッパでも安全な国として知られており、2019年8月時点では危険情報は発表されていません。しかし、それなりの注意は必要で、安全対策基礎データでは、国内で年間35万件の観光客を狙ったスリなどの犯罪が報告されています。中でも多いのが車上狙いで、続いて多いのが暴行で1日あたり60件以上の割合で発生しています。犯罪が多いエリアは、リスボン県とポルト県、セトゥーバル県。特にリスボンのバイシャ地区とバイロ・アルト地区は観光客の多いエリアですが、人が多いため集団スリが横行。夜まで賑わうバイロ・アルト地区は、酒に酔った観光客狙いのスリが多く、人の多いバーなどでは要注意です。

ポルトガル観光の移動手段は目的別で使い分けよう!

ポルトガル国内での移動手段は、鉄道とバスがメイン。リスボンからスペインのマドリッドへは、国際列車のルシタニアが走っていて11時間程。車窓を楽しみながら国境を越えることができます。国内各都市から地方へは、特急や急行、普通列車が走っています。国内主要都市とその他の地方へは、中・長距離バスも運行。もちろん、国内線も就航していて、各主要都市間、またアソーレス諸島内とマデイラ島を飛んでいます。リスボン市内の移動手段には、バス、路面電車(エレクトリコ)、地下鉄(メトロ)、リスボン名物のケーブルカー、タクシー、レンタカーがあります。

ポルトガルのお金事情は?現金は1日にどのくらい必要?

ポルトガルの通貨はユーロです。1ユーロ≒113円~135円(2016年~)。ポルトガルの物価は、場所によって大きく異なりますが、リスボンや観光地は高く、日本と大差ない物価水準です。外食費は一人1,000円~1,500円前後、宿泊費も東京と同じくらいで、ゲストハウス(相部屋・共有バスルーム)なら1泊2,000円くらいからありますが、アパートメントなら8,000円~、一般的なホテルなら1泊10,000円~。交通費は、ゾーン内なら距離に関係なく、地下鉄は195円前後、バスは260円前後、トラムなら390円前後、タクシーは初乗りが420円くらいで10~20分乗って900円~1,500円程度です。リスボン市内の観光には、市内交通機関およびポルトガル鉄道の一部が無料乗り放題となるリスボアカード(1日2,400円前後)がおすすめ。観光地の入場料は、2.5ユーロ~10ユーロ(325円~1300円くらい)。1日に必要な現金は、目的に応じて異なりますが、ホテル宿泊料を除いて、最低でも6,000~7,000円は必要となるでしょう。

カスカイスでおすすめの観光スポットを紹介!

■カスカイス市街地

カスカイス市街地は、リスボンの北の海岸に位置しており、ポルトガルのなかでも特に国際色豊かな観光地です。
リゾート地として知られており、街の西にあるギンショビーチは青い海に開放感のある広い砂浜が広がります。ウインドサーフィンなどのアクティビティが楽しめるスポットとしても人気です。もとは漁業、リスボンへの航路の港町として栄え、魚介類が豊富です。
海沿いにはレストランが並び観光客でにぎわっています。観光スポットとしては、15世紀末に作られ、ルネッサンス様式のカスカイス城塞、19世紀末に建てられた宮殿が博物館となっているカストロ・ギマランイス伯宮殿があります。

カスカイス市街地

ポルトガル / カスカイス

Cascais, Portugal

広告

■地獄の口

地獄の口は、カスカイス市街地中心から1km南西の海岸線にあり、ユーラシア大陸の最西端のイベリア半島の西端部の海岸に存在する洞窟です。
地獄の口は1896年のイギリスのサイレント映画作品『A Sea Cave Near Lisbon』 (リスボンの海の洞窟)に登場したことで知られています。大西洋の強い波が海岸を侵食してアーチのような形になった洞窟です。岩が大きく口を開けたところに波が強く打ち付ける光景は迫力があります。
アクセスはカスカイス駅前から、循環バスに乗って行くことができます。 お土産店と、併設されたレストランがあり大西洋の広大な海を見渡せます。

地獄の口

ポルトガル / カスカイス

Northern section of Cascais, Cascais 2750-642, Portugal
+351 21 482 5000
http://www.cascais-portugal.com/Attractions/Boca-Inferno-Cascais.html

■ギンショビーチ

広告

ギンショビーチは、シントラ国立公園の西端に位置し、大西洋からの巨大な波と風がサーファーに人気で世界的に有名なサーフィンスポットとなっています。
ポルトガルのナショナルサーフィンおよびボディボーディングチャンピオンシップを含むいくつかのスポーツイベントが定期的に開催されています。
海岸はきれいで夏の間は監視員が常駐しますが、波があるので小さなお子様の海水浴には注意が必要です。ギンチョビーチは、カイトボードや、ボディボード、サーフボードなどを楽しむ人が多く、レンタルやスクールもあります。アクセスはカスカイスからバスが30分おきに出ていて、所要時間は25分です。

ギンショビーチ

ポルトガル / カスカイス

| Parque Natural Sintra-Cascais, Cascais, Portugal
+351 934 479 075
https://www.cascais.pt/galeria-de-imagens/praia-do-guincho

■カジノ エストリル

カジノ エストリルは、太陽の海岸と呼ばれる一帯にあるヨーロッパ有数のリゾート地「エストリル」のカジノ街で、現在ヨーロッパ最大であり、ポルトガルの中で一番大きなカジノもあります。
古くから現地の人々や観光客に親しまれ、気軽に入ることのできるランドカジノです。またギャンブルだけでなく、バーやレストラン、コンサートを開催できるシアターがあり、ギャンブルをしない人でも楽しめます。
カジノの前には広く美しいフランス式の庭園があり、カジノはまるで宮殿のように佇みます。カジノ自体は2階建てで親しみやすい雰囲気ですが、シアターでコンサートがある際などはドレスアップした方も多いため浮かないレベルの恰好がおすすめです。首都リスボン市内、リスボン空港からは車で30~40分でアクセスできます。

カジノ エストリル

ポルトガル / カスカイス

Praca Jose Teodoro dos Santos, Estoril, Cascais 2765-237, Portugal
+351 21 466 7700
15時~翌3時
なし
http://www.casino-estoril.pt/

■プライア・ダ・タマリッツ

タマリズビーチは高級リゾート地であるエストリルを代表する美しいビーチです。エストリルまではリスボン市内から車で40分、電車ではカスカイス線(終点手前下車)を利用しアクセスできます。
エストリル内や近隣にも観光客に人気のビーチは多くありますが、タマリズビーチはどこか落ち着きがあり優雅な雰囲気が特徴です。エストリルはヨーロッパ有数のリゾート地で、ヨーロッパ最大のカジノや高級ホテル、レストランが多く点在し、古くからヨーロッパで愛されており、ゆったりとしたバケーションを過ごすのにも最適な街です。
タマリズビーチや海沿いには遊歩道があり海水浴の時期はもちろん、そうでない時期でものんびりとした散歩を楽しむことができます。

プライア・ダ・タマリッツ

ポルトガル / カスカイス

Av. Marginal, Estoril, Cascais 2765-289, Portugal

■マレシャル・カルモナ公園

マレシャル・カルモナ公園はリスボン近郊の人気リゾート地「カスカイス」にある公園です。カスカイスはリスボン中心部よりポルトガル国鉄の「カスカイス駅」行きに乗り、35分ほどで到着します。10~20分おきに電車が走っています。
カスカイスは古い漁師町で、駅に降り立つと目の前にはビーチが広がります。駅から10分ほど歩くとマレシャル・カルモナ公園があります。ビーチに面していながら緑の多い公園で、鶏や孔雀など様々な鶏が放し飼いにされています。とても大きな公園で、自然の中で大人も子供もリラックスして過ごすことができる場所です。
近隣にはカストロ・ギマラニス伯博物館があったり、灯台を臨むこともできます。

マレシャル・カルモナ公園

ポルトガル / カスカイス

Praceta Domingos D’Avilez, Av. da Republica, Cascais 2750, Portugal
https://www.cascais.pt/equipamento/parque-marechal-carmona

広告

【ポルトガル】カスカイスでおすすめの観光スポット12選!編集部厳選に関連するタグ

カスカイス 観光 カスカイス 自然・景勝地 カスカイス 散歩・街歩き カスカイス 観光名所 カスカイス ビーチ・砂浜 カスカイス 海岸・海 カスカイス 旧市街・古い町並み ポルトガル 観光 ポルトガル 自然・景勝地 ポルトガル 散歩・街歩き ポルトガル 観光名所 ポルトガル ビーチ・砂浜 ポルトガル 海岸・海 ポルトガル 旧市街・古い町並み

広告

のおすすめホテル

ポルトガルへの旅行も
航空券とホテルをセットでお安く予約!

ポルトガルの航空券+ホテルを探す

トラベルブックの今週のおすすめ

広告

トラベルブックで人気のまとめ

  1. 横浜中華街でおすすめの食べ放題21軒:人気ランキング上位のお店一覧

    横浜 - バイキング・食べ放題・ビュッフェ,中華・中華料理

運営会社