おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

【ポルトガル】ローレでおすすめの観光スポット5選!世界遺産を巡ろう

ローレは、ポルトガル本土の南端に位置する都市で、近隣都市のファロからもバスを使って40分ほどでアクセスできます。町のなかはこじんまりとしていて、半日もあれば十分に見て回れる大きさです。街中に並ぶ教会や建物はどれもレトロでどこか可愛らしい外観となっており、ポルトガルらしいカラフルな色合いが特徴的です。中心にはローレ城があり、考古博物館も併設。城塞からは町が一望でき、開放的な気分を味わえます。町歩きをするなら、路地裏のショップやカフェもチェックするのがおすすめです。物価も安く、気軽なショッピングが楽しめます。この記事では、ローレの観光スポットを紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

続きを読む

広告

日本とポルトガルの時差

02月20日 8時10分16秒

ポルトガル(リスボン)と日本(東京)との時差は、9時間です。
日本の方が、9時間進んでいます。

リスボンの時差を詳しく見る

ポルトガルの週間天気

ポルトガルの為替

1ユーロは 119.72円

※2020年2月20日の為替価格です

ポルトガルのお金事情は?現金は1日にどのくらい必要?

ポルトガルの通貨はユーロです。1ユーロ≒113円~135円(2016年~)。ポルトガルの物価は、場所によって大きく異なりますが、リスボンや観光地は高く、日本と大差ない物価水準です。外食費は一人1,000円~1,500円前後、宿泊費も東京と同じくらいで、ゲストハウス(相部屋・共有バスルーム)なら1泊2,000円くらいからありますが、アパートメントなら8,000円~、一般的なホテルなら1泊10,000円~。交通費は、ゾーン内なら距離に関係なく、地下鉄は195円前後、バスは260円前後、トラムなら390円前後、タクシーは初乗りが420円くらいで10~20分乗って900円~1,500円程度です。リスボン市内の観光には、市内交通機関およびポルトガル鉄道の一部が無料乗り放題となるリスボアカード(1日2,400円前後)がおすすめ。観光地の入場料は、2.5ユーロ~10ユーロ(325円~1300円くらい)。1日に必要な現金は、目的に応じて異なりますが、ホテル宿泊料を除いて、最低でも6,000~7,000円は必要となるでしょう。

おすすめなポルトガル料理は?

ポルトガルは海に囲まれた立地から、新鮮な魚介類をたっぷり使った料理がたくさんあります。温暖な気候から、内陸部では野菜や果物もよく獲れ、牛や豚、鶏肉、ウサギ、鴨、イノシシ、七面鳥などの肉料理も食べられます。また、ヨーロッパでは珍しく、米を多く使う食文化があるのが特徴で、日本人にも親しみやすいでしょう。定番の鍋料理「カタプラーナ鍋」は、専用の鍋でエビや魚などの魚介類をトマトベースのスープで蒸し煮したシンプルな料理です。「バカリャウ」は、この国伝統の干しダラを使った料理のことで、1000通りものレシピがあると言われています。他にも「アロス・デ・マリスコス」(魚介の炊き込みご飯)や「サルディーニャス・アサーダス」(イワシの塩焼き)、「パステル・デ・ナタ」(エッグタルト)など味わってみたい、おすすめのグルメがたくさんです。食事の際には、音を立てないことがマナーとして重要です。

ポルトガルの気候は?季節に合わせて服装を選ぼう!

ポルトガルの気候は、1年を通じて温暖です。一般的には、6月から9月(夏~初秋)までが乾季で、旅行のベストシーズンだと言われています。この時期は、日中は暑くても朝晩は冷え込むこともあるため、カーディガンやサマージャケットなどの羽織もあると便利。日差しが強いので、帽子やサングラスなども持参しましょう。秋(9月~11月)は、日本の秋とほぼ同じような感じで、10月頃までは半袖に羽織くらいでちょうどよく、11月になるとセーターや薄手のコートが必要になってきます。また、リスボンやポルトなど北部では雨の日もあるため、雨具(傘や防水ジャケット)も用意しておくと便利。冬(12月~2月)は、リスボンなどの主要都市部は温かく、秋より少し気温が低いくらいで秋の服装で良いですが、朝晩や雨の日は冷え込むのでフリースなどを持参するのがおすすめ。また雨も比較的多いため雨具の準備も必要です。春(3~5月)は、東京より暖かく、日中はシャツなどで過ごせます。5月になると少し温度が上がりますが、それほど暑い日は多くないので、長袖やジャケットが基本。日差しが強くなるため、紫外線対策にも気を付けましょう。

もう迷わない!ポルトガルの一押しお土産は?

ポルトガルでは、魚介類の缶詰の生産量が多く、スーパーなどどこでも手に入りますが、中でも人気なのが「イワシの缶詰」です。容器もレトロで可愛く、ばらまき用として購入するのもおすすめです。「コンフェエイト」は、日本でも馴染みがありますが、ポルトガル発祥のお菓子。日本の金平糖とは見た目が少し異なり、日持ちするのでお土産におすすめです。ワイン好きの人へのお土産には、「ポルトガルの宝石」とも呼ばれている「ポートワイン」を選びましょう。ブドウの発酵を途中で止め、ブドウ本来の甘さと果実味を引き出したポートワインは、甘みが強いのが特徴。ポルトガルには、可愛らしい雑貨がたくさんありますが、お土産におすすめなのが、15世紀から続くポルトガルの伝統的手法で作られた装飾タイル「アズレージョ」です。イワシの置物など、場所を選ばず飾れる素敵なオブジェクトもあり、お土産にぴったりです。

ローレでおすすめの観光スポットを紹介!

■ヴィラモウラマリーナ

ヴィラモウラマリーナは、ローレ中心部から15キロほどの距離に位置するヨーロッパ有数のレジャーリゾート地ヴィラモウラにあります。マリーナにはたくさんのヨットやボートが停泊しており、海への発着点として絶えず人の行き来があります。
またジェットスキーなどのアクテビティのスタート地点としても賑わいを見せています。マリーナの周囲はポルトガルらしい可愛らしいカラフルな建物が多く、その景観も楽しめます。マリーナにはカフェやレストラン、バーも点在しており、散策も楽しめます。
海に面したテラスがあるお店も多く、のんびりとした時間を過ごすことができます。

ヴィラモウラマリーナ

ポルトガル / ローレ

| Quarteira, Loule 8125-409, Portugal
+351 289 310 560
https://www.marinadevilamoura.com/en/

広告

■サン・ロウレンソ教会

サン・ロウレンソ教会は、ローレ市内に佇む小さな教会です。市内からは車でのアクセスが便利で、またファロ空港からも近い位置にあります。教会のその歴史は古く、建物は18世紀前半に建てられ、何世紀にもわたり状態よく維持された貴重な建物です。バロック様式であり、ポルトガル建築の特徴ともいえるアズレージョタイル張りの美しい教会です。タイルは青く天井から壁一面に施され、とても美しく感じられます。
また祭壇は金箔が施され、とても荘厳で華やかな雰囲気です。
入場料がかかりますが、見学が可能です。ただし残念ながら写真撮影は禁止なので注意が必要です。

サン・ロウレンソ教会

ポルトガル / ローレ

Rua da Igreja s/n | Sao Lourenco, Loule 8135-027, Portugal
+351 289 395 451
10時~13時、15時~18時
http://www.paroquia-almancil.pt/

■ローレ城

広告

ローレ城はローレ市内中心部に位置する城跡です。現在残っている城壁は一部にすぎません。ローレ城の歴史は古く、現在の城は19世紀に一部再建されており、街のどこからでもローレ城を確認することができます。
1階は考古博物館が併設されています。2階は当時の台所の様子が展示されています。また城の塔は一番上まで登ることができ、そこからローレの街並みを眺望することができます。ローレの街はこじんまりとした小さな小さな街なので、見える景色は少し高台から屋根を見下ろす程度ですが、街全体のレトロで可愛らしい雰囲気に癒されることでしょう。

ローレ城

ポルトガル / ローレ

Rua Goncalo de Loule, Loule 8100-626, Portugal
+351 289 463 900
10時~18時(土曜は16時30分まで)
日・月
http://www.cm-loule.pt/pt/150/castelo-de-loule.aspx

■アルマンシルカート場

アルマンシルカート場は、南沿岸部の町アルマンシルにある本格的なサーキット施設です。3歳から大人までゴーカートに乗車し走行することができます。料金も良心的で、家族みんなで楽しむことができるスポットです。

アルマンシルカート場

ポルトガル / ローレ

Caminho das Pereiras, Loule 8135-022, Portugal
+351 289 399 899
10時~19時
月曜日
【料金】390ccカート - €15.00、ロードバギー - €45.00
http://www.kartingalgarve.com/

■Shrine of Nossa Senhora da Piedade

Shrine of Nossa Senhora da Piedadeはローレ市街の高台に位置しており、どこからも見ることができる礼拝堂とチャペルです。チャペルは現代建築で新しくドーム型になっており、外観は印象的です。礼拝堂は古くからあり、すべて木で作られた趣きと温かみのある空間となっています。崇拝だけでなく結婚式も行われています。
礼拝堂からはローレの街を一望できる、素晴らしい景観をパノラマビューで見ることができます。礼拝堂はフレスコ画やタイルが美しく、時々開放されているため、見学が可能が場合もあります。大きな駐車場もあるため車でアクセスすることも可能です。

Shrine of Nossa Senhora da Piedade

ポルトガル / ローレ

N 270 | São Sebastião, Loule, Portugal

まとめ

ユーラシア大陸の最も西に位置するポルトガルは、大航海時代の建造物など、歴史ある世界遺産が数多く残る国です。海外交易の拠点として栄えた首都リスボンには、今もレトロな黄色い路面電車が走り、絵になる光景に溢れています。年間通して暖かい気候で、治安も良く、都市部では英語も通じるポルトガルは観光もしやすい国です。日本人に親しみやすい料理が多い点も魅力的。そんな美しいポルトガルに旅してみませんか?

観光のおすすめ記事

詳しく

【クアルテイラ】アクアショー・ウォーター・パーク周辺でおすすめの観光スポット8選!ポルトガルを満喫!

ローレ - ビーチ・砂浜,海岸・海,寺院・教会

アクアショー・ウォーター・パークは、ポルトガル南部アルガルヴェ地方アルブフェイラから20kmほど東の町クアルテイラにあります。クアルテイラの中心部からは車で10分ほど。ポルトガルでは最大規模を誇り、小さな子供のためのプールやティーンエイジャーに人気のスピードレースライド、リラックスできる波のプールなどすべての年齢に対応した多彩なアトラクションが豊富にそろっています。 そして何と言ってもここの目玉は、ヨーロッパでも最も高い32mというウォータースライダー「フリーフォール」。ぜひ現地でその高さを体感してみてください。近くにはホテルも多いので、子供連れでの旅行先としてもおすすめです。 今回は、そんなアクアショー・ウォーター・パーク周辺の見どころについて紹介します。

詳しく

【ポルトガル】ローレ周辺の観光スポットおすすめ5選!充実した旅行を計画しよう

ローレ - 山・渓谷,城・宮殿,寺院・教会

ローレはポルトガル南部のアルガルヴェ地方に位置する街です。ファロからバスで40分ほどの距離にあります。\nそれほど大きな街ではなく、半日あれば回れるような広さです。 ローレのある街はアルマンシルと言い、「天空の城ラピュタ」の舞台にもなった森があることでも知られています。ローレには大聖堂や歴史博物館、ローレ城、サウロウレンソ教会などレトロな建物が多く残っているのです。 街並みは画に描いたようなカラフルで可愛らしい風景がとても印象的、どこかホッとさせてくれます。今回は、そんなローレ周辺の見どころについて紹介します。

詳しく

初めてでも大丈夫!歴史とロマンあふれるポルトガルのおすすめ観光名所一覧

ポルトガル - 美術館,観光名所

ヨーロッパ大陸の最西端に位置しているポルトガルは、大航海時代には他国に先駆けてインド航路を発見して香辛料貿易によって莫大な利益を得ていて、その歴史は今でも世界中に知られています。今回はポルトガルのおすすめの観光スポットを100選ご紹介します。750年以上前から王都として繁栄している首都リスボン、ポートワインの生産地であり町全体が歴史地区であるポルト、ムーア人の侵入に備えて町を城壁で囲った遺跡が今でも残っているオビドスなど、見どころもたくさんあります。ポルトガル観光に興味のある方はぜひ参考にしてみてください。

詳しく

リスボン観光ガイド:大航海時代を生み出した街。海の女王の宿るポルトガルの首都

リスボン - 海岸・海,山・渓谷,文化遺産,モニュメント・記念碑,城・宮殿,寺院・教会,史跡・遺跡,モダン建築,市場・夜市,広場・公園,旧市街・古い町並み

スペインと並んで大航海時代にその勢力を世界中へ伸ばし、日本の歴史にも大きな影響を与えた国ポルトガル。その栄光はリスボンから始まりました。紀元前1200年ごろから続く西洋最古の都市であり、その後の歴史の中で様々な文化によって磨き上げられたリスボンは、今なお世界都市としてその輝きを放ち続けています。 今回はポルトガルが世界に誇る海の女王の街、リスボン観光の魅力をじっくりとお届けしていきます。

詳しく

【ポルト】サンベント駅周辺にあるおすすめ観光スポット18選!情報はこちらから

ポルト - 文化遺産,モニュメント・記念碑,城・宮殿,寺院・教会,市場・夜市,広場・公園,旧市街・古い町並み

サンベント駅は、ポルトガル第2の都市ポルトにある駅です。古く落ち着いた駅舎ですが、約2万枚のタイルを使ったアズレージョが大変美しい姿で迎えてくれます。 14世紀にジョアン1世がポルトに入城したときの風景や、ポルトの歴史が表されていて、ただ美しいだけではない見ごたえのあるものです。駅から歩けば、近くにはサンフランシスコ教会やポルト大聖堂、こちらもアズレージョで知られるアルマス礼拝堂などの観光スポットもあり、街の美しさに思わずうっとりしてしまうほどです。 ポルトの歴史を訪ねがら、今回はそんなサンベント駅周辺の見どころについて紹介します。

詳しく

【リスボン】サンタジュスタのエレベーター周辺でおすすめの観光スポット20選!編集部厳選

リスボン - 城・宮殿,寺院・教会,史跡・遺跡,市場・夜市,広場・公園,旧市街・古い町並み

サンタジェスタのエレベーターは、リスボンにあります。低地にあるバイシャ地区と高い地区のバイロアルトを結んでいます。 19世紀にギュスターヴ・エッフェルの弟子により設計され、20世紀初頭に完成しました。 完成当初は蒸気エンジンで動いていましたが、今は電気で可動しています。エレベーターは10分おきで、上りはかなりの行列ができるため、螺旋階段を使って上るということも出来ます。最上階にあるカフェや展望台からはリスボンの街や大西洋も一望でき、ここからバイロアルトの街へもすぐ。今回はそんなサンジェスタのエレベーター周辺の見どころについて紹介します。

詳しく

【リスボン】オリエンテ駅周辺でおすすめの観光スポット18選!ポルトガルを満喫!

リスボン - モニュメント・記念碑,城・宮殿,寺院・教会,広場・公園,旧市街・古い町並み

オリエンテ駅は、リスボンにある鉄道駅です。1988年のリスボン国際博覧会にあわせて建設されました。 サンティアゴ・カラトラバ氏による設計で、ブルネル賞を受賞したほど。屋根と柱は南国の椰子の木をイメージしたような、夜にはナトリウムランプが灯され幽玄的な雰囲気をかもし出しています。 リスボンメトロ、ポルトガル鉄道を利用する人々でいつも賑わいを見せるオリエンテ駅、ここを拠点に観光に出る人も多い所です。ゆくゆくはスペインからの鉄道も乗り入れ出来るように計画がされている様子。 今回は、そんなオリエンテ駅周辺の見どころについて紹介します。

詳しく

ポルトガルへ行きたい海外旅行初心者さん必見!観光スポットも持ち物も、楽しみ方まで♪

ポルトガル - 海岸・海,文化遺産,モニュメント・記念碑,城・宮殿,史跡・遺跡,旧市街・古い町並み

ユーラシア大陸の西端に位置するヨーロッパの小さな国「ポルトガル」。大航海時代にはアフリカやアジア、アメリカ大陸への航路を切り開き、海外との交易で巨万の富を誇る海洋大国でした。日本にも訪れ、キリスト教や鉄砲を伝えたことはよく知られていますよね。 このように歴史的にも日本とつながりのあるポルトガルですが、最近は海外旅行先としても注目を集めているんですよ。温暖な気候に加え、数多くの史跡や可愛らしい街並み、自然の風景など見どころがたっぷりで、素朴で親しみやすいグルメも魅力です。 この記事では、そんなポルトガルの基本情報や人気観光スポット、おすすめの楽しみ方などをまとめました。ポルトガルを旅してみたい海外旅行初心者さんはぜひ参考にしてください。

広告

【ポルトガル】ローレでおすすめの観光スポット5選!世界遺産を巡ろうに関連するタグ

ローレ 観光 ローレ 歴史スポット ローレ 観光名所 ローレ 寺院・教会 ポルトガル 観光 ポルトガル 歴史スポット ポルトガル 観光名所 ポルトガル 寺院・教会

広告

のおすすめホテル

ポルトガルへの旅行も
航空券とホテルをセットでお安く予約!

ポルトガルの航空券+ホテルを探す

トラベルブックの今週のおすすめ

広告

トラベルブックで人気のまとめ

  1. 横浜中華街でおすすめの食べ放題21軒:人気ランキング上位のお店一覧

    横浜 - バイキング・食べ放題・ビュッフェ,中華・中華料理

運営会社