おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

【ベルギー】ルーヴェンにあるおすすめ観光スポット10選!情報はこちらから

ルーヴェンは、首都ブリュッセルより車で約30分ほどの距離にある街です。 リングと呼ばれる道路で街が囲まれていて、世界最古のカトリック大学である「ルーヴェン・カトリック大学」があることでも知られています。緻密な装飾が施されたルーヴェン市庁舎などユネスコの世界遺産に認定されている歴史的建造物が街中に多数あり、市庁舎の建物正面にある「石のレース」には、人物の彫像が236体も飾られています。レストランがずらりと並ぶMunt Straatでは、ベルギーの郷土料理やベルギービールが楽しめるお店、ベルギーチョコレートが購入できるお店など、ベルギーグルメが堪能できます。 歴史の街・ルーヴェンでおすすめしたい観光スポットを紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

続きを読む

更新日: 2024年6月25日

広告

本ページではプロモーションが含まれます
当サイトでは施設やサービス(以下、サービス等)の掲載にあたり、ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任においてサービス等を選定しおすすめアイテムとして紹介しています。

なお当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、オンライン旅行代理店やレストラン予約サイトが提供するアフィリエイト・プログラムに参加し、サービス等の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。掲載の順番はサービス等の提供会社により支払われる報酬も考慮されている場合があります。

ベルギー全体

ベルギー格安Wi-Fi

ベルギー格安ツアー

ルーヴェンでおすすめの観光特集

ルーヴェンは、ベルギーのフラームス=ブラバンド州の州都です。行き方は、首都ブリュッセルから電車で20分ほどです。ヨーロッパ最古の大学というルーヴェン・カトリック大学のある学生の街で、図書館や大学関係の歴史ある建物が点在しています。また、世界最大のビール会社インヴェブ社の本社があることから、「ビールの街」とも呼ばれています。市庁舎には「レース」と称される彫刻が施され、市のシンボルとなっています。その向かいには、ゴシック様式の聖ペトロ聖ギドン参事会教会があり、内部には美術博物館があります。世界遺産に登録されているベルギーベギン会修道群の中で、もっとも大きいベギン会大修道院もみどころです。

ルーヴェンに行けるおすすめの現地ツアー

ルーヴェン(ルーベン)は、ベルギーのほぼ真ん中にある国内最大の学生街です。ヨーロッパでは最古の創設1425年の大学もあり、多くの若者たちが暮らしていて、活気にあふれています。観光でおすすめなのは、学生気分になって楽しめるアウデマルクト広場です。広場には、何十件ものビアカフェが並んでいるので、ベルギービールをぜひ味わってみてください。ブリュッセルから電車でわずか20分で、世界各地の観光客に人気です。歴史ある高級ホテルや格安のゲストハウスまで、たくさんのホテルがそろっています。そんなルーヴェンに行けるおすすめのオプショナルツアーをご紹介します。

ルーヴェンに行ける体験ランキング

ルーヴェンでおすすめのホテル特集

ルーヴェンでの滞在に便利な、おすすめのホテルを紹介します。その国独自の文化や雰囲気を楽しめる宿での滞在時間は、海外旅行の楽しみのひとつ。自分の旅行イメージに合わせて、どこに滞在しようか、どんな過ごし方をしようかと想像するだけでも、旅行前のうきうきした気分が膨らみますね。
アントワープの宿泊施設には種類がいろいろあり、選択肢も豊富。旅先で余計なことに心をわずらわせたくない人には、サービスの行き届いた高級ホテルや大手チェーンのホテルがおすすめです。また、できるだけ宿泊費を抑えたいのであればホステルやゲストハウスなどの簡易宿泊施設に泊まるのもひとつです。
理想の旅行スタイルが固まれば、おのずと泊まりたいホテルの種類も決まってくるはず。じっくり考えて、自分のイメージにぴったりのホテルを選びましょう。

日本とルーヴェンの時差

06月24日 6時08分11秒

ベルギー/ルーヴェンと日本/東京との時差は、7時間です。
日本の方が、7時間進んでいます。

ルーヴェンの時差を詳しく見る

ベルギーの為替

1ユーロは 171.33円

※2024年6月25日の為替価格です

ベルギーの基本情報

ベルギーの気候は?季節に合わせて服装を選ぼう!

ベルギーには日本同様に四季があり、1年を通じて日本より涼しい気候ですが、訪れる時期によって服装を変える必要があります。季節分けは、3月~5月の春、6月~8月の夏、9月~11月の秋、12月~2月の冬です。春は気候が変わりやすく、薄手のカーディガンなどがあると良いでしょう。夏は30度を超えることもありますが、朝晩は冷えるため長そでの羽織りが必要。秋は曇りの日や霧雨が降ることが多く、レインコートがあると便利。冬はそれほど寒くはありませんが、内陸部は12月から寒さが厳しくなり、厚手のコートはもちろん、マフラーや手袋などで防寒対策をしっかりと行いましょう。

ベルギーの言葉事情は?英語は通じる?

ベルギーにはベルギー語がなく、九州ほどの小さな国土のなかで、フランス語、オランダ語、ドイツ語が使われています。使われているエリアは、フランス語は南部、オランダ語は北部、ドイツ語はドイツ国境付近の一部に大まかに分けられます。気になることは、英語が通じるかだと思いますが、観光地ではほとんどのところで英語が通じます。その他、道路標識や言語が選べる駅の券売機、列車内アナウンスは英語で行われていますが、州名や都市名は英語表記ではありませんので注意が必要です。大きな都市のレストランでは、ほとんどの店のメニューは英語表記で、安心して料理が楽しめます。

ベルギーの治安は大丈夫?気を付けるべきエリアは?

ベルギーには2019年9月現在、外務省の海外安全ホームページには、危険情報などは掲載されておらず、治安は安定しているといえますが、日本と比べると治安が良いとはいえません。日本人が遭遇しやすい被害はスリや置き引きで、グループで行われることが多く、声をかけてくる人に注意が必要です。さらに注意が必要なエリアがあり、スリ・置き引き・テロに注意が必要な公共交通機関内、治安の悪い地域として知られるブリュッセル南(ミディ)駅周辺と北(ノール)駅、観光客が多いためスリや置き引き犯が集まるグランプラスエリア周辺が該当します。

ベルギーの代表的なスイーツやグルメを紹介!

旅行の楽しみの1つといえば、その国のおいしいグルメです。ベルギーにはおいしいグルメがたくさんあり、代表的なものをご紹介します。家庭の味でもあり、適したジャガイモがあるなど、こだわりがつまったフライドポテトの「フリッツ」は、毎日食べられる国民食。ベルギービールだけで煮込んだ「カルボネートフラマンド」は、お肉がほろりととろけるベルギーの郷土料理。世界中から美食家が訪れるほど、「ジビエ料理」も人気です。スイーツといえば、色とりどりの宝石のようなチョコレートと、ブリュッセル風とリエージュ風の2種類のワッフルではないでしょうか。

ルーヴェンでおすすめの観光スポットを紹介!

■ルーヴェン市庁舎

ルーヴェン市庁舎はベルギーのルーヴェンに位置し、フランボアイアンゴシック式の素晴らしい建築で街のランドマーク的な存在です。「石のレース」とも言われる世界的に有名な建物で、市庁舎とは思えないほどの繊細なレースのような精巧な彫刻はルーヴァンで1番の目玉になっています。
15世紀に造られた建物には236体の彫刻が施され、その見事さは圧巻でため息をつくほどの美しさです。夜はライトアップされ違った景観を楽しむことができ、建物の周りはカフェやレストランも多くカフェでお茶を飲みながら見事な建築を楽しむのもおすすめです。

ルーヴェン市庁舎

ベルギー / ルーヴェン

Great Market Square 9, Leuven, Belgium
+32 16 20 30 20
https://www.visitleuven.be/nl/town-hall

広告

■ベギン会大修道院

ベギン会大修道院はベルギーのルーヴェンに位置し、1998年にユネスコ世界遺産に登録されたベギン会修道院の1つです。ベギン会とは女子のみの修道会のことで、設立は1232年に遡り17世紀には約360人の修道女が住んでいたと言われています。
厳かで重厚な雰囲気のある建物はひとつの街のようになっており、約100ある建物にアパートが入っていて、ルーベン大学関係者の宿舎として利用されています。
建物内は人が住んでいるため見学できませんが、敷地内は自由に歩くことができます。歩いているだけで中世の空気に包まれるような、歴史を感じる場所です。

ベギン会大修道院

ベルギー / ルーヴェン

Schapenstraat, Leuven 3000, Belgium
https://www.visitleuven.be/en/great-beguinage

■植物園

植物園はベルギーのルーヴェンに位置し、ベルギーで最も古い植物園として知られています。1738年にルーヴェン大学の学生が植物を育てたのがきっかけと言われ、レンガ作りの大きな入り口が目印になっています。ルーベン駅から徒歩約25分で、市庁舎などの主要な観光スポットからも近くアクセスしやすいです。
熱帯・亜熱帯・ハーブなどのさまざまな植物が植えられ、植物を眺めながらのんびりと散策できます。こじんまりとした植物園ですが季節の花や木々を楽しめ、ベンチやテーブルもありランチを食べる場所としてもおすすめです。

植物園

ベルギー / ルーヴェン

Kapucijnenvoer 30, Leuven 3000, Belgium
+32 16 27 23 80
【5/1- 9/30】 月曜から土曜:8時~20時、日曜:9時~20時 【10/1-4/30】 月曜から土曜:8時~17時、日曜:9時~17時
入場無料
https://www.visitleuven.be/en/botanical-garden

■オウデ・マルクト広場

オウデ・マルクト広場はベルギーのルーヴェンに位置し、世界遺産にも登録されているゴスラー旧市街の中心地にある美しい広場です。広場は1551年に建てられた歴史ある時計台のついた市庁舎や鐘楼に囲まれ、木組みの建物が立ち並ぶメルヘンな景観を楽しめます。
マルクト広場から放射線状に石畳が伸び、広くて開放感のある広場になっています。広場の中央には12世紀の噴水があり、マルクト教会や16世紀初期に描かれた壁画などの見どころもあります。広場を取り囲むようにレストランやカフェがあり、気軽に屋外でベルギービールを楽しめます。

オウデ・マルクト広場

ベルギー / ルーヴェン

Oude Markt, Leuven 3000, Belgium
https://www.oudemarktleuven.be/

■ルーヴェン・カトリック大学図書館

ルーヴェン・カトリック大学図書館はベルギーのルーヴェンに位置し、ルーベン駅から徒歩約10分の立地です。ルーヴェン・カトリック大学内にある図書館で、大学は1425年に設立されたヨーロッパ最古の大学の一つです。図書館は第一次世界大戦で壊滅的な被害を受け、アメリカなどの支援で再建されました。
図書館の前は広場になっており、針で突き刺された昆虫のオブジェがあります。入園料を支払えば図書館の中を見学することができます。図書館の時計台はタワーになっており、階段を上るとタワーの上からルーヴェンの美しい街並みを楽しめます。

ルーヴェン・カトリック大学図書館

ベルギー / ルーヴェン

Monseigneur Ladeuzeplein 21, Leuven 3000, Belgium
月曜から金曜:10時~19時、土曜:10時~17時
入場料:7ユーロ(他の観光名所とバンドルのツアーチケットもあり)
https://www.visitleuven.be/en/university-library-tower

■ステラ・アルトワ醸造所

ステラ・アルトワ醸造所はベルギーのルーヴェンに位置し、世界で一番大きいビール会社「AB Inbev」が所有する醸造所です。ベルギーの「ビール文化」は世界無形文化遺産にも登録され、日本でもベルギービールの人気が高まり注目されています。醸造所では工場見学のツアーがあり、醸造のプロセスや瓶詰めの工程などを見学できます。
ステラ・アルトワ醸造所の歴史や、ビール生産工程や材料などについての詳しい説明を聞くことができます。ツアーの終わりにはビールのテイスティングができ、醸造所でできた作りたての生ビールを味わえてビールのお土産ももらえます。

ステラ・アルトワ醸造所

ベルギー / ルーヴェン

Aarschotsesteenweg 20, Leuven 3010, Belgium
+32 16 27 79 80
【醸造所見学ツアー】火曜から土曜:9時~21時(要予約)
https://www.breweryvisits.com

広告

広告

のおすすめホテル

ベルギーへの旅行も
航空券とホテルをセットでお安く予約!

ベルギーの 航空券+ホテルを探す

トラベルブックの今週のおすすめ

広告

運営会社