おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

【オーストリア】クラーゲンフルトの観光スポットおすすめ10選!充実した旅行を!

クラーゲンフルトは、オーストリア南部にあるケルンテン州の州都です。日本から直行便はなく、ウィーン国際空港などを経由する必要があります。ヴェルタ―湖の東岸に位置しているので、夏は避暑地としてもにぎわっていて、西部にはオーストリアの最高峰であるグロースグロックナーの壮大な姿が望めます。もともとは17世紀末にローゼンベルク伯のルネッサンス様式宮殿として建てられた「クラーゲンフルト市庁舎」、世界的建築物のミニチュアを集めた緑豊かな公園「ミニムンドゥス」など、街の歴史や自然の美しさを感じられる観光スポットが数多くあります。ゆったりとした時間が流れるクラーゲンフルトの観光スポットを紹介しますので、参考にしてくださいね。

続きを読む

広告

オーストリア全体

オーストリア格安ツアー

オーストリア格安Wi-Fi

クラーゲンフルトでおすすめのホテル特集

クラーゲンフルトでの滞在に便利な、おすすめのホテルを紹介します。その国独自の文化や雰囲気を楽しめる宿での滞在時間は、海外旅行の楽しみのひとつ。自分の旅行イメージに合わせて、どこに滞在しようか、どんな過ごし方をしようかと想像するだけでも、旅行前のうきうきした気分が膨らみますね。
フィリピンの宿泊施設には種類がいろいろあり、選択肢も豊富。旅先で余計なことに心をわずらわせたくない人には、サービスの行き届いた高級ホテルや大手チェーンのホテルがおすすめです。また、できるだけ宿泊費を抑えたいのであればホステルやゲストハウスなどの簡易宿泊施設に泊まるのもひとつです。
理想の旅行スタイルが固まれば、おのずと泊まりたいホテルの種類も決まってくるはず。じっくり考えて、自分のイメージにぴったりのホテルを選びましょう。

日本とクラーゲンフルトの時差

07月28日 9時39分39秒

オーストリア(クラーゲンフルト)と日本(東京)との時差は、7時間です。
日本の方が、7時間進んでいます。

クラーゲンフルトの時差を詳しく見る

オーストリアの為替

1ユーロは 129.71円

※2021年7月28日の為替価格です

オーストリアの基本情報

オーストリアの気候は?季節に合わせて服装を選ぼう!

オーストリアの気候は、大陸性気候になっており、日本の北海道と似ていると言われています。夏の一番暑いときには、気温が30℃を超えることもありますが、湿気が少なく、カラっとしているため、過ごしやすくなっています。一方真冬は、マイナス10℃ほどまで気温が下がる日も少なくなく、厳しい寒さになっています。11月~3月に訪れる場合には、厚手のコートと手袋、マフラーなどのしっかりとした防寒対策が必要です。また、オーストリアでは、春の3月~5月が最も降水量の多い時期になっています。日本よりは降水量が少ないものの、雨が降ることが多いので、レインコートや雨傘などの用意を忘れないようにしましょう。

オーストリアの言葉事情は?英語は通じる?

オーストリアを旅行するのであれば、やっぱり不安になるのがコミュニケーションではないでしょうか?基本的に日本語が通じることはあまり期待できないにせよ、英語が通じるかどうかは、大変大きいかと思います。オーストリアの公用語はドイツ語になっていますが、ウィーンなどの都市部では、英語が通じることが多く、ホテルやレストランなどで英語が通じずに困るということは、ほとんどありません。ただし、都市部から離れた地域の年配の人などでは、英語が通じないこともあるので、注意が必要です。「こんにちは」の「グリュス・ゴット」や「ありがとう」の「ダンケシェーン」などの基本的なドイツ語を覚えておくと、会話がスムーズに進みます。

オーストリアの治安は大丈夫?

オーストリアは、ヨーロッパ南西部の他の国々に比べて、治安が安定していると言われており、比較的安全に旅行を楽しむことができます。大きな犯罪に巻き込まれるなどの怖い思いをすることは、あまりありませんが、注意したいのが、スリや置き引き、ひったくりと言った軽犯罪です。基本的なことに注意をしていれば、ある程度は安心して過ごすことができますが、電車で居眠りをしてしまったり、トイレに立つときに、荷物を置いたままにしておくなど、日本と同じ感覚のまま行動してしまうのは危険です。荷物から目を離さないように、気を付けておきましょう。

オーストリアの旅の計画に!航空券はこちらから

数々の世界遺産を有し、音楽や芸術の街として知られるオーストリア。ヨーロッパ各地からの影響を受けた様々な料理やスイーツなども魅力的です。比較的治安も良く、英語も通じやすいので、日本からの海外旅行先としても人気!日本からは、首都・ウィーンへ向けての直行便も運行しているので、訪れやすくなっており、12時間程度でアクセスすることができます。そんなオーストリアのへ旅行を考えているのであれば、ツアーを利用するのがおすすめ。航空券やホテルはもちろんのこと、人気の観光地などを効率よく巡ることができるのはもちろん、一つ一つを自分で手配するよりもとってもラクチン!はじめてオーストリアのを訪れるなどという時には、特に安心して旅行を楽しむことができます。様々なタイプのツアーがあるので、自分に合ったものを選ぶことができるも魅力です。

クラーゲンフルトでおすすめの観光スポットを紹介!

■ノイアー広場

ノイアー広場は、クラーゲンフルトの中心にある大きな広場で、2008年に有名な建築家ボリス・ポドレッカが設計し、近代的な都市広場になりました。
市庁舎の前の広場には竜とヘラクレスの噴水、そしてマリア・テレジアの大きな像があります。多くの街路樹やベンチがあり、木陰でゆっくりくつろぐことができます。広場では地元のお祭りや音楽、スポーツのイベントが行われていることもあり、多くの人で賑わいます。有料トイレもあります。また周囲にはホテルや飲食店もあり、市民の憩いの場所となっています。地元の文化に触れながらゆったりと散策するには最適な場所です。

ノイアー広場

オーストリア / クラーゲンフルト

Neuer Pl., 9020 Klagenfurt am Wörthersee, Austria

広告

■リンドヴルムの泉

リンドヴルムの泉は、ノイアー広場にあるリンドヴルム(竜)の像と口から出る噴水です。この像は町の紋章になっています。
リンドヴルムは2人の兄弟、ウルリッヒとアンドレアスフォーゲルサンによって1582年から1593年の間に建てられた巨大な片岩の怪物です。いわれは昔ヴェルター湖の湿原に住む竜が住民や家畜を食い殺したため、領主に命じられた町の男たちが計略を用いて竜を退治した伝説によるものです。隣にはヘラクレスの像があり、17世紀に制作されたものです。ヘラクレスが棍棒を持って身構えているのは、また竜が動き出したとき打ち殺すためといわれています。

リンドヴルムの泉

オーストリア / クラーゲンフルト

Neuer Platz, Klagenfurt 9020, Austria
https://www.klagenfurt.at/die-stadt/stadtbummel/sehenswuerdigkeiten/lindwurmbrunnen-neuer-platz.html

■州庁舎(ラントハウス)

広告

州庁舎(ラントハウス)は、16世紀後半に建てられたルネッサンス様式の建築で、白を基調としたアーチ構造を繰り返すように設置された柱が連なる廊下、そしてそれに面する中庭が非常に美しい建築物です。中庭には噴水もあり、優雅な雰囲気を楽しめます。
中には名高い紋章が飾られ、当初ケルンテンの貴族・高位聖職者の紋章だけが飾られていましたが、17世紀からオーストリア各地の紋章が加えられ、更に外国の紋章も飾られるようになりました。
ラントハウスにはレストランがあり、美しい建物を眺めながらゆっくりと地元料理の食事をとることができます。音楽のイベントが行われていることもあります。

州庁舎(ラントハウス)

オーストリア / クラーゲンフルト

Landhaushof 1, Klagenfurt 9020, Austria
http://www.landesmuseum.ktn.gv.at/210227_DE-LMK-MuseenStandorte.?aussenstelle=1

■市庁舎(オルシーニ・ローゼンベルク宮殿)

市庁舎(オルシーニ・ローゼンベルク宮殿)は、ノイアーマルク(広場)の西側に隣接し、1650年に造営された歴史的建造物です。
もともとはローゼンベルク伯のルネッサンス様式の宮殿でしたが、1918年から今日まで市庁舎として使われています。中庭には、漁夫の石像があります。伝説によれば、昔、客をだまそうとしたヴェルター湖の漁夫が「私の言ったことが嘘なら、すぐ石になって見せましょう」と高言し、そのまま石になったものです。赤い屋根が印象的な美しい建物で一見の価値があります。周囲にはノイアー広場やレストランもあり、お食事や散策を楽しむことが出来ます。

市庁舎(オルシーニ・ローゼンベルク宮殿)

オーストリア / クラーゲンフルト

Neuer Pl. 1, 9020 Innere Stadt, オーストリア
+43 463 5370

■アルター広場

アルター広場は、ケルン大聖堂のすぐ南の旧市街地の中心的な位置にあります。
古い建築様式の建物が連なっている街並みを見れば、アルト(古い)の名にふさわしい"古い広場Alter Platz" と感じさせてくれますが、地面の石畳みは歩きやすく改修されており、建物の外壁は綺麗に手入れがなされています。
細長い広場を囲むようにレストランが並び休日にはいろいろな行事が催されています。市場が開かれていることもあります。この広場の西側には旧市庁舎があり、東側には聖マルチィン教会があります。広場には多くな噴水があり、ベンチもあって人々の憩いの場にもなっています。

アルター広場

オーストリア / クラーゲンフルト

Alter Platz, Klagenfurt 9020, Austria
+43 463 5370
https://www.visitklagenfurt.at/en/discover-and-experience/worth-seeing/fussgaengerzone-alter-platz.html

■Wörthersee Mandl像のコイントス

Wörthersee Mandl像のコイントスは、ここでコイントスをし、願掛けをすると叶うと言われていることから、今では多くの観光客で賑わうクラーゲンフルトの観光名所となっています。
ヴェルターゼーマンドルと呼ばれるこの像はクラーゲンフルト旧市街の中心部の一角に、ちょっとひょうきんな表情で上を見上げる小さな男性の像で、クラーゲンフルトの西に広がるヴェルター湖の誕生にまつわる伝説をモチーフとしたものです。脇に抱える樽からは水が絶えることなく流れ出ています。
周りにはベンチがあるのでゆっくりコイントスに挑戦できます。また周りには小さなコーヒーショップ、地元料理やイタリア料理のレストランがあり、観光の休憩地点としてもお勧めです。

Wörthersee Mandl像のコイントス

オーストリア / クラーゲンフルト

Kramergasse, Klagenfurt 9020, Austria
https://www.klagenfurt.at/die-stadt/geschichte/sagen/woerthersee-mandl.html

広告

のおすすめホテル

オーストリアへの旅行も
航空券とホテルをセットでお安く予約!

オーストリアの航空券+ホテルを探す

トラベルブックの今週のおすすめ

広告

運営会社