おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

カンボジアでおすすめの観光スポットまとめ|世界遺産溢れる魅力的な国

カンボジアは世界遺産であるアンコールワットで有名な国です。インドシナ半島に位置していて、巡礼地としても人気であることから世界中から観光客が足を運びます。また、親日国であることから日本人も観光しやすい国です。カンボジアにはアンコールワットの遺跡群以外にも魅力的な観光スポットが特産あります。日本からアンコールワットの最寄りの街であるシェムリアップへは直行便が無いため経由便を理由して約11時間でアクセスすることができます。また、カンボジアの首都プノンペンへは直行便が出ているため7時間でアクセスすることができます。今回はそんなカンボジアの魅力に迫ります。

続きを読む

広告

カンボジア旅行のポイント

どんな街?

カンボジアはインドシナ半島に位置し、タイ、ベトナム、ラオスの3ヶ国に隣接しています。世界遺産はアンコール遺跡群、タイ国境の山頂に立つプレアヴィヒア寺院、カンボジアの森の中に佇む遺跡サンボー・プレイ・クックが登録されています。

見所は?

カンボジアは、「一生に一度は訪れたい観光地」として挙げられ、多くの観光客を魅了するアンコールワットや首都プノンペンの王宮巡り、100万人を超える水上生活者が暮らすトンレサップ湖、ロリュオス遺跡群などが人気です。

おすすめのグルメ

カンボジア料理は、米と魚を使ったメニューが多く、ココナッツ果汁を混ぜた魚のペーストをバナナの皮で包んだホモックやブラホックが人気です。フランス植民地だった名残の、フランスパンを使ったサンドウィッチの店も多いです。

本ページではプロモーションが含まれます
当サイトでは施設やサービス(以下、サービス等)の掲載にあたり、ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任においてサービス等を選定しおすすめアイテムとして紹介しています。

なお当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、オンライン旅行代理店やレストラン予約サイトが提供するアフィリエイト・プログラムに参加し、サービス等の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。掲載の順番はサービス等の提供会社により支払われる報酬も考慮されている場合があります。

カンボジアのエリアから選ぶ

プノンペン

シェムリアップ

アンコール・ワット

シアヌークビル

アンコールトム

カンボジアでおすすめの観光特集

東南アジアのインドシナ半島南部に位置するカンボジア(カンボジア王国)は、正式名称を「プレアリアチアナーチャッカンプチア」といい、西はタイ、北はラオス、東はベトナムと国境を接する国です。首都はプノンペンで人口は1,513万人程度、国の面積は181,035k㎡。国民の8割がクメール人(カンボジア人)で、使われる言語はクメール語(カンボジア語)、憲法で定められる宗教は上座部仏教です。通貨はリエル(1リエル=0.026円、2019年9月現在、ただし米ドルが流通)。
国土の約3割が農地として利用されており、その8~9割は水田。主食は米で、少量のおかずでご飯をたくさん食べるのがカンボジア流。 世界遺産である有名な仏跡・アンコール・ワットは、9世紀初頭に成立したクメール王朝が12世紀〜13世紀にかけて最盛期を迎えた頃に建造されたものです。

カンボジアでおすすめの現地ツアー

東南アジアに位置し、タイやラオス、ベトナムと隣接する国。アンコール時代の遺跡が多く点在しており、遺跡好きにはたまらない場所です。日本からの直行便は成田―プノンペンのみの1便だけですが、LCCの発達により、東南アジア各国と合わせて旅行する人も多く訪れています。言語はクメール語ですが、観光地などでは英語が通じ、通貨も米ドル。日本よりも物価が安いことから旅行しやすい国として人気です。深い歴史も多くあり、ぜひ一度は訪れてほしい国です。今回はカンボジア観光でおすすめの現地ツアーをご紹介します。実際にみんなが予約してる現地ツアーを形式で紹介しているので、カンボジア観光の際の参考にしてみてください。

カンボジアでおすすめ体験ランキング

カンボジアでおすすめのホテル特集

カンボジアでの滞在に便利な、おすすめのホテルを紹介します。その国独自の文化や雰囲気を楽しめる宿での滞在時間は、海外旅行の楽しみのひとつ。自分の旅行イメージに合わせて、どこに滞在しようか、どんな過ごし方をしようかと想像するだけでも、旅行前のうきうきした気分が膨らみますね。
カンボジアの宿泊施設には種類がいろいろあり、選択肢も豊富。旅先で余計なことに心をわずらわせたくない人には、サービスの行き届いた高級ホテルや大手チェーンのホテルがおすすめです。また、できるだけ宿泊費を抑えたいのであればホステルやゲストハウスなどの簡易宿泊施設に泊まるのもひとつです。
理想の旅行スタイルが固まれば、おのずと泊まりたいホテルの種類も決まってくるはず。じっくり考えて、自分のイメージにぴったりのホテルを選びましょう。

日本とカンボジアの時差

03月05日 5時08分05秒

カンボジア/プノンペンと日本/東京との時差は、2時間です。
日本の方が、2時間進んでいます。

プノンペンの時差を詳しく見る

カンボジアの為替

1リエルは 0.0370円

※2024年3月5日の為替価格です

カンボジアの基本情報

カンボジアの気候は?雨季節に気をつけましょう!

カンボジアは年間を通して温暖な気候が続く常夏の熱帯モンスーン気候に属しています。気温は30度を越える日が多く、日本の夏のような気候をイメージすると服装を選びやすくなります。また、注意が必要なのが乾季と雨季です。日本には四季がありますが、カンボジアは大きく分けて乾季と雨季に季節を分けることができます。乾季は11月から5月頃で観光のベストシーズンも乾季となっています。雨季は5月半ばから6月頃から始まるので雨季に旅行する場合はレインコートや折り畳み傘など携帯できる雨具を用意しておくと安心です。季節に限らず温度調節ができる衣類があると便利ですよ。

カンボジアの言葉事情は?英語は通じる?

カンボジアで使用されているのはクメール語(カンボジア語)と英語です。クメール語はあまり日本と馴染のない言語なのですが、文法自体は英語と変わりがないので単語と簡単な文法を覚えれば現地の言葉でコミュニケーションを取ることも可能ですよ。また、英語も広く使われている言語なので、英語を使うことができれば旅行中も会話に困ることはほぼありません。初めてカンボジアに旅行へ行く場合は英語、もしくはクメール語を勉強して現地の人とのコミュニケーションを楽しんでみてくださいね。クメール語と英語に次いで使用されているのは中国語、フランス語、韓国語などがあります。

カンボジアの代表的なグルメとは!

カンボジアで食されているのはクメール料理です。クメール料理は日本人の口にも馴染みやすい味付けが特徴なので旅行中はいろいろ食べ比べてみてくださいね。ライムと牛肉のマリネであるプリアサイッコーはさっぱりしていておいしいクメール料理です。クメール料理にはライムが良く使用され、さっぱりとした味わいが印象的な料理となっています。魚を発酵させて作るプラホックはクセもほとんどなく野菜スティックなどをディップして食べるとおいしい料理です。カンボジアらしい味わいの料理はアモックという食べ物で、淡水魚や、鶏肉、野菜をココナッツミルク入りの卵液で蒸します。

カンボジアの歴史をおさらい

カンボジア王国は、東南アジアのインドシナ半島南部に位置する立憲君主制国家です。1970年にカンボジア王国が倒れてから勃発したカンボジア内戦を経て、1993年の総選挙により新しいカンボジア王国が誕生しました。人口1,513万人、通貨はリエル、首都はプノンペンです。ASEAN(東南アジア諸国連合)に加盟している国です。

プノンペンの治安について

首都のプノンペンは現地の人でも夜に出歩くのを避けています。気を付けていれば事件などに巻き込まれる可能性は低いですが、夜はホテルにいる方が良いでしょう。詐欺やぼったくりなどの危険もあるので、人の多い場所でも注意が必要です。水道水は飲めず、ミネラルウォーターを購入します。屋台なども良いですが、衛生面にも気を付けて旅を楽しみましょう。

プノンペンへのアクセス方法

2016年9月から、日本の成田空港からカンボジアの首都プノンペンにあるプノンペン国際空港まで直行便が運航しています。以前はバンコクや香港で乗り継が必要でしたが、直行便が就航して日本からの観光客やビジネスで利用する人が増加しました。週7便、所要時間は6時間ほどです。空港から市内までは公共交通機関がないため、タクシーかトゥクトゥク(バイクの後ろに4人乗りくらいのシートをつけたもの)での移動となります。

カンボジアの名物・グルメはコレ

東南アジアに位置するカンボジアはベトナムやタイなど日本でも人気のフードがある国々に隣接しています。そんなカンボジア料理はタイ料理ほど辛さはなく、比較的日本人の口に合う料理と好評です。米粉を使った麺料理クイティウや、空心菜を炒めたチャー・トロクンなどは日本人向けのテイスト。フランスパンに甘辛く味付けしたひき肉や具材を乗せて揚げた料理は子供にも人気の味です。

カンボジアでおすすめの観光地をエリア別にご紹介!

プノンペンでおすすめの観光スポットを紹介

■トゥールスレン博物館

トゥールスレン博物館はプノンペン市内にある、元はポルポト時代の刑務所であった博物館で、ポルポト政権下の殺伐とした恐怖政治の跡が残っており、カンボジアの負の遺産とも言われ、見学者にとってはおぞましい場所である。訪れた人の多くは人間の残酷さが身にしみ、辛く感じたという感想を持つ。

トゥールスレン博物館

カンボジア / プノンペン

Corner of Street 113 & St 350, Phnom Penh, Cambodia

広告

■キリングフィールド

キリングフィールドはポルポト時代に大量虐殺が行われた場所で、多くの頭蓋骨が安置されていて、更に多くの骨が地中に埋まっていると言われる、カンボジアの負の歴史に触れる場所である。慰霊塔を中心に公園のようになっており、正面から入って右側には博物館があり、ポルポト派についての展示がある。

キリングフィールド

カンボジア / プノンペン

Siem Reap, Cambodia
855 23 305 371
8:00~17:00
http://www.cekillingfield.org/index.php/en

■王宮

王宮は現在もカンボジアの国王一家が住んでいる宮殿で、周囲は黄色と白の壁に囲まれている、豪華で美しい建物で、庭も手入れが行き届いており見事である。警備員が多くいて、内部は写真撮影が禁止されており、中に入れる時と入れない時があり、青い旗が立っていると国王滞在の目印と言われる。

王宮

カンボジア / プノンペン

Royal Palace, Phnom penh, Cambodia

アンコールワットに関連した現地ツアーはこちら

アンコール・ワット/アンコール・トム周辺は、9世紀から15世紀頃にクメール王国の中心として栄えた場所として知られ、世界遺産に登録されている遺跡が多く存在する人気観光地です。
アンコール・ワット観光へはシュムリアップを拠点にして移動する必要がありますが、現在日本からは直行便が出ていません。そのため、ベトナムやバンコクなどを経由してアクセスするのが一般的です。
アンコールワットの遺跡群には個人と観光ツアーで行けますが、初めての方はガイド付きのツアーに参加するのがおすすめです。朝日やサンセット時が人気で、オレンジ色に照らされた幻想的な遺跡群を楽しむことができます。カンボジアの伝統舞踊アプサラダンスを観賞したり、カンボジアならではのお土産をゲットできます。

アンコールワットに関連した現地ツアーはこちら

シェムリアップはカンボジアの首都プノンペンから北西へ約300kmの所に位置し、アンコールワットなどで知られるユネスコの世界遺産・アンコール遺跡の観光拠点となっています。人口は20万人にも満たない小さな都市ながらも、近年は観光産業が盛んになり、新しい建物がどんどん増えて発展し続けている街です。

プノンペンはカンボジアの首都で、たくさんの観光客が訪れる人気の観光地でもあります。

■トンレサップ川

トンレサップ川はトンレサップ湖からメコンに向けて流れる大きな川で、リバーサイドはプノンペン市民の憩いの場になっていて、散歩やジョギングをしたり、カフェやレストランで夕日を眺めながらのんびり過ごせ、夕涼みができる。遊覧船でクルージングもでき、船上からの景色を楽しむこともできる。

トンレサップ川

カンボジア / プノンペン

Tonle Sap river Phnom Penh

■ワット・プノン

広告

ワット・プノンはペン婦人によって建てられた仏舎利塔がある丘の上のビルマ様式の建物の白く美しい寺院で、内部はきらびやかな装飾や多くの仏像や、釈迦の誕生壁画がある。寺院からはプノンペンの街を一望でき、景色もよく、丘の下は公園になっていて、のんびり過ごせる散策スポットである。

ワット・プノン

カンボジア / プノンペン

National Highway 5.Wat Phnom
7:00〜19:00
無休

■プノンペン国立博物館

プノンペン国立博物館はアンコール遺跡の実物の遺跡品が展示されている博物館で、展示物は時代を追うように設置されていて、中庭が綺麗ですばらしく、いくつかの像もあり、休憩もできる。アンコール遺跡にある遺跡品のほとんどはレプリカであると言われ、ここは本物をみるために訪れる場所である。

プノンペン国立博物館

カンボジア / プノンペン

227 Kbal Thnal, Preah Norodom Boulevard Sangkat Tonle Bassac, Khan Chamkar Mon Phnom Penh 12305

半日ツアーに関連した現地ツアーはこちら

シェムリアプは、カンボジア北西部に位置する観光都市です。アンコールワットの遺跡群への観光拠点として知られる場所。
シェムリアプへ行くには、日本から直行便が出ていないため、ハノイやホーチミン、バンコクなどを経由してアクセスするのが一般的です。
南部に位置するトンレサップ湖は、東南アジアで最大級の面積を持つ湖として知られ、多くの観光客が訪れます。また、レストランやカフェ、お土産ショップが並ぶメインストリートのシヴァタ通りやアプサラダンスショーが人気のパブストリート、ナイトマーケットではショッピングやローカルフードも楽しめます。リーズナブルな価格で泊まれるホテルやホステルが多いのもシェムリアプの魅力です。