おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

【2020年】京都マニア激推しのお土産8選!おしゃれ&かわいい物だけを厳選

京都のお土産というと、星の数ほどあって選べないイメージがありますよね。定番がいいのか、ちょっと珍しい変わり種がいいのか……と悩むことも多いと思います。
ここではそんなあなたに、トラベルブックの京都通(ツウ)、旅行もお土産選びも大好きな編集部安西のオススメをご紹介。「かわいい」「おしゃれ」をキーワードに、配りやすいお菓子からとっておきのファッショングッズまで厳選しました。京都でしか買えない限定商品や、伝統と和の心が生きた一品まで、プレゼント用にも自分用にも嬉しいお土産を集めています。ぜひお土産選びの参考にしてください。

この記事を監修するのは

Travelbook編集部 安西

トラベルブックの若手女子。国内は京都、海外はタイが旅のメイン。京都土産について聞こうとしたところ「先週も行きました!」と前のめりで参加。

ハーブの香りに癒やされる「Derbe 京都本店」のボディケア商品

最初にご紹介するのはDerbe(デルベ)京都本店。京都市と姉妹都市である花の都・フィレンツェのボディケアブランドです。イタリアで有名なコスメブランドのデルベが日本で唯一の店舗を京都に出しており、京都限定や期間限定の香りもあるため、特別感あるお土産になること間違いありません。
コレクションは、パフュームをはじめハーブソープ・ハンドクリーム・ボディクリームなどを展開。アンティーク風に描かれたハーブのパッケージは、手にした瞬間だけでなく、使っている間中気分を上げてくれるおしゃれなデザインです。

中世イタリアのハーブレシピから生まれた全10種の香りは、ローズ&ブラックベリー、ジンジャー&ジャスミンなど、どれも珍しい組み合わせ。その芳醇な香りは幅広い好みに対応でき、ナチュラルな美を求める女性の人気を博しています。編集部の京都マニア安西は「忘れな草の香りはここでしか出会ったことがありません」とのこと。ハンドクリーム1本でも可愛くラッピングしてもらえるので、女性へのお土産にぴったりです。
観光地からもアクセスの良い中京区麩屋町に位置しているため、気軽に立ち寄ることができますよ。店内に漂うデルベの香りに癒やされに、ぜひ京都本店を訪れてみてください。

Derbe 京都本店

京都市中京区麩屋町通六角下ル坂井町473
11:00〜19:00
不定休
阪急「河原町」から徒歩8分 烏丸駅から徒歩10分

京菓子に息づく伝統を生かす「京都洋菓子工房 KINEEL」の洋菓子

続いてのおすすめは、京菓子屋の鼓月がプロデュースする洋菓子店「KINEEL(きにーる)」。「気にいる」が語源なので覚えやすいですね。京菓子でつちかったお菓子作りの心と技を活かし、洋菓子の数々を生み出しています。
中でも安西のイチ押しは、小さな花びらを表現したかわいらしいラングドシャ「ルフル」です。サクサク軽やかな焼き菓子で、お味は「バニラ」と「抹茶」の2種類。鼓月人気商品の「千寿せんべい」のクリームを使用し、軽やかな甘さが特徴。特に「抹茶」は、有機栽培の宇治抹茶が使われていて、甘く香ばしいラングドシャとほろ苦く本格的な抹茶のハーモニーが魅力です。

もうひとつ忘れてはならないのが「anフィナンシェ」。餡とフィナンシェのコラボレーションが絶妙な、KINEEL人気商品です。バターがふんだんに使われてしっとりとした生地の中に詰まっているのは、鼓月特製の大納言小豆の粒餡。和と洋の組み合わせと一口サイズの大きさが、年配の方からの支持も集めています。なお、プレーンは季節によって桜、青楓、紅葉、雪と装いが変化。京菓子屋鼓月のノウハウを駆使した「こなし」で季節感を感じられます。
お店は京都市役所の裏通り。鴨川から歩いても10分程度なので、観光帰りにも訪れやすいですよ。

京都洋菓子工房 KINEEL

〒604-0931 京都府京都市中京区二条通寺町東入榎木町95-3
10:00〜18:00
水曜定休
京都地下鉄 東西線 京都市役所前駅 徒歩4分 / 京阪電車 三条駅 徒歩11分

バターと抹茶が絶妙な「京都清水寺門前 普門庵」のフィナンシエ

続いておすすめする京都土産は「普門庵」のフィナンシエ「京フランス」。抹茶とプレーンの2色が見た目にもおしゃれな洋菓子です。
「京都・パリ友情盟約(姉妹都市)締結60周年」を記念して、フランス国家最優秀職人章(M.O.F.)パティシエのパスカル・モリネス氏と、全国茶審査技術十段の酢田恭行氏が監修。京都とフランスの交流をイメージし、フランス産のバターと京都の宇治抹茶が使用された最高合作です。

材料はもちろん、溶かし方や煮詰める温度、生地の合わせ方にもこだわった「バター」と、旨味・苦み・鮮やかな色味を引き出すために作られた特別な抹茶「祥楽」が絶妙なマリアージュ。上質なバターの香りと、調和の取れた抹茶の苦みを楽しめます。安西は、甘いプレーンから食べ始め、渋い抹茶で締めるのがお気に入りとのこと。あなたはどちらからいただきますか?
お店は、誰でも分け隔てなく受け入れる「普門」のお寺・清水寺前。庭園には100種の草花が植えられ、ギャラリーやパワースポットまである楽しい構え。「寺社の縁起物を地元の人々に持ち帰る」という日本のお土産文化を受け継いで、お参りの帰りに一口の幸せを持ち帰ってはいかがでしょうか。

京都清水寺門前 普門庵

京都市東山区清水2丁目246
10:00〜17:30
年中無休(年末年始を除く)
清水寺から徒歩2分、バス停「清水坂」「清水道」「五条坂」から徒歩10分

和モチーフを普段使いに取り入れたい「かざりや 鐐」の銀細工

4つ目のおすすめは、銀を中心とする金属工芸店「かざりや 鐐」。200年以上続く「錺匠 竹影堂(かざりしょう ちくえいどう)」の若手によるアンテナショップです。
京都市役所前駅から徒歩5分というアクセスの良さですが、築100以上の京町家を工房兼店舗としていて雰囲気も抜群。店内には自然や動物、伝統的文様など、和をモチーフに作られた様々な銀細工が並べられています。

「普段使いだからこそ誇りの持てる一品を」というコンセプトのもと、確かな技術と新しい感性で作られた銀製品の数々。根付やしおりのようないつでも持ち歩けるものが特に人気で、お土産にもぴったり。アクセサリーやネクタイピンもさりげなくおしゃれです。デザインは、ひょうたんや小槌などの縁起物、桜や十二支などの定番をはじめ、とんぼや猫やレンコンまで、ユニークな品がそろっています。
選ぶのに迷ったら、店員さんに相談を。店頭に出し切れていないものを持ってきてくれることもありますよ。安西によると、オーダー製作や彫金体験ができるのも大きな魅力。銅画、根付、ネックレスなど、何を作るか公式サイトで決めて予約しましょう。旅行の思い出とともに特別な品を持ち帰りたいあなたにオススメです。ちなみに工房は、短時間なら予約なしでものぞかせてもらえるとのこと。職人の技を間近に見られるチャンスです。

かざりや 鐐

京都市中京区押小路通麩屋町西入橘町621
月〜金10:00〜18:00/土日祝10:00〜17:00
お盆休み、年末年始
京都市役所前駅 徒歩5分

お化粧の時間が笑顔華やぐ「六角館さくら堂KYOTO」の化粧筆

次におすすめする京都のお土産は「六角館さくら堂KYOTO」の化粧筆。京都の文化と熊野の伝統技術が生んだ「さくら筆」は、一生使える上質な仕上がりです。
なかでも安西のお気に入りは「べっぴん桜筆」シリーズ。女性の手に馴染む短めの軸に、京都の春を思わせる華やかな桜のデザインがかわいい化粧筆です。パウダーブラシ、チークブラシなど4種類のラインナップがあります。黒と桜色が映えるこのシリーズは、海外の方からも大人気。使う人の一日の始まりを、明るく華やかにしてくれるお土産です。

使われている毛は、厳選された上質な山羊毛が中心。ブラシの種類によって、肌触りの良い灰リス毛、なめらかで適度なコシがある馬毛など、毛質を使い分けたりブレンドしているため、用途に合った筆が出来上がります。毛先をカットせずに整えられているため、一度使うと手放せなくなるような肌触りが特徴です。
「六角館さくら堂KYOTO本店」は京都の中心地「四条」「烏丸」から徒歩圏内。京町家を改装した店内に200種類もの化粧筆や小物が並んでいます。京都でしか手にできない優雅で美しい「さくら筆」をぜひ実際に手に取ってみてください。

六角館さくら堂KYOTO

〒604-8212 京都市中京区新町通六角下る六角町351
11:30〜18:00
不定休
阪急「烏丸」駅・地下鉄「四条」より徒歩8分、地下鉄「烏丸御池」駅より徒歩7分

竹や木のフレームが粋な「京めがねWTVせれくと 新京極錦店」の眼鏡

続いておすすめするおしゃれな京都土産は「京めがねWTVせれくと 新京極錦店」の眼鏡です。創業100年越えの老舗の眼鏡屋さんですが、その伝統のイメージに反して店内の半分を占めるのは鯖江製のモダンなブランド。さらにヴィヴィアン・ウエストウッドの京都指定店でもあるという今どきな一面も持ちます。
コンセプトは「楽しむメガネ」。平均9分で完成というスピードと、薄型レンズも遠近両用レンズも無料という買いやすさが人気を博しています。

京都土産として安西がおすすめするのは、ずばり竹製のフレーム。耳にかける「モダン」の部分が竹でできているものは人目を引き話題にもなるため、ぜひ手に入れてほしいとのこと。「京竹林」(12,990円)、京眼鏡老舗謹製の「新選組御縁」(13,990円)、最高額の「総木製・杉本圭」(198,000円)など京都らしい名前がつき、デザインもその名に負けない風格を持ちます。竹の他に木製もあり、こちらも自然の模様を生かした仕上がり。眼鏡を支える「つる」の部分に木肌の色合いを生かしているものは、試してみたい一品です。
お店は新京極商店街の中にあり、大きな看板もあるため迷いません。1,500本以上のフレームが展示されているので、自分へのお土産選びがゆっくり楽しめます。

京めがねWTVせれくと 新京極錦店

京都府京都市中京区新京極通 錦上る 東側町535-1 WTV1階 ダイソー向かい
12:00〜20:00
年中無休
阪急京都線「京都河原町駅」から徒歩5分

着物づくりの技とデザインで彩る「京都デニム」のデニムグッズ

続いておすすめするのは、JR京都駅から徒歩5分の「京都デニム」。手持ちのデニムに京友禅の文様(柄)を入れてくれるという、日本で唯一のジーンズブランドです。着物職人の技とデニムを掛け合わせた、他にはない作品の数々が注目を浴びています。
珍しいもの好きの安西のオススメは、まさにオシャレで可愛い「京都デニムの八ツ橋入れ」。画像の手前の、貝殻のような形の小物入れです。「八ツ橋を持ち歩けたら楽しいのでは?」という京都らしい遊び心から生まれました。柄がそれぞれ異なる一点物なので、お店でお気に入りを見つけてください。

もうひとつ京都らしいお土産といえば「京都デニムのお守り入れ」。こちらも職人さんの手による世界で1つだけの品。お守りを長く大切に使うためにはもちろん、小物の入るストラップとしても使えます。リップや目薬など、よく使うものバッグに下げておくと便利ですね。最後にこちらもおすすめの「御朱印帳」と「御朱印帳入れ」。京都観光の思い出の記録として御朱印集めはいかがでしょうか。
ここでは女性用・男性用のジーンズをはじめ、Tシャツ、バッグにのれんまで作成しています。お店には他にも色々な種類のオリジナルアイテムが並んでいるので、自分用にお気に入りを見つけるのはもちろん、贈り物を選ぶのも楽しいですよ。

京都デニム

京都府京都市下京区小稲荷町79-3
9:00-19:00
無休 ※年末年始、お盆、GWも営業
京都駅から徒歩約5分

幸せを運ぶ愛らしい白狐が目印「加美屋」のコスメアイテム

最後にご紹介するのは、明治時代から「紙屋」を営み、あぶら取り紙の製造を経てブランドを立ち上げたという「加美屋」。メイクを紙でサポートする「紙コスメ」と素肌の美しさを守る「加美コスメ」を2軸にグッズを展開しています。
編集部安西のおすすめは、オールインワンジェル「はんなりっち」。保湿に必要なヒアルロン酸・コラーゲン・セラミドに豆腐・絹・桜などの「はんなり美肌成分」を配合した、京都らしいアイテムです。加美屋のコスメは、使用感はもちろんパッケージにもこだわり、持っているだけで気分が上がるデザインが魅力。容器は全10種類あるので、お友達の好みに合わせてお土産を選ぶのも楽しいですね。

マスコットキャラクターは、幸せを運ぶという白い狛狐「とんちキツネ」。とんちの効いたコスメアイテムの象徴です。お店では商品を和柄の風呂敷ハンカチに包み、この人形に背負わせる「ふろしキツネ」のサービスが大好評。お店の大きなとんちキツネを持ち上げて、その重さで占う「おもかる占い」も実施中です。
直営店の「稲荷店」はJR稲荷駅から1分。祇園と京都タワーにも店舗があるので、ぜひ公式サイトからお近くの店舗をチェックしてください。

加美屋 稲荷店

京都市伏見区深草稲荷御前町78番3
10:00〜17:00
不定休
JR「稲荷駅」徒歩すぐ(駅を出て、右手方向)、京阪電車「伏見稲荷駅」徒歩5分

ショッピングのおすすめ記事

詳しく

【京都】祇園のお土産まとめ:スイーツから雑貨まで勢揃い

京都市 - お土産

京都 祇園といえば八坂神社や建仁寺などの神社仏閣に花街、老舗の名店におしゃれなカフェと、観光スポットとしても有名で、四季折々の景色を楽しみに、国内外から多くの人が訪れる場所です。そんな多くの人が訪れる場所ですからお土産やさんもバラエティ豊かにあり、見て歩くだけでも楽しめてしまうと思います。 京都ならではの雅な和菓子や洋菓子、はんなりとした和雑貨やかんざし等のヘアアクセサリー、舞妓さんや舞妓さんが闊歩する街だけに京コスメも充実しています。自分用にプレゼント用にお土産を選んだり買うのも楽しいものです。 今回は京都 祇園ならではのおすすめのお土産品をご紹介したいと思います。素敵なものが多いだけに、いざ買うとなると悩んでしまうこともあるかと思います。そんな時にご参考にしてみてください。

詳しく

【京都】清水寺で買いたいおすすめのお土産一覧

京都市 - お土産

日本を訪れる世界中の観光客で、年間を通して賑わう京都。中でもユネスコ世界文化遺産の一つとして登録された清水寺は、京都観光では必須の観光スポットです。約1200年前に開創され、以来何度かの大火災で堂塔を焼失したものの、庶民の篤い信仰によって都度再建。現在ある伽藍は、1633年に再建されたものがほとんどです。 清水寺境内には仁王門や音羽の滝など多くの見どころがあり、周辺では美しい石畳と瓦屋根の日本家屋が立ち並ぶ情緒ある風景を満喫できます。老舗料亭や甘味処で京の味を堪能するも、可愛い京雑貨や個性的なお土産ものを探しにそぞろ歩くのもおすすめですよ。今回は、清水寺で買いたいおすすめのお土産を紹介します。なお、料金は2017年9月に算出したものです。

詳しく

京都で人気の買い物スポットをご紹介!お土産や最新トレンド品はこのお店で見つけちゃおう♪

京都市 - お土産,百貨店・デパート

京都というと神社仏閣など歴史的建築物が多く、国内有数の観光スポットです。そのため、遠方から訪れる方は観光スポットに注目しがちですが、実は京都市内には数多くのお買い物スポットもあります。八坂神社前に位置する祇園商店街では京都らしいお土産やスイーツが購入できますし、駅直結で雨の日でもアクセスしやすいショッピングビルや地下街などもあります。中には観光スポット周辺に位置しているショッピングスポットもあるので観光がてらお土産の購入やデートもできます。では、そんな京都で人気のお買い物スポットをご紹介します。お近くを観光した際には行ってみてはいかがでしょうか。

詳しく

キッチン用品や雑貨の使い心地を試せる京都のキッチン雑貨屋さんLADER

京都市 - 雑貨

皆さんは、京都にある「LADER」と言う雑貨店をご存知ですか?お洒落で使い心地抜群のこだわりのキッチン用品がそろうだけでなく、実際に試せたり、カフェで休憩をすることもでき、1日ゆっくり楽しめる話題のお店になっています。人気の観光スポットにも近く、地元の人はもちろんのこと、観光と併せて立ち寄る人も多いのだそう。今回は、そんな「LADER」について、どんなお店でどこにあるのか、どのような商品が販売されているのかなどの情報と、京都でぜひ訪れたい和の雑貨やアクセサリー、こだわりの雑貨などのお店を合わせて紹介します。

詳しく

京都のおすすめ土産は八ツ橋だけではない?!必ず買いたいスイーツや雑貨14選

京都 - お土産

794年に平安京が開かれてから1200余年という長い歴史を持つ京都には、世界遺産が数多く点在、散策するだけで華やかな古都の雰囲気を感じることができます。昔ながらの雰囲気を残す町並みを歩けば、素敵なお土産が色々と見つかりますが、どれにしようか迷ってしまうほど。そこで、京都のお土産の中でも、特におすすめのものを紹介しましょう。老舗和菓子店の定番スイーツから、新しく誕生して新定番となったスイーツ、可愛らしい雑貨、スキンケア、風呂敷までご紹介。どれも人気の商品ばかりなので、京都を訪れる際にはぜひ参考にして下さいね。

詳しく

京都でショッピング!話題のはんなりとしたお土産と雑貨ショップ13選

京都 - ショッピング

日本を代表する観光地のひとつであり、国内外から連日多くの観光客が訪れる京都。そんな観光客をターゲットとしたお土産ショップも京都市内には数多くあり、どのお店に入ろうかと考えただけでも迷ってしまうほどです。この記事ではそんな京都にある雑貨ショップの中でも特におすすめのお店を厳選してご紹介します。伝統工芸である組紐や木版擂りなどをアレンジしたアイテムや、うさぎやこけしといった和のモチーフをデザインしたアイテムを扱うお店など、それぞれ個性豊かなショップばかり。ぜひこの記事を参考にして、京都でのショッピングを楽しんでみてくださいね。

詳しく

業務スーパーのおすすめ商品20選!人気の定番アイテムはこちら!

日本 - スーパー・コンビニ

全国に増えつつある人気店、「業務スーパー」。激安商品が目白押しで、近年大注目の話題の食品店です。店内には段ボールのままの商品が陳列されていて、まるで倉庫のような雰囲気。 箱買いが出来る業務用の商品を主に扱っているので、容量の大きな商品がほとんどですが、どれもコスパが最高! 一般のスーパーやコンビニではありえない価格でお菓子やドリンクが買え、冷凍食品や精肉までそろっている品数の豊富さで、行って楽しい買って嬉しい、誰でも安さにウキウキするお店です。 今回はそんな人気の業務スーパーの数ある商品の中から、一般家庭でも使いやすく、味が良くて人気のおすすめの定番アイテムをセレクトしてみました!

詳しく

【青森】青森で買いたいおすすめのお土産30選

青森 - お土産

青森県は、世界遺産の白神山地、十和田湖や奥入瀬渓流など大自然に恵まれた、本州最北端の地です。日本屈指の火祭り青森ねぶた祭りをはじめ八戸三社大祭や花火大会など楽しいイベントも目白押しです。今回は、そんな青森県でおすすめのお土産をご紹介したいと思います。りんご王国ならではの青森県らしいりんごをモチーフにしたお土産から、ねぶたをモチーフにしたもの、青森県の伝統工芸品である雑貨土産など、青森県を感じさせてくれるアイテムを厳選しました。B-1グランプリで王者に輝いた、八戸せんべい汁もありますよ。青森旅行をご検討中の方、ぜひ参考にしてくださいね。(また、料金は2017年7月に算出したものです。)

のおすすめホテル

トラベルブックの今週のおすすめ

運営会社