おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

【ニューヨーク】メトロポリタン美術館周辺でおすすめの観光スポット16選!魅力あふれる国へ行こう!

メトロポリタン美術館は、ニューヨーク市マンハッタンにある世界最大規模の美術館です。ゴッホ、フェルメール、モネ、ルノワール、ピカソ、ミケランジェロ、クリムトなど著名な作品が目白押し。200万点以上のコレクションが幅広く展示されており、全て見るには2日以上かかるとされているため、事前に予習してから訪れましょう。 紀元前15世紀ごろ、ローマ皇帝ウグストゥスにより建造された「デンドゥール神殿」と、17世紀の色彩ガラスを用いた技法で再現された「ティファニーのステンドグラス」が見所の一つ。 美術館周辺には、セントラルパークや5番街など有名な観光スポットが点在。ここでは、そんなメトロポリタン美術館周辺の見どころについて紹介します。

続きを読む

広告

本ページではプロモーションが含まれます
当サイトでは施設やサービス(以下、サービス等)の掲載にあたり、ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任においてサービス等を選定しおすすめアイテムとして紹介しています。

なお当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、オンライン旅行代理店やレストラン予約サイトが提供するアフィリエイト・プログラムに参加し、サービス等の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。掲載の順番はサービス等の提供会社により支払われる報酬も考慮されている場合があります。

日本とアメリカの時差

04月12日 1時28分41秒

アメリカ合衆国/ニューヨークと日本/東京との時差は、13時間です。
日本の方が、13時間進んでいます。

ニューヨークの時差を詳しく見る

ニューヨークの週間天気

アメリカの為替

1USドルは 153.12円

※2024年4月13日の為替価格です

英語以外で通じる言語はある?アメリカの言葉事情

アメリカの公用語はもちろん英語なのですが、さまざまな国の人が集まる国であることから英語以外の言語も通じます。公用語である英語に次いでよく使われているのがスペイン語です。3番目以降に使用されている言語は地域によって異なります。カナダ国境付近、ルイジアナ州ではフランス語、フィリピン系が多いハワイ州ではタガログ語などが挙げられます。とは言え、旅行の際には簡単な英語を話せるようにしておくと現地の人ともスマートに会話することができますよ。現在はアプリの普及によりリアルタイム翻訳も可能ですが、旅行を機会に英語への理解も深めてみてくださいね。

アメリカの代表的なグルメといえば!

旅行の際に外すことができないのが現地での食事です。アメリカ旅行の際には現地のダイナミックなハンバーガーに挑戦してみてください。大きな口を開けてかぶりつけば本場のジューシーなパティと食欲をそそるソースが口いっぱいに広がりますよ。ハンバーガー以外にもシカゴ風ピザやバッファローウィング、バーベキューリブ、ナチョスといったボリューミーなグルメを味わうことができますよ。街中にはレストランやカフェといったお店のほかにアメリカンダイナーもあります。アメリカといえばダイナーでの食事も魅力なので立ち寄ってみてくださいね。

初めてのアメリカ旅行で行っておきたい観光スポットといえば?

多くの人が足を運ぶニューヨークには自由の女神があります。誰もが一度は耳にしたことがある自由の女神は世界遺産にも指定されている人気の観光スポットです。マンハッタン南端のバッテリーパークから自由の女神があるリバティ島にアクセスできるフェリーに乗り込むことができます。ニューヨークに訪れた際はタイムズスクエアにアクセスするのも忘れないようにしてくださいね。他にもカリフォルニア州のディズニーランド・リゾート、サンフランシスコ、サンディエゴやネバダ州のラスベガス、ワシントン州のシアトルもアメリカ旅行でおすすめのスポットです。

メトロポリタン美術館周辺でおすすめの観光スポットを紹介!

■メトロポリタン美術館

ニューヨーク市セントラルパークの東にある美術館。1870年に設立され、1880年に現在の場所で開館。規模の大きさでは世界最大級の美術館であり、収蔵品は200万点以上。館内は広く、部屋数も多い。古代から世界各地の人類文明が網羅された収蔵品の数々を見て回るには、相当な時間がかかる。美術館入口では日本語で館内図やツアーを案内している。オーディオガイドも日本語に一部対応しているので、有効に利用したい。

メトロポリタン美術館

アメリカ / ニューヨーク / マンハッタン

1000 5th Ave. at 82nd St., New York, NY, 10028

広告

■セントラル パーク

景観を考慮した都市公園として1876年に完成。南北に長く広い公園内には、映画やドラマに登場するベセスダ噴水を始め、美術館、劇場、スケート場(夏はミニ遊園地)、メリーゴーランド、さらには湖や城まで存在し、レンタル自転車やボート、馬車などのアクティビティも充実。摩天楼を望む都会の中にありながら、芝生が広がるシープメドウではスポーツや日光浴ができる。人々が思い思いに過ごせるこの公園は、ニューヨーカーにとって特別なオアシスである。

セントラル パーク

アメリカ / ニューヨーク / マンハッタン

14 EAST 60TH STREET, NY, NY 10022 5th Ave. - Central Park west, United States of America

■アメリカ自然史博物館

映画「ナイトミュージアム」の舞台として話題となった博物館。世界中の文化習俗から陸海の野生動物、化石、宇宙から鉱物と、多岐にわたる展示がされており、全てをじっくり観るには1日がかりになる程。ゆとりをもって訪れたい。恐竜の化石は息を飲む迫力で、子供たちは大興奮間違いなし。

アメリカ自然史博物館

アメリカ / ニューヨーク / アッパーウェスト

Central Park West at 79th St., New York, NY 10024-5192
+1 212-769-5100

日帰り観光ツアーに関連した現地ツアーはこちら

ワシントンD.C.はアメリカの首都で、正式にはコロンビア特別区という名称をもっています。メリーランド州とヴァージニア州の間に位置しており、ポトマック川がすぐそばを流れています。
ワシントンが首都となったのは1791年。独立戦争が終結してから15年後のことでした。それから8年の歳月をかけ、首位機能を充実させた計画都市として建設されました。政府の中心地だけに、ホワイトハウスや連邦議会、最高裁判所など重要機関が集中していますが、観光スポットとしても魅力にあふれています。
おすすめなのがナショナルモール。ワシントンD.C.の中心にある国立公園で、169mの高さを誇るワシントン記念塔や、無料で名画が鑑賞できるナショナルギャラリーなどがあります。貯水湖のダイダルベイスン沿いに咲く桜も見どころのひとつ。

広告

日帰り観光ツアーに関連した現地ツアーはこちら

■フリック コレクション

フリックコレクションはニューヨーク市にある美術館である。実業家のヘンリー・フリックの個人的なコレクションを、彼の邸宅だった館で展示している。小規模だがヨハネス・フェルメールの作品を3つ所蔵するなど非常に充実した美術館で、絵画だけでなく彫刻・家具・陶磁器なども所蔵している。

フリック コレクション

アメリカ / ニューヨーク

1 East 70th Street, New York, NY 10021, United States of America
212-288-0700
10:00〜18:00、日11:00〜17:00、第一金18:00〜21:00
月曜日
入館料:大人 $22 / シニア(65歳以上)$17 / 学生 $12 ※10歳未満の子供は入場不可
https://www.frick.org/

■グッゲンハイム美術館

近代美術の著名な収集家タンハウザーら、有力な個人コレクターからの所蔵品の寄贈によって、集められた現代美術の傑作コレクションには、世界最大のカディンスキーギャラリーをはじめ、シャガール、ピカソ、ダリ、ゴーギャンといった巨匠たちの作品が並び、世界中から訪れる旅行客を魅了しています。また、「グッゲンハイム美術館」は世界各地に展開しています。

グッゲンハイム美術館

アメリカ / ニューヨーク

1071 Fifth Ave. at 89th St., New York City, NY 10128
10:00~18:00(金・土曜は、10:00~20:00)
木曜日
http://www.guggenheim.org/

■セント パトリック大聖堂

セント パトリック大聖堂

アメリカ / ニューヨーク / マンハッタン

460 Madison Avenue, New York, NY 10022, United States of America
212-753-2261
8:30〜20:00
https://www.saintpatrickscathedral.org/

ナイアガラの滝に関連した現地ツアーはこちら

ボストンはアメリカ合衆国のマサチューセッツ州北東部のサフォーク郡にあります。ボストンの面積は232.1平方キロメートル、人口は66万人を超えています。ボストンは独立戦争発端の地でもあり歴史深い街です。観光スポットが沢山あり観光客が多く訪れています。
観光スポットに外せないのが全米トップクラスを誇るボストン美術館です。この美術館ではフランス印象派絵画やエジプトの出土品など50万点を超える収蔵品が展示されています。
ヘイマーケットはボストンの住人が集まる青空市です。新鮮な野菜や果物がお手頃価格で販売されており毎週金曜日と土曜日に開催されています。この他にも自然が豊かなパブリックガーデン、ボストン最古であるオールドノース教会など見どころが沢山あります。

ナイアガラの滝に関連した現地ツアーはこちら

広告

広告

のおすすめホテル

アメリカへの旅行も
航空券とホテルをセットでお安く予約!

アメリカの 航空券+ホテルを探す

トラベルブックの今週のおすすめ

広告

運営会社