おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

【北海道】函館の奥座敷でほっこり過ごす、湯の川温泉の高級旅館5選

広告

【北海道】函館の奥座敷でほっこり過ごす、湯の川温泉の高級旅館5選

世界的にも評価の高い函館の夜景。それに勝るとも劣らない眺望豊かな宿で、贅沢な一夜を過ごしたいという方に必見のホテル&旅館を紹介したいと思います。函館空港近くに位置し、350余年の歴史を持つ北海道屈指の古湯「湯の川温泉」は、食塩泉なので体を温まり疲れた体も癒してくれます。津軽海峡のオーシャンビューを満喫し、憧れの露天風呂付きのお部屋や料理長自慢の函館の山海の幸をふんだんに使った料理などで豪華な滞在を楽しめる、口コミ評価の高い高級宿を厳選してみました。北海道を代表する温泉地、湯の川温泉の宿で極上の贅沢を心ゆくまで満喫してください。

【北海道】函館の奥座敷でほっこり過ごす、湯の川温泉の高級旅館5選のホテル一覧

北海道のホテルをもっと見る

湯の川温泉の泉質について

北海道・函館にある湯の川温泉は、北海道三大温泉郷のうちの一つと言われる通り、古くから親しまれてきた名湯です。泉質はナトリウム・カルシウム塩化物泉。塩化物泉は、慢性リウマチ・神経痛・切り傷や鬱状態に効能を発揮します。湯の川温泉は、古くから、訪れた人が患っていた難病や、戦で負った傷などを癒してきました。源泉の湯量が非常に多く、源泉かけ流しの温泉を提供している施設が多いことが特徴です。

湯の川温泉の立地状況・アクセス方法ついて

湯の川温泉は北海道の中でも非常にアクセスの良く、開けた温泉地です。湯量が多く、整備が日帰り湯からホテル、旅館などの設備が整っています。函館空港から湯の川温泉へのアクセス方法は、シャトルバスで5分。大人運賃230円。JR・函館駅から湯の川温泉へのアクセスは、路線バスの場合約30分。大人運賃290円~300円。市電の場合は湯の川温泉まで6駅、約30分弱。大人運賃290円。

北海道のレンタカー予約料金の最安値を調べる

北海道発着の高速バス料金の最安値を調べる

広告

湯の川温泉にある旅館・ホテルについて

湯の川温泉は、古くは松前藩の藩主を癒し、戦争や争いのときには病や傷を負った兵士を癒した等、数多くの逸話があります。北海道三大温泉郷のひとつとして有名になった現在は、湯の川温泉郷にホテルや旅館が多数あります。湯の川温泉からは函館港の展望も良く、旅館だけでなく、高層階のあるホテルも点在。そのようなホテルは上層階に大浴場の温泉施設を構え、津軽海峡を前に温泉を楽しめる工夫がされています。

湯の川温泉の観光情報

湯の川温泉の歴史について

湯の川温泉には古くから紡いできた歴史があります。歴史では、函館が松前藩と言われていた頃に、松前藩主九代・高広が患っていた難病を治したのが、湯の川温泉の始まりとされています。発見されたときは湯量が少なく、無名でしたが、明治18年に豊富な湯量の温泉が掘り当てられ、開発を開始。大正2年になると電車が通るようになり、たくさんの人を湯治させることができるようになりました。

湯の川温泉のおすすめシーズン

湯の川温泉が一番にぎわうシーズンは夏です。爽やかな気候が避暑に向いているシーズンであることはもちろん、旧盆には松倉川にて花火大会が行われます。初数は約3000発。多くの人出があり華やかです。花火のきらびやかな光、津軽海峡に点々と灯るイカ漁の漁火で、風情あふれるコラボレーションが完成します。湯の川温泉のホテルや旅館などからゆったりと見たい場合には、早めに予約を取るようにすると良いでしょう。

湯の川温泉の名物・グルメ

湯の川温泉のある北海道の道南地区は、漁火によるイカ漁が盛んです。居酒屋などでも食べられますが、イカ漁師が経営しているお店もあります。夏から冬の初めまでは特に新鮮なイカが食べられます。その他ボタンエビや毛ガニ、ウニ、ホタテなど、おいしい海鮮がいっぱい。寿司や刺身以外にも、炭火焼や鍋などで舌鼓を打つことができます。

広告

湯の川温泉の周辺観光地

街自体が観光スポットになっている湯の川温泉。行く人の目的は温泉がほとんど。無料の足湯から外湯巡り、宿泊してその宿の温泉を楽しみます。湯の川散策でまず訪れたいのが「湯倉神社」。湯の川温泉郷を見守る神様にご挨拶をしておきましょう。お散歩ついでに立ち寄りたい観光スポットが、「函館市熱帯植物園」。12月~5月には、敷地内でサルが温泉に入っている様子を眺めることができます。

湯の川温泉のおすすめ旅館・宿泊施設を紹介!

■花びしホテル

【北海道】函館の奥座敷でほっこり過ごす、湯の川温泉の高級旅館5選

じゃらん

最初におすすめする函館の高級旅館は「花びしホテル」。木の温もりと日本伝統の「和の空間」が素敵なホテル。玄関を入ると200坪の和風庭園があり、滝から流れ落ちる水音に心からの安らぎを感じるホテルです。承応2年(1653)開湯の歴史ある温泉が自慢で、館内の趣が異なる2つの大浴場での湯巡りが好評です。3館に24タイプある部屋はすべて和室で生花が飾られたくつろぎの空間。かけ流し温泉の露天風呂が付いた部屋もあります。食事も函館らしい料理など旬の味覚を楽しめます。

【北海道】函館の奥座敷でほっこり過ごす、湯の川温泉の高級旅館5選

じゃらん

最安値を探す

湯の川温泉 花びしホテル

日本 / 北海道 / 函館・大沼・長万部 - ホテル

4 (40件の口コミ)
[ホテル・旅館詳細情報]
北海道函館市湯川町1丁目16番18号 [ホテル住所] 地図を見る
函館駅より車で20分/函館空港より車で10分
  • 本日は団体客が入っているので、お部屋を離れた所にグレードアップしてくださる・・・とありがたいサービスに感謝します。駐車場不要割りなんてお得だと思いこのプランにしました。以前来た時はお部屋食だったのでちょっとそれが残念ですが、初めて会場に伺いました。新鮮なイカが美味しかった。お料理はどれも手が込んでとても美しい。やはり和食はいいね~と娘と話しました。お風呂もちょうど混んでいる時間ではなくゆっくりと入れました。お部屋も館内もとてもきれいで静かで落ち着いて過ごせました。朝ビュッフェは会場に行ったのが遅かったのか・・お好みのどんぶりにする具が無くてちょっとガッカリしました。以前に来た時にこれがとても気に入ったので。帰りには支配人さんのような男性スタッフにトラピスチヌ修道院に行くバス停を教えていただき、間に合うかもしれないと言われ急いで行ったら間に合いましたよ。ありがとうございました。

    2015年11月19日投稿 19922008さん

  • 結婚10年のお祝いと子供達の誕生日祝いの旅行で宿泊させて頂きました。到着時から手厚く迎えて頂き、お部屋には温かいお言葉が書かれたお手紙が用意されていてとても感動しました。初めてお部屋での食事だったので子供達もとても喜んで、担当の仲居さんにも大変お世話になりました。イカソーメンが食べたくて朝市にも行きましたが、船が出ていなかった様で食べられず諦めていましたが、お夕食で出して頂き興奮してしまいました。朝食のカフェボールというコーヒー味のカステラの様な物がとても美味しかったです。客室露天風呂も最高で何度も子供達と入りました。家族皆大満足ですが、特に6歳の息子は絶対また行きたい!!と言っています。花びしホテルの皆様には素敵なおもてなしをして頂き、最高の家族旅行になりました。次はいつ函館へ行けるかわかりませんが、必ずまた利用させて頂きたいです。

    2016年12月13日投稿 和奏&絢斗ママさん

  • 毛ガニが楽しみで毛ガニ丸ごと1匹付コースなのに毛ガニは半分。おかしいとは思ったけど毛ガニが付いてたのでこんなもんかと諦めたけど朝仲居さんから手違いで付けるの忘れたとのこと。チェックアウトの際に言うとフロントの係はまずお支払いをという始末。料理が間違ってたと言っても先に支払えとはなんたること。しかも出てない料理がありながら本来の値段で。支配人が出てきてお詫びはもらい交渉の末料理の差額は払い戻してもらったが合点がいかず後味の悪いチェックアウト。仲居にも、フロントにももっと指導が必要。信頼を失うのは一瞬、回復には時間がかかることを知るべき。サービス業ではあってはならない料理のオーダミス。念には念を入れた改善を。もう行くことはないが。非常に残念な旅であった。

    2015年11月25日投稿 投稿者さん

■平成館 しおさい亭 別館 花月

【北海道】函館の奥座敷でほっこり過ごす、湯の川温泉の高級旅館5選

じゃらん

次におすすめする函館の高級旅館は「平成館 しおさい亭 別館 花月」。心地よい波の調べに耳を傾ける、海辺の新感覚リゾート。海に面して建つ「しおさい亭」や露天風呂付き客室が好評の「花月」では、津軽海峡の大海原がはてしなく続く贅沢な滞在が叶います。客室は海、山、街並みを見渡す安らぎの空間。浴場は2つあり、7階の展望大浴場の大きな窓から大海原が見え、4階の露天風呂大浴場は純和風造りで日本庭園を臨める落ち着いた空間にまとめられています。上質な安らぎに満ちた快適なホテルライフをぜひ。

【北海道】函館の奥座敷でほっこり過ごす、湯の川温泉の高級旅館5選

じゃらん

最安値を探す

湯の川温泉 平成館 しおさい亭 別館花月

日本 / 北海道 / 函館・大沼・長万部 - ホテル

[ホテル・旅館詳細情報]
北海道函館市湯川町1丁目2-37 [ホテル住所] 地図を見る
函館空港より車で約15分
  • 8月8日から10日まで、2泊3日で利用しました。 まず大きな印象として、この別館花月(はなつき)というのは、平成館しおさい亭の中でも、特別室の扱いであることです。宿に着いて、チェックインを済ませると、お部屋に案内して頂きますが、その案内から特別感が漂います。ロビーからすぐに「花月宿泊者以外立ち入りをご遠慮頂く」エリアに入って、花月専用のエレベーターで部屋まで向かいます。 今回は露天風呂付きの部屋でしたので、1フロアあたり4部屋しかない部屋の一つでした。 部屋に通されて、まず驚いたのは、部屋の窓からの眺望です。窓から海を眺めると「海を貸し切り」という表現がぴったりな眺め、波の音、潮の香り。 それだけで気分が高揚してくるのですが、さらにすごいのが、部屋のお風呂です。 部屋のお風呂は、シャワー付の洗い場のスペースがしっかりと確保されており、その向こうに温泉が常に流れている湯船があります。湯船があるところは、海側の壁が無く、ガラス張りの手摺しかないため、半露天風呂となっています。湯船からは雄大な津軽海峡、函館山、函館市街が一望でき、入るのが最高に楽しみになりました。 夕食も部屋で頂くプランでしたので、16時頃に担当の中居さんが、挨拶と希望時間を聞きに来てくれます。そして希望時間通りに、部屋に料理を並べてくれます。料理は、種類が豊富で、どれも美味しく、前菜、お造り、焼き物、椀、煮物…次から次に出して頂けます。最後のデザートの時にはお腹一杯です。 その時間には辺りは日が暮れており、お部屋の露天風呂も昼間とは違った雰囲気で楽しめます。眺めとしては漁火や函館市街の夜景となります。滞在中は自分専用ですので、景色を眺めながらまったり入ってもよし、日本酒を飲みながらでもよし、家族と楽しんでもよし、自由に楽しむ事ができます。 朝ご飯は、バイキングですが、花月宿泊者が景色の良い、窓側に近い席を独占しています。特別な小鉢もつき、最後まで特別な時間を過ごさせてくれます。しおさい亭は大きな温泉ホテルですので、バイキングはさすがに混みます。比較的空いている時間をフロントの方が教えてくれますので、その時であれば落ち着いて朝食をとる事ができます。 お値段は張りますが、一度は体験しておくべき宿泊だと思います。

    2015年08月11日投稿 投稿者さん

  • 北海道内に居住しておりますが、滅多に函館を訪れることがなく、思いつきで函館・湯の川に参りました。大変素晴らしい宿です。別亭入口に門を設けたことは大変良いアイディアだと思います。函館山からの夜景も楽しみにしていましたが、曇りでしたので、函館山にはいかずに、お部屋でゆっくりさせてもらいました。海側露天風呂付和洋室で大変心地よく過ごさせていただきました。ありがとうございました。大変素晴らしい宿だからこそ、さらによくなっていただきたく気づきましたことを列挙させていただきます。 夕食時に飲み物オーダーを伺います!と言われましたが、最後まで聞きにこられませんでした(お忙しかったのかもしれませんが!) 部屋の露天風呂を温度調整をすべく冷水水道蛇口が押すタイプのものでしたが、調整しずらいので、できれば普通の回すタイプであればよかったのですが。 コーヒーラウンジのチケットをサービスでいただきましたが、翌朝10時までと記されておりました。翌朝10時3分くらいにチェックアウトに降りた際に、既にラウンジがCLOSEになっていたため使用できませんでした。休日(日曜)ですから、多少の時間は考慮していただいてもよいかと思いました。それでも、また函館を訪れた際にはぜひ、こちらに泊まりたいと思います。

    2009年07月10日投稿 投稿者さん

  • 子どもと二人で「温泉行きたい!」思い立って,当日に申し込みました.最後の一室だったと思います.自宅からあまり離れていないのですが,広々としたお部屋でのんびりリフレッシュすることができました.部屋には空気洗浄機や加湿器も備えられており,掘りごたつはほんのり足元が温かく気持ちよく使えました.何といっても客室露天風呂は最高で,子どもと一緒に何度も入りました.大きくなってきて大浴場ではもう一緒に入れないので,良い思い出になります.潮騒の音をききながら,冬の露天で過ごすひと時は大変贅沢なものでした.お食事はバイキングでしたが,部屋食は時に食べきれないこともあるので,ちょうど良かったと思います.少しずついろいろな味を楽しむことができ,サービス?の二皿も頂戴して,満足でした.地元以外の方向けにはお料理のちょっとした説明(とくに地物に関して)があると,よりおいしく感じていただけるのではないでしょうか.従業員の方もみなさん大変感じが良かったです.会計の際ちょっとした手違いがあり,「サービス」を4点とさせていただきましたが,すぐに対応していただけたので不満はありません.子どもも絶対また行きたい!と言っております.今度は主人や親も連れていきたいです.

    2013年02月11日投稿 投稿者さん

■旅館一乃松

【北海道】函館の奥座敷でほっこり過ごす、湯の川温泉の高級旅館5選

じゃらん

3軒目におすすめする函館の高級旅館は「旅館一乃松」。にぎやかな温泉街から一歩入った閑静な数奇屋造りの旅館。総畳の純和風のお宿で、展望露天風呂と庭園の豊かな眺望で癒しと細やかな心遣いが心地いいお宿です。全29の客室からは京風庭園を望め女将が生ける生花と和の落ち着いた雰囲気が心地よい空間です。お風呂は大浴場と露天風呂があり、ヒノキの香りが旅の疲れを癒し、ゆっくりとリラックスできます。自慢のお料理は季節ごとに献立をかえ、季節感と函館の旬を存分に味わえます。

【北海道】函館の奥座敷でほっこり過ごす、湯の川温泉の高級旅館5選

Agoda

最安値を探す

湯の川温泉 平成館 しおさい亭 別館花月

日本 / 北海道 / 函館・大沼・長万部 - ホテル

[ホテル・旅館詳細情報]
北海道函館市湯川町1丁目2-37 [ホテル住所] 地図を見る
函館空港より車で約15分
  • 8月8日から10日まで、2泊3日で利用しました。 まず大きな印象として、この別館花月(はなつき)というのは、平成館しおさい亭の中でも、特別室の扱いであることです。宿に着いて、チェックインを済ませると、お部屋に案内して頂きますが、その案内から特別感が漂います。ロビーからすぐに「花月宿泊者以外立ち入りをご遠慮頂く」エリアに入って、花月専用のエレベーターで部屋まで向かいます。 今回は露天風呂付きの部屋でしたので、1フロアあたり4部屋しかない部屋の一つでした。 部屋に通されて、まず驚いたのは、部屋の窓からの眺望です。窓から海を眺めると「海を貸し切り」という表現がぴったりな眺め、波の音、潮の香り。 それだけで気分が高揚してくるのですが、さらにすごいのが、部屋のお風呂です。 部屋のお風呂は、シャワー付の洗い場のスペースがしっかりと確保されており、その向こうに温泉が常に流れている湯船があります。湯船があるところは、海側の壁が無く、ガラス張りの手摺しかないため、半露天風呂となっています。湯船からは雄大な津軽海峡、函館山、函館市街が一望でき、入るのが最高に楽しみになりました。 夕食も部屋で頂くプランでしたので、16時頃に担当の中居さんが、挨拶と希望時間を聞きに来てくれます。そして希望時間通りに、部屋に料理を並べてくれます。料理は、種類が豊富で、どれも美味しく、前菜、お造り、焼き物、椀、煮物…次から次に出して頂けます。最後のデザートの時にはお腹一杯です。 その時間には辺りは日が暮れており、お部屋の露天風呂も昼間とは違った雰囲気で楽しめます。眺めとしては漁火や函館市街の夜景となります。滞在中は自分専用ですので、景色を眺めながらまったり入ってもよし、日本酒を飲みながらでもよし、家族と楽しんでもよし、自由に楽しむ事ができます。 朝ご飯は、バイキングですが、花月宿泊者が景色の良い、窓側に近い席を独占しています。特別な小鉢もつき、最後まで特別な時間を過ごさせてくれます。しおさい亭は大きな温泉ホテルですので、バイキングはさすがに混みます。比較的空いている時間をフロントの方が教えてくれますので、その時であれば落ち着いて朝食をとる事ができます。 お値段は張りますが、一度は体験しておくべき宿泊だと思います。

    2015年08月11日投稿 投稿者さん

  • 北海道内に居住しておりますが、滅多に函館を訪れることがなく、思いつきで函館・湯の川に参りました。大変素晴らしい宿です。別亭入口に門を設けたことは大変良いアイディアだと思います。函館山からの夜景も楽しみにしていましたが、曇りでしたので、函館山にはいかずに、お部屋でゆっくりさせてもらいました。海側露天風呂付和洋室で大変心地よく過ごさせていただきました。ありがとうございました。大変素晴らしい宿だからこそ、さらによくなっていただきたく気づきましたことを列挙させていただきます。 夕食時に飲み物オーダーを伺います!と言われましたが、最後まで聞きにこられませんでした(お忙しかったのかもしれませんが!) 部屋の露天風呂を温度調整をすべく冷水水道蛇口が押すタイプのものでしたが、調整しずらいので、できれば普通の回すタイプであればよかったのですが。 コーヒーラウンジのチケットをサービスでいただきましたが、翌朝10時までと記されておりました。翌朝10時3分くらいにチェックアウトに降りた際に、既にラウンジがCLOSEになっていたため使用できませんでした。休日(日曜)ですから、多少の時間は考慮していただいてもよいかと思いました。それでも、また函館を訪れた際にはぜひ、こちらに泊まりたいと思います。

    2009年07月10日投稿 投稿者さん

  • 子どもと二人で「温泉行きたい!」思い立って,当日に申し込みました.最後の一室だったと思います.自宅からあまり離れていないのですが,広々としたお部屋でのんびりリフレッシュすることができました.部屋には空気洗浄機や加湿器も備えられており,掘りごたつはほんのり足元が温かく気持ちよく使えました.何といっても客室露天風呂は最高で,子どもと一緒に何度も入りました.大きくなってきて大浴場ではもう一緒に入れないので,良い思い出になります.潮騒の音をききながら,冬の露天で過ごすひと時は大変贅沢なものでした.お食事はバイキングでしたが,部屋食は時に食べきれないこともあるので,ちょうど良かったと思います.少しずついろいろな味を楽しむことができ,サービス?の二皿も頂戴して,満足でした.地元以外の方向けにはお料理のちょっとした説明(とくに地物に関して)があると,よりおいしく感じていただけるのではないでしょうか.従業員の方もみなさん大変感じが良かったです.会計の際ちょっとした手違いがあり,「サービス」を4点とさせていただきましたが,すぐに対応していただけたので不満はありません.子どもも絶対また行きたい!と言っております.今度は主人や親も連れていきたいです.

    2013年02月11日投稿 投稿者さん

広告

【北海道】函館の奥座敷でほっこり過ごす、湯の川温泉の高級旅館5選に関連するタグ

北海道 ホテル 北海道 旅館 函館・大沼・長万部 ホテル 函館・大沼・長万部 旅館 日本 ホテル 日本 旅館

広告

のおすすめホテル

トラベルブックの今週のおすすめ

広告

トラベルブックで人気のまとめ

  1. 横浜中華街でおすすめの食べ放題21軒:人気ランキング上位のお店一覧

    横浜 - バイキング・食べ放題・ビュッフェ,中華・中華料理

運営会社