おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

【クアラルンプール】ペトロナスツインタワー周辺でおすすめの観光スポット14選!マレーシアを満喫!

ペトロナスツインタワーは1998年に完成した88階建のオフィスビルで、マレーシア関連のガイドブックの表紙によくなる有名な観光スポットです。約452mの高さがあるイスラム様式のタワーで、モスクのようなふたつの尖塔をスカイブリッジがつないでいます。 夜になると、ペトロナスツインタワーがライトアップされて、86階にある展望フロアからきれいな夜景を見られます。タワーの下層部と地下はショッピングモールになっていて、有名ブランド店やスーパーなどで買い物ができます。今回は、そんなペトロナスツインタワー周辺の見どころについて紹介します。

続きを読む

広告

クアラルンプール旅行のポイント

どんな街?

クアラルンプールは、高層ビルが立ち並ぶ近代都市の中に、熱帯植物が生い茂る公園やモスクなどのイスラム建築、コロニアル建築、ヒンドゥー寺院、プラナカン様式のテラスハウスなど独特な多国籍文化が見られます。

見所は?

クアラルンプールでは、2大タワー、ペトロナス・ツインタワーとKLタワーや「クアラルンプールの銀座」と言われるブキッビンタンでのショッピング、イギリス統治時代のコロニアル建築やモスクなどの美しい建物群など見どころが満載です。

おすすめのグルメ

マレーシア発祥のニョニャ料理は、15世紀に多くの中国人がマレー半島へ移り住み、マレーの女性と結婚することで生まれました。辛くてスパイシーな味が特徴で、ココナッツミルクが入った麺料理ニョニャラクサやチキンカレーのアヤム・ダラが有名です。

本ページではプロモーションが含まれます
当サイトでは施設やサービス(以下、サービス等)の掲載にあたり、ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任においてサービス等を選定しおすすめアイテムとして紹介しています。

なお当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、オンライン旅行代理店やレストラン予約サイトが提供するアフィリエイト・プログラムに参加し、サービス等の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。掲載の順番はサービス等の提供会社により支払われる報酬も考慮されている場合があります。

ペトロナスツインタワー周辺でおすすめの観光スポットを紹介!

■ペトロナス・ツイン・タワー

2つのビルが対になって建つ、高さ452メートル88階建ての高層ビル。ツインビルとしては、世界一を誇る。モスクをモチーフとしたデザインは、遠くからでもよく目立ち、独特のオーラを放っている。高級感あふれる外観で、ビルの中もブランド店が入っている。展望台もあるので、クアラルンプールのきらびやかな夜景を一望することができる。外側からも内側からも夜景が楽しめるスポット。

ペトロナス・ツイン・タワー

マレーシア / クアラルンプール / KLCC地区

Kuala Lumpur Wilayah Persekutuan, 50088, Malaysia

■ブキッ ビンタン

この地域にはモノレールを利用して行くが、モノレールを挟んで東の方向に行くとRot10やパビリオンなどのショッピング街、西に行くと屋台街があり、両方楽しめる。特にアロー通りの屋台は盛り上がっており、アジアの熱気を感じられる場所。夕方頃から大変賑やかになり、ホームも激混み。オフィスが多いので、美味しいレストランもたくさんある。

ブキッ ビンタン

マレーシア / クアラルンプール / ブキッ・ビンタン地区

Jalan Bukit Bintang, Kuala Lumpur 56100, Malaysia
+60 19-449 8833

■KLCC公園

緑が多く、東南アジアの雰囲気たっぷりな熱帯の樹木の中を散策できる。きれいに整備されており、柔らかい地面になっていたり、水遊び場やたくさんの遊具があり、子供連れにうれしいスポット。ペトロナス・ツイン・タワーの夜景が見られる場所として人気。観光客も地元の人も多く訪れ、休日ともなると賑わいをみせる。

KLCC公園

マレーシア / クアラルンプール / KLCC地区

Kuala Lumpur City Centre, 50450 Kuala Lumpur, WP Kuala Lumpur, Malaysia
+60 3-2380 9032
火 18:00 - 22:00 水 - 月 6:00 - 22:00

日帰り観光ツアーに関連した現地ツアーはこちら

マラッカは、マレー半島の南西岸に位置しています。2008年には世界文化遺産に登録されています。
マラッカには観光スポットが複数あります。まずはセント・ポール教会です。スタダイスからは徒歩で行くことができます。フランシスコ・ザビエルの遺骨が9ヶ月間もの間安置されていたそうで人気の観光スポットとなっています。また、マラッカの街を一望できます。
オランダ広場は、マラッカのシンボル的存在となっており人気です。チャイナタウンの中心にあるジョンカー・ストリートでは、様々なショップやレストランが建ち並んでおり、食べ歩きにもぴったりの場所です。毎週金、土、日の夕方からはないとマーケットが開かれ、露店が建ち並びます。お土産店もあるので観光客にも人気があります。

日帰り観光ツアーに関連した現地ツアーはこちら

街全体が世界遺産!古都マラッカを観光

マラッカは、マレーシア発祥の地とも言われているマレーシアの古都です。15世紀にマラッカ王国が誕生してから、ポルトガル、オランダ、イギリスとヨーロッパの国々に支配される中で独特の文化が生まれていったユニークな街です。ポルトガル、オランダ、イギリス時代の建築物が建ち並ぶ独自の街並みは世界遺産にも登録されており、世界中からたくさんの観光客が訪れています。また、歴史的なスポットのほかにも、ナイトマーケットやマラッカ川のクルーズ、ショー鑑賞なども楽しむことができるのも魅力。ニョニャ料理をはじめ、たくさんの名物料理もそろっています。

マラッカ市内現地観光ツアー

日帰りで行ける楽園”パヤ島”にショートトリップ♪

ペナン島とランカウイ島の間にある小さな島「パヤ島」。モンスーンの影響を除けば、海の透明度は高く、海の底まできれいに見渡すことができます。真っ白な砂浜ときれいなサンゴ礁に囲まれており、シュノーケリングをすれば色とりどりの熱帯魚とたくさん出会えます。
高速船を利用すれば、ランカウイ島から約50分でいくことができ、日帰りのできるリゾート地として近年人気が高まっています。

東南アジアの有数の近代都市・クアラルンプールを散策

東南アジアの都市において、東南アジアNO1といえば、シンガポール。その次にランクインするのがここ、クアラルプールです。シンガポールは限られた国土を開発して、全域が近代都市へと変貌を遂げました。クアラルンプールも同様ですが、異なるのは、歴史的な街並みが今も残っており、人々が生活を続けていることです。由緒あるモスク、活気ある昔ながらのチャイナタウン、混沌としたリトルインディア。そんな、過去と未来が同居する街、クアラルンプールの街を散策してみませんか?

クアラルンプール市内観光現地ツアー

明日参加できる!即予約可能なクアラルンプール現地ツアー