おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

【イギリス】ウォバーンアビー周辺の観光スポットおすすめ6選!紳士の国へ行こう♪

ウォバーンアビーは、イギリスのウォバーン付近に位置するベッドフォード公爵の邸宅です。ロンドンから北西に車で約1時間の場所にあり、広大な敷地内には3つのゴルフコースやサファリパーク、アフタヌーンティーを楽しめるカフェがあります。約400年続く歴史あるお屋敷で、現在も第15代Bedford公爵が暮らしています。 このお屋敷にはイギリスの習慣であるアフタヌーンティーを最初に始めたとされている第7代べドフォード公爵夫人アンナマリアもかつて暮らしており、屋敷内には彼女がお茶を楽しんだ部屋があります。 ヨーロッパの調度品・絵画・陶磁器などのコレクションも飾られ、見ごたえたっぷりです。アフタヌーンティーの発祥の地であるお屋敷で、アフタヌーンティーを楽しむのもおすすめです。今回はそんなウォバーンアビー周辺の見どころについて紹介します。

続きを読む

広告

日本とイギリスの時差

07月09日 7時25分37秒

イギリス(ルートン)と日本(東京)との時差は、8時間です。
日本の方が、8時間進んでいます。

ルートンの時差を詳しく見る

イギリスの週間天気

イギリスの為替

1スターリングポンドは 135.30円

※2020年7月10日の為替価格です

イギリスの治安は大丈夫?気をつけるべきエリアは?

海外観光で気になるのは治安やテロです。イギリスの治安はどうなのかというと、日本より軽犯罪が多く、主にスリや置き引き、デートレイプなどがあります。特にイギリスに観光に来ると現地のパブに行ってみたいという方が多くいますが、その際、荷物は肌身離さずにしっかり管理するようにしてください。また、日本と違い置き引きもよくあるので場所取りに荷物を置くなんてのはもってのほかです。また、パブなどで知らない人からお酒を勧められても飲まないようにしてください。薬が入っていてあとで襲われるという可能性もあります。また、人気のない夜道や誰も乗っていないバスには乗らないようにして下さい。エリア的にはオックスフォードやケンブリッジは比較的治安が良いですが、マンチェスターやリバプールはあまり良くないと言われているので注意してください。

イギリス観光の移動手段は目的別で使い分けよう!

イギリスの交通事情は発達しており、国内はもちろん、ヨーロッパ各国に気軽に移動ができます。国内を長距離移動するなら鉄道がおすすめです。いくつか種類がありますが主要都市に行くなら「インターシティ」という鉄道がおすすめです。ロンドンからエジンバラやストーンヘンジなど有名スポットに直接行けるので便利です。また、パリなどヨーロッパ各国に移動するならLCCや鉄道の「ユーロスター」が便利で、「ユーロスター」ならロンドンからパリまで最短2時間15分で移動できます。そしてロンドン市内の移動に便利なのが地下鉄やバスです。地下鉄は市内の至る所に網羅しており、市内観光を満喫するなら1日乗り放題カードを購入しておくと便利です。他にも「ブラックキャブ」というタクシーやレンタカーもあるので目的地別に上手く利用してみて下さい。

イギリスのお金事情は?現金は1日にどのくらい必要?

イギリスの物価は日本より高めです。イギリスのお金はスターリング・ポンドで表され、1ポンドが150円程度です。イギリスは嗜好品は消費税が20%と日本の倍近くで、宿泊先も普通のホテルを選んでも都心部だと1泊1万5千円以上かかるケースが多くあります。ドミトリータイプなどのユースホステルは1泊数千円ですが、ゆっくりとくつろぎたい場合はやはり通常のホテルがおすすめです。そして外食に関しても普通のレストランでは日本の倍はします。しかしファストフード店などの軽食は比較的日本と同じくらいで、さらにスーパーなどで食料品を購入すると日用品は非課税なので日本より安く購入できる可能性もあります。また、観光するとなると必要なのは観光スポットへの入場料です。ロンドン塔は約3000円、バッキンガム宮殿は3450円ほどかかります。このようにホテルや食事、どこに行くかにより予算はかなり変わります。

ロンドンだけじゃない!イギリスのおすすめの街

イギリスというと首都のロンドンが有名ですが、それ以外にも見所の多い観光地があります。その一つがサッカーチームで有名なマンチェスターです。マンチェスターユナイテッド博物館ではスタジアム見学や展示物の鑑賞ができ、ファンに人気があります。さらにクリスマスシーズンには賑やかなマーケットも開催されます。そして次におすすめなのがリバプールです。人気バンド「ビートルズ」の生まれた街であることから世界中からファンが集まる場所で、レトロな街並みやリバプール大聖堂、水族館やプラネタリウムを楽しめる「ワールドミュージアム」があります。さらにショッピングを満喫するならバーミンガムがおすすめです。ブルリングには160店ほどのお店があるので色々見て回れます。このように色々な観光地があるので目的に合わせて訪れてみてはいかがでしょうか。

ウォバーンアビー周辺でおすすめの観光スポットを紹介!

■ウォバーン アビー

ウォバーン アビーは、ヘンリー8世から公爵家に与えられた不動産に起源を発し、18世紀に海軍大臣を務めた第4代ベッドフォード公爵ジョン・ラッセルによって大規模な改修が行われた邸宅です。
第7代ベッドフォード公爵の妻アンナ・マリアは、19世紀イングランドにおいて午後の喫茶の習慣を始めた人物であり、現在一般公開されている邸宅内の「The Blue Drawing Room」が発祥の地と言われています。
施設内には2か所のカフェがあり、本場のアフタヌーンティーを味わうことができます。またギフトショップでは、ティーセットや邸宅の豪華な雰囲気をイメージした様々なグッズが販売されており、お土産に人気です。

ウォバーン アビー

イギリス / その他の観光地

Woburn Abbey, Milton Keynes, MK17 9PG, イギリス

■ブレッチリー・パーク

ブレッチリー・パークは、バッキンガムシャーミルトン・キーンズ ブレッチリーに位置する庭園と邸宅です。
第二次世界大戦期には政府暗号学校が置かれ、映画「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」で知られるアラン・チューリングやソ連のスパイだったことがのちに発覚したケンブリッジ・ファイヴのジョン・ケアンクロスが勤務していました。
ドイツ軍のエニグマ暗号の解読に成功するなどの成果を上げ、現在では第二次世界大戦の暗号解読などをテーマとした博物館、国立コンピューティング博物館が開設されています。

ブレッチリー・パーク

イギリス / その他の観光地

The Mansion, Bletchley Park, Sherwood Dr, Bletchley, Milton Keynes MK3 6EB イギリス

広告

■ナショナル トラスト ストー (ストウ庭園)

ナショナル トラスト ストー (ストウ庭園)は、バッキンガムッシャーに位置する1923年創立のパブリック・スクール、ストウ校内にある庭園です。
敷地はテンプル家の所有で代々の当主が造り続けた庭園がそのまま保存されています。1711年にR.テンプルが風景式庭園へ改造したことに始り、以来J.バンブラ、C.ブリッジマン、W.ケント、L.ブラウンといった著名な造園家が手を加え、18世紀の英国で最も優雅な庭園と呼ばれるようになりました。
庭園は一般公開されており、エントランスにはカフェやショップが併設され、ボランティアによるガイドを行っています。

ナショナル トラスト ストー (ストウ庭園)

イギリス / その他の都市

National Trust Stowe, New Inn Farm, Buckingham MK18 5EQ イギリス

ストーンヘンジに関連した現地ツアーはこちら

■ミルトン・ケインズ博物館

広告

ミルトン・ケインズ博物館は、ロンドンの北西約80km、オックスフォードとケンブリッジのほぼ中間の丘陵地にあるミルトン・ケインズにあります。
かつての牧場だった場所にある博物館の館内では1800年から現在までのバッキンガムシャー北部とノーサンプトンシャー南部を含むミルトン・ケインズ地域の歴史を紹介しており、様々な時代の電話機や配電盤、蓄音機、おもちゃ、オルゴールなどが展示されています。
館内にはカフェが併設され、本場のアフタヌーンティーを味わうことができます。また様々な教育プログラムを行っており、子供から大人まで楽しむことができます。

ミルトン・ケインズ博物館

イギリス / その他の都市

Milton Keynes Museum, McConnell Dr, Wolverton, Milton Keynes MK12 5EL イギリス

■アリス・ショップ

アリス・ショップは、オックスフォード出身の作家ルイス・キャロルの代表作「不思議の国のアリス」グッズの店です。
ルイス・キャロルが修了した大学であるオックスフォード大学内の学寮クライストチャーチの入口前にあり、オーナメント、壁時計、アクセサリー、ティーカップが揃い、世界中からアリスファンが集います。
この建物はキャロルが作品を書いた当時は「シープショップ(ヒツジの店)」という名の雑貨店で、主人公アリスのモデルとされているアリス・リデルの行きつけの店でした。また「鏡の国のアリス」の第5章「羊毛と水」の中にこの店が登場し、挿絵には当時の様子が描かれています。

アリス・ショップ

イギリス / オックスフォード

Alice’s Shop, 83 St Aldate's, Oxford OX1 1RA イギリス

■オックスフォード大学

イギリス最古の学園都市オックスフォード。45のカレッジがあります。特に有名なのが最大のカレッジ、クライスト・チャーチ。「ハリー・ポッター」のロケ地としても使われました。マートン・カレッジは最も古いカレッジです。眺めのよいセント・メアリー教会の尖塔やボドリアン図書館などもあります。

オックスフォード大学

イギリス / オックスフォード

University Offices 1 Wellington Square, Oxford OX1 2JD, England
011-33-1865-270-396
http://www.ox.ac.uk

半日ツアーに関連した現地ツアーはこちら

まとめ

このようにイギリスには様々な観光スポットがあります。首都のロンドンはもちろん、ロンドン近郊にも見所の多い観光地があり、鉄道なども発達しているので国内はもちろん、ヨーロッパ各国に簡単にアクセスできます。さらにハリー・ポッターの聖地としても知られており、世界的に有名な世界遺産ストーンヘンジもあります。さらにおいしいイギリスグルメも豊富なので、ぜひイギリス観光を満喫してみてはいかがでしょうか。

観光のおすすめ記事

詳しく

【バンボロー】バンバラ城周辺の観光スポットおすすめ9選!充実した旅行を!

その他の観光地 - 城・宮殿,寺院・教会,史跡・遺跡,広場・公園

バンバラ城は北イングランドのノーサンバーランド州、バンバラ村にある城跡です。バンバラ村は人口約414人の小さな集落です。バンバラ城は海がほど近い、一面の草原の上に建っています。バンバラ城の名前はアングロ・サクソン王であった、アイダの孫の妻のベバの名前をもじってつれられています。 城の中はアームストロング卿が集めたインテリアなどをそのまま展示しています。当時の貴重な食器や絵画などが整然と並べられています。バンバラ城は現地のバスツアーに組まれるほど人気の高いスポットになっています。村の周辺を徒歩で散策するウォーキングツアーもあります。今回はそんなバンバラ城周辺の見どころについて紹介します。

詳しく

【ブラックプール】セントラルピア周辺の観光スポットおすすめ12選!紳士の国へ行こう♪

その他の観光地 - ビーチ・砂浜,モダン建築,広場・公園

セントラルピアは、アイリッシュ海に面しているイギリスのリゾート地であるブラックプールにある3つのピアのひとつです。他にサウスピアとノースピアがあります。ブラックプールは、ロンドンから電車で約3時間のところに位置しています。 セントラルピアには遊園地やゲームセンターなどのレジャー施設が充実していて、観光客が多く訪れるスポットです。フィッシュアンドチップスなどの軽食が食べられるカフェやギフトショップもあります。 セントラルピアの周辺には、多くのレストランやカフェ、様々なタイプの宿泊施設が建ち並んでいます。今回は、そんなセントラルピア周辺の見どころについて紹介します。

詳しく

【イギリス】アニック城周辺の観光スポットおすすめ7選!紳士の国へ行こう♪

その他の観光地 - 城・宮殿

アニック城は、ノーサンバーランド州のアニックにある城で、人気映画のハリー・ポッター・シリーズの「賢者の石」と「 秘密の部屋」のロケ地となったことで有名です。 アニック男爵イヴ・ド・ヴィシーが、1096年にスコットランド人の侵入を防ぐことを目的に建設を始めた要塞で、現在も公爵一家が居住しています。夏の期間には、一般公開も行われており、特別展示室が設けられ、公爵の趣味の考古学の出土品などの見物することもできるとあって、世界中からたくさんの観光客が訪れています。 今回は、そんなアニック城周辺の見どころについて紹介します。

詳しく

【世界遺産】ダラム城と大聖堂は、イギリスの最も精巧で美しいゴシック建築

ダラム - 文化遺産

ダラム城と大聖堂は、ダラムの町を緩やかに流れるウェア川(River Wear)に面した小高い丘に立っています。どちらも11世紀の重厚なノルマン様式の建築で、1986年に世界文化遺産に登録されました。ダラム城と大聖堂は、イギリスにあるゴシック建築の中でも、最も精巧で美しい建造物といわれており、映画『ハリーポッター』の撮影にも使用されました。遠いイギリスの地にありながら、どこか見覚えがあるのは、そこがホグワース魔法学校だったからといえます。

詳しく

宝石・幽霊・カラスあり! 魅力いっぱいの世界遺産「ロンドン塔」観光見どころガイド

ロンドン - 文化遺産

ロンドン東部、テムズ川のほとりに立つロンドン塔(Tower of London)は、常に人で賑わう人気の観光スポットです。塔といっても高いタワーが1本そびえている訳ではなく、ホワイト・タワーという建物を中心に複数の建造物や外壁で構成されている中世の砦です。中世当時のままの姿で残っている貴重な建造物として、1988年にユネスコの世界文化遺産に登録されました。壁の中に一歩足を踏み入れれば、中世当時のコスチュームを着たスタッフもいるので、当時の雰囲気をリアルに体感することができるでしょう。 イギリス王室の栄光を象徴する品々も必見で、きらびやかな宝石類や装飾品は、世界的にも価値のある物ばかりで、目を奪われること間違いありません。そして、華やかな歴史の陰にある、血塗られた処刑場や監獄としての部分も残されているのが、ロンドン塔の特徴であり、魅力にもなっています。 この記事ではロンドン塔の歴史や見どころだけでなく、アクセス方法など便利な情報もご紹介します。ロンドンが初めての方もリピーターの方も、ぜひ旅のガイドにお役立てください。

詳しく

ロンドンの穴場観光の見どころまとめ!おすすめスポットやツアー情報も

ロンドン - 観光名所

海外旅行先として人気のヨーロッパ。そのなかでも特に多くの人が訪れる人気観光地が、イギリスの首都であるロンドンです。ビッグベンやウエストミンスター寺院、さらにはバッキンガム宮殿など、見所が満載です。ほかにも近代的なショッピングストリートや充実したナイトライフなど、観光地としての魅力がたくさんあります。 日本からロンドンまでの直行便も出ているので、ロンドンは日本からアクセスしやすい観光地です。ロンドン市内の交通網も発達しているので、現地での移動にも困りません。ロンドンには見所がたくさんあるので、事前にしっかりと計画を立てて、充実したロンドン旅行を楽しみましょう。その時はぜひ、この記事を活用してくださいね。

詳しく

【イギリス】ロンドン・ベイカーストリート周辺の観光スポットおすすめ12選!充実した旅行を!

ロンドン - 散歩・街歩き ,自然・景勝地 ,博物館,観光名所

コナン・ドイルが生んだ名探偵、シャーロック・ホームズは、今なお多くのミステリーファンを魅了しています。その小説の中のホームズが住んでいるという設定になっているのがベイカーストリートです。 ベイカーストリートはロンドンのシティ・オブ・ウェストミンスターにある実在の通りで、ホームズファンが一度は訪れたいスポット。なかでもおすすめはシャーロック・ホームズ博物館です。ホームズになりきって写真がとれるコーナーや、小説に登場した小道具が展示されており、ホームズの世界に浸れること請け合いです。 今回は、そんなベイカーストリート周辺の見どころについて紹介します。

詳しく

イギリスの湖水地方を満喫!おすすめツアー4選

湖水地方 - 滝・河川・湖

英国の湖水地方は国内でも有数の観光エリアです。ロンドンから列車で気軽に行けるエリアで、のどかな田舎町や美しい湖があり、絵本の世界を体感できます。その世界観はまさに人気絵本「ピーター・ラビット」そのものです。というのも湖水地方はピーター・ラビットの作者ビアトリクス・ポターが晩年を過ごした場所で、絵本には彼女が過ごした家をモデルとした絵や景色が描かれています。 また、街並みも昔の景色そのままで、石造りの建物や手つかずの自然があり、中世ヨーロッパを感じさせます。そのため、ピーター・ラビットファンや美しい景色を堪能したい方に人気の観光エリアです。そんな湖水地方にはその魅力を満喫できるツアーがあります。中でもおすすめのプランをご紹介します。

広告

【イギリス】ウォバーンアビー周辺の観光スポットおすすめ6選!紳士の国へ行こう♪に関連するタグ

その他の観光地 観光 その他の観光地 歴史スポット その他の観光地 博物館 その他の観光地 散歩・街歩き その他の観光地 企業・団体・学校 その他の観光地 観光名所 その他の観光地 史跡・遺跡 その他の観光地 広場・公園 イギリス 観光 イギリス 歴史スポット イギリス 博物館 イギリス 散歩・街歩き イギリス 企業・団体・学校 イギリス 観光名所 イギリス 史跡・遺跡 イギリス 広場・公園

広告

のおすすめホテル

イギリスへの旅行も
航空券とホテルをセットでお安く予約!

イギリスの航空券+ホテルを探す

トラベルブックの今週のおすすめ

広告

トラベルブックで人気のまとめ

  1. 横浜中華街でおすすめの食べ放題21軒:人気ランキング上位のお店一覧

    横浜 - バイキング・食べ放題・ビュッフェ,中華・中華料理

運営会社