おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

【フランス】リヨンへ行くおすすめ格安ツアー・人気プランを比較して紹介!

フランス南東部にあるリヨンは、フランスでも屈指の規模を誇る大都市として発展しています。 金融関連の施設などが豊富に設置されているのが特徴であるほか、古くから交易が盛んであった地域としても有名です。旧市街エリアは世界遺産にも登録されており、観光地としての魅力も十分。壮麗な装飾が施された大聖堂や、劇場、美術館といった華やかな文化を感じられる名所が豊富であり、ツアーでもそれらを巡るプランが人気です。豊かな食文化でも知られ、フランス料理を堪能できますよ。 今回は、そんなリヨンへ行くおすすめのツアー・人気プランを紹介しますので、ぜひ参考にしてみて下さい!

続きを読む

ツアーを検索する

出発地

目的地

出発日

日数

日間〜日間
最安値を検索

更新日: 2024年4月24日

本ページではプロモーションが含まれます
当サイトでは施設やサービス(以下、サービス等)の掲載にあたり、ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任においてサービス等を選定しおすすめアイテムとして紹介しています。

なお当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、オンライン旅行代理店やレストラン予約サイトが提供するアフィリエイト・プログラムに参加し、サービス等の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。掲載の順番はサービス等の提供会社により支払われる報酬も考慮されている場合があります。

リヨンおすすめツアーランキング

リヨンの人気ホテルから格安ツアーを選ぶ

◆ホテル カールトン リヨン - M ギャラリー バイ ソフィテル

◆ラディソン ブル ホテル リヨン

◆メルキュール リヨン サントル サクス ラファイエット

◆グランド ホテル デ テロー

◆オッコ ホテルズ リヨン ポン ラファイエット

◆オテル メルキュール リヨン サントル - ガール パール デュー

◆ホテル ル ロイヤル リヨン ー M ギャラリー

◆ソフィッテル リオン ベルクール ホテル

◆メルキュール リヨン サントル ボーザール

◆ホテル リヨン メトロポール

リヨンは世界遺産の旧市街をはじめ、観光スポット多数

リヨンはフランスの南東に位置する都市です。サミットが行われる都市に選ばれたり国際刑事機構のインターポールの本部がおかれたりしています。人口は約165万人、フランス国内でも第2の規模の都市です。リヨンはフランスにおける金融センターの一つであり多くのフランスの銀行の本店が置かれています。リヨンの旧市街はユネスコの世界遺産に登録されています。リヨンにいくのであれば大聖堂や古代ローマ劇場、中央市場などおすすめの観光スポットが多数存在します。もちろん美術館もおすすめです。旧市街ではかわいい雑貨や伝統料理のお店があったりと観光客にも人気があります。石畳の続く道やフランスらしい建物があったりと写真スポットも多くあります。中央市場では新鮮な肉や魚介類、野菜やフルーツ、チーズはもちろんパンも並んでいます。食の都リヨンを実感できる市場です。

リヨンツアー・日付をクリックして比較しよう!

フランス各地の人気ツアーも併せて紹介

フランス全体

パリ

ニース

マルセイユ

アヴィニョン

出発前に押さえておこう!リヨンの旅行情報

リヨン旅行は時期で選ぶ!

1年中楽しもう!季節ごとの特徴を紹介

3月~5月はリヨンの春!5月には観光のベストシーズンが到来

3月から5月がリヨンの春。3月はまだ肌寒く、服装も長袖に上着等の防寒対策が必要。4〜5月になると日中はだんだんと暖かくなり、過ごしやすくなります。それでも朝晩との寒暖差はあるので、上着があると安心です。5月から観光のベストシーズンになります。

6月~8月は美食の街リヨンのベストシーズン!観光やグルメを満喫

6月から8月の夏は平均気温20℃前後と過ごしやすく、朝晩は寒く感じる日もあります。1枚羽織れるジャケットを持参し、気温に合わせて脱ぎ着できる服装で出かけましょう。乾燥して日差しが強いので、サングラスと帽子があると便利です。

9月・10月は芸術・食欲の秋!リヨンの街歩きにおすすめ

9月から10月が秋です。東京に比べるとかなり気温が低いのが特徴です。9月はまだ涼しく観光におすすめですが、10月以降はかなり寒くなります。10月でも最低気温が10℃以下の日もあるため、防寒具は必須です。

11月~2月はフランス第二の都市のクリスマスを体感しよう

冬は11月から2月となります。11月から本格的に寒くなるため、ダウンジャケットはもちろん、マフラー・帽子・ニット帽などの防寒具は必須。1月が一番寒く、平均気温は5℃以下に。雪も降ることもあるため、ブーツなどの準備があると安心です。

リヨンのおすすめ観光情報

リヨンのおすすめホテル情報

日本とリヨンの時差

04月24日 1時34分41秒

フランス/リヨンと日本/東京との時差は、7時間です。
日本の方が、7時間進んでいます。

リヨンの時差を詳しく見る

リヨンの為替

1ユーロは 165.57円

※2024年4月24日の為替価格です

リヨンを楽しむヒント

フランスまでの飛行時間は?

フランスの現在時刻はサマータイムか冬時間で異なります。2019年のサマータイムは3月31日から10月27日まで、2020年は3月29日から10月25日です。サマータイムの間、日本との時差は7時間で、日本の方が進んでいます。そのため日本が朝7時の頃、フランスは夜中の0時です。また、冬時間になると日本の方が8時間進むことになるので、日本が朝7時の頃、フランスでは前日の23時です。観光中、日本と連絡を取る際はこのような時差の違いに気をつけて電話などをしてください。また、日本からの飛行時間は、パリまでの直行便で12時間です。エールフランス、日本航空、ANAの3社が直行便を運航しており、わずか半日で到着するので気軽に観光に出かけてみてはいかがでしょうか。

フランスの気候は?季節に合わせて服装を選ぼう!

フランスも日本同様に四季がありますが、日本より気温は低めで、夏でも1日の寒暖差が激しいことがあります。4月頃から春の日差しになり、初夏は日本と違い、梅雨がないためカラッとして過ごしやすい日が続きます。ただ、秋の訪れが早く、11月には一気に冬の気候になります。四季があるといっても日本とは温度や訪れる時期が若干異なるので旅行日程が決まったなら、その時期の気温を調べて服装を用意するといいでしょう。過ごしやすい夏でも朝晩は冷えるのでカーディガンやストールなど簡単に重ね着できる羽織物を持っていくことをおすすめします。また、フランス国内でも4つの気候があり、目的地によって気温も異なるのでそれぞれの天候をチェックしてから用意することをおすすめします。

フランスの言葉事情は?英語は通じる?

フランス観光が決まった時に気になるのが言葉です。英語は話せるけどフランス語はわからないという方が多くいます。フランスの公用語はフランス語ですが、主要観光地やホテル、駅の窓口、高級ブランドブティックなどでは英語は通じます。レストランでも英語表記のメニューが掲げられているお店はメニューも英語版を用意しているのでフランス語が話せなくても利用できます。ただ、地元のマルシェやベーカリー、パリ以外の街では英語が通じない場合もあります。そんな時は「ボンジュール」と挨拶をして「サ! ( ça!)これ」、「シルブプレ (お願いします)」と言うと簡単に購入できます。また、タクシーを利用する場合は英語が通じないことが多いので、そんな時は目的地をメモに書いて運転手に見せると便利です。

フランスの治安は大丈夫?気をつけるべきエリアは?

フランス観光で気になるのがテロや治安です。テロについてはいつ起こるかというのは誰にもわからないので、常に警戒しておくことが大事です。また、海外の観光地はどこもですが、フランスも日本と比ベ、スリや窃盗などの軽犯罪が多くあります。そのため、人込みの多い観光地や地下鉄に行く場合は荷物の管理に気をつけてください。また、凱旋門やエッフェル塔などの周辺で署名活動を利用したスリもあります。署名をしているうちに財布などを荷物から盗まれるので注意してください。さらにパリをタクシーで移動中によく遭遇するのが渋滞です。その渋滞を利用したバイク強盗もあり、窓から見える場所に鞄などを置いておくと盗られることもあるのでなるべく見えないようにしてください。そしてパリでは貧困層が多い18、19、20区は治安が悪いので近づかないようにしてください。

リヨン格安ツアーをもっと紹介します

リヨン最安値ツアーランキング

のおすすめホテル

フランスへの旅行も
航空券とホテルをセットでお安く予約!

フランスの 航空券+ホテルを探す

トラベルブックの今週のおすすめ

運営会社