おすすめの青汁15選!人気の青汁で健康サポート

おすすめの青汁15選!人気の青汁で健康サポート

野菜不足や便が気になる方、糖が気になる方におすすめの青汁。青汁は様々な種類があり、原料や価格、味が違うので好みや目的に合わせて選びましょう。

飲みやすさを重視する方は果物をふんだんに使ったものやお茶代わりに飲めるものなど、味にこだわった商品がおすすめ。錠剤タイプを選んでも良いでしょう。青汁は飲み続けることが大切なので、無理なく続けられる価格かどうかも重要です。ここではおすすめの青汁と合わせて選び方のポイントや毎日飲み続けるためのコツなども紹介しているので参考にしてください。

商品やサービスの掲載順はどのように決めていますか?
当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、Amazonアソシエイト他、複数のアフィリエイト・プログラムに参加し、商品やサービス(以下、商品等)の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。

商品等の掲載にあたっては、ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任において商品等を選定し、おすすめアイテムとして紹介しています。

同一ページ内に掲載される各商品等は、費用や内容量、使いやすさ等、異なる観点から評価しており、ページタイトル上で「ランキング」であることを明示している場合を除き、掲載の順番は各商品間のランク付けや優劣評価を表現するものではありません。なお掲載の順番には商品等の提供会社やECサイトにより支払われる報酬も考慮されています。

青汁の原料

青汁というのはその名の通り、「青い汁。生の緑葉野菜のしぼり汁」(※)のこと。そんな青汁の原料としてよく用いられているのが、ケールや明日葉、大麦若葉、よもぎ、桑の葉などです。どの材料をメインにしている青汁かによって味や風味も異なってくるだけでなく、摂取できる栄養素が変わってくるので、パッケージの原材料欄をしっかりとチェックしましょう。
※出典 : デジタル大辞泉(小学館)

青汁を飲むタイミング

青汁はいつ飲んでもいいのですが、継続することが重要なので、飲み忘れないタイミングで飲むことがおすすめ。例えば寝起きの水分補給として青汁を飲む、食べる前に飲む、寝る前に飲むなど、自分の生活習慣の中で無理なく取り入れられるタイミングを決めてしまうのもいいでしょう。最近はお茶替わりに飲める味の青汁もあるので、食べるときのお茶代わりに飲むのもおすすめ。

青汁の選び方

まずは原料やほかの成分をチェックして自分の目的に合った青汁かどうかを選びます。その際に、飲みやすくするために人工甘味料が加えられているものもあるので、苦手な方は避けましょう。安全性を重視する場合には、有機JAS認定や無添加の表記があるものがおすすめ。そして一袋当たりのコスパも飲み続けるにあたっての重要なポイントです。

おすすめの青汁15選!人気商品をご紹介!

■極の青汁

おすすめの青汁15選!人気商品、1番目は「極の青汁」です。
販売開始から売上を3億杯(※1)突破した多くの人に選ばれている青汁です。厳選した素材で作った青汁をおいしく続けて欲しいという思いから生まれた、こだわりの宇治煎茶と宇治抹茶が配合された上品でほんのり甘いお抹茶風味の青汁です。
熊本県阿蘇など(※2)の国産の大麦若葉、屋久島などの国産の明日葉を使用し、野菜の力を引き出すポリフェノールのケルセチンプラスを配合。野菜の力を余すことなく取り込むことができます。フラクトオリゴ糖配合でほんのりとした甘みがあります。フラクトオリゴ糖はビフィズス菌の餌になる成分でもあり、野菜の食物繊維とともにスッキリとした毎日をサポートしてくれるのも魅力。毎日おいしく続けられます。

(※1)2004年5月~2020年6月。サントリーウエルネスの青汁商品累計。1杯に1包使用。
(※2)2016年の年間使用量ベース

極の青汁

定期便価格(30包):3,499円(税込)

■ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 <キトサン>

おすすめの青汁15選!人気商品、2番目は 「ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 <キトサン>」です。
悪玉コレステロールが気になる方におすすめの青汁です。青汁の健康飲料は数多くありますが、ヘルスマネージ 大麦若葉青汁<キトサン>にはコレステロールの吸収を抑え、血清コレステロール、特にLDL(悪玉)コレステロールを低下させる働きのあるを配合。キトサンは今では広く知られている、カニやエビの殻に含まれるキチン由来の不溶性食物繊維。この青汁ならキトサンをおいしく取ることできます。
農薬不使用の大麦若葉を使用し、トクホの認可一品です。お得な定期購入について、公式サイトをチェックしてください。

ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 <キトサン>

定期コース初回限定価格:980円(税込)

■ヘルスマネージ 乳酸菌青汁

おすすめの青汁15選!人気商品、3番目は 「ヘルスマネージ 乳酸菌青汁」です。
青汁と乳酸菌を一度に取れる青汁です。野菜不足が気になる方や、おいしい青汁を飲みたい方におすすめです。青汁の原料である大麦若葉には鉄分やビタミンB2、葉酸が豊富に含まれています。そこへさらに乳酸菌を1杯につき約200億個配合。食物繊維は不溶性と水溶性がバランスよく配合されています。
飲み方は、粉末1袋につき100㎖程度の水やお湯に溶かし、1日1~3袋を目安に取ります。定期購入を申し込むと便利なシェイカーが付いてきます。

ヘルスマネージ 乳酸菌青汁

定期コース初回限定価格:980円(税込)

■ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 難消化性デキストリン

おすすめの青汁15選!人気商品、4番目は 「ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 難消化性デキストリン」です。
食後の血糖値が気になる方におすすめで、特定保健用食品、いわゆるトクホの表示許可を得ている商品です。
大麦若葉青汁に、食後の糖の吸収を穏やかにする「難消化性デキストリン」を配合。難消化性デキストリンとは、トウモロコシのデンプン由来の水溶性食物繊維です。植物由来の成分で食後の糖の吸収を穏やかにする効果が期待できるのはうれしいですね。
ベースは青汁なので、食物繊維やビタミン・ミネラルを補えるのはもちろんです。味は抹茶配合でおいしく飲みやすいと好評。リピート率の高さや口コミについて、公式サイトでご確認ください。

ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 難消化性デキストリン

初回限定価格:980円(税込)

■リッチグリーン

おすすめの青汁15選!人気商品、5番目は「リッチグリーン」です。
数ある健康食品の中でも、青汁が人気なのはなぜでしょうか? その理由は野菜不足と酵素不足を補えるから。
日々必要量の野菜を取らなければビタミンやミネラルが不足し、加齢と共に減少する酵素を補わないと代謝が落ちるといわれています。酵素は熱に弱いため、生野菜などから摂取することが勧めれますが、残念なことに野菜の栄養は体に吸収されにくいんです。リッチグリーンなら酵素を手軽に補えます。味は子どももおいしく飲めると好評なので、是非試してみて下さい。

リッチグリーン

定期便初回価格:1,990円(税込)

■モリンガ青汁

おすすめの青汁15選!人気商品、6番目は「モリンガ青汁」です。
ポッコリやお腹が張る、太りやすいなどお腹の悩みを持つ女性におすすめの青汁です。人が必要としている栄養素の90%以上を含んでおり、青汁の主原料として有名な大麦若葉よりも35種類以上もの栄養素を含んでいるスーパーフードのモリンガを配合。さらに、森永乳業の研究で誕生した粉末化された生きたまま腸まで届く善玉菌や、免疫力アップで知られるシールド乳酸菌なども配合されており、腸内フローラを整えて、体の中から毎日のスッキリと健康をサポートしてくれます。また、青汁特有の苦みなどがなく、オリゴ糖のほのかな甘みで、野菜が苦手な人もごくごく飲める美味しさも大きな魅力です。

モリンガ青汁

定期便初回価格:1,382円(税込)

■やわた本青汁

おすすめの青汁15選!人気商品、7番目は「やわた本青汁」です。
栄養バランスや野菜不足が気になる人、毎日快適に過ごしたい人、品質は気になるけれども値段も気になる人におすすめの青汁です。食物繊維やミネラル、ビタミン、アミノ酸がたっぷり含まれた農薬不使用の国産大麦若葉を主原料にしています。また、1杯に乳酸菌を150億個とみかん1個分(※)のビタミンCも配合し、スッキリとした毎日をサポートしてくれます。厳しい管理体制のもとで作られているので、毎日抵抗なく飲むことができるのも魅力の一つ。そのまま水に溶かすのはもちろんのこと、牛乳やヨーグルトに混ぜるなどアレンジも自由自在です。
※1 日本食品標準成分表2015年版(七訂)、日本食品分析センター調べ/1袋当たりとの比較

やわた本青汁

定期購入:1,944円(税込)

■プレミアムメンズ青汁

おすすめの青汁15選!人気商品、8番目は「プレミアムメンズ青汁」です。
1日1杯で働き盛りの男性に不足しがちな栄養素を補うことができる青汁です。九州の広大な地で大切に育てられた9種の野菜を濃縮配合。特に主原料となっている農薬不使用栽培の大麦若葉は多くの栄養素を含み、毎日のスッキリサポートも行ってくれます。さらに、アクティブな毎日に欠かせないビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ナイアシン、亜鉛の5種のスタミナ成分と、理想のパフォーマンスを引き出してくれるタウリン、黒胡椒、生姜、ローヤルゼリー、発酵紅参、黒生姜の6種の活力成分、乳酸菌も配合。水に溶けやすく体に吸収されやすい粉末にし、青臭さやえぐみを抑えて飲みやすく仕上げました。1回分ずつスティックになっているので鮮度も保たれ、持ち運びにも便利です。

プレミアムメンズ青汁

定期お届けコース価格:3,888円(税込)

■ぎゅぎゅっと活菜青汁 乳酸菌プラス(31袋)

おすすめの青汁15選!人気商品、9番目は「ぎゅぎゅっと活菜青汁 乳酸菌プラス(31袋)」です。
日本のスーパーフードともいわれる桑葉が入ったおいしい青汁です。1日350g以上、目安としては、小鉢で5皿から6皿ほどの野菜の摂取が推奨されていますが、なかなかそれだけの野菜を食べることは難しいのが現実。この青汁は、350g以上の野菜に相当する栄養素を1杯で補うことができる優れものです。(※ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンCに限る)
栽培期間中は、農薬や化学肥料を一切使わず、大切に育てられた桑葉と20種の野菜を配合し、色とりどりの野菜の栄養素をこの1杯に詰め込みました。また、乳酸菌をヨーグルト3個分の300億個配合!(※ヨーグルト1個100gあたり100億個の乳酸菌を含むとして)特許製法により桑葉の栄養を最大限に活かしているのもポイントです。

ぎゅぎゅっと活菜青汁 乳酸菌プラス(31袋)

定期初回特別価格:980円(税込)

■日本薬健 スーパーフルーツ青汁ダイエット

おすすめの青汁15選!人気商品、10番目は「日本薬健 スーパーフルーツ青汁ダイエット」です。
置き換えダイエットによるカロリー制限に使える青汁で、若い女性から特に人気の商品です。ザクロやアサイーなどの6種類のスーパーフルーツと、モリンガやアマランサス、キヌアなど9種類のスーパーフードに九州産の大麦若葉を配合した青汁。マンゴー風味のフルーティな味で、青汁の青臭さや苦みが苦手という方におすすめです。

日本薬健 スーパーフルーツ青汁ダイエット

■ヤクルト 私の青汁

おすすめの青汁15選!人気商品、11番目は「ヤクルト 私の青汁」です。
畑からこだわった原材料で、生産者の顔が見える青汁。大麦若葉の生葉をできるだけ加熱せずに丁寧に絞って粉末化しています。食物繊維を豊富に含んだ青汁なので、スッキリせずに悩む方におすすめしたい商品。本来の青汁らしい甘みのない味わいなので、男性からも支持されています。牛乳や豆乳に混ぜて飲むのも良いでしょう。

ヤクルト 私の青汁

■Asahi フルーツ酵素青汁

おすすめの青汁15選!人気商品、12番目は「Asahi フルーツ酵素青汁」です。
国産の大麦若葉とケールに48種類の植物発酵エキスを加えた青汁。さらにプラセンタやヒアルロン酸、乳酸菌も配合されており、美容を気にする女性はもちろん野菜が不足しがちな方や不規則な生活の方にも人気。ミックスフルーツのフレーバーなので適度な甘みもありお子さんでも飲めるほど飲みやすく、牛乳で割るのもおすすめです。

Asahi フルーツ酵素青汁

■新日配薬品 自然の極み青汁

おすすめの青汁15選!人気商品、13番目は「新日配薬品 自然の極み青汁」です。
大麦若葉やケール、ゴーヤ、明日葉を丸ごと使用し微粉砕した青汁。国産の材料だけを使い、香料や着色料は一切使用しないこだわりです。とにかく日ごろの野菜不足を補いたいという方におすすめで、男性からも人気のある青汁です。甘みが付いていないタイプなので、スープなどの料理にもアレンジして使えます。

新日配薬品 自然の極み青汁

■Asahi 大麦若葉+酵素

おすすめの青汁15選!人気商品、14番目は「Asahi 大麦若葉+酵素」です。
カリウムやカルシウム、マグネシウムを豊富に含んだ九州産の大麦若葉と活性型酵素を配合した青汁。野菜不足が気になる方におすすめです。クセがなく、サラッとした舌触りで飲みやすいと口コミ評価も高く、コスパも良いので初めて青汁を飲む方にもおすすめできます。また水にとけやすく、携帯にも便利なスティック型です。

Asahi 大麦若葉+酵素

■山本漢方製薬 大麦若葉粉末100%

おすすめの青汁15選!人気商品、15番目は「山本漢方製薬 大麦若葉粉末100%
」です。
青々とした大麦若葉を刈り取り、独自の滅菌処理を施した後、超微粉末加工をしているので栄養成分が濃縮され、ビタミンやミネラルも多く含んでいます。抹茶のような風味と味わいで、嫌な青臭さが控えめになっているので、冷たい水に溶かして飲むのもおすすめ。野菜不足や健康意識の高い方におすすめです。

山本漢方製薬 大麦若葉粉末100%

人気商品の青汁をもっと紹介します!

■伊藤園 毎日1杯の青汁 糖類不使用

次に紹介する人気商品の青汁は「伊藤園 毎日1杯の青汁 糖類不使用」です。
大麦若葉やホウレンソウ、ブロッコリー、ケールなどの野菜を伊藤園ならではの緑茶でスッキリと飲みやすく仕上げた青汁。お子さんをはじめ、家族みんなで飲めると人気です。しかも糖類は不使用なので、糖質が気になる方にもおすすめ。みんなに嬉しい食物繊維、乳酸菌、酵素も含まれています。

伊藤園 毎日1杯の青汁

■井藤漢方製薬 メタプロ青汁

次に紹介する人気商品の青汁は「井藤漢方製薬 メタプロ青汁」です。
食事と一緒にとることで、気になる食事の脂肪や糖の吸収を抑え、おなかの調子を整えてくれる青汁です。1日目安一袋当たり、食事に含まれる脂肪や糖の吸収を抑える効果と、お腹の調子を整えてくれる効果が報告されている、機能性表示食品の難消化性デキストリンが5,000mg配合されています。また、青汁の成分として有名な大麦若葉に、桑の葉、明日葉、クロレラ、モロヘイヤをブレンド。抹茶風味で老若男女問わずおいしく味わうことができ、牛乳や豆乳、ヨーグルトなどに混ぜたり、料理やお菓子作りに使用するなどアレンジも無限大です。

井藤漢方製薬 メタプロ青汁

■伊藤園 毎日1杯の青汁 まろやか豆乳ミックス

次に紹介する人気商品の青汁は「伊藤園 毎日1杯の青汁 まろやか豆乳ミックス」です。
不足しがちなカルシウムと野菜の栄養素をおいしく気軽に取ることができるほんのり甘くてまろやかな青汁です。大麦若葉、緑茶、ブロッコリー、ホウレンソウ、ケールの5種類の国産野菜と豆乳、蜂蜜入り。無香料・無着色、保存料無添加、国内生産のこだわりです。スティックタイプなので、持ち運びなどにも便利です。1包に大麦若葉が約30枚も使用されているので、野菜不足が気になる人にピッタリです。青臭さも抑えられ、甘くてまろやかな味わいなので、野菜が苦手な人もOK!小さな子どもからお年寄りまでみんながおいしく続けることができます。

伊藤園 毎日1杯の青汁 まろやか豆乳ミックス

■まんぷく美人青汁

次に紹介する人気商品の青汁は「まんぷく美人青汁」です。
コップ1杯でおいしくたっぷりの栄養をとりながら、満腹感も得ることができる青汁です。2種類のグルコマンナンが配合されているので、お腹の中で水分を吸って何倍にも膨らみ、満腹感を持続。青汁の主成分として人気のクセのない大麦若葉を採用し、まるでフルーツジュースのようなフレーバーに仕上げています。今話題のスーパーフードのココナッツオイルやモリンガ、さらに112種類もの酵素や乳酸菌、食物繊維をブレンドし、毎日のスッキリもサポートしてくれます。

まんぷく美人青汁

■日本薬健 金の青汁 純国産大麦若葉

次に紹介する人気商品の青汁は「日本薬健 金の青汁 純国産大麦若葉」です。
国産青汁市場大麦若葉部門100%部門で、5年連続売り上げナンバーワン(※)を獲得している人気の青汁です。九州の契約農家によって大切に育てられたこだわりの無農薬栽培の純国産大麦若葉100%。美味しさと鮮度にとことんこだわり、収穫から24時間以内に加工した、フレッシュでまるで抹茶のように飲みやすい製品です。国内工場で作られ、残留農薬と放射能検査済み!そのまま飲むのはもちろんのこと、料理やスイーツなどに使用するのもおすすめで、おいしく毎日の野菜不足解消を叶えることができます。
※ TPCマーケティングリサーチ調べ、2020年のメーカー出荷

日本薬健 金の青汁 純国産大麦若葉

■オリヒロ クマ笹青汁

次に紹介する人気商品の青汁は「オリヒロ クマ笹青汁」です。
オリヒロ クマ笹青汁は、北海道産クマ笹を使用した食物繊維が豊富でスッキリした味わいの飲みやすい青汁です。北海道産のクマ笹は、一般的なクマ笹より葉厚が大きく、アミノ酸やミネラル類を多く含んでいるとされています。水溶性食物繊維の一種である難消化性デキストリンを配合していて、クセがなく独特の甘さがあり、カロリーも1回分7kcalとダイエットにもおすすめです。

オリヒロ クマ笹青汁

まとめ

今回ご紹介した人気の青汁は、原材料や製法などにこだわっている商品ばかり。野菜が苦手な方やご年配の方まで、家族みんなで飲みやすい青汁も多いので気になる方はぜひトライしてみてください。手軽に続けられる健康習慣として、早速毎日の生活に取り入れてみましょう。

青汁の基礎知識&おすすめ情報

  • 青汁の選び方について

    青汁はそれぞれ原料や成分が違うので、比較して目的に合わせて選びましょう。継続するにはコスパも大切なポイントです。安全性が気になるなら有機JAS認定や無添加のものを選びましょう。

    便秘解消やダイエットは食物繊維やカリウムが豊富なもの、子どもの野菜不足解消には果物を使ったものがおすすめ。妊活や妊婦さんが飲むなら糖類の多いものは避けましょう。

  • 青汁の様々な種類について

    青汁には原料や成分によって様々な種類があり、酵素や乳酸菌が入っているタイプもあります。形状で言えばスタンダードな液体の他に粉末で水に溶かして飲むタイプもあり、こちらは持ち運びに便利です。

    そのまま食べられるゼリータイプや錠剤の青汁もあります。錠剤タイプは青汁の味が苦手な人でも飲みやすいですが、吸収が遅いという点がデメリットです。

  • 青汁の原材料とは?

    国産の青汁は「ケール」「大麦若葉」「明日葉」の3つが原材料のベースに使われているものが多いです。それぞれ味わいや栄養価が違うので、青汁を選ぶ際の参考にすると良いでしょう。

    ケールは苦みは強いですが栄養価が高く、大麦若葉は甘くて飲みやすいのが特徴。明日葉は程よい飲みやすさで食物繊維が豊富です。

  • 青汁の飲み方

    青汁は薬ではないので、飲む時間に決まりはなく好きな時に飲んで大丈夫です。ただし、目的や期待している効果があるなら、それに合わせたタイミングで飲むと良いでしょう。

    便秘解消なら朝一番がおすすめ。起床後に青汁を飲むことで便意を促す効果が期待できます。糖尿病予防やダイエット目的なら食前に飲むことで食事の量を減らすことができるのでおすすめです。

  • 毎日飲み続けるコツ

    青汁は一気にたくさん飲んでも意味がありません。適切な量を毎日飲み続けてこそ効果が期待できるのです。飲む時間を決めることで習慣化してしまのがおすすめです。

    飲み方の工夫も習慣化のポイント。お菓子が止められない方は甘い青汁をおやつ代わりに飲んだり、ダイエット中の方は朝ごはんを青汁スムージーにしたりするのも良いでしょう。

関連する記事

詳しく

おすすめの青汁豆乳!人気商品を紹介

毎日の健康管理は、基本中の基本。規則正しい生活とバランスの良い食事、適度な運動とストレスをためないことが大切です。とは言っても忙しい毎日の中で、理想的な生活を送るのは大変!栄養バランスとカロリーを計算して食事をするのもなかなか難しいという人も多いはずです。特に野菜不足は深刻で、毎日の推奨量を摂取できている人は非常に少ないのだそう。そんな特に活躍してくれるのが青汁です。日々の食事にプラスして足りない野菜を補ってくれる青汁は、以前からブームになっており取り入れている人も多いかと思います。そして、近年健康食品として注目を集めているのが豆乳。特に女性に嬉しい栄養素がたっぷりの豆乳もぜひ毎日とりたいところです。そんな青汁と豆乳の栄養を一度に気軽に摂取できるのが青汁豆乳!今回は、おすすめの青汁豆乳を紹介しますので、ぜひ毎日の食事に取り入れてみて下さい。

詳しく

ホットで飲みやすい人気青汁15選!冬の体調管理におすすめ

青汁は緑色野菜が使われておりビタミン・カルシウムやマグネシウムなどのミネラル・食物繊維が豊富に含まれており健康に良い飲み物です。健康管理のために毎日取り入れている方も多いでしょう。青汁には加熱処理タイプと非加熱処理タイプの2種類があります。ホットで青汁を飲みたい場合は加熱処理タイプのものがおすすめ。 酵素を優先して摂取したい場合は非加熱処理タイプのものを選ぶと良いでしょう。加熱処理がされた青汁はホットとして飲むのはもちろんホットケーキなどのメニューに活用するのもおすすめです。そこで今回はホットでもおいしく飲むことができたり、温かい料理に活用ができる青汁を15選紹介します。

詳しく

ビタミンを手軽に摂取できるおすすめ青汁14選!

健康に良いドリンクとして知られているのが青汁です。青汁には野菜の王様と呼ばれるケールなど栄養豊富な野菜が使用されており、継続して飲むことで身体の内側から健康にしてくれます。青汁と言えば独特な苦みが特徴的で継続して飲むは難しいと思われがちですが、味や香りなど研究が進められており飲みやすく美味しい青汁が多く販売されています。 青汁はビタミンやミネラルなどの栄養素も多く含まれているので美容効果も得られることができ、女性にも人気があるのでおすすめです。どのような青汁があるのかをこちらで紹介しているのでぜひ参考にしてください。

詳しく

肌荒れにおすすめの青汁14選|人気商品ランキングを紹介

健康や美容に良いドリンクとして知られているのが青汁です。青汁は野菜の王様と呼ばれるケールや大麦若葉など栄養豊富な野菜が使用されています。青汁と言えば独特な苦みがあり継続して飲むのは難しいと思われがちです。しかし味や香りなど研究が進められており美味しく飲める青汁が販売されています。青汁はビタミンやミネラルなどの栄養素も多く含まれているので肌荒れに悩んでいる方にもおすすめのドリンクです。食物繊維が豊富に含まれているので便秘を解消し体の内側からキレイになれるので特に女性に人気があります。こちらでは飲みやすくて美味しい青汁を紹介しています。

詳しく

食物繊維たっぷりおすすめの青汁16選!人気商品を紹介

健康に良いドリンクとして知られているのが青汁です。青汁は大麦若葉・ケール・明日葉・桑の葉など緑色野菜が使われており栄養が豊富に含まれていることから毎日欠かさず飲んでいるという方が多くいます。青汁にはビタミンやミネラル、食物繊維が含まれており美容にも良いといわれます。青汁は苦みがあるので飲みづらいと思われていますが、ごくごくと飲みやすい青汁が販売されています。こちらの記事では野菜不足に悩む方の栄養補給におすすめの青汁を紹介しています。また、青汁使ったアレンジレシピも簡単に紹介しているので参考にしてください。

詳しく

飲みやすいおすすめの青汁20選!人気商品はこちら

青汁はケールや明日葉、桑の葉などの緑色野菜を絞った汁のことで各メーカーから様々な商品が販売されています。青汁は色々な栄養素がギュッと詰まっており大変栄養豊富な飲み物です。毎日の食事に取り入れることで手軽に栄養を摂取することができるので老若男女問わず人気があります。 見た目のイメージから青汁はまずい、飲みにくいと感じている方は少なくありません。今や青汁は味や香り、口当たりなど研究が進んでおり美味しくて飲みやすい青汁が開発されています。こちらの記事では栄養豊富な青汁について説明をしています。飲みやすい青汁を紹介しているので商品を選ぶ際の参考にしてくさい。

詳しく

青汁を飲むとどんな効果がある?栄養成分と悩み別の飲み方まとめ

以前よりも飲みやすくなった青汁は、いつもの食事に手軽にプラスできる健康食品のひとつです。ケールで作られた青汁がもっとも有名ですが、抹茶風味の大麦若葉や血圧上昇を抑える成分の多い桑の葉、身体を温めてくれるよもぎなど、原料によって含まれる成分は異なります。青汁の栄養成分と効果を知って、より健康的な身体を目指しましょう。そして飲むタイミングを少し気をつけるだけで、青汁の効果はさらに高まります。自分の健康の悩みに合わせて、青汁の飲み方を変えてみましょう。たとえばダイエットしたい方は朝の食事前、美肌を目指す方は夕食時に飲むのがおすすめです。

詳しく

お試しできる青汁おすすめ14選*人気商品を紹介

健康に良いとされる青汁。現代人の不足しがちな野菜の栄養素を手軽に取れると人気の商品です。味は、美味しく飲めるのかな、続けられるかなと思っている人も多いと思います。試してみないと飲み続けられるか心配と思っている人におすすめなのが青汁のお試しセットです。1週間分が1,000円以下で試せるセットが多くあります。無料で提供しているメーカーもあります。1回飲んでみないと続けられるか心配と思っているあなたに、お試しセットを提供している商品を紹介します。日々の食生活に青汁を取り入れてみませんか。 今回はそんな、お試しできる青汁おすすめ15選を紹介します。

詳しく

おいしい青汁おすすめ15選*人気上位を紹介

CMでもお馴染みの青汁は人間の身体に必要な栄養をたくさん含んだ健康食品です。普段の食生活で不足しがちなビタミンやミネラルなどの栄養素を効率よく補給できるので体調を整えるのにもピッタリです。しかし、青汁といえば苦くて飲みにくいことで知られています。良薬口に苦しと昔から言うように従来の青汁は苦くて子供は飲みにくいドリンクでした。近年は改良が進んで、美味しくて飲みやすい青汁が登場しています。 そこで今回は美味しくて飲みやすい青汁を紹介する記事を作成してみました。順で紹介しているので参考にしてみてください。

詳しく

乳酸菌入り青汁のおすすめ18選*人気商品を紹介

健康食品として知られている青汁にはビタミンやミネラルなどたくさんの栄養が含まれています。不足しがちな栄養も青汁を飲むことで摂取できるため、バランスの良い食生活をサポートしてくれます。中でも近年注目されているのが乳酸菌入りの青汁です。乳酸菌は腸内環境を整え、代謝を向上させたり、免疫力をアップさせたりするとされています。青汁に配合させることで効率よく乳酸菌も摂取することができます。 この記事は青汁に関するトピックスや乳酸菌入りのおすすめ青汁を紹介する記事です。ぜひ参考にしてみてください。

詳しく

安い青汁おすすめ15選*人気上位を紹介

青汁にはビタミンやミネラルなど人間の身体を健康にサポートしてくれる栄養素がたくさん含まれています。普段の食事で不足しがちな栄養を青汁を飲むことによって補給することができるので食生活の乱れを感じている人にもおすすめです。近年は苦みを抑えた飲みやすい青汁も登場しているので子供から大人まで飲むことができます。毎日飲み続けることで効果を実感できるようになるのですが、青汁生活を継続させるためにも金銭面は重要な項目です。 今回は安くておすすめの青汁を紹介する記事を作成してみました。おすすめポイントも紹介しているので参考にしてみてください。

詳しく

ダイエット中におすすめの青汁13選!きれいを目指そう!

青汁には、不足しがちな栄養成分が豊富に含まれています。食物繊維が含まれている青汁は、食事の前に飲む事で血糖値の上昇が緩やかになるといわれています。青汁には、ヒアルロン酸などの女性にはうれしい美容成分が含まれている青汁もあります。ダイエット中に不足しがちな栄養素を補う事もできます。フルーツが含まれている飲みやすい青汁は、置き換えダイエットとしても使用できます。そんな青汁は、種類や栄養成分も様々です。上手にダイエット時に青汁を取り入れてみてはいかがでしょうか。 今回はダイエットに励むあなたをサポートしてくれる青汁を紹介します。

ピックアップ記事

運営会社