おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

台湾でおすすめの観光スポットまとめ:魅力的な台湾を遊び尽くせ!

東アジアに位置する台湾は、台湾島を中心とした77の付属島嶼からなる地域です。日本の琉球列島(八重山諸島)の西方の海上にあり、与那国島とは約110㎞の距離。総面積は36,193 k㎡、人口は約2,353万人です。最大の都市は台北(タイペイ)で、事実上中華民国の首都としての機能を果たしています。住民は大多数が漢民族ですが、高地や離れには16の「高山族」が住んでいます。 公用語は中国語で、宗教では信仰の自由が保障されており、道教・仏教・キリスト教などが特に盛んです。ユネスコに加盟していない「中華民国」の統治下にある台湾では、世界遺産が1つも登録されていません。ただし現在、世界遺産登録に向けた準備が進められています。候補となっているのは、自然遺産「太魯閣国家公園」など6ヶ所、文化遺産「卑南遺跡及び都蘭山」など11ヶ所です。

続きを読む

更新日: 2024年3月3日

広告

本ページではプロモーションが含まれます
当サイトでは施設やサービス(以下、サービス等)の掲載にあたり、ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任においてサービス等を選定しおすすめアイテムとして紹介しています。

なお当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、オンライン旅行代理店やレストラン予約サイトが提供するアフィリエイト・プログラムに参加し、サービス等の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。掲載の順番はサービス等の提供会社により支払われる報酬も考慮されている場合があります。

台湾のエリアから選ぶ

台北

九份

高雄

台南

台中

基隆

台湾でおすすめの観光特集

東アジアに位置する台湾は、台湾島を中心とした77の付属島嶼からなる地域です。日本の琉球列島(八重山諸島)の西方の海上にあり、与那国島とは約110kmの距離。総面積は36,193 k㎡、人口は約2,353万人です。最大の都市は台北(タイペイ)で、事実上中華民国の首都としての機能を果たしています。住民は大多数が漢民族ですが、高地や離れには16の「高山族」が住んでいます。そんな台湾でおすすめの観光情報をご紹介します。

台湾でおすすめのグルメ特集

台湾料理は、油を使ったメイン料理、揚げ物や炒め物が多く見られます。また、八角などの香辛料や、パクチーなどの香菜など独特の臭いのする調味料や、漢方を取り入れた料理が特徴です。
全ての料理が油っこく、匂いが強い食べ物ばかりではないので、屋台や小規模の飲食店=小吃(シャオチー)では醤油が基本の日本人好みの味付けの料理も楽しめます。
具材は牛・豚・鶏の肉類や、牡蠣・えび・あさりなど魚介類、ネギ・青菜の野菜など幅広い食材を使っています。
高級感より、家庭的な味が主流の台湾料理です。台湾スイーツは日本で見かけない珍しい食材を使い、目を見張るものもあります。

台湾でおすすめのホテル特集

台湾での滞在に便利な、おすすめのホテルを紹介します。その国独自の文化や雰囲気を楽しめる宿での滞在時間は、海外旅行の楽しみのひとつ。自分の旅行イメージに合わせて、どこに滞在しようか、どんな過ごし方をしようかと想像するだけでも、旅行前のうきうきした気分が膨らみますね。
台湾の宿泊施設には種類がいろいろあり、選択肢も豊富。旅先で余計なことに心をわずらわせたくない人には、サービスの行き届いた高級ホテルや大手チェーンのホテルがおすすめです。また、できるだけ宿泊費を抑えたいのであればホステルやゲストハウスなどの簡易宿泊施設に泊まるのもひとつです。
理想の旅行スタイルが固まれば、おのずと泊まりたいホテルの種類も決まってくるはず。じっくり考えて、自分のイメージにぴったりのホテルを選びましょう。

台湾のアクティビティランキング

日本との時差は1時間ほどで、1年を通して温暖な気候の台湾。異国情緒あふれる街並みや活気のある夜市、近代的な高層ビル、歴史と伝統が感じられる建造物、自然豊かな山岳地帯など、各所に見どころがあります。
ジブリ映画『千と千尋の神隠し』のモデルとも言われる九份ではノスタルジックな夜景が楽しめ、台湾のウユニ塩湖と称される台中の高美湿地など、写真映えするスポットのオプショナルツアーも人気です。ダイナミックな自然風景のタロコ渓谷、博物館巡りの現地ツアーもあり、目的に合わせて楽しめます。

台湾でおすすめの体験ランキング

日本と台湾の時差

03月03日 6時30分00秒

台湾/台北と日本/東京との時差は、1時間です。
日本の方が、1時間進んでいます。

台北の時差を詳しく見る

台湾の為替

1ニュー台湾ドルは 4.75円

※2024年3月3日の為替価格です

台湾の週間天気

台湾の基本情報はこちら

台湾の気候は?朝晩の寒暖差にご注意!

南北に細長い地形を持つ台湾は、北部は亜熱帯気候、南部は熱帯地域と分かれます。暑い時期は日本よりも長く続き、その分冬は短め。具体的には3月から5月は春にあたり、朝晩はまだまだ冷え込む形。特に5月下旬あたりから梅雨入りすることが多いので、折り畳み傘などがあればいいでしょう。6月から8月は台風シーズンとなり、連日35度以上と本格的に暑くなってきます。9月から11月は徐々に温度は下がってきますが、思いがけず30度以上になる日も。冬になる12月から2月は小雨もぱらつき、肌寒くなるのでセーターなどが必要です。どの季節も朝晩の寒暖差は少なくないので、ストールなどの羽織ものを一枚持参すると重宝するでしょう。

台湾の物価事情?食事の相場はこのくらい!

台湾には日本同様、チップの習慣はありません。ある程度のホテルやレストランになるとあらかじめ10~15%のサービス料がプラスされるので、請求どおり支払えばそれでOK。ただし、無理を聞いてもらった時などには100台湾元程度チップを渡すとスマートです。また気になる物価事情ですが、現在台湾は上昇傾向にあります。たとえばコンビニではコーヒーSサイズやおにぎりが25台湾元(約100円)と、日本とそれほど変わらない印象。ですが屋台や地元の食堂ではタピオカドリンクが30台湾元(約120円)、小籠包が10個100元(約376円)と、かなりリーズナブルに楽しめます。

台湾と言えば夜市!どこでやってるの?

台湾のイメージを凝縮したようなスポット、夜市。夜市とは文字通り、夕方から真夜中にかけてオープンする数々の屋台や雑貨店、移動販売店などが集まったエリアです。南国特有の陽気さと独特の雰囲気が体感できると、観光客に人気の場所。夜市は台湾各地にあり、中でも台北にある士林夜市(シーリンイェシー)と饒河街夜市(ラオハージェイェシー)、寧夏夜市(ニンシャーイェシー)は台北三大夜市と呼ばれています。三大夜市で最も有名なのは、士林夜市。ここは深夜まで活気にあふれ、台湾ソーセージや台湾風さつま揚げ、カキ氷といった屋台グルメがびっくりするほど安い値段で食べられるスポットとしても知られています。

台湾の首都台北!日本人が必ず訪れる観光地は?

台北を代表する観光地は、国立故宮博物院。蒋介石が北京から収集した国宝が多く並ぶこの博物館は、メトロポリタンやルーヴル、エルミタージュと並んで世界4大博物館と言われています。またパワースポットとしても知られる龍山寺は、台北で最も古いお寺。子宝・恋愛・商売などにご利益があるとされ、さまざまな国の人々が熱心にお祈りをしています。お寺の周辺は骨董品店や古い市場などが多く建ち並んでおり、お土産探しにも最適。そして台北市内で真っ先に目を引くのは東アジアで最も背の高い建物、台北101です。台北きってのランドタワーで、91階の展望台から眺める夜景はきっと旅の思い出に残ることでしょう。

台湾旅行での移動手段は何があるの?

台湾では電車や地下鉄、バス、また台湾新幹線といったさまざまな移動手段があります。中でも台北や高雄では観光地をほとんど網羅している地下鉄の利用が便利。車体やホームもきれいで、快適に移動できます。また観光地を効率よく結ぶオープントップバスのような観光バスもおすすめ。のんびりと風景を眺めながら移動を楽しめます。また台北から高雄までと少し遠出をしたいなら、台湾新幹線が快適。これを使えば台中まで約1時間、高雄まで約2時間なので、日帰り旅行も十分可能です。また2018年12月には新北市にライトレールと呼ばれる路面電車が開通し、台南でも2024年にモノレールが開通予定と、より移動が便利になりつつあります。

本場の台湾グルメを食べましょう!

おいしいものが勢ぞろいしている台湾には、絶対食べるグルメが数多くあります。まず定番は「鼎泰豐(ディンタイフォン)」の小籠包。もちろん台湾では屋台や食堂でも絶品小籠包は食べられますが、ここはまさに絶品。少し値段はお高め設定ですが、ぜひ試してもらいたい一品です。その他「CoCo都可」もおすすめ。ここの「タピオカ&ナタデココ パッションフルーツティー」は、タピオカやナタデココ、そしてパッションフルーツの種というそれぞれ違った食感の組み合わせが新鮮で、台湾でも大人気のドリンクです。もちろんSNS映えも抜群。この店は日本にも進出しているので、飲み比べてみるのも楽しいですね。

台湾好きに人気!台湾南部の魅力とは?

台湾南部は、台湾最大の貿易港がある高雄をはじめとした南国ムード満点の雰囲気が魅力。特に台湾最南部に位置する墾丁(ケンティン)はビーチリゾート地として人気ですが、台北の反対側にあるので日本人観光客が少ない穴場でもあります。南部のメイン都市・高雄は中心を流れる愛河が町を二分しており、西が旧市街で東が新市街。旧市街では老舗店が建ち並ぶグルメストリートを散策したり、新市街では六合観光夜市や三多商圏をのぞいたりと、見ごたえたっぷりです。また郊外には蒋介石の別荘地だった澄清湖と呼ばれる広大な湖があり、その広さは1日ではとても回れないほど。敷地内には核シェルターを利用した水族館があり、人気の観光スポットとなっています。

台湾でおすすめの観光スポットをエリア別に紹介

台北でおすすめの観光スポットを紹介

■台北101展望台

台北101展望台は台湾の首都、台北にあるランドマークです。MRT「台北101/世貿」駅4番出口を出ると、展望台入り口にすぐアクセスできます。展望台へのチケット売り場は5階です。チケット販売機には日本語表記も付いているので、迷わず購入できます。
台北101展望台の高さは約500mあります。展望台からは台北の景色を一望できます。地下に5階と地上に101階から成る建物で、この「101」には「100を越え、さらなる高みを目指す」という意味が込められています。展望台は88階から91階にあります。91階は屋上展望台になっており、開放感が楽しめます。下の階にはオフィスやレストランなどが入っています。

台北101展望台

台湾 / 台北 / 市政府駅周辺

台北市信義路五段7号89F
02-8101-8898
9:00~22:00(入場は21:15まで、屋外展望台は18:00まで)
なし(旧正月、連続休暇の場合は営業時間等変更可能性あり)
http://www.taipei-101.com.tw/

■国立故宮博物院

国立故宮博物院は台湾の台北にある博物館です。中国芸術工芸コレクションの質は世界一と言われているほど人気の高いスポットです。世界四大博物館と言われてるフランスのルーブル美術館、アメリカのメトロポリタン美術館、ロシアのエルミタージュ美術館に並ぶ美術館の1つです。
常時展示コレクションの数は約6000点から8000点あります。メインのコレクション以外は定期的に展示品を入れ替えており、いつ来ても新鮮な気持ちで楽しめます。
国立故宮博物院は1925年に作られました。2007年と2011年に改装されています。国立故宮博物院はベビーカーと車椅子を無料で貸し出ししています。日本語の音声ガイドサービスも行っています。

国立故宮博物院

台湾 / 台北 / MRT士林駅

台北市士林区至善路二段221号
886-2-2881-2021
展覧館8:30〜18:30/夜間展示18:30〜21:00(金土のみ)/図書文献館9:00〜17:00/至善園8:30〜18:30(11〜3月は17:30まで)
展覧館:無休/図書文献館:日曜、祝祭日/至善園:月曜
http://www.npm.gov.tw/ja/Article.aspx

■士林夜市(シーリンイエシー)

士林夜市(シーリンイエシー)は、台北に数ある夜市の中でも最大規模を誇る人気夜市です。
MRTの劍潭駅から徒歩3分で多くの屋台が並びはじめ、5分歩けば夜市の中心街に到着するアクセスの良さも魅力です。中心街にあるエントランス「士林夜市」は、1階に土産物店や雑貨店などが並び、地下にはフードコートが広がる建物です。洋服やアクセサリーの店、ゲームの店などもそろっているので、迷ったらこの建物を訪れるのがおすすめです。
屋台がひしめく通りでの人気ナンバーワンは、「士林豪大大雞排」というフライドチキンの店です。フレッシュジュースの店やマンゴーかき氷の店など、スイーツも豊富に味わえます。

士林夜市(シーリンイエシー)

台湾 / 台北 / MRT士林駅

文林路と基河路の間
15:00~24:00頃/金~日11:30~翌1:00頃(店により異なる)
旧正月前後(店により異なります)
https://www.travel.taipei/ja/attraction/details/1699

饒河街夜市に関連した現地ツアーはこちら

台北は、台湾の北部にあります。台北の面積は、約272平方キロメートル、人口は260万人を超えています。台北は、急速に人口が増加しており、IT経済化や工業都市としても発展しています。
台北出身の著名人には、日本でも人気がある歌手の一青窈の姉・一青妙がおり舞台女優として活躍しています。台北を舞台にした作品には、「太陽の黙示録」があります。
台北には、観光スポットが多数あり多くの観光客が訪れています。龍山寺や普済寺などの寺廟、国立台湾博物館、台北市立美術館などがあります。現代美術館である台北当代芸術館は、日本の統治時代の建成小学校を改装したものとなっており各国から多くの観光客が訪れています。また、饒河街観光夜市や寧夏観光夜市などの繁華街も人気です。

饒河街夜市に関連した現地ツアーはこちら

■中正紀念堂

中正紀念堂は台湾の台北にあります。中正紀念堂は初代総統であった蒋介石の功績を称え、1976年から1980年に建てられました。中正紀念堂の「中正」は蒋介石の本名から名付けられています。台湾の三代観光名所の一つとして人気のあるスポットです。
中正紀念堂には蒋介石について展示している「文物展示室」、蒋介石の愛車の模型を展示している「中央通路」、当時の歴史の映像が見られるシアタールームのある「中正紀念図書館」、蒋介石の執務室を再現して1994年10月31日に完成した「故蒋介石総統紀念室 」など見どころの多いスポットです。

中正紀念堂

台湾 / 台北 / MRT中正紀念堂駅

台北市中山南路21号
9:00~18:00
旧正月
http://www.cksmh.gov.tw/

■饒河街観光夜市

饒河街観光夜市は台湾の台北にあるグルメ街です。MRT「松山駅」5番出口から徒歩すぐにアクセスできます。鮮やかな提灯が夜の街に映えます。
台湾での楽しみといえば夜市ですよね。そんな夜市でオススメなのがこの饒河街観光夜市です。饒河街観光夜市はミシュランガイドにも掲載されているほどおいしい屋台が多くあります。今回はその中の1つである、ビブグルマンのお店を紹介します。\m入り口付近にある「阿國滷味」ではスープなしの滷味のビブグルマンを提供しています。おやつとしても気軽に食べられるので、食べ歩きに最適です。他にもパパイヤミルク、海鮮の唐揚げなど台湾ならではのグルメが味わえます。

饒河街観光夜市

台湾 / 台北

八徳路四段と基隆路の交差点の東側
17:00~深夜1:00ごろ(店により異なる)
なし

■永康街

永康街は台湾の台北にある問屋街です。食べ歩きができるスポットとして観光客に人気があります。MTR東門駅5番出口から徒歩でアクセスできます。
永康街では名物の坦仔麺、小籠包、店舗があります。その中でも永康街で人気があるのはタピオカです。今回は、いくつかのお店を紹介します。「Bobii Frutii」は2018年にオープンしたドリンクスタンドです。透き通る美しい色合いのタピオカティーはSNS映えも抜群です。次に「CoCo」は、日本でも人気な黒糖タピオカミルクティーが定番なお店です。
永康街はグルメだけでなく、茶器や台湾茶、化粧品などのお店も多く立ち並んでいます。お土産にも最適です。

永康街

台湾 / 台北

台北市大安区

太魯閣国家公園に関連した現地ツアーはこちら

太魯閣は、台湾の中部花蓮県に位置しています。太魯閣周辺には一番人気の観光スポットである太魯閣渓谷があります。太魯閣渓谷は台湾の八景のひとつと言われており絶景で多くの観光客が訪れています。
美しい山や川の大自然を感じることができのんびりと過ごすことができます。また太魯閣国家公園は、山間部にあり総面積9万2千ヘクタールにも及びます。
太魯閣周辺には台湾グルメを堪能することができる東大門夜市があります。東大門夜市は2015年にオープンした夜市です。かなり大きい規模の夜市で、地元住人はもちろん各国から多くの観光客が訪れています。台湾グルメのお店の他にも、ゲームを楽しむことができるお店もあり子供から大人まで人気があるスポットです。

太魯閣国家公園に関連した現地ツアーはこちら

広告

■西門町(シーメンディン)

西門町(シーメンディン)は、台北有数の繁華街です。台北駅から1駅であるMRTの西門駅周辺に広がっていてアクセスも良好。台湾の若者文化の最先端が集結する場所であり、台湾の原宿や渋谷とも称されています。
西門街のシンボルである西門紅楼は、日本統治時代に建てられたもの。1908年に市場として建てられた赤レンガの建物は、現在は劇場やカフェなどが集まる複合施設となっています。広場前では、クラフトマーケットなどのイベントも定期的に開催されます。
メインストリートとなる漢中街でショッピングやB級グルメの屋台を楽しむのもおすすめです。タトゥーの店が集まる通りなど、個性的な店を眺めるのも楽しいです。

西門町(シーメンディン)

台湾 / 台北

台北市

■四四南村

四四南村はかつて「四十四兵工場」という工場で働く兵士とその家族が住むために政府が用意した村であり、歴史的な建造物がそのまま残ることから文化遺産保全地区に指定されています。そんな四四南村がレトロな街並みを生かした現代カルチャースポットに生まれ変わったことから、再び熱い注目を集めています。
古い住居をそのまま店舗に利用したカフェやベーグル店、雑貨店は若者を中心に人気。
無料で入ることのできる「眷村文物館」は、昔の台湾の人々の暮らしについて学ぶことができるスポットです。家電製品や日用品などが展示されていて、タイムスリップしたかのような気持ちが味わえます。

四四南村

台湾 / 台北

台北市信義区松勤街50号
9:00〜16:00
月曜日・祝日

■陽明山

陽明山は、中国の台北市郊外にある山です。周辺は陽明山国家公演として整備されていて、近年観光地として開発が進められています。
台北市内中心部からは、バスで約1時間。気軽に日帰りで向かえる山として人気があります。複数の火山から形成される陽明山は、カルデラや火山の噴火口などの奇景を楽しむことができます。数多くの温泉が湧き出る山としても知られ、ビジターセンター「冷水坑」では公衆浴場で温泉に浸かることも可能です。
腹は別荘地としての開発も進められている人気のエリア。週末には美しい夜景を見るために多くの人が訪れる夜景スポットにもなっています。

■迪化街

迪化街は台湾の首都、台北で最も歴史がある問屋街です。迪化街では漢方薬、乾物、高級食材などを売っている露店や店舗が立ち並んでいます。商品はもちろん、陳列の仕方も日本とは違うので見て回るだけでも楽しめます。
迪化街には青草茶、茅根茶、苦茶ジュースといった健康茶のスタンドがあります。テイクアウトができるので、散策のお供にぜひ飲んでみてください。青草茶はすっきりとしていて、夏場にオススメです。茅根茶は甘くて飲みやすいので、初心者にも安心です。他にも米粉湯、ビーフンのスープなどの露店もあり、食べ歩きも満喫できるスポットになっています。

迪化街

台湾 / 台北 / 迪化街

台北市1段21号
9:00〜20:00頃まで(店によって異なる)
なし

■台北霞海城隍廟

台北霞海城隍廟は台湾の台北にある寺廟です。台北霞海城隍廟には恋愛の神様、月下美人や夫婦円満にご利益のある城隍夫人などの神様が祀られています。縁結びにご利益のあるパワースポットとして観光客に人気があります。
台湾の寺廟と、日本のお寺では参拝方法が異なります。日本語で書かれた参拝の手順の立て札があるので、わからない場合は参考にしてください。日本語にも対応しているので、不安な時は係の人に質問できます。
台北霞海城隍廟まではMRTの北門駅2番出口から徒歩10分でアクセスできます。月下老人の誕生日や恋愛のイベントであるバレンタイン、旧正月などの時期は多くの人で賑わっています。

台北霞海城隍廟

台湾 / 台北 / 迪化街

台北市1段61号
6:00〜20:00

■行天宮

行天宮は台湾の台北市にある寺廟です。MRT「行天宮駅」から徒歩でアクセスできます。行天宮では三国志でも有名な関羽という商売の神様を祀っています。行天宮は入り口にある段差など、「請勿踐踏(踏まないでください)」と書かれた場所がいくつかあるので注意しながら参拝してください。
手洗い場にはウォーターサーバーがあり、自由に水を飲むことができます。境内には日本語表記で書かれたパンフレットが置かれています。
台湾式のお参りの仕方は、膝立ちで手を合わせてから頭を下げる姿勢をとります。写真付きの立て看板があるので、ぜひチャレンジしてみてください。

行天宮

台湾 / 台北 / MRT行天宮

台北市民権東路2段109号
4:00〜22:30頃
なし
http://www.ht.org.tw/

■中華民国総統府

中華民国総統府は台湾の台北にあるランドマークです。総統府とは国家元首である総統が執務を行う公邸のことです。1919年に建設されました。中華民国総統府は一般人は入れないイメージのある場所ですが、実は一般参観が可能です。その際はパスポートなどの身分証、手荷物検査、金属探知機のチェックが必要となります。
外壁は赤と白の異国情緒が感じられるデザインになっています。2016年に行われた政権交代により、内装もガラッと変化しています。中は中華民国総統府の歴史や、部署の展示などがあります。普段は見ることのできない貴重な展示や資料を見学できます。

中華民国総統府

台湾 / 台北 / MRT西門駅

台北市中正区重慶南路一段122号
2312-0760
9:00〜12:00(休・祝日 8:00=16:00 ※休・祝日の公開は月に1度になります)
土日

■艋舺龍山寺

艋舺龍山寺は台湾の台北にあるお寺です。MRT「龍山寺駅」1番出口からすぐにアクセスできます。艋舺龍山寺は願い事が叶うパワースポットとして観光客に人気があります。正月と旧暦1日と15日にあたる「拜拜の日」は多くの人で賑わっています。
艋舺龍山寺は入り口と出口が決まっているので注意が必要です。入り口は「龍門」、出口は「虎門」です。不安な方は現地の方について行くと安心です。
艋舺龍山寺の建物は中国宮殿式廟宇建築で作られています。屋根の上には細かく繊細な龍の像が置かれています。精巧な装飾は一見の価値ありです。本殿の中は金で統一されており、きらびやかで豪華な空間になっています。

艋舺龍山寺

台湾 / 台北 / 龍山寺周辺

台北市広州街211号
6:00〜22:00
なし
http://www.lungshan.org.tw/jp/index.php

■華山1914文創園区

華山1914文創園区は、台北市中正区にある多目的公園です。台湾の人には「崋山」という名称で親しまれています。
元々は日本統治時代に酒工場として使われていた場所に、こっそり若者たちが忍び込んで壁画などを描き始めたのが始まりで、2007年に正式にアート・イベント空間として生まれ変わりました。工場跡地という広大な敷地や趣のある建物を生かしたスタイリッシュな空間になっています。
広場やイベントスペースでは毎週のようにイベントが開催されています。ライブ会場や映画館、公園もあって思い思いの過ごし方が可能です。工場の建物を利用した雑貨店やセレクトショップ、カフェも若者たちに人気を集めています。

華山1914文創園区

台湾 / 台北

台北市中正區八德路一段1號
(02)2358-1914
戸外空間は24時間解放しています。その他店舗によりオープン時間が異なります。
http://www.huashan1914.com/