おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

オマハビーチの見どころや行き方を紹介!合わせて行きたいおすすめスポットも

フランスの首都パリの西、約260kmほどの場所にあるオマハビーチは、普段あまり人が多くない静かなビーチですが、第二次世界大戦のときには非常に重要な作戦が行われた場所でもあります。日本ではあまり馴染みがないかもしれませんが、第二次世界大戦の際には欧州戦線の行方を決定することにもなった、連合軍のノルマンディー上陸作戦の最初の上陸地が、ここオマハビーチになります。

続きを読む

広告

オマハビーチの歴史について

1944年6月6日、アメリカを中心とする連合軍がノルマンディー上陸作戦を敢行し、この地を防衛していたドイツ軍と激しい戦闘をくりかえしました。最終的に、300万の軍隊が動員され25万人の命が失われた激戦となりました。作戦当時にイギリス首相を務めていたウィンストン・チャーチルが「疑う余地なく、これまでで最も複雑で困難」と語るほどすさまじい作戦でした。今では当時の面影を残す要塞や大砲の跡が残るほかは、あまり観光客が訪れることもない静かなビーチです。「史上最大の作戦」や「プライベート・ライアン」の映画の舞台としてロケが行われ、世界中の人に当時の様子を伝えました。

オマハビーチの入場料・チケット入手方法

オマハビーチは、一般の人が海水浴や日光浴を楽しむ場所なので、特に入場料を支払う必要はありません。周辺にある記念館に入場する場合には、それぞれの入場料が必要になります。

オマハビーチのみどころ

のんびりとしたオマハビーチですが、ビーチでのんびりするだけでなく周囲のおしゃれなカフェやレストランに立ち寄る人も多くいます。
また、ノルマンディー上陸作戦の戦没者墓地や記念館などもあるので、是非立ち寄って歴史を振り返ってみたいものです。

オマハ・ビーチ

のどかで美しいビーチが広がり、第二次世界大戦当時に激しい戦闘が繰り広げられ多くの人の尊い命が失われた場所とは思えない静けさです。満潮の際は場所によってはビーチがあまり広くないですが、穏やかな海に広がるビーチでは、観光客を中心に多くの人がおもいおもいの時間を過ごしています。

オマハ・ビーチ・ビジターセンター

ノルマンディー上陸作戦の様子や、当時の兵士の遺品などが飾られている博物館です。当時の様子を写した貴重な写真や、兵士が実際に身につけていたものなど、聞くだけでなく実際に歴史上の出来事の様子を目の前で感じることができます。作戦当日、いわゆるD-DAYの様子を時系列にしたパネルもあり、作戦決行当日の様子が詳細に書かれています。

ノルマンディー米軍英霊墓地

オマハ・ビーチ・ビジターセンターの脇にある、ノルマンディー上陸作戦で戦死した、連合軍兵士の墓地です。
広大な土地に広がる墓地ですが、綺麗に並べられた9,387の真っ白な十字架の周りも自由に歩くことができるので、なくなった日付や国籍などを見ながら回ることができます。残念ながら身元が分からず、名前の記されていない十字架もあり、戦争の悲惨さを感じることができます。また周囲のフェンスには、当時この地で戦死したものの身元が分からない人の名前も刻まれています。

オック岬

オマハ・ビーチとユタ・ビーチのあいだにあるオック岬は、断崖絶壁の丘の上にありとても眺めの素敵な場所です。ただ、ノルマンディー上陸作戦当時はオック岬周辺は多くのドイツ軍兵士達に強固に武装されていたため、連合軍がこの地を破ることができるかが作戦を成功させるための鍵だといわれていました。アメリカ軍第2レンジャー大隊をしのぶ記念碑が建てられてるほか、ドイツ軍の砲台跡やドイツ軍の掩体壕さらには生々しい砲撃によりできた大きな穴など、当時の状況が今でも残る箇所がいくつもあります。
素晴らしい景色を眺めながら、ゆっくりと歴史を振り返れるスポットです。

広告

観光にどれくらいの時間がかかる?

オマハビーチに行く場合、アトラクションではないのでビーチに滞在する時間などにより所要時間は大きく変わります。個人で行く場合には時間の使い方もその人次第になりますが、パリなどから出ている観光ツアーで出かける場合の目安となる時間としては、13時間ほどになります。

オマハビーチーへのアクセス

広告

オマハビーチ周辺は、あまり公共交通手段が発達していないため、日本人が旅行をする際に個人で行くのは容易ではありません。よって観光でオマハビーチへ出かける際には、電車やバスなど限られた交通機関を利用することになります。電車で出かける場合には、SNCF急行Intercitesで「Paris St-Lazare」から「Bayeux」で下車します。そのあとバスに乗換て「Bayeux」から「Colleville-sur-Mer」にて下車するという方法があります。

それ以外には、車の運転ができる人であればレンタカーを借りて、ドライブがてらオマハビーチへ向かうという方法もあります。
3時間ほどの道のりですが、レンタカーを使うことでオマハビーチだけでなく周辺の観光地にも気軽に立ち寄ることができます。

オマハビーチ

フランス / その他の観光地

Avenue de la Libération, Saint-Laurent-sur-Mer, France
http://www.musee-memorial-omaha.com/

合わせておすすめの観光スポット

オマハビーチへ出かけるのであれば、是非とも近隣の観光地にも立ち寄ってみたいところです。あまり観光開発されていないオマハビーチ周辺ですが、そんな中でも是非とも合わせて訪れたい、おすすめスポットを紹介します。

ユタビーチ上陸博物館

ユタビーチ上陸博物館は、ドイツ軍によって作られた、トーチカ跡に建てられている博物館で、ノルマンディー上陸作戦当時の展示品やドキュメンタリー映画、更にはB26の展示などが行われています。

それ以外にもLCVP上陸用舟艇など、実際に上陸作戦で使用されたものや砲台跡など、当時の様子を知る手掛かりになるものをたくさん見る事ができます。

ユタビーチ上陸記念ミュージアム

フランス / その他の観光地

Musée du Débarquement de Utah Beach, La Madeleine, 50480 Sainte-Marie-du-Mont, フランス

カン平和記念館

オハマビーチから50kmほど南東に位置する都市「カン」は、ノルマンディー上陸作戦で町のほとんどが焼きつくされるほど大きな被害を受けました。カン平和記念館は、フランスのノルマンディー上陸作戦から44年目の1988年6月に開館した記念館で、上陸作戦以外にも第二次世界大戦全般にわたる展示が行われています。「第二次大戦」「冷戦」「平和」の3つに分けて展示されていますが、第二次世界大戦当時以外にも現在までの様子や戦後処理などに関する資料も展示されています。

アロマンシュ上陸博物館

すべての港がドイツ軍に占領されてしまったフランス軍は、人工の港を作り、そこから反撃する作戦に出ました。その一つがアロマンシュの町で、今でもその残骸を見学することが出来ます。アロマンシュ上陸博物館は、人工港の敷地内に建造された博物館で、当時の人口桟敷や前線基地などの様子を知ることが出来ます。博物館の周りには砲台の跡などが現在でも残っており、当時の様子が忍ばれます。

ペガサスブリッジ

ノルマンディ作戦を成功させるために、何としても成功させる必要があったのがこの作戦で、ドイツ軍の援軍を抑え込むためには決して欠かす事ができない作戦でした。橋も元の場所に復元され、フランスの開放に大きく貢献しました。上陸作戦の様子を展示する展示館もあります。当時の貴重な様子を展示するほか、未来の平和への警笛を鳴らす展示がたくさんあります。フランスの歴史を知る上では外せない、大切なことを知ることが出来る場所です。

オマハビーチを訪れるにはオプショナルツアーもおすすめ!

交通の便があまりよくないオマハビーチ周辺なので、観光に出かける際はパリなどより出発している、オプショナルツアーに参加するのが便利でおすすめです。行き帰りのバスをはじめ、見どころを効率よく回ることができるので、おすすめスポットを無駄なく回ることができます。フランス語が苦手な人でも英語のガイドが付くツアーもあるので、安心して楽しい一日を過ごすことができます。見どころを効率よく回ることが出来る上に、レンタカーなどと違い運転などをしなくても目的地に到着するツアーなら、観光に集中して楽しむことが出来ます。

フランスの自然・景勝地でおすすめの記事

詳しく

【フランス】コルシカ島で美しい観光地と料理を堪能!おすすめ観光地厳選!

コルシカ島 - 自然・景勝地 ,観光名所

美味しいコルシカワインとしても有名ですが、フランスの秘境と呼ばれるコルシカ島には、宝石箱のようにたくさんの見所がぎっしりと詰まっています。そんな魅力溢れるコルシカ島を見てみましょう! 先ずはコルシカ島の海岸線に注目!断崖絶壁とその上にある街並みはまるで絵画のように芸術的です。またパステルカラーの街並みや、コルシカ鉄道からの景色も実に見事!さらに神秘的な湖や、透明度を誇るビーチなど盛りだくさんの風景が楽しめます。もちろんお食事もグッド!新鮮な魚介類とワインで乾杯しましょう。

詳しく

【パリ】サンジェルマン デ プレ地区でエレガントに過ごせる観光地15選

サンジェルマン・デ・プレ - 滝・河川・湖,モニュメント・記念碑,寺院・教会,市場・夜市,広場・公園

セーヌ左岸のサン・ジェルマン・デ・プレはお散歩にぴったりのエリア。ソルボンヌ大学や、カフェ・ドゥ・フロールやレ・ドゥ・マゴなどの老舗カフェがあり、文化活動の中心地とも言えるエリア。右岸の華やかさとは打って変わって、落ち着いた雰囲気が魅力で、エレガンスという言葉が似合う。 そんなサン・ジェルマン・デ・プレ地区のおすすめ観光地を5つご紹介。この界隈はおしゃれなお店も多く存在しているので、大通りだけでなく、路地を1本入ったところにも質の高いお店があるのでくまなく見て回ろう♪

詳しく

【パリ】世界遺産網羅! セーヌ川観光の見どころ、行き方、クルーズまとめ

パリ - 滝・河川・湖,文化遺産

セーヌ川はフランスの首都パリの真ん中を、北と南に分けるように流れています。シェリー橋からイエナ橋までのセーヌ川に沿ったおよそ8kmの河岸が、 1991年に世界文化遺産として登録されました。河岸一帯にはフランスの歴史や芸術がギュッと凝縮されており、新旧の建物が特に目を引く美しさです。セーヌ川にかかる橋も河岸の古本屋もなんでもないカフェまでもがチャーミングなのです。世界中の誰もがあこがれる、パリのセーヌ河岸は、まさに「花の都パリ」といわれる見どころが詰まっている観光に最適な世界遺産です。 観光するのなら、船に乗ってのクルージングがおすすめです。バス感覚で手軽に乗船できる乗り降り自由のバトビュスや、ランチ、ディナー付きのクルーズなど観光船が頻繁に運行しています。本数も多く、短時間で様々な観光スポットを見て回れます。セーヌ川観光を楽しもうと考えている人のために、主な見どころやアクセス方法、クルーズの違いなど、詳しくお教えします。

詳しく

【フランス】世界遺産「レユニオン島」の観光ガイド:カラフルに彩られた山と海の高級リゾート地

その他の観光地 - 自然・景勝地 ,世界遺産

「レユニオン島(Réunion)」は、インド洋に浮かぶ小さな高級リゾート地です。日本ではまだまだその知名度は低いものの、ヨーロッパではフランスを中心に、世界中のセレブ達が集まる場所として人気です。島には独特の形を持つ渓谷や絶壁、そして何より澄んだ海辺が広がっていて、小さい島ながらもたくさんの表情を持ち合わせています。気候も暖かいことから、まさに楽園と言うに相応しい島でしょう。自然はどれも手つかずの状態で残っているので、ここでしか見られない種類のカメレオンやウミガメ、サンゴ礁や色とりどりの花々が見られ、カラフルな光景を魅せつけてくれます。 レユニオン島は火山によってできたという歴史も持っていて、ここにある2つの火山と鋭い3つの圏谷が2010年に「レユニオン島の尖峰群、圏谷群および絶壁群」として世界遺産に登録されました。日本からは少しアクセスが大変ですが、だからこそ行きたいこの穴場スポットの魅力をお伝えします。

詳しく

【フランス】まだまだ世界は広い!!プロヴァンスにあるラベンダー畑が素敵すぎる!!

フランス - 自然・景勝地

死ぬまでに見たい世界の絶景としてよく取り上げられるのが南フランスのプロバンス地方のラベンダー畑!6月~8月になると一面にラベンダー畑が広がります。地平線の彼方まで広がるその景色は、息を呑んでしまうほどに美しい!そんな美しいプロヴァンスにあるラベンダー畑をご紹介します。

詳しく

フランス旅行 総まとめ!ホテル・観光先選びから持ち物・お土産情報まで

フランス - ビーチ・砂浜,海岸・海,山・渓谷,草原・平原,滝・河川・湖,自然遺産,文化遺産,複合遺産,モニュメント・記念碑,城・宮殿,寺院・教会,史跡・遺跡,広場・公園,旧市街・古い町並み

芸術、美食の国として世界的に名高いフランス。日本からも大人気の海外旅行先のひとつです。 フランスの人々は自国を「ヘキサゴン」と呼び誇りを持っています。「ヘキサゴン」と呼ぶのはただ地形が六角形だからというわけではなく、フランスという国のバランスの良さも意味しています。北部には広大な平野が広がり、南部には雄大な大自然が広がる山脈。大西洋、地中海をはじめとする外洋とも接しており、ドイツ、イタリア、スイス、スペインをはじめとする数か国とは国境を接しています。その恵まれた土地は農業大国でもあり、要塞でもあり、海からも陸からもアクセスが良いことを示しています。 広い国土にはそれぞれ趣の異なる地方が広がっており、ひとくちに「フランス」とまとめることができないたくさんの見どころがつまっています。そんなフランスの魅力をたっぷりとお伝えします。

詳しく

【フランス】エトルタでおすすめの観光ポット7選!美しい景色を味わおう!

エトルタ - 自然・景勝地 ,観光名所

エトルタは、フランスのノルマンディー地域に位置し、世界的にも有名な断崖のある海辺の街です。クロード・モネをはじめとする多くの画家がインスピレーションを受けた街でもあり、その美しい景色を求めて世界中からたくさんの観光客が訪れています。 また、ゴルフ場や別荘などがあるエリアでもあり、リゾートの雰囲気も漂っています。海に面した街ということもあり、新鮮なシーフードを使用した料理が名物で、ワインなどと一緒にゆっくりと楽しめるレストランも豊富です。今回は、そんなエトルタでおすすめの観光スポットを紹介するので、ぜひ参考にしてみて下さい。

詳しく

【フランス】ブロワ・ブロワ城周辺の観光スポットおすすめ8選!充実した旅行を!

ロワールの古城周辺 - 自然・景勝地 ,歴史スポット,美術館

ブロワ城は、13~17世紀のゴシック期とルネサンス初期、ルネサンス完成期、古典期と言う4つの異なる建築様式の4棟から成るヨーロッパ屈指の名城です。 ロワール川を望む高台に位置しており、ロワールを一望することができ、絶景スポットとしても有名。写真撮影を行う観光客の姿も良く見かけます。また、7人の王と10人の王妃が住んだ歴史を持つ城で、時代ごとのフランスの建築を一度に見ることができ、フランスの歴史を感じられる歴史好きにはたまらないスポットになっています。 今回は、そんなブロワ城終戦の見どころについて紹介します。

広告

広告

のおすすめホテル

フランスへの旅行も
航空券とホテルをセットでお安く予約!

フランスの航空券+ホテルを探す

トラベルブックの今週のおすすめ

広告

運営会社